MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
気軽にチャレンジ!深場アカムツ!南房 江見沖〜鴨川沖

気軽にチャレンジ!深場アカムツ!南房 江見沖〜鴨川沖

急深の地形の南房・江見沖の好立地でアカムツをメインに狙っている江見吉浦「渡辺丸」。レンタルタックル、仕掛け、オモリまで用意!ビギナーからベテランまで気軽に南房のアカムツ釣りを楽しんでもらいたい。

関東周辺 冬のアカムツの狙い所は?

人気のアカムツ。なぜ 厳寒期のいまなのか?

周年狙える江見〜鴨川沖のアカムツ。ポイントも遠くない

いまや北は東北、西は九州まで人気のターゲットとなっているアカムツだが、なぜ、いまこの厳寒期にアカムツなのか?

それは、太平洋のアカムツは冬期は産卵行動を終えた個体が普段の生息域、水深200m〜300mの砂泥帯に群れるようになる。

エサ場には次々とアカムツが入ってくる傾向があり、釣りやすくなるから。

しかし、釣りやすい反面、冬のシケのため、出船回数は制限されることも多い。

これが、ある意味獲り過ぎをおさえることとなる。

この真冬のアカムツをクローズアップさせたのは、犬吠埼沖だ。

2年前から多くの遊漁船が狙うようになり、今期はポイントも広範囲で以前のような爆釣はないものの、コンスタントに良型があがっている。

魚の状態も回復しており、脂の乗りはまずまずだ。

周年、出船率も高く良型が狙える場所として人気なのが、南房の江見沖〜鴨川沖。

犬吠埼沖と比べるとポイントはかなり近く、午前便と午後便で楽しめるほどお手軽にアカムツを釣ることができる。

そして、さらに港から近くでアカムツを釣ることができるのが、駿河湾の由比沖だ。

急深の地形のため、港から出てすぐに水深が200m以上になるからだ。

東伊豆沖もアカムツ釣りは盛んに行われているが、ポイントによっては水深は300m台になることも。

このように、出船率の高さでいえば、静岡方面だが、大釣りを期待したいなら、千葉県側ということになるだろう。

いずれにしても、2月は天気と相談しての釣行が余儀なくされる。

上手な計画をたてておいしいアカムツをゲットしよう。

南房・江見沖〜鴨川沖 深場アカムツ 釣行レポート

「渡辺丸」が攻めるポイントの水深は200〜300mが多い

エサはホタルイカ。サバの切り身や各種魚の切り身と抱き合わせする

貴重なアタリを逃さないために手持ち竿で攻める

水深300mから浮上した貴重なアカムツはタモで必ずすくう

こんなナイスボディのアカムツが標準ターゲット

ピンポイントに群れていたアカムツは一荷でよくヒットした

一荷でヒットしたアカムツ。深場では上バリに食うことも珍しくない

サイズアップです!

「10回目のチャレンジでやっと釣れました!」

「これで3匹目です!」

午前船でこれだけ釣れれば御の字

この日のトップは6匹だった

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・江見太夫崎「渡辺丸」

水深200mから300mのアカムツが普段生息している海域へ行くには、当然のことながら港から時間が掛かる、というのが一般的だが、ここ南房・江見沖は急深の地形のため、アカムツポ イントは遠くない。

しかも、すぐ近くに鴨川海溝を有しているので、港の真沖で釣れなければ、定番ポ イントである鴨川沖を攻めることができる、そんなアカムツの好立地でこの魚をメインに狙っているのが江見吉浦「渡辺丸」。

「一人10匹以上というような爆釣は少ないけど、周年、なんだかんだとアカムツはコンスタントに釣れてます。サイズは30cm以上と安定していますが、どうしても釣り人のスキルの差で釣果が違ってきますね」とは、とてもビギナーにもやさしい渡辺英雄船長の言葉。
 
冬場は潮の流れを見ながらポ イントを選択する。

潮が速いときは数釣りが期待でき高確率の鴨川沖へ。

ゆるいときは大型の実績が非常に高い江見沖をメインに攻めているという。

「タックルをきちんと周りと合わせて、底ダチ取りをしっかり行えば誰にでも出会うことができる魚ですから。ぜひ、深場といえども普段の釣りと同じ感覚でこの釣りを楽しんでもらいたいですね」と船長。

レンタルタックル、仕掛け、オモリまで用意してくれるというのでぜひ、ビギナーからベテランまで気軽に午前と午後便を活用して南房のアカムツ釣りを楽しんでもらいたい。

以上の記事は「つり丸」2020年2月15日号の掲載記事です。

関連記事
南房洲崎沖は岩礁帯が多く、根魚の魚影が濃い!洲崎港「北山丸」はカサゴのサイズが魅力。25㎝は当たり前、30㎝クラスの超大型が連発!また、マハタやアカハタなど、まじりも多彩で、根魚五目が楽しめる。
ズシーンッ!と訪れる引きが魅力のスルメイカ釣り!暑くなるといよいよ本番!魅力はズラズラと連なる多点掛け!しっかりと準備をして、楽しんでいただきたい!
黒潮の使者、カツオ・キハダは6月中旬頃から相模湾に回遊!カツオは2〜3㎏級!20㎏以上のキハダも多く、生きイワシエサはヒット率が抜群!
初夏の大原沖では、イサキの数釣りとシマアジの強烈な引き&最高の食味、両方が味わえる絶品リレーがオススメ!また、大原沖の根回りは魚種が豊富!高級魚五目でクーラーを満タンに!
房総半島・洲崎沖&勝浦沖の浅場根魚!エサは違えど道具&釣り方の基本は同じ!ビッグな根魚が待ってるヨ!!浅場根周りは大型根魚パラダイスだ!
最新記事
南房洲崎沖は岩礁帯が多く、根魚の魚影が濃い!洲崎港「北山丸」はカサゴのサイズが魅力。25㎝は当たり前、30㎝クラスの超大型が連発!また、マハタやアカハタなど、まじりも多彩で、根魚五目が楽しめる。
最軽量のトランク型クーラーがさらに軽量化し使いやすくなって登場!「ライトトランクα」ZSS/SU/GU/S 3200・2400
小物釣りの代表シロギスと、そのゲストでこちらも美味なメゴチを天ぷら用にさばく方法!釣りたてホクホクのシロギス&メゴチ天を作ってみよう!
人気の中深海スロー系ジギング。焼津市アングラーズショップ「アクア」のキンメ仕立て船に同船。キンメはナンヨウキンメもまじえ,、全員がキャッチに成功!2㎏クラスも登場!大盛り上がりの釣行となった。
ズシーンッ!と訪れる引きが魅力のスルメイカ釣り!暑くなるといよいよ本番!魅力はズラズラと連なる多点掛け!しっかりと準備をして、楽しんでいただきたい!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読