MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
日立沖のテンヤマダイが盛期を前にアタリ多数【茨城・日立沖】

日立沖のテンヤマダイが盛期を前にアタリ多数【茨城・日立沖】

秋が深まって各地のマダイ釣りがおもしろくなってくる。茨城・日立沖のテンヤマダイもこれからが本格シーズンに突入する。例年、日立沖のマダイは11月、12月が盛期。数、型ともに期待できるベストシーズンだ。

中小型主体ながら、初心者を含め全員が本命のマダイをゲット!

取材当日は、このサイズが多かったが、盛期には良型連発もある!

ノリーズ「ハイブリッドテンヤ真鯛」が絞り込まれた。

ノリーズの榎戸さんは、早い時間帯に本命をキャッチ。

開始早々にアベレージサイズがアタった。

ダブルヒットも!

当日は全員が本命の型を見た。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・会瀬港「ことぶき丸」。

茨城・日立沖のマダイが盛期を目前におもしろくなってきた!
「例年11月、12月はいいですからね。数も出て、型もいいのが釣れます。今(9月後半)もアタリは多くなってきているので楽しめますよ」とは会瀬「ことぶき」の齋藤研二船長。
取材当日は中小型主体ながら、初心者を含め全員が本命をゲット。そしてアイナメ、ソイ、ショウサイフグ、ワラサ、イナダ、カンパチなど多彩なゲストもまじって、まさに「秋」という釣れぐあいだった。
取材では型物のヒットはなかったが、他船では9㎏や4㎏台も取り込まれたいたので今後が楽しみ。そして取材後の10月2日には「ことぶき丸」でも4.6㎏の大ダイが取り込まれている。
すでに本格シーズン突入といえる日立沖のテンヤマダイ。トップ2桁釣果もあるので、数釣りも、サイズ狙いも楽しもう!!

タックルは専用竿に小型スピニングリール。テンヤは8〜10号も準備、カラーも豊富に!

エビエサの代わりにワームを使うのもおもしろい。

この時期、テンヤは3〜8号があればOK。

船で使用しているエビエサ。

タックルはひとつテンヤ専用竿に小型スピニングリールの組み合わせが基本。
この時期狙う水深は20m台〜30m台がメイン。8〜10号のテンヤに対応した専用竿があればOKだ。長さは2.4〜2.7mぐらいが扱いやすいだろう。
小型スピニングリールは、とにかくスムーズにラインが出る高性能なドラグを搭載したものを使おう。取材当日も他船で9㎏という超大型マダイが取り込まれていたほか、青物のヒットもある。これらの魚が掛かったら、ドラグを駆使してラインを出し入れしながらやり取りしないと取り込むことができない。このときスムーズにラインが出ないと、ラインブレイクにつながってしまう。
道糸はPEラインの0.6〜1号。150〜200m巻いてあれば十分。スプールが大きい場合は、安価なナイロンラインを下糸ととして巻いて、その上にPEラインを巻くといいだろう。
道糸の先にリーダーを結ぶが2〜3号が標準。長さは2〜5m。
リーダーの先にテンヤを結ぶ。テンヤは3〜10号ぐらいまであれば万全だ。
「今の時期は水深30m台ぐらいをメインに狙っています。深くても40m台です。テンヤは8号まであれば対応できると思います。これから水温が下がってくれば、水深60mぐらいのところも狙います。そうなるとテンヤは10号ぐらいまであったほうがいいですね」とは「ことぶき丸」の齋藤研二船長。
テンヤのカラーもバリエーション豊富にあったほうがいい。今回の取材に同行していただいたノリーズプロスタッフ・榎戸さんは「テンヤのカラーも食いに影響します」という。
グロー、金、赤などは必須。このほかさまざまなカラーバリエーションを用意して、いろいろ試してみよう。
エサ付けは右上の写真のとおり。これは榎戸さんのエサ付けで、頭部と尾部を固定するように孫バリを刺すのが特徴。これだとテンヤの上げ下げで頭部が外れにくくなるのだ。
また、エビエサの代わりにワームを試すのもおもしろいだろう。

以上の記事は「つり丸」2017年11月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
駿河湾焼津沖のタチウオが終盤戦。サイズも数もとにかく絶好調! 指3〜3.5本あるので刺し身や炙りで食べるにはちょうどいいサイズ。大型となると1㎏を超えで日に何本かまじっていて、数についてはトップ80本を超えるような日もあるんだとか。
更新: 2019-03-15 07:00:00
駿河湾の最奥部、沼津沖千本浜前でタチウオが絶好調に釣れている。釣り方は、エサ釣りはテンビン使用の1本バリ仕掛け、またはテンヤ釣り。ルアーはジギングが主流。つまり、どんな釣り方でもOKなのだ。
更新: 2019-03-07 12:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
相模湾・平塚沖〜大磯沖で楽しむ、高級魚ホウボウ釣り!テクニカルで面白さも想像以上で、しかも美味しいときたら、ハマる人も多い。ジグは主に30〜40gを使用。フックはアシストのみで楽しめる。
更新: 2019-02-06 07:00:00
暖冬で年が明けても暖かい日が続いているが海の中も暖冬のようで、例年であればすでにベストシーズンを迎えて極寒の中、夜な夜な熱いバトルが繰り広げられる「夜タチウオ」が昨年末に来てようやく調子を上げてきた。
更新: 2019-01-24 07:00:00
最新記事
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読