MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
餌木スミイカ好スタート、おいしい小型が乗り乗りだ【東京湾】

餌木スミイカ好スタート、おいしい小型が乗り乗りだ【東京湾】

夏の間は高かった水温も徐々に下がり始め、東京湾では冬の人気ターゲット、スミイカが開幕した。鴨居の「きよし丸」では、初日はトップで16杯と好スタートを切った。さっそく鴨居へと向かった。天気もよくスミイカ船は賑わいを見せていた。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

餌木イカの面白さは、餌木の色が、その日のイカの活性にマッチすれば、面白いように乗りが続くこと

今の時期にしてはグッドサイズ。ズシッ! ときた。

ズシッと重いスミイカの乗り味。今は小型主体ながらも、この快感は変わらない。

シーズン初期のスミイカ。まだ小型主体だが、小さいからこそ軟らかくておいしい。

餌木のカラーセレクトも重要。この日も、濃緑の餌木を使った人に乗りが集中して、14杯のスミイカが上がった。

アオリイカもまじる。こちらもおいしい。

マダコもまじって軟体五目!?

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・鴨居港「きよし丸」。

東京湾のスミイカが開幕した。鴨居港「きよし丸」は、中オモリを使った餌木シャクリでスミイカを狙っている。初期のポイントは中ノ瀬から木更津沖で、コロッケサイズと呼ばれる小型スミイカが順調な乗りを見せている。底近くにふわふわと餌木を漂わせてスミイカを誘えば、竿先に小さなアタリがやってくる。今は150~300gが主体だが、今後水温の低下とともに徐々にイカは深場に落ちて良型化するので、11月後半になれば500g級がずっしりとした乗りを楽しませてくれるだろう。
取材日はスミイカ専門狙いだったが、水温が下がる11月からはアオリイカとの両狙いとなる。
餌木イカの面白さは、餌木の色がその日のイカの活性にマッチすれば面白いように乗りが続くこと。潮色や天気、海底の状態などでイカの好む餌木は変化する。持っている餌木を総動員して、その日の当たりカラーを探してみよう。

以上の記事は「つり丸」2012年12月1日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
最新記事
超高輝度!深海専用集魚フラッシュライト 仕掛け屋本舗「超! 高輝度 LED深海専用集魚フラッシュライト」
いまでは貴重になった良型オニカサゴ。下田須崎港の遊漁船の老舗「ほうえい丸」ではそんな良型がザックザク!リレーで大アラもキャッチ可能!温暖な伊豆へオニ退治へ行こう!
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル