MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
激アツ!東京湾 本牧沖イシモチ!アタリ活発&引き味バツグン!

激アツ!東京湾 本牧沖イシモチ!アタリ活発&引き味バツグン!

アタリ活発&釣ってエキサイティング!を実感できる東京湾のイシモチが連日、好釣果!金沢八景「黒川丸」ではライトタックルの使用でビギナーでも数釣りOK!激アツ必至の爆釣を楽しみに行こう!

ビギナーにオススメも奥深い! 基本のベタ底狙い+αのテクを マスターして数釣りを楽しもう!!

例年より浅いポイントで 釣りやすく、楽しい!!

暖冬とは言え、冬将軍がやってくるこの時期は、さすがに釣りはキツイ…とスリープモードに入っている人たちに緊急出撃指令です!

釣趣バツグン&数がまとまるうえ、良型の期待も膨らむHOTな釣り・東京湾のイシモチが連日、好釣果に見舞われているのだ。

「結果オーライなんだけど、今期は例年とはちょっと様子が違って、釣れるポイントがコロコロ変わる展開でね。釣れなくなるとポイントを探すんだけど、ラッキーなことに次に見つける場所が毎回20m前後の浅場でさ(例年なら30~40mダチと2倍の深さで行っている)。イシモチはアタリが明確に出る所がウリなんだけど、深場だとこのアタリが糸フケなどでボケて、オモシロ味が半減しちゃうからね。それがないのと、魚との距離も近くなるので、よりエキサイティングなファイトが味わえるかな」と、現状のイシモチ釣りが楽しいことを分かりやすく説明してくれたのが、金沢八景「黒川丸」の黒川欣也船長だ。

ちなみに「黒川丸」は、明治時代から続く老舗船宿で、古くからイシモチ釣りを看板にあげて釣り方を構築。

現在もパイオニア船として、1年を通して(夏場の7、8月を除く)出船している。

ここではそんなバックグラウンドを持つ黒川船長に、絶好調のイシモチ釣りをさらに楽しむ攻略法を聞いてきたのでバッチリ解説して行こう。

現在、攻めているポイントは本牧沖で、海底は砂泥または泥場。

根掛かりなどがほとんどない場所なので、イシモチが潜む底付近を安心して狙えると、まず教えてくれた。

タックルは食い込み重視のライトタックル

アタリ活発&釣ってエキサイティング!を実感できる現在のイシモチ釣り。

それをさらに楽しくしてくれるのが、ライトタックルの使用で「黒川丸」でも推奨している。

「イシモチには専用竿がなかったので、ちょっと前まではキス竿やカレイ竿を推奨してたけど、今は軽量で感度バツグンのライトタックル・ゲームロッドがあって、専用竿の代役として申し分ないからね。調子は7:3、もしくは6:4で、いずれも食い込みやすいしなやかな穂先を持っているのが大事かな。長さは2m前後が扱いやすいと思うよ」と船長。

後に説明するが、この釣りは、手持ちで仕掛けの安定を図ったり、向こうアワセの釣りで仕留めたりする。

そんな時に食い込みやすいしなやかな穂先を持つゲームロッドが武器になるのだ。

リールは、パワフルなファイトに対応する巻き上げ力の強い小型両軸で決まり。

水温が低下するにつれ、狙う水深が少しずつ深くなり最大で60~70m近くまで攻めるので、その時は小型の電動リールをチョイスするのも良いだろう。

道糸は、クッションの役目を兼ね揃えたフロロカーボンの4号を巻くのが一般的だったが、現在はタックルの進化などもあり、PEでもOKに。

太さは0.8号などの細糸を用いる人もいるが、オマツリなどで糸同士が擦れた場合、切れるので、「黒川丸」では、細くても1号までと伝えている。

ゲームロッドと小型両軸リールで挑むのが主流。道糸を100m以上巻いて挑もう

釣れると評判の船宿仕掛けで勝負!

胴付きの2本、または3本バリ仕掛けで挑むのが一般的なイシモチ釣り。

市販されている仕掛けでも十分釣れるが、イシモチにこだわる「黒川丸」では、オリジナルの仕掛けを用意。

バッチリ釣れると購入するお客さんも多い。

「長年イシモチ釣りをやってきて、いろいろな仕掛けを、その時々の魚の食いに合わせて試して改良。現在に至ったワケだからね。それなりには釣れると自負しているけど、イシモチの食いが年々、渋くなっている気がするので、エダスをもう少し長くするなどの改良をするかも」と、船長は飽くなき探求心でお客さんの釣果をサポートする心構えまで語ってくれた。

なお仕掛けの全長は1.2m。
魚が掛かって巻き上げた際、推奨ロッドで取り込みやすい長さになっていると言う。

各パーツの長さや号数、ハリの大きさなどの詳細は、仕掛け図に表記してあるので、自作する人は参考にして仕上げて下さいとのことだ。

「道具立てのついでですが、ウチは釣りを親しみやすいレジャーと位置付けていてさ。タックルのレンタルからウエアや長靴までの必需品の貸し出しを無料で行ってるんで、気軽に遊びに来て下さいね」と船長が微笑んだ。

「黒川丸」こだわりの仕掛けは2組入り。オモリは30号で統一だ

エサはイソメの1匹掛け 弱った方が良い時もある

エサとなるアオイソメの付け方は、船宿によってさまざまあるが「黒川丸」では1匹掛けで釣りを行っている。

「活性が良い場合は、ほんの少しエサが付いていれるだけでも食ってくるので、なくなったら付け足す感じで良いよ」とのこと。

付け方は上のイラストの通りで、イソメの口にハリ先を入れてチョン掛けで刺すのがキモ。

こうすることでエサ持ちが良くなるのだ。

何匹か釣るとエサのアオイソメがイシモチに噛まれてグタグタになるが、この柔らかくなった身の方が、食い込みやすくアタリ続けることがあるので、交換の見極めを間違わないようにしよう。

エサを下から噛んで引っ張りながら食ってくるイシモチ。口以外にハリを刺すと、そこから引きちぎられるので要注意だ

ビギナーでも数釣りOK 仕掛けの安定を心掛ける

さて、ここからは具体的な釣り方に入ろう。

まず最初に、この釣りはアタリが多く、普通に釣っていれば入門者でもおかず程度の釣果は得られる。

つまりイージーな魚だと思って挑んで欲しいと船長は言う。

「難しい釣りとインプットすると、つまらなくなるからね。実際、アタリが明確なうえ、向こうアワセの釣りになるので、タナさえ合わせればオートマチックにイシモチがエサ食って、ハリ掛かりしてくるからさ」と微笑む船長。

ちなみに、このタナというのが底付近となるのだ。

「つまり釣り人は、エサを海底に留めることを最重要課題と考え、仕掛けを落せば良いんだよね。やり方は、(上記イラストの通りで、)仕掛けを投入してオモリが海底に付いたら、まずはその位置で糸フケを取ろう。そしてその後は、船の揺れでたまにオモリが海底を叩く位置をキープするだけでOKだからさ」。

エサを一定の位置で漂わせることができるとなおさら、食いが良くなるので、ウネリに合わせて竿の上下動を行うようにして、イシモチからのシグナルを待とう!

早アワセはNG! 向こうアワセで釣ろう

イシモチは、チョン掛けしたエサのイソメを一気に食うこともあるが、通常は尻から徐々にゆっくり噛み込んで捕食する。

アタリは、ガンガンガンと竿先を叩く感じで明確に出て、見た目はもちろん、ロッドを持つ手にも伝わるが、ここでビシッ!とアワセを入れると、たいていスッポ抜けるか、エサを半分食べられた状態で仕掛けが上がってきてしまう…。

そこでアドバイスだ。

「いきなり力強い明確なアタリを出すから、みんな間違えちゃうんだけど、このスッポ抜けを阻止する方法はひとつしかなく、しっかりエサを食わせることになるんだ。具体的な仕留め方は、(上記イラストにもあるように、)竿先が海面に持って行かれるくらいの引き込みがあるまで我慢すること(勝手にハリ掛かりして反転して逃げる状態=向こうアワセ)。そしてその後はハリ掛かりを確認するようにロッドを立てて行き、最後にスッと持ち上げればOKだからね」。

イシモチ釣りの魅力は、この後から始まるファイトにもある。掛けなければそのファイトも楽しめないので、じっくり食わせてフッキングさせよう!

取り込みは、よっぽどの大物以外は通常、抜き上げで対応だ。

ロッドの弾力を使ってスムーズに魚を持ち上げ、オモリを掴んで船内に入れよう。

食い渋り時は、あえてエサをはわすのもアリ

普通に釣っていればボウズが少ないイシモチ釣りも、稀に食い渋ることもあるので、その対応策と釣果アップ法を教えておこう。

「アタリがあっても、なかなか食い込まない時のポピュラーな対応策に、イラストでも紹介している〝そっと聞き上げる(仕掛けを張って食わす)〟って方法があるので、まずは覚えておいて欲しいよね」と船長。

なお、あまり知られてないが、状況によっては、その逆のパターン〝エサをはわせる(エダスに遊びを作ってエサを吸い込みやすくする)〟方が威力を発揮することがあるので、こちらも頭に入れておこうとのことだ。

数を伸ばすには追い食いもあるけど、広範囲を探ることを忘れてはいけない。

「潮止まり時などは、率先してキャストして欲しいよね。ボトムバンプで誘ってエサをアピールして食わせてね」。

この時期のイシモチは、上質な脂を身にまとい本当に美味しく、刺身、塩焼き、煮付け、フライなど、さまざまな食べ方で楽しめる。

血抜きした方が断然美味しいので、下で紹介している完全血抜き法をマスターして、存分に味わいましょう!!

本牧沖 誰もが釣れるイシモチ!釣行レポート

現在のポイントは、本牧沖の水深20m前後だ

30㎝くらいまでなら、イッキに抜き上げて取り込もう!

ビギナーでも楽しめると参戦した釣りマダムたち。30㎝クラスの良型を手にご満悦だ

ナイスサイズ!

釣れるサイズは、25㎝前後の中型がメインも30㎝クラスの良型、35㎝以上の大型も顔を出す

チビッ子たちも負けじと良型をゲット!

数釣りゲームの小物と侮るなかれ!イシモチの遊泳力は強く、気持ち良く竿を曲げてくれるのだ

イシモチは入門しやすいと親子はもちろん、シニア世代まで大人気だ

この正月に初釣行。「引き味と美味しさにハマってまた来ました」とのこと

引き味もバツグン

ベタ底中心も根掛かりが少ないので、子供でも楽しめる!

ゲストも魅力!この日は定番の金アジやシロギスの他、アナゴまで登場!

刺身や塩焼き、ムニエルなど、どんな食べ方でも美味しいイシモチ。これだけあれば、当分、おかずには困らない

プラチナ色に輝くイシモチは「東京湾の貴公子」の異名を持つ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「黒川丸」

厳寒期の釣りは、正直キビシ過ぎて…と休憩モードに入っているアングラーに出撃のお知らせです!

アタリ活発で引き味もバツグン。おまけにナイスサイズの数がまとまるうえ、食べて超デリシャスな東京湾のイシモチが、連日、好釣果を記録しているので要チェック!

「例年とはちょっと違った感じなんだけど、それが釣りでは良い方に出ててさ。魚もコンスタントにあがっているし、今後も楽しめると思うので、ぜひ、遊びに来て、数釣りの醍醐味や食味を味わって欲しいよね」と状況と展望を語ってくれたのが、創業100年を超える老舗店で、古くからイシモチ釣りを看板にあげている金沢八景「黒川丸」の黒川欣也船長だ。
 
良い方とは、水深のこと。
例年なら30~40m深場を攻めるが、今は20m前後でアタリを取りやすく、さらにファイトもダイレクトに伝わるので、よ りエキサイティングで楽しいと言う。

「この釣りはアタリが多く、基本的には向こうアワセの釣りになるので、ビギナーでも、そこそこ数を稼げますが、それ以上を目指すなら、やはりそれなりのテクが必要となるのでアツくなるんですよ」と船長。
 
激アツ必至の爆釣を楽しみに行こう!!

以上の記事は「つり丸」2020年2月15日号の掲載記事です。

関連記事
まだまだ寒いこの時期、オニカサゴが好調。金沢八景「忠彦丸」が現在狙っているポイントは、洲崎沖と沖ノ瀬。デカオニが潜む起伏のある場所を中心に攻めている。今回はその攻略法と釣れっぷりを紹介する!
東京湾の人気ターゲット!イシモチが爆釣中!暖冬がもたらした「想定外の好釣果」だ。金沢八景「小柴丸」では連日トップ「束(100匹)」越えを記録!この爆釣フィーバーをぜひ今のうちに!
相模湾東部のヤリイカが復調。2月前半の時点ではトップ20杯~30杯台を記録。春のヤリイカは数釣り期待!マルイカも好調。同時期にトップ30杯以上を記録。これからの時期は、2種ともに楽しみなターゲットだ。
東京湾の激うまブランド〝黄金アジ〟の必釣テクを伝授だ!重要なのは、コマセと仕掛けの同調!ビギナーでも安定釣果で楽しめるLTで迎撃しよう!
冬の定番メニューとなった犬吠埼沖水深200m台で釣るアカムツ釣り。潮の流れが緩んで深場のアカムツ宝庫が本領発揮中!冬の貴重なシケの合間の凪ぎ日を利用して激うま魚ゲットしよう!
最新記事
まだまだ寒いこの時期、オニカサゴが好調。金沢八景「忠彦丸」が現在狙っているポイントは、洲崎沖と沖ノ瀬。デカオニが潜む起伏のある場所を中心に攻めている。今回はその攻略法と釣れっぷりを紹介する!
東京湾の人気ターゲット!イシモチが爆釣中!暖冬がもたらした「想定外の好釣果」だ。金沢八景「小柴丸」では連日トップ「束(100匹)」越えを記録!この爆釣フィーバーをぜひ今のうちに!
相模湾東部のヤリイカが復調。2月前半の時点ではトップ20杯~30杯台を記録。春のヤリイカは数釣り期待!マルイカも好調。同時期にトップ30杯以上を記録。これからの時期は、2種ともに楽しみなターゲットだ。
東京湾の激うまブランド〝黄金アジ〟の必釣テクを伝授だ!重要なのは、コマセと仕掛けの同調!ビギナーでも安定釣果で楽しめるLTで迎撃しよう!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読