MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾 第二海堡沖 高活性タイラバ激アツ!ゲストもワンサカ!

東京湾 第二海堡沖 高活性タイラバ激アツ!ゲストもワンサカ!

東京湾のマダイをタイラバ釣法で狙う羽田「TAKEMARU」の釣果が絶好調だ!タイラバでの攻め方は、細かい情報が取れ、戦略を組み立てやすいバーチカルスタイル!ばっちり防寒して出掛けよう!!

只今、活性高めで絶好調!細かい情報が取れるタテの 釣りで効率良く仕留めよう!!

水温高く、マダイは エサを求めて動いてる

魚の活性が落ちる厳寒期を迎えようとしているのに、東京湾のタイラバシーンのアツさが止まらない!

「海水温が温かいのが要因だと思いますが、年々、この傾向にあり、もはや冬のタイラバは秋の延長で釣れるって方程式が出来上がってきてると言えますよね」と笑顔で語ってくれたのは、東京湾のタイラバに早くから目を付け、独自のポイントマップを作り好釣果をあげ続けている羽田「TAKEMARU」の半谷武船長だ。

船長曰く「1月中旬時期も同じように釣れると思うし、その後も深場に魚が溜まりサイズアップが見込めて楽しめるハズ」とのことなので、ここではその攻略法をバッチリ紹介するので、みんなで良い釣りをしに行こう。

現在、攻めているエリアは、東京湾のド真ん中にポッカリ浮かぶ第二海堡周り。

上げ、下げ共に流れる潮通しの良い一級ポイントとして知られている場所だ。

「この水深40~50mダチの筋で、マダイはエサを求めて活発に動いている(浮き気味の個体が魚探に映る)のでそれを狙って好釣果を得ているって感じかな。で、今後はもう少し深場を攻めて行くことなるんだけど、そんなに気負わなくて良いからね。後で詳しく説明するけど、ウチのタイラバは、タテの釣り=バーチカルに(真下を)攻める釣りを行い、80gのヘッドをメインに使うんで、水深は80~90mまでだからさ」。

釣れるサイズは1㎏前後を中心に2~3㎏までが多いとのこと。

それではマダイを仕留める道具を説明しよう!

タックルはタイラバ専用が扱いやすい!

タイラバで使うロッドは、極論すれば自分が使いやす調子。

または釣り方に合わせた調子(乗せて行くなら穂先が軟らかいもの。

掛けていくなら感度重視の穂先が硬めのものを使い分けるといい)のロッドで、100gまでのヘッドが背負える強さがあるものと、巻き上げパワーのある小型両軸リールの組合せで良いと船長は言う。

「ただし、これから始めるエントリークラスの方には、やっぱりメーカーが出している専用ロッドとリールを推奨するよね」と船長は言う。

最近の専用タックルは、フラッグシップモデルでなくても、かなり性能が良く、しかも年々、進化している。

ロッドの穂先感度はもちろん、しなやかに食わす軟らかさも持ち合わせているので乗せやすいし、アワセもしっかり効く。

また専用リールは、タイラバに特化したドラグ性能を搭載しているうえ、軽量で巻き心地も滑らかで本当に扱いやすくなっている。

以上より、自分が買える許容範囲内の専用タックルを購入するのが良いとのことだ。

「ウチでは、メインラインを1号以下とホームページで紹介しているけど、これからの季節は少々深場も攻めるので0.8号ぐらいでもいいよね。その他は仕掛け図の通り用意してくれれば楽しめます」と説明してくれた。

タイラバ専用竿とベイトリールの組合せが定番タックル。PEは0.8号を推奨

それぞれのパーツの組合せで誘って食わす

タイラバは、ヘッド(オモリ部)にセットするカラバリに、スカートやネクタイと呼ばれるパーツを組合せて構成されているが、それらのパーツには、さまざまなバリエーションがある。

「この組合せをいろいろ考えて試して釣るのが、タイラバの楽しいところでもあるんだけど、初めての人には、市販のオールインワンタイプを私は推奨してますよ」と船長。

セットされているのは実績の高い組合せなので、ここからスタートして徐々にアレンジ。

オリジナルのヒットタイラバを作り上げて行けばよいと言うのだ。

「最近のトレンドを言うと、ネクタイは、細身のストレートの他、カーリーテイル。カラーはケイムラや蛍光イエロー、ゼブラ模様が良くアタっているかな。あと、タイラバをエサとして食ってくる時(イッキ食いする時など)は、スカートをあえて外すパターンも効くよね」とアドバイスをくれた。

その他、カラバリは年々、小さくなってきている傾向があるとのこと。

なお、「TAKEMARU」では80gのヘッドを使う釣りを中心に行っているが、潮が速い場合などもあるので、その前後の重さ60~100gまでは用意しておこう。

「最後になったけどが、皆が一番気にするヘッドのカラーは、オールマイティーに使えるオレンジやレッドが基本で、濁りに強い蛍光色やゴールドがあると探る幅が広がる」と教えてくれた。

使用するタイラバのヘッドの重さは、80号がメイン。カラーはオレンジ、レッドが定番で水色に関係なく使えるそうだ

潮色に関係なくオールマイティに使える赤いヘッドは持っていたいカラーだ

ワームも威力を発揮!最近はグロー系が主流

カラバリでも十分に釣れるタイラバだが、ヒット率が上がると、近年はハリにワームを付けるアングラーが増えている。

「ルアー要素の強い釣りなので、試すのはアリだと思いますよ(生エサはゲーム性に欠けるんで賛同しませんが…)。食い込みやすいエサとして付ける人もいますが、ネクタイとハリが絡むのを避けるために付けている人や、単にアピールで付ける人など、用途はさまざまにあって、私もその使い方で大きさや形をいろいろチョイスして試していますよ」と船長。

ちなみに最近の流行りは、夜光のグローや紫外線に当たると光るケイムラなど、発光系のワームにヒットが多いそうだ。

今回の取材でも、この発光系のワームが威力を発揮。良型マダイを浮上させた

細かい情報が取れる タテの釣りで攻略する

ここからは具体的な釣り方に入ろう。

前述したように、「TAKEMARU」のタイラバスタイルは、タテの釣り=バーチカルに(真下を)攻める釣りを行い、良型マダイを浮上させている。

「この最大のメリットは、糸フケがあまり出ないので、タイラバが受ける変化を捉えやすく、さらにそこから派生する海中の様子が手に取るように分かるってことなんだよね。例えば、タイラバにじゃれてくるようなアタリもわかるし、2枚潮の流れの境界線なんかも引き抵抗が変わるんで分かるんだよね」と船長。

じゃれてくるアタリが分かれば、どう食わせようか?と考えられるし、2枚潮の境界線にはプランクトンが湧くのでマダイが居るかもという推測ができる。

「つまり、細かい情報が取れるってことは、戦略を立てやすいってことになるんだよね。この釣りの対極にドテラ流し(船に風をあててドンドン流して糸を送って底を取る)って言うスタイルもあり、そっちもマダイの遊泳層を長く引けるなどのメリットがあるんだけど、距離を出す分、糸フケが出て、さらに底を取るのに重いヘッドを使わなきゃいけないなど、デメリットがあるからさ。必用最低限の重さのヘッド(ウチではある程度の深さまでカバーできる80g)で探れれば、疲れずに集中して釣れるってことや、船を立ててポイントを探る操船が好きってこともあって、このスタイルを取っているんだよね」と微笑んだ。

リールを巻く速度より、引き抵抗を感じて巻こう

海底まで落とし込んだタイラバを、巻き上げては落とすを繰り返して誘い、アタリを捉えるタイラバ釣法。

図解でも描いたが、マダイは海底付近に潜んでいる魚と思い込んで底ばかりを探っていても、結果は出ないと船長は言う。

「どんな魚でも、上から落ちてくるものに反応するからね。それに活性の高い個体は中層まで浮いて、エサを探して動いている。そんなヤル気のある魚を狙う上でも、水深の三分の二くらいまではタイラバを常に誘い上げてチェックすることをオススメしてるんだ」とのこと。

ちなみに誘いの速度は、一定のスピードで巻くのが基本となるが、その速度を気にするより、引き抵抗を気にして欲しいそうだ。

「スムースに巻き上がる時にアタったとか、ドンヨリ重くなった時にアタったとかを知ることで、その日の傾向が分かり、同じような感覚を受けた時に集中して探れば、チャンスを広げられるからね」と、数を伸ばすコツを教えてくれたのだ。

魚が反転するまで テンションを保って巻く

固定式のタイラバが主流だった過去と、遊動式のタイラバがメインの現在では、食わせ方に当然、違いが出ている。

ネクタイなどを噛んでいると言われていた前アタリの考えは、今は、すでにハリが軽く口元に刺さっていて、それを外すための動きだと言われているのだ。

「これを本アタリに変えるには、上のイラストにあるように、巻き続けるのではなく、食わせた時のテンションを保つように、巻きすぎず、止めずのゼロテンション的な駆け引きを行うのが理想とされているんだよね。で、そうこうしているうちにマダイは辛抱たまらず反転するので、そこで軽くアワせればタイラバの基本、向こうアワセが完了するってワケ」と船長が解説してくれた。

アタらない時は、大胆な仕掛けチェンジを!

フッキングに成功したら、すかさずファイトに入ろう。

今後釣れるマダイは型が良くなってくるので、大物と感じたら、まず無理をしないこと。

ドラグ(設定はズルズルに近くてOK。心配なら船長確認を)に任せ、走りが止まってからポンピングで締め上げ、浮上させよう。

アタリが遠い時のアドバイスも聞いたのでお知らせしておこう。

釣れない要因の第一位は、巻き上げ速度が遅く、引き抵抗を感じられないことがあるので、多少、早巻きして違和感がある場所を探して攻めてみよう。

「いろいろ試してもアタリが遠い時は、大胆な仕掛けチェンジが効くことがあるので実践してみるのも手かな。やり方は上記イラストに描いた通りで、各パーツのカラーやボリュームなどを局面で変えて行くのが効果的なので、実践してみて。あと、発光系のワームが諸刃の剣になることが、ごく稀にあるので、全て外すことも試して探ってみて」と船長が締めてくれた。

水温は温かくても、船上は冷えるので、防寒対策をしっかりして出掛けましょう!!

東京湾・第二海堡沖 高活性のマダイ!タイラバ釣行レポート

マダイは、ヒット直後、中盤、表層付近と三段引きで釣り人を魅了する

この日、最大の2.8kgを手にした常連さん。「冬場でも大型が狙えるのが近年の特徴ですよ」と船長同様の意見を言う

ケイムラゼブラのスカートにヒットが集中した

チャンスタイムの朝イチにゲット!

「落としてすぐヒットしましたよ」

「つり丸」お馴染みの“なおちん”こと井上直美さんも良型をゲットした

ダブルヒット中!!

日に何度かある時合い。

誰かがアタった時はチャンス。集中して誘おう

取り込みは船長がすくってくれる。頭からタモに入るように誘導しよう

こんな魚が待ってますよ!

釣れるサイズは1㎏前後を中心に2~3㎏までが多い

高級ゲストがワンサカ!これもタイラバの魅力!!

ワラサ

トラフグ

スズキ

ハナダイ

今回、取材にご協力いただいたのは、東京・羽田「TAKEMARU」

東京湾のマダイをタイラバ釣法で狙う羽田「TAKEMARU」の釣果が、日に日に伸びているので要チェックだ。

「季節は冬本番ですが、海の中はまだまだ秋って感じで温かく、マダイがエサを求めて動き回っているのが魚探を通して分かりますからね。どのポイントに行ってもヒットしてくれるので、いろいろ試せて楽しく釣れますよ」と半谷武船長が笑顔で好調の理由を教えてくれた。

現在、攻めているエリアは、東京湾のド真ん中にポッカリ浮かぶ第二海堡周り。

状況で横須賀沖や観音崎沖を探ることもあると言う。

「水深40~50mダチで好釣果を得ているので、しばらくはそこ狙いで行きますが、今後はもう少し深場になるかな。ただしご安心を。深いって言ってもウチは80gのヘッドをメインに使うんで、水深は80~90mまでですから、気負わずに遊びに来て下さいね」。

タイラバでの攻め方は、細かい情報が取れ、戦略を組み立てやすいバーチカルスタイル。

釣れるサイズは1㎏前後を中心に2~3㎏までが多いが、水温が多少下がって、深場に魚が溜まり出せばそのサイズがUPする。

「昔のように水温が冷え切ることがなくなったので、厳冬期でも良型が上がるので期待して来て下さい!」と船長。

ばっちり防寒して出掛けよう!!

以上の記事は「つり丸」2020年2月1日号の掲載記事です。

関連記事
外房の青物狙いでは、基本的には風上の舷でジギング、風下の舷でプラグキャスティングとなる。今回は、外房・青物ゲームのタックル、効果的なジグ&プラグ、釣り方など攻略法を紹介!
手軽でゲーム性高く超楽しい!SLジギング「公布号」では、マダイ、ヒラメ、ヒラマサ、ワラサ、サワラ、マハタ、カサゴ、アイナメ…と、外房エリアに生息、回遊して来る代表的な魚はほとんどヒットしている。
ターゲット不足に悩まされていた常磐・鹿島沖のルアー船。鹿島「幸栄丸」では大洗沖の水深20〜30mのタチウオに照準を合わせると、なんとタチウオが大爆釣。前例のないフィーバーに今後も期待だ!
千葉県長浦港「こなや」では、この時期シーバスジギングが活況。水温が上がり始めればグッと釣果も上向くのが例年のパターン。ここでは、基本的なタックルセレクトとベーシック釣法&釣行レポートを紹介する。
相模湾のサワラのルアーゲームは、イワシを追って跳ねればキャスティング、それ以外はジギング。タックルは2種類が必要となる。今回はタックルと釣り方の概要を紹介!極上サワラをぜひキャッチしていただきたい。
最新記事
外房の青物狙いでは、基本的には風上の舷でジギング、風下の舷でプラグキャスティングとなる。今回は、外房・青物ゲームのタックル、効果的なジグ&プラグ、釣り方など攻略法を紹介!
日立久慈沖のテンヤマダイが絶好調!「大さん弘漁丸」ではトップ10枚以上の釣果が続き、平均サイズは0.5〜0.8㎏。良型は2〜3㎏級も!この時期のマダイは脂が乗って美味。日立沖で爆釣体験を味わってみよう。
まだまだ寒いこの時期、オニカサゴが好調。金沢八景「忠彦丸」が現在狙っているポイントは、洲崎沖と沖ノ瀬。デカオニが潜む起伏のある場所を中心に攻めている。今回はその攻略法と釣れっぷりを紹介する!
東京湾の人気ターゲット!イシモチが爆釣中!暖冬がもたらした「想定外の好釣果」だ。金沢八景「小柴丸」では連日トップ「束(100匹)」越えを記録!この爆釣フィーバーをぜひ今のうちに!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読