MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
餌木スミイカ好スタート、おいしい小型が乗り乗りだ【東京湾】

餌木スミイカ好スタート、おいしい小型が乗り乗りだ【東京湾】

夏の間は高かった水温も徐々に下がり始め、東京湾では冬の人気ターゲット、スミイカが開幕した。鴨居の「きよし丸」では、初日はトップで16杯と好スタートを切った。さっそく鴨居へと向かった。天気もよくスミイカ船は賑わいを見せていた。

餌木イカの面白さは、餌木の色が、その日のイカの活性にマッチすれば、面白いように乗りが続くこと

今の時期にしてはグッドサイズ。ズシッ! ときた。

ズシッと重いスミイカの乗り味。今は小型主体ながらも、この快感は変わらない。

シーズン初期のスミイカ。まだ小型主体だが、小さいからこそ軟らかくておいしい。

餌木のカラーセレクトも重要。この日も、濃緑の餌木を使った人に乗りが集中して、14杯のスミイカが上がった。

アオリイカもまじる。こちらもおいしい。

マダコもまじって軟体五目!?

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・鴨居港「きよし丸」。

東京湾のスミイカが開幕した。鴨居港「きよし丸」は、中オモリを使った餌木シャクリでスミイカを狙っている。初期のポイントは中ノ瀬から木更津沖で、コロッケサイズと呼ばれる小型スミイカが順調な乗りを見せている。底近くにふわふわと餌木を漂わせてスミイカを誘えば、竿先に小さなアタリがやってくる。今は150~300gが主体だが、今後水温の低下とともに徐々にイカは深場に落ちて良型化するので、11月後半になれば500g級がずっしりとした乗りを楽しませてくれるだろう。
取材日はスミイカ専門狙いだったが、水温が下がる11月からはアオリイカとの両狙いとなる。
餌木イカの面白さは、餌木の色がその日のイカの活性にマッチすれば面白いように乗りが続くこと。潮色や天気、海底の状態などでイカの好む餌木は変化する。持っている餌木を総動員して、その日の当たりカラーを探してみよう。

以上の記事は「つり丸」2012年12月1日号の掲載情報です。

関連記事
オフショアルアーゲームのなかで、最もライトな釣りに入るメバル・カサゴゲーム。水温上昇に転じれば、バチ抜けも活発になり、メバルの活性も一気に上向く。ここでは「アイランドクルーズFC」の釣りを紹介する。
多彩なルアーゲームを展開する船橋港の「フレンドシップ」はタイラバゲームを得意とする船のひとつ。魅了されるアングラーも数多いタイラバゲームを紹介する。
東京湾のシーバスが爆釣トップシーズン!千葉・寒川港「小峯丸」では人数限定片舷乗合というオンリーワンシステムを取っているため、ジギングはもちろんキャスティングも思う存分楽しめる!
東京湾・湾奥シーバスゲームが好調!釣り方はジギングが主体で、少し深場を攻める!タックルはベイトがオススメ!寒川港「小峯丸」では取材日に66cmが登場!
横浜新山下「アイランドクルーズFC」では、「メバカサ乗合&仕立」が盛況!メバル狙いの基本ルアーはジグヘッド&ソフトルアー!同船主催「デカメバルトーナメント」覇者、椎野さんオススメタックルも紹介!
最新記事
アルファタックルのテル岡本氏・柳沢テル氏来店 玉屋つり具店「春の一大事!」4月18日、19日開催
東京湾のマゴチ釣りが開幕絶好調だ!新子安恵比須橋「だてまき丸」は3月からマゴチ乗合をスタート。60㎝オーバーの大型、トップ5本以上の日も!近年増えているヒラメのほかイカもまじる!このチャンスにぜひ!
震災から6年。福島・相馬港の「明神丸」が年明けに復活!ポイントは原町から相馬沖の岩礁帯。釣れるカレイは、マガレイ、マコガレイ、イシガレイなど。注目すべきはナメタガレイ!トップ22枚という激釣の日も!
サブクーラーとしてさまざまな用途に使えるミニクーラー「マーク無しクーラーミニ」
外房・大原沖は周年マダイが狙え、早春から好釣果が継続。日によってポイントや水深などが変わるので、どんな状況にも対応できるよう準備が大事だ。そこで、テンヤ&タイラバのタックル、釣り方を詳しく解説!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読