MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣れ過ぎて高級魚の有り難みなし? 南房の夜クロムツ絶好調!【南房】

釣れ過ぎて高級魚の有り難みなし? 南房の夜クロムツ絶好調!【南房】

朝晩は冷え込む日が多くなって来た。そんな中熱い釣りを展開しているのが、南房の夜ムツだ。実釣時間3~4時間ながら連日トップ50~60匹を記録し、「クーラーに入りきらず」で早揚がりの日もあるほどだ。

実釣時間3時間半程度の半夜釣りながらトップ60匹台連発なのだ

今年の南房の半夜釣りはおいしい高級魚、クロムツが絶好調だ!

実釣時間3~4時間ながら連日トップ50~60匹を記録し「クーラーに入りきらず」早揚がりの日も!!

食いはいい、手返しの早さが釣果の分かれ目。

脂が乗っておいしいクロムツ。刺身、煮付け、塩焼き、どれも最高。

いつまで食い続くかは潮次第。釣行はお早めに。

これぞバリ食い! 南房総の秋のお楽しみ「夜ムツ」が大爆釣だ。
今季は異常と言ってもいい。海の中はムツでいっぱい! という感じだ。それもそのはず実釣時間3時間半程度の半夜釣りながらトップ60匹台連発なのだ。
日中のムツは中深場釣りの範疇だが、夜ムツは水深100m前後と浅く、慣れない人でも入門しやすい。タックルもオモリ200号が背負えればビシ竿やイカ竿でもなんとかなる。
ガタガタ! ガクガク! と竿を揺さぶる派手なアタリは見た目も楽しく、また食べては超一級なのも言わずもがな。こう釣れ過ぎちゃうと高級魚のムツの有り難みが感じられない程だ。今季大チャンスの夜ムツ、お出掛けはお早めに。

以上の記事は「つり丸」2012年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連するキーワード
関連記事
春の楽しみとしているメヌケ釣り。2月に釣行予定を立てたが、釣果は安定しないはシケが続くは。ようやく船長からゴーサインが出たのは4月25日。待ってましたとばかりに「福田丸」に向け深夜の東関道をひた走った。
更新: 2019-05-27 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00
最新記事
春の楽しみとしているメヌケ釣り。2月に釣行予定を立てたが、釣果は安定しないはシケが続くは。ようやく船長からゴーサインが出たのは4月25日。待ってましたとばかりに「福田丸」に向け深夜の東関道をひた走った。
更新: 2019-05-27 12:00:00
4月末、富士川沖の早朝タチウオが絶好調で開幕した。連日トップ30本、そして取材前日はなとトップ50本、大半のアングラーが30本と絶好調!! 
更新: 2019-05-27 07:00:00
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読