MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
マダラ&アラをスローピッチジャークで攻める!【新潟上越沖】

マダラ&アラをスローピッチジャークで攻める!【新潟上越沖】

マダラにアラ、激しく美味い高級魚が狙える真夏の新潟上越沖・中深海。そんな魅力いっぱいの漁場に、スローピッチジャークのパイオニアが釣行。さて、その釣果はいかに!?

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

マダラは冬の魚だって!? 否! 身を食べるなら、白子や真子が入っていない夏がベストなのだ

山田船長のマル秘ポイントで9㎏の大アラをキャッチ!

深海200mから浮上したマダラ。ボトムから10m以内を丹念に探ろう。

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・上越有間川漁港「浅間丸」。

真夏の上越沖。乗っ込みマダイ釣りで賑わっていた直江津〜名立沖も、産卵も落ち着き対馬海流の暖かい潮の流入で水温が上昇、秋までいったん小休止する。
そんななか注目されるのが、上越沖水深200〜250mのマダラ釣り。マダラは冬の魚だと思っていた人も多いだろうが、身を食べるなら白子や真子が入っていない夏がベスト。
「うちは秋から春の青物ジギングをメインに出船してます。だから、この時期は青物ジギングではあまり出船はないんだけど、マダラやアラは沖の深場で釣れるからね。希望があれば出ますよ。マダラが本格化するのは例年8月から。アラはいつでもって感じだけど、ボウズ覚悟ですからね。どちらもうまい高級魚ですから、覚悟してきてください」とは、有間川漁港「浅間丸」山田美樹船長。沖のポイントにもかなり詳しい頼れる船長だ。

今回の釣行で使用したジグ&ロッド&リール

深海から浅場まですべてのレンジをカバーするDEEP LINERのスロースキップシリーズ。100mより深い海では、重いジグを使うのがコツ。

スロースキップには、ジグの重さが印字されてないので、重さをマジックで書いておく。

スローピッチ専用ロッドとハイギアタイプの両軸リール、1.5〜2号のファイヤーラインの組み合わせで水中の潮の流れの変化、ルアーと魚の絡みなど小さな感度をとらえよう。

スローピッチジャークのパイオニア参戦! 深場の魚を攻略せり!

スローのターゲットは、すべての魚。浅場の根魚や青物も狙える。上越沖ではほぼすべての魚が狙えるパラダイスだ。

高知のルアー船「ディープライナー」の船長であり、スローピッチジャーク専用のジグ、スロースキップの開発者でもある東村真義さんは、上越沖は初。さすがの腕前でマダラゲット。

ウスメバルとマゾイも! ゲストの多彩さはお墨付き!! これがスローピッチの実力だ。

高知から遠征してきたスローピッチジャークのパイオニア、ディープライナーの東村真義さんは、上越沖は初釣行。太平洋のあらゆる魚をスローピッチで攻略してきたエキスパートである。
そんな彼は、上越沖をこう語った。
「魚影の濃さに驚きました。マダラは意外とこんな浅い水深で釣れるんだと思いました。深場の魚攻略には、このスローピッチジャークは最適なので、この釣りに興味ある方々にはスローピッチの基本や魚の習性などをもっと学んでスキルアップしてもらいたいですね。上越沖は本当に可能性がある海域です。もっと多くの人たちにスローピッチジャークジギングをトライしてみてもらいたいですね」
真夏も釣れる! スローピッチジャーク。あなたもぜひ。

以上の記事は「つり丸」2012年8月15日号の掲載情報です。

関連記事
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
清水「大宝丸」のタイラバを軸にしたリレー船が面白い!「奥駿河湾」タイラバ&夜タチウオ!スーパーライトゲームがそれだ!
関東近郊におけるスーパーライトジギングのメッカとなっているのが大原沖だ。大原沖の魅力は、定番の青物に加えて、高級魚のマハタが高確率で狙えることも!
東京湾のブランドアジ、金アジが根岸湾内のアジングで釣れる!今年は絶好調!ここではとても重要なタックルセッティングを中心に紹介する。
師走の必釣ターゲット、マダコ。茨城県鹿島沖では昨年に引き続き当たり年。近場の根掛かり少ない水深30m前後のゴロタ&ジャリ場に沸くマダコは餌木で攻略だ!
最新記事
福島県富岡沖の中深場でオキメバルのシーズンが始まった。ポ イントの水深は120〜160m前後。ヤリイカまじりで楽しめる!ジャンボオキメバルの多点掛けを目指そう!!
例年よりも大幅に遅れて開幕した小柴港「三喜丸」のテンヤスミイカ。大型モンゴウまじりで釣れている!イカが乗れば、シャクったときにズシン!これがこの釣りの最大の醍醐味だ。
東京湾のLTアジは厳寒期も好調を継続中!金沢八景「黒川丸」では一日2便出船。連日トップ40匹以上を記録している。クロダイ、マダイなど多彩なゲストも嬉しい!
2020年12月後半、タチウオが爆釣しているという噂を聞き付けて調査に行ってきました!お世話になったのは、金沢八景「弁天屋」さんです。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル