MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
キャスティングヒラマサ炸裂!外房 大原沖 青物ルアーゲーム!

キャスティングヒラマサ炸裂!外房 大原沖 青物ルアーゲーム!

千葉・外房エリアでは、キャスティング&ジギングで10㎏クラスのヒラマサが好調にヒット中!今後はサンマの南下でそれを追ったヒラマサやブリ・ワラサが急上昇の予感!ぜひこの機会にキャッチしていただきたい。

サンマの南下に期待!千葉・外房の青物キャスティングゲーム

プラグサイズは 小型から大型まで

千葉・外房エリアでは、12月中旬頃からキャスティングやジギングでヒラマサが好調にヒットし始めた。

12月中旬に千葉・大原港「松鶴丸」で行った取材でヒットした3本のヒラマサは、すべてプラグキャスティングによるものだった。

取材時はバレてしまったが、サワラもヒットしている。

また今後は、「松鶴丸」中村真也船長によると、サンマが南下して来る可能性があるとのこと。

そうなると、それを追ったヒラマサやブリ・ワラサが俄然おもしろくなる。

そこで今回は、取材で好調だったキャスティングゲームについて紹介してみたい。

キャスティングゲームで使用するロッドは7〜8ft前後の青物キャスティング用。

7ft程度の短めのロッドは胴の間からのアンダーハンドキャスティングが行いやすい。

胴の間で釣りをすることが多いアングラーは、ぜひ揃えたいアイテムだ。

もちろん、慣れれば8ft前後のロッドでも胴の間でアンダーハンドキャスティングは問題なく可能だ。

リールは中型スピニングのハイギアまたはエクストラハイギア仕様。

プラグキャスティングゲームではエクストラハイギアを使うアングラーが多いが、状況によってはそれでは〝いい〟プラグのアクションが出ない場合もある。

潮の流れにもよるが、プラグのサイズが小さいケースなどだ。

そんなときはハイギアをセッティングしてみるとよい場合もある。

12月中旬現在、ヒットしているヒラマサのサイズは10㎏以下が中心。

したがってラインは、そのサイズをターゲットとしたPE4〜5号をメインに、それ以上を想定したPE6号もあればなおよい。

ここは20㎏オーバーの可能性も秘める海域でもあるので、8号以上のタックルを持参するエキスパートもいる。

リーダーはナイロンで、メインのPEラインの号数の20倍ポンド以上が基準。

4号なら80ポンド以上、5号なら100ポンド以上といった具合だ。

もちろん、状況によってはそのセッティングを変える場合もある。

ケース・バイ・ケースで対応しよう。

プラグはフローティングペンシルをメインに、シンキングもあるとより攻略の幅が広がる。

上に出ないときに沈めてみるとよい結果に結びつくことがあるのだ。

そんなときは、もちろんジギングで攻略してもよい。

プラグのサイズは11㎝前後の小型のものから、20㎝以上のものまで幅広く用意したい。

サンマが入って来れば細身の20㎝程度のものが、イワシベイトなら小型プラグへヒットする可能性が高い。

マッチ・ザ・ベイトだ。

いずれにしても、フィールドは海。

いつどんな状況になるか分からない。

突然サンマが南下して来る、イワシが大量に接岸して来るなどといった可能性は大いにある。

どんな状況になってもいいように、準備は万端にしておこう。

タックルはジギングとキャスティングの2種類をぜひ用意したい

アンダーハンドキャスト コツはタラシを短く!

次は釣り方だ。
度々このコーナーで紹介しているように、外房ではルアーをキャストする際はアンダーハンドキャストで行う。

それはプラグであっても、ジグであっても変わらない。

ジギングのロッドは6ft前後なので胴の間でもアンダーハンドキャストは行いやすいが、問題はプラグキャスティング。

ミヨシであれば釣り座が高いので8ft前後の標準的なプラグキャスティング用ロッドでもそれほど難しくないが、胴の間ではそうカンタンにはいかない。

両隣にはアングラーがいるし、釣り座が低いのでその動作の最中にロッドのティップやプラグが海面に着いてしまいやすいのだ。

アンダーハンドキャストをマスターするためには、こればかりは練習あるのみだが、ひとつだけコツを紹介するとすれば、タラシを極力短くすること。

これだけでもだいぶ快適にキャストできるはずだ。

冬パターンに移行しつつある外房の海。

ぜひこの機会にキャスティングでヒラマサをキャッチしていただきたい。

12月中旬の取材ではプラグキャスティングにヒラマサが炸裂。キャスティングタックルもぜひ持参しよう

外房大原沖キャスティングヒラマサ炸裂!釣行レポート

外房ではミヨシであってもアンダーハンドでキャストする

ポイントは大原沖。水深は20m前後と浅い。極力ラインを出さないよう耐える

無事ネットインして勝負アリ。ヒラマサのキャスティングゲームは最高にエキサイティングだ

西池袋のショップ「10minutes」の岸野正寛さんは会心の一本。12月の取材時の状況は最大で10kgクラスとのことだが、今後はさらなる大型への期待も高まる

アンダーハンドキャストも飛距離が出た方がやはり有利。ぜひマスターしよう

ヒラマサは根に行く魚。ヒットしたら巻けるときに巻けるだけ巻くが鉄則だ

仲乗りの岡本明彦さんもプラグキャスティングで良型。

「松鶴丸」は釣りが上手なスタッフが常駐しているので初心者も安心だ

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「松鶴丸」

千葉・外房で、ヒラマサの釣果が急速に上昇中だ。

「サイズは最大で10㎏クラスですが、最近ヒラマサがキャスティングでヒットするようになりました」とは、大原港「松鶴丸」の中村真也船長だ。

取材は12月中旬。
ポイントは大原沖の水深20m前後。

大雨のなか、アングラーたちはプラグをアンダーハンドでキャストしていく。

何度かポイントを回って船を付け直していると、突然「バッシャーン!」と海面が爆発した。

ヒットシーン丸見え。

トップゲームはこの瞬間が最高にエキサイティングだ。

数はそんなに期待はできないかもしれないが、この釣りは一本の価値がある。

「今後サンマが回遊して来ればさらにおもしろくなると思いますよ」と中村船長。

そのサンマを追ってヒラマサやブリ・ワラサが回遊して来る可能性が高いのだ。

冬の外房のルアーゲームは、これからが面白い時期。

イワシが灘の浅場に入って来れば、水深10m前後という超浅場で10㎏オーバー、さらには20㎏オーバーの可能性もある。

もちろん、状況によってはジギングメインとなることもあるので、タックルは必ずキャスティング用とジギング用を用意したい。

準備を万全にしてぜひチャレンジしよう!

以上の記事は「つり丸」2020年1月15日号の掲載記事です。

関連記事
全国的に人気のラバージグを使ったタイラバゲーム。ここでは希少な外房のタイラバ船、御宿岩和田港「長栄丸」でのタイラバゲームを紹介。エキサイティングな季節が到来する岩和田沖の釣り。ぜひ挑戦してほしい。
鹿島沖のワラサが好調だ。しかも今期のワラサは丸々と太っている個体が多く、腹周りの身は真っ白で、大変美味。巻きさえ合えば、ビギナーでも連続ヒットあり!鹿島沖のワラサは群れも多いので、今後も期待だ!
東京湾のマダイをタイラバ釣法で狙う羽田「TAKEMARU」の釣果が絶好調だ!タイラバでの攻め方は、細かい情報が取れ、戦略を組み立てやすいバーチカルスタイル!ばっちり防寒して出掛けよう!!
常磐沖・大根で青物ジギングが絶好調!ターゲットはヒラマサ、ワラサ・ブリ(イナダ)、サワラ、カンパチ。まさに青物勢揃い!波崎港「征海丸」では昨年12月は10㎏を超す大物が何本も取り込まれた。
マダイ&イナダからブリサイズを中心とした青物ゲームを中心に多彩なターゲットを楽しめる東京湾口ルアーゲーム。今後はサワラも期待!ティップランアオリイカもいい。船橋港「フレンドシップ」スタイルを紹介。
最新記事
駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカは大型で肉厚、しかも、甘みが強くおいしい。沼津の魚市場では高値で取引きされているブランドイカだ。今期も連日安定釣果。大型メインで釣れるのもこれからだ。
東京湾ビシアジが好調にアタっている。走水港「政信丸」ではレギュラーサイズ25〜30㎝級だが、40㎝級のジャンボアジもギュギューンとヒット!数は平均30〜40匹台で安定、お土産には困らない釣果だ。
違和感なくエサを食わせるしなやかさと操作性と軽さを両立したアカムツ専用ロッド「アナリスター アカムツ S-230」
外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読