沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

マダラ&アラをスローピッチジャークで攻める!【新潟上越沖】

マダラ&アラをスローピッチジャークで攻める!【新潟上越沖】

マダラにアラ、激しく美味い高級魚が狙える真夏の新潟上越沖・中深海。そんな魅力いっぱいの漁場に、スローピッチジャークのパイオニアが釣行。さて、その釣果はいかに!?


マダラは冬の魚だって!? 否! 身を食べるなら、白子や真子が入っていない夏がベストなのだ

山田船長のマル秘ポイントで9㎏の大アラをキャッチ!

深海200mから浮上したマダラ。ボトムから10m以内を丹念に探ろう。

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・上越有間川漁港「浅間丸」。

真夏の上越沖。乗っ込みマダイ釣りで賑わっていた直江津〜名立沖も、産卵も落ち着き対馬海流の暖かい潮の流入で水温が上昇、秋までいったん小休止する。
そんななか注目されるのが、上越沖水深200〜250mのマダラ釣り。マダラは冬の魚だと思っていた人も多いだろうが、身を食べるなら白子や真子が入っていない夏がベスト。
「うちは秋から春の青物ジギングをメインに出船してます。だから、この時期は青物ジギングではあまり出船はないんだけど、マダラやアラは沖の深場で釣れるからね。希望があれば出ますよ。マダラが本格化するのは例年8月から。アラはいつでもって感じだけど、ボウズ覚悟ですからね。どちらもうまい高級魚ですから、覚悟してきてください」とは、有間川漁港「浅間丸」山田美樹船長。沖のポイントにもかなり詳しい頼れる船長だ。

今回の釣行で使用したジグ&ロッド&リール

深海から浅場まですべてのレンジをカバーするDEEP LINERのスロースキップシリーズ。100mより深い海では、重いジグを使うのがコツ。

スロースキップには、ジグの重さが印字されてないので、重さをマジックで書いておく。

スローピッチ専用ロッドとハイギアタイプの両軸リール、1.5〜2号のファイヤーラインの組み合わせで水中の潮の流れの変化、ルアーと魚の絡みなど小さな感度をとらえよう。

スローピッチジャークのパイオニア参戦! 深場の魚を攻略せり!

スローのターゲットは、すべての魚。浅場の根魚や青物も狙える。上越沖ではほぼすべての魚が狙えるパラダイスだ。

高知のルアー船「ディープライナー」の船長であり、スローピッチジャーク専用のジグ、スロースキップの開発者でもある東村真義さんは、上越沖は初。さすがの腕前でマダラゲット。

ウスメバルとマゾイも! ゲストの多彩さはお墨付き!! これがスローピッチの実力だ。

高知から遠征してきたスローピッチジャークのパイオニア、ディープライナーの東村真義さんは、上越沖は初釣行。太平洋のあらゆる魚をスローピッチで攻略してきたエキスパートである。
そんな彼は、上越沖をこう語った。
「魚影の濃さに驚きました。マダラは意外とこんな浅い水深で釣れるんだと思いました。深場の魚攻略には、このスローピッチジャークは最適なので、この釣りに興味ある方々にはスローピッチの基本や魚の習性などをもっと学んでスキルアップしてもらいたいですね。上越沖は本当に可能性がある海域です。もっと多くの人たちにスローピッチジャークジギングをトライしてみてもらいたいですね」
真夏も釣れる! スローピッチジャーク。あなたもぜひ。

以上の記事は「つり丸」2012年8月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


前半はクロムツ後半はアラの超高級魚狙い!その仕掛けとは(源泉丸)

前半はクロムツ後半はアラの超高級魚狙い!その仕掛けとは(源泉丸)

「源泉丸」では、クロムツ、アラともに200号のオモリを使用する。そのため、竿は200号のオモリに対応した先調子がオススメだ。


ハリ数パーフェクトに大興奮! 釜石沖のデカマダラ(第八荒神丸)

ハリ数パーフェクトに大興奮! 釜石沖のデカマダラ(第八荒神丸)

例年「東北ツアー」の最終戦に据える岩手県越喜来崎浜港「第八荒神丸」でのマダラ。


勝浦沖ディープゾーンで狙う! 超高級魚アラ…ゲストも(初栄丸)

勝浦沖ディープゾーンで狙う! 超高級魚アラ…ゲストも(初栄丸)

勝浦沖の中深場を「ディープゾーン」と称し、高級根魚を追い続ける勝浦港「初栄丸」渡辺和明船長。


茨城・平潟沖のマダラ開幕! 身肉が旨くて白子も魅力(第十五隆栄丸)

茨城・平潟沖のマダラ開幕! 身肉が旨くて白子も魅力(第十五隆栄丸)

関東最北端の港、茨城県平潟港に今年もやってきたマダラの季節。9月1日、今や多くの深場釣り師の間で常識となった「マダラは夏は身肉、晩秋以降は白子が魅力」を知らしめた「第十五隆栄丸」の鈴木和次船長.


白子タップリの大型が待っている! 平潟沖のマダラ(第十五隆栄丸)

白子タップリの大型が待っている! 平潟沖のマダラ(第十五隆栄丸)

ガタガタ! ギュンギュン! 深場釣りの中でも、派手なアタリと強烈な引きが楽しめるマダラ。加えてこれからの時期は白子の食味もたまらない! そのマダラが北茨城、平潟沖で好調に釣れている。


最新の投稿


美マダイ浮上! 初釣りにオススメ葉山沖のコマセマダイ(福栄丸)

美マダイ浮上! 初釣りにオススメ葉山沖のコマセマダイ(福栄丸)

初釣りはマダイと考えている釣り人に鎌倉〜葉山冲のマダイ釣りをオススメしたい。1㎏前後がレギュラーサイズで、良い人で5枚前後。これに2㎏、3㎏の良型も期待できるからだ。


冬の必須アイテム!「VARIVAS ネックウォーマーVAC-58」

冬の必須アイテム!「VARIVAS ネックウォーマーVAC-58」

厳寒期のナイトナイトゲームの対応する高性能ネックウォーマー!


釣る前に、食べる前に、ホシテンスという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、ホシテンスという魚を知ろう!

ホシテンスは、スズキ目ベラ科テンス属の魚。サンゴ礁域や岩礁域周辺の砂地に生息。浅い場所にもみられる。


ファーストバイトを確実に捉えて迎撃! 爆乗間近のヤリイカ(坂口丸)

ファーストバイトを確実に捉えて迎撃! 爆乗間近のヤリイカ(坂口丸)

多点掛けと食味で釣り人を魅了する。冬場の人気ターゲット・ヤリイカが駿河湾でスタート。乗りも順調ってことで、お隣の相模湾の様子を探りに12月の中旬に出掛けてみた。


東京湾・人数限定片舷乗合で楽しむサワラ&シーバス(小峯丸)

東京湾・人数限定片舷乗合で楽しむサワラ&シーバス(小峯丸)

11月中旬現在、東京湾でサワラとシーバスが好調だ。しかもサワラは4㎏オーバー、シーバスは70〜80㎝オーバーというグッドサイズがヒット中!そのため、千葉・寒川港「小峯丸」船上は平日もアングラーの姿が絶えない。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読