MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
餌木スミイカ好スタート、おいしい小型が乗り乗りだ【東京湾】

餌木スミイカ好スタート、おいしい小型が乗り乗りだ【東京湾】

夏の間は高かった水温も徐々に下がり始め、東京湾では冬の人気ターゲット、スミイカが開幕した。鴨居の「きよし丸」では、初日はトップで16杯と好スタートを切った。さっそく鴨居へと向かった。天気もよくスミイカ船は賑わいを見せていた。

perm_media 《画像ギャラリー》餌木スミイカ好スタート、おいしい小型が乗り乗りだ【東京湾】の画像をチェック! navigate_next

餌木イカの面白さは、餌木の色が、その日のイカの活性にマッチすれば、面白いように乗りが続くこと

今の時期にしてはグッドサイズ。ズシッ! ときた。

ズシッと重いスミイカの乗り味。今は小型主体ながらも、この快感は変わらない。

シーズン初期のスミイカ。まだ小型主体だが、小さいからこそ軟らかくておいしい。

餌木のカラーセレクトも重要。この日も、濃緑の餌木を使った人に乗りが集中して、14杯のスミイカが上がった。

アオリイカもまじる。こちらもおいしい。

マダコもまじって軟体五目!?

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・鴨居港「きよし丸」。

東京湾のスミイカが開幕した。鴨居港「きよし丸」は、中オモリを使った餌木シャクリでスミイカを狙っている。初期のポイントは中ノ瀬から木更津沖で、コロッケサイズと呼ばれる小型スミイカが順調な乗りを見せている。底近くにふわふわと餌木を漂わせてスミイカを誘えば、竿先に小さなアタリがやってくる。今は150~300gが主体だが、今後水温の低下とともに徐々にイカは深場に落ちて良型化するので、11月後半になれば500g級がずっしりとした乗りを楽しませてくれるだろう。
取材日はスミイカ専門狙いだったが、水温が下がる11月からはアオリイカとの両狙いとなる。
餌木イカの面白さは、餌木の色がその日のイカの活性にマッチすれば面白いように乗りが続くこと。潮色や天気、海底の状態などでイカの好む餌木は変化する。持っている餌木を総動員して、その日の当たりカラーを探してみよう。

以上の記事は「つり丸」2012年12月1日号の掲載情報です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル