MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
片貝沖のヒラメは全面解禁してさらにパワーアップ!【外房・片貝沖】

片貝沖のヒラメは全面解禁してさらにパワーアップ!【外房・片貝沖】

8月、9月の部分解禁を経て、10月1日に全面解禁する片貝沖のヒラメ。今シーズンは全面解禁前からすでに数、型ともに好調続き。良型多く、また4〜5㎏の大型もまじって、2桁釣果を記録することも珍しくなかった。そして10月1日の全面解禁を迎え、各船安定して好釣果を記録している。

今シーズンは魚影濃く、どのポイントでも相当数のヒラメがいる

ヒラメ初挑戦のビギナーが開始早々に本命ゲット!

取り込みはタモアミで!

取材は9月後半。全面解禁前からすでに好調が続いている。

片貝沖には無数のヒラメポイントが存在! 魚影の濃さもバツグンだ!!

今回、取材にご協力いただいたのは、片貝旧港「勇幸丸」。

10月1日から、いよいよ全面解禁した片貝沖のヒラメ。8月と9月の部分解禁を経て全面解禁に至るが、今シーズンは8月中旬以降から好調続き。数、型ともに「盛期?」と思うような釣果が記録されることもしばしばだった。
「今シーズンは魚影が濃いですね! どのポイントでも相当な数のヒラメがいます。アタリも多いので、これからが楽しみです」とは片貝旧港「勇幸丸」の市東吉雄船長。
取材は全面解禁前の9月後半。釣り人は、貸し竿を使用するビギナー4人グループと常連さんの計5人。ビギナーグループは釣り開始前に市東船長からのレクチャーを受けると、その後は連発の快進撃。なんと初挑戦の若者が、ヒラメ7枚にイナダやカンパチも数本釣り上げ竿頭になったのだった。
魚影が濃い今シーズンの片貝沖は、ビギナーが挑戦するにもオススメ! ぜひチャレンジしてみよう!!

ライトタックルの場合は各自でオモリを調整

「勇幸丸」の船宿仕掛け。船で購入可能。

仕掛けはオーソドックスなヒラメ仕掛け。枝スは6号、80㎝前後。幹糸は6〜8号、100〜150㎝。捨て糸は5号、50㎝。親バリは丸セイゴ17号、孫バリはトレブル8号。
「勇幸丸」ではライトタックルの使用も可能。通常タックルでは60号のオモリを使用する。ライトタックルの場合のオモリは、だいたい40〜50号。当日の潮の速さ、混雑具合を考慮して、オマツリしないように重さを調整する。ライトタックルで狙う人は40、50、60号を用意していくといいだろう。
「勇幸丸」の市東吉雄船長がオススメするエサ付けは、親バリが鼻掛け。市東船長によると、上アゴ掛けにする場合は、イワシの体の中心に掛けないと弱りやすくなるので鼻掛けを推奨している。
「勇幸丸」の船宿仕掛けの親バリにはソフトタイプの夜光玉が付けられている。親バリを鼻掛けにするときは、この夜光玉がないとズレてしまいハリ掛かりに影響する。仕掛けを自作する場合は、親バリに小型の夜光玉を付けるようにしよう。
船宿仕掛けの孫バリはトレブルフックを使っている。この場合は背ビレの後ろに掛けることを推奨している。腹側に掛けると、海底などに引っ掛かる可能性があるからだ。
アタリが多いときは、エサの消費がとくに激しくなるので、大事に使おう。

オモリが底に着くか着かないかの位置で待つ

エサ付けは、親バリが鼻掛け、孫バリが背掛けが市東船長のおすすめ。

エサのイワシが配られたら、ていねいに素早くエサ付けし、投入の合図を待つ。
投入合図が出たら、ハリを刺したイワシから海中に入れ、続いてオモリを投入。リールのクラッチを切ってスプールをフリーにして、仕掛けを落下させる。
オモリが着底したら糸フケをとる。船の揺れでオモリが底に着くか着かないかの位置をキープしてアタリを待つ。
水深が変化する場所も多いので、タナを取ったらそのままにするのではなく、何度もタナを取り直すようにすることが大事だ。
「根掛かりしやすい場所や漁礁周りではタナを上げて、アタリを待ったほうがいいですか?」と市東船長に聞いたところ、「漁礁の真上を流すとことはないので、基本的にオモリが底に着くか着かないかのタナでアタリを待ってください。起伏がかなり激しいときはアナウンスしますので、そのときは少しタナを上げるなどして対応してください」と市東船長。
取材当日は貸し竿のビギナー5人組が乗船。ポイントに到着すると、市東船長は釣り方をひととおりレクチャー。ビギナーにはていねいに教えてくれるので、教えてもらいたい人は出船前に申し出るといいだろう。

アタったら即アワセはダメ

「勇幸丸」ではライトタックルもOK! 釣趣抜群!!

アタリは「ガツガツ」とか「コツコツ」と竿先が揺れ、手元にもその感触が伝わるのでわかるだろう。
アタったら即アワセはダメ。そのまま待ち、食い込んだら竿を立ててしっかりとアワせる。
「食い込んだら」と表現したが、ビギナーはこの判断が難しいだろう。竿が絞り込まれたり、アタリが強くなったときがアワせるタイミングの目安だ。
掛かったらラインを弛めないよう巻き上げる。大型が掛かった場合は強引に巻き上げることはぜず、ドラグを使って慎重に巻き上げる。
海面まで巻き上げたら、タモ取りして取り込むのが確実。このときヒラメが暴れることも多いので、仕掛けを手繰るのではなく、竿でタモにヒラメを誘導して取り込んでもらうようにする。
今シーズン絶好調の片貝沖のヒラメ。「勇幸丸」の取材では、前述したビギナーグループの一人が竿頭となった。ビギナーにもオススメなので、ぜひ挑戦してみよう。

以上の記事は「つり丸」2017年11月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
春の東北の人気魚、クロメバル。関東周辺では貴重な魚だが、福島県相馬沖水深30〜40mでは30㎝前後のクロメバルが数釣りができる。リレーで狙うカレイもマガレイを主体にマコガレイやナメタガレイなど釣れるぞ。
更新: 2019-03-20 07:00:00
犬吠埼沖水深200〜250mのアカムツ。今期のアカムツは1月より本格化。このままゴールデンウイークごろまでポイントが多少変わっていくものの、波崎沖カンネコ根のシーズンまで楽しめるとの予想だ。
更新: 2019-03-19 12:00:00
東京湾のアジは早春から絶好調だ。浦賀港「前田丸」では周年アジを狙って出船し、連日トップの釣果は70〜80匹前後。サイズは20〜37㎝級。場所は航程10分程度の浦賀沖。水深は70〜90mだ。コマセが効けばタナを取ってから数秒以内にアタリが出る!
更新: 2019-03-19 07:00:00
最新記事
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読