MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
絶好調!外房 片貝沖 ハナダイ五目!イシダイなどゲストも豪華!

絶好調!外房 片貝沖 ハナダイ五目!イシダイなどゲストも豪華!

片貝旧港「直栄丸」のコマセシャクリのハナダイ五目が絶好調!ハナダイをメインにイシダイやイシガキダイ、イナダやメバルなど真冬でも美味しい魚がいろいろ釣れる穴場の海で、楽しんじゃいましょう!

大型本命まじりで絶好調!イシダイなどゲストも豪華

外房・片貝沖のハナダイ五目で良型ハナダイが好調に釣れている。

年末年始は、正月の祝い善に供するタイの尾頭付きの塩焼き用に、このハナダイを釣りに来る釣り人も多かった。

筆者が取材に伺ったのも、そんなタイミングの年内だったのだが、本稿が正月に間に合わないのが残念で申し訳ない限り。

ただ、まだまだハナダイは絶好調!

ぜひ新年最初の釣行は、この賑やかで美味しい五目釣りを楽しんでいただきたい。

一投目から連発!25㎝級主体に食ってくる

釣り場は航程30分弱の真沖で、協定の開始時間を待ち、まだ辺りは暗闇に包まれている中開始の合図が出る。

「コマセカゴは下は全部閉じて、上の穴は半分くらい開けるようにしてください。着底したら10mくらい上までシャクリながら誘い上げて。もっと上まで反応が出るようになったらまた指示しますからね」とのアナウンスもある。
 
ハナダイは一投目から食ってきて、トモ寄りでバタバタッと上がると、船全体にアタリが回りだした。

私にもカツカツ!とアタリ、事前に船長に聞いていた巻きアワセで対応するがなかなかハリ掛かりしない。

リールを巻く速度が遅すぎたようで、少し速めると(といっても秒速30㎝ほど)キュキューン!と向こうアワセのような感じで竿先を持って行くようになる。
 
釣れてくるのは25㎝級がレギュラーで、中には13㎝ほどの小型も釣れてくるが、水深が30mもないくらいなのでゆっくり巻けば水圧変化に耐え、リリースしても元気に海底へと戻って行く。

入れ食いに突入! 私は バイオワームで手返しアップ

ハナダイの食いは徐々に上向き、ほぼ入れ食いに近くなって来た。エサ取りも活発で、仕掛けを上げると毎回ハリは丸裸状態。

こうなるとオキアミを刺すのも面倒というか、その時間ももどかしくなる。

そこで持参のバイオワームを1cmくらいに切って3本バリの真ん中に刺してみたが、食いっぷりはオキアミと変わらず、時にはウマヅラ(おそらく)にかじられたりもするが、エサ持ちはグ~ンと良くなり手返しアップにつながった。
 
8時を過ぎたところでやや食い渋ると、この日初めての移動。

といっても潮回りに近いレベルの小移動だが効果は絶大で、コマセが効き出すとダブル、トリプルも交えまた食い出した。
 
船長からは「仕掛けはマメにチェックして、ハリスがヨレてきたら交換した方がいいよー。何匹も釣っているとハリ先が鈍ってくることがあるから、ハリもチェックしてダメなら交換だよ。せっかくデカイの掛けても刺さりが悪くてバラしたらもったいないからね」とバリ食い時ならではのアドバイスも出る。
 
ただし普通のコマセ釣りよろしく置き竿を決め込んでいるとアタリは遠い。

またタナが低いとハナダイも小型が多く、ベラなどに邪魔をされる。

付けエサを使用するとはいえ、やはりそこはコマセシャクリ釣り。

しっかり動かした方が断然釣れるし、型も良いようだ。

厳寒期でも食いは十分 今後も楽しめそう!

10時近くに二度目の小移動。
そしてここで私に良型が食って来た。

ハリ掛かりした瞬間は重いだけで、あれ?なんだ?だったのだが、その後ギュンギュンギューン!と鋭い三段引き。

ライトタックルゆえドラグだけでなく膝を使っての「おっとっと…」のやり取りも久々で楽しいのなんの。

上がって来たのはオデコが張り出した38㎝のオスのハナダイ。

ハナダイとしてはかなりの大物だ。
 
次にLTロッドを激しく叩いたのは30㎝超のイシダイ。

こいつも結構なファイトで楽しませてくれたが、船長いわく「それじゃあまだシマダイ」とのこと。

ここ片貝沖では手のひら級から縞が消えかかり口周りの黒くなった「クチグロ」級までのイシダイが釣れるのだとか。

「小さいのは塩焼きでその日でも旨い。でも良型を刺身にするなら最低3日は寝かせた方がいいよ」と船長。
 
この日は多少の小康状態はあったもののほぼ終日食いは活発で、クーラーズッシリの大満足で12時少し前に沖揚がりとなった。
 
船中の釣果は20~38cmのハナダイを20~46枚。

ハナダイの他にはイシダイ、ウマヅラ、メバル、イシガキダイやイナダも上がった。
 
片貝沖のハナダイは厳寒期になっても問題なく釣れるとのこと。

まして今年は例年より3度くらい水温が高い状況で推移しているというから、なおさら今後の好釣果にも期待が持てそうだ。

クリーンなコマセで大型ゲット!片貝沖 ハナダイ五目 釣行レポート

ニオイの少ないクリーンなコマセが配られる

ビシはFLサイズ60号

空バリの3本バリ仕掛けに、オキアミの付けエサを付けるのが基本

片貝沖のハナダイ五目が良型まじりで好釣だ!年末にとくに人気が高いターゲットだが、1月、2月も絶好機。穴場的な釣り物かも

良型ハナダイの引きはホントに楽しい!

キレイな魚体がもう春を感じさせてくれる

おでこの張った大型「デコダイ」。刺身でも美味しいが、湯引きや炙りなどもいい

シャクって食わせる ゲーム性が楽しい!

いろんな魚が食ってくる!

イシダイがかなりまじっている。

いわゆる塩焼きサイズ主体だが、この塩焼きがウマいんだ!!

イシダイとハナダイの一荷も!

けっこう外道扱いされるウマヅラだが、刺身にしてキモ醤油で食べると美味しよ

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・片貝旧港「直栄丸」

コマセ釣りはニオイがつくからキラ~イ、なんて釣りガール達が言うのかどうかは知らないが、それならこれはどうだ!

なのが、片貝旧港「直栄丸」のコマセシャクリのハナダイ五目だ。

もちろんアミコマセを使うのだが、なんとコマセを海水で洗ってから配るという手のこみ方だ。

このひと手間でコマセ臭は皆無になるのだ。
 
しっかりシャクって誘わないと釣果に大きく差が付くところはルアー感覚満点でゲーム性も高い。

そんなところも若手釣り師や釣りガールにオススメしたい魅力。
 
釣れる魚はハナダイをメインに目下脂ノリノリのイシダイやイシガキダイ、イナダやメバルが釣れる日もあり、よくまじるウマヅラハギも冬場は臭みがなく肝醤油で食べればカワハギに勝るとも劣らずの美味だ。

「昨年よりも今年の方がいいかな。大体まじりでトップ40~50匹くらい釣ってますよ。小型のハナダイも結構まじるのもいい傾向ですね。デカイのばかりだとそれを釣っちゃうと後が続かなくなるからね~。あんまり小さいのはリリースして欲しいけど、手のひらちょいくらいの大きさのやつは、三枚に下ろして天ぷらで食べると旨いですよ」と船長。
 
ハナダイは1月でも2月でも釣れるらしいが、毎年正月明けからは問い合わせが激減するとのこと。

正月用の尾頭魚として人気の魚ということもあるが、やはり1、2月は寒さが厳しくなるからだろう。
 
冬場はさすがにアタリの少ない釣りは辛い。

でも片貝沖のハナダイ五目はそんな心配もご無用。

いろんなアタリでいろんな魚が食ってくるから熱くなっちゃう!
 
真冬でも美味しい魚がいろいろ釣れる穴場の海で、コマセシャクリでバンバン楽しんじゃいましょう!

以上の記事は「つり丸」2020年2月1日号の掲載記事です。

関連記事
まだまだ寒いこの時期、オニカサゴが好調。金沢八景「忠彦丸」が現在狙っているポイントは、洲崎沖と沖ノ瀬。デカオニが潜む起伏のある場所を中心に攻めている。今回はその攻略法と釣れっぷりを紹介する!
東京湾の人気ターゲット!イシモチが爆釣中!暖冬がもたらした「想定外の好釣果」だ。金沢八景「小柴丸」では連日トップ「束(100匹)」越えを記録!この爆釣フィーバーをぜひ今のうちに!
相模湾東部のヤリイカが復調。2月前半の時点ではトップ20杯~30杯台を記録。春のヤリイカは数釣り期待!マルイカも好調。同時期にトップ30杯以上を記録。これからの時期は、2種ともに楽しみなターゲットだ。
東京湾の激うまブランド〝黄金アジ〟の必釣テクを伝授だ!重要なのは、コマセと仕掛けの同調!ビギナーでも安定釣果で楽しめるLTで迎撃しよう!
冬の定番メニューとなった犬吠埼沖水深200m台で釣るアカムツ釣り。潮の流れが緩んで深場のアカムツ宝庫が本領発揮中!冬の貴重なシケの合間の凪ぎ日を利用して激うま魚ゲットしよう!
最新記事
まだまだ寒いこの時期、オニカサゴが好調。金沢八景「忠彦丸」が現在狙っているポイントは、洲崎沖と沖ノ瀬。デカオニが潜む起伏のある場所を中心に攻めている。今回はその攻略法と釣れっぷりを紹介する!
東京湾の人気ターゲット!イシモチが爆釣中!暖冬がもたらした「想定外の好釣果」だ。金沢八景「小柴丸」では連日トップ「束(100匹)」越えを記録!この爆釣フィーバーをぜひ今のうちに!
相模湾東部のヤリイカが復調。2月前半の時点ではトップ20杯~30杯台を記録。春のヤリイカは数釣り期待!マルイカも好調。同時期にトップ30杯以上を記録。これからの時期は、2種ともに楽しみなターゲットだ。
東京湾の激うまブランド〝黄金アジ〟の必釣テクを伝授だ!重要なのは、コマセと仕掛けの同調!ビギナーでも安定釣果で楽しめるLTで迎撃しよう!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読