MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
マダラ&アラをスローピッチジャークで攻める!【新潟上越沖】

マダラ&アラをスローピッチジャークで攻める!【新潟上越沖】

マダラにアラ、激しく美味い高級魚が狙える真夏の新潟上越沖・中深海。そんな魅力いっぱいの漁場に、スローピッチジャークのパイオニアが釣行。さて、その釣果はいかに!?

マダラは冬の魚だって!? 否! 身を食べるなら、白子や真子が入っていない夏がベストなのだ

山田船長のマル秘ポイントで9㎏の大アラをキャッチ!

深海200mから浮上したマダラ。ボトムから10m以内を丹念に探ろう。

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・上越有間川漁港「浅間丸」。

真夏の上越沖。乗っ込みマダイ釣りで賑わっていた直江津〜名立沖も、産卵も落ち着き対馬海流の暖かい潮の流入で水温が上昇、秋までいったん小休止する。
そんななか注目されるのが、上越沖水深200〜250mのマダラ釣り。マダラは冬の魚だと思っていた人も多いだろうが、身を食べるなら白子や真子が入っていない夏がベスト。
「うちは秋から春の青物ジギングをメインに出船してます。だから、この時期は青物ジギングではあまり出船はないんだけど、マダラやアラは沖の深場で釣れるからね。希望があれば出ますよ。マダラが本格化するのは例年8月から。アラはいつでもって感じだけど、ボウズ覚悟ですからね。どちらもうまい高級魚ですから、覚悟してきてください」とは、有間川漁港「浅間丸」山田美樹船長。沖のポイントにもかなり詳しい頼れる船長だ。

今回の釣行で使用したジグ&ロッド&リール

深海から浅場まですべてのレンジをカバーするDEEP LINERのスロースキップシリーズ。100mより深い海では、重いジグを使うのがコツ。

スロースキップには、ジグの重さが印字されてないので、重さをマジックで書いておく。

スローピッチ専用ロッドとハイギアタイプの両軸リール、1.5〜2号のファイヤーラインの組み合わせで水中の潮の流れの変化、ルアーと魚の絡みなど小さな感度をとらえよう。

スローピッチジャークのパイオニア参戦! 深場の魚を攻略せり!

スローのターゲットは、すべての魚。浅場の根魚や青物も狙える。上越沖ではほぼすべての魚が狙えるパラダイスだ。

高知のルアー船「ディープライナー」の船長であり、スローピッチジャーク専用のジグ、スロースキップの開発者でもある東村真義さんは、上越沖は初。さすがの腕前でマダラゲット。

ウスメバルとマゾイも! ゲストの多彩さはお墨付き!! これがスローピッチの実力だ。

高知から遠征してきたスローピッチジャークのパイオニア、ディープライナーの東村真義さんは、上越沖は初釣行。太平洋のあらゆる魚をスローピッチで攻略してきたエキスパートである。
そんな彼は、上越沖をこう語った。
「魚影の濃さに驚きました。マダラは意外とこんな浅い水深で釣れるんだと思いました。深場の魚攻略には、このスローピッチジャークは最適なので、この釣りに興味ある方々にはスローピッチの基本や魚の習性などをもっと学んでスキルアップしてもらいたいですね。上越沖は本当に可能性がある海域です。もっと多くの人たちにスローピッチジャークジギングをトライしてみてもらいたいですね」
真夏も釣れる! スローピッチジャーク。あなたもぜひ。

以上の記事は「つり丸」2012年8月15日号の掲載情報です。

関連記事
手軽でゲーム性高く超楽しい!SLジギング「公布号」では、マダイ、ヒラメ、ヒラマサ、ワラサ、サワラ、マハタ、カサゴ、アイナメ…と、外房エリアに生息、回遊して来る代表的な魚はほとんどヒットしている。
千葉県長浦港「こなや」では、この時期シーバスジギングが活況。水温が上がり始めればグッと釣果も上向くのが例年のパターン。ここでは、基本的なタックルセレクトとベーシック釣法&釣行レポートを紹介する。
相模湾のサワラのルアーゲームは、イワシを追って跳ねればキャスティング、それ以外はジギング。タックルは2種類が必要となる。今回はタックルと釣り方の概要を紹介!極上サワラをぜひキャッチしていただきたい。
東京湾の冬の名物ジギングシーバスがシーズン佳境を迎える。川崎「つり幸」は古くからシーバス乗合を続けている船のひとつだ。タックル、釣り方の基本を押さえておこう!
全国的に人気のラバージグを使ったタイラバゲーム。ここでは希少な外房のタイラバ船、御宿岩和田港「長栄丸」でのタイラバゲームを紹介。エキサイティングな季節が到来する岩和田沖の釣り。ぜひ挑戦してほしい。
最新記事
チタントップと高感度ブランク採用のライトゲーム専用ロッド 「LG73」「LG82」
アブラボウズ。めったにお目にかかれない巨大魚だ。大きいと優に重量は100㎏を超える。この時期は、石廊崎周辺水深600mの根周りに産卵のためにアブラボウズが集結。深海モンスターゲットのチャンスだ!
東京湾では、2月1日からバル釣りが開幕!本牧港「長崎屋」では、2月から「エビメバル」と呼ばれるエサで狙うメバル釣りをスタート!小林名人の追い食いテクニックを参考にチャレンジしてみよう!
東京湾のイシモチが好期に突入。手軽な道具で小さな子どもたちも楽しめるが、ベテランも夢中になる奥深さもある。これから春先までが落ちの時期で大型狙いも有望。銀色に輝く魚体は見事なサイズが揃っている。
東京湾では、異例のタチウオ激釣が続いている。小柴港「三喜丸」では指4本サイズがアベレージで、メーター超え指5本サイズも多くまじる確変中!今が釣行チャンスだ!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読