MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
代打「マル」爆釣!西伊豆・戸田沖の夜マルイカが熱い!

代打「マル」爆釣!西伊豆・戸田沖の夜マルイカが熱い!

冬の戸田沖のお楽しみは夜イカ。本来なら1月中旬は水深30mほどの浅場でヤリイカが釣れ盛るのだが今季は出遅れ気味。その代わりにマルイカが好調と聞き戸田港の「福将丸」へと釣行した。

本来なら夜の「ヤリ」の時期 代わりに「マル」が爆釣の日も!

駿河湾越しに秀峰富士を眺めることが出来る風光明媚な西伊豆戸田。

素晴らしい眺望だけでなく釣魚も豊かで、冬の間は夜釣りのイカが風物詩だ。

本来なら1月中旬は水深30mほどの浅場でヤリイカが釣れ盛るのだが今季は出遅れ気味。

その代わりにマルイカが好調と聞き戸田港の「福将丸」へと釣行した。

暗くなってからが本番も「置き竿じゃダメよ」

釣行日は西風がやや強いものの、絶好の好天に恵まれ富士山もくっきり。

定刻に出船した船は、その富士山を目指すように進む。

大瀬崎をかわし風裏となる場所で二丁アンカーを下ろすと「暗くなってからが本番ですが、準備が出来た人はどうぞ始めてください」と釣り開始となる。
 
昨晩も6時半ごろから乗り出したという大瀬沖、「明るいうちは切り身を持参してカサゴをやったり、カワハギやアオリイカを狙う人もいますよ」とのことだが、この日の6名は全員真面目に?マルイカを狙う。

夜のマルイカは初めてゆえ、どんなスッテが良いのか?

船長は「小さめのスッテがいい感じかな。それとプラヅノにもよく乗ってますよ」とのこと。

まずは5cmのスッテ、ハダカ・布巻取り交ぜた直結仕掛けで臨んだ。水深は30m。

ちなみにオモリは「道糸2号で40号が標準」とのこと。

1号の私は30号を使用した。
 
明るいうちはマルイカからの触りはなし。

カカリ釣りだけに「ハイ上げて」や、ガガガッと急ブレーキが掛かっての投入競争はなく、のんびり楽しめると言えばその通りだが、緊張感というか集中力を保つのが難しい。

ついついだらけて時合まではと、ブランコ仕掛けに変え置き竿&時々シャクリの昭和スタイルで臨んでいると、この日乗船していた船長の愛娘遥香ちゃん(小3)から「置き竿じゃあ釣れないよ」と可愛い檄が飛び苦笑いの一幕も。

意外と寒くないが 釣果が伸びない…

意外と寒くない西伊豆の夜。しかし、なかなか乗りがない…

そうこうしているうちに1時間が経過。
辺りが暗闇に包まれ、水中ライトに灯がともると船中初物が上がる。

釣り上げたのは右舷トモの紅一点菊池さん。

相模湾でもマルイカに通うというだけあって、手慣れた手つきで直結を操っていた。

続いては左舷トモの佐藤さんがプラヅノに乗せる。

佐藤さんは「福将丸」の常連で、4日には束釣り近い釣果を叩き出している若手名人だ。
 
二人が釣ったイカが小型だったのを見て、スッテ2本を3.5㎝に変えた直結仕掛けに戻し、私にも触りは出るようになったのだが、全然掛けられない。
 
それでもツン!と比較的ハッキリとしたアタリでアワせるとようやく乗った。

5cmの赤帽ネオンに「クリオネ級」でホッと一息だ。

「昨晩もこの時間帯から乗り出した」と聞き、より集中力は増したのだが、この日は一向に気配がない。

トモの二人はそれでもポツ、ポツと掛け、小型ながらヤリイカも釣るが、私を始め前寄りの釣り人は苦戦真っ只中。

「コーヒーどうぞ。熱いから気を付けて」とかいがいしく働く遥香ちゃんに癒される。
 
話は変わるが、冬の夜釣りと聞くと寒そうに感じるかも知れないが、風さえなければそれほどでもない。

外房や茨城方面に比べ海水温が高いこともあるし、大抵の場合最低気温は日の出直前の時間帯に出るから、深夜便はともかく夕方便は早朝出船と比べても暖かいくらいだ。

マイクロサイズもまじる。アタリは極小

そろそろヤリの大群襲来に期待!

熱いコーヒーのおかげもあって、身体はポカポカなのだが釣果が寒い。

水中ライトに寄せられ海面近くには泳ぎ回るマルイカが見て取れるのだが、これは狙っても掛からない。

それにしてもイカは居るようなのだが、何が気に入らなくて海底付近のイカは乗らないのだろうか。
 
8時半を回って船長はカカリ釣りを諦め、流し釣りにと変更する。

その甲斐あってか、竿先のテンションが抜けるアタリでようやく2杯目を釣ったが、その後はまた沈黙。

11時近くまで粘ったが、この日はこのまま。

佐藤さんと菊池さんが6杯を釣ったに留まった。

「シーズン最悪」の日に当たってしまったが、こんな日もあるのが釣り。

翌日以降はトップ30杯近くを釣る日もあったから、他エリア開幕前に「一足お先にマルイカ」を楽しむことはまだまだ可能そう。

「本格的に始まると一面真っ白になるくらい海面下を埋め尽くす時もある」というヤリイカの回遊にもそろそろ期待したい。

「福将丸」では夜イカの他にも係留船での夜タチウオや、マダイ、アカハタ&カサゴ、カワハギなどの日中船も出船中。

船長の穏やかな人柄とアットホームな雰囲気で、最高のロケーションと併せ、非日常の時の流れを感じられる船宿だ。

西伊豆・戸田沖の夜マルイカ釣行レポート

風光明媚な西伊豆の海に陽が沈んでからが釣りの時間

寒さも忘れて熱くなれるぞ!!

相手はマルイカだけに、寒い夜釣りでもかなり熱くなれるぞ

こんなかわいいサイズも。このアタリを取って掛けるには集中が必要

マイクロサイズからこのぐらいのサイズまで、まじりで釣れてくる

ヤリが遅れ気味の戸田沖の夜イカ釣り。その代わり?マルイカが1束近く釣れる日もあった。マルはマルでもちろんおもしろい!!

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・戸田港「福将丸」

冬の戸田沖のお楽しみは夜イカ。

例年ならヤリイカがピークを迎える頃なのだが、今年はどうしたことかイマイチどころかイマニ、イマサン…。

その代わりと言ってはなんだがマルイカが釣れている。
 
正月明け早々には70杯とか90杯と束釣りに近い釣果も出ていて、その後乗り渋る日が続いたが、また30杯近い釣果も出るなどイカらしい?波のある釣果ながら復活の兆しだ。
 
釣り場は大瀬崎周辺の水深30m前後。

オモリは30~40号で、釣れるマルイカもクリオネサイズまじりの小・中型中心と、夏の相模湾と同様な釣りが展開されている。

「こちらでは、例年初冬にマルイカが釣れ始めて、真冬になるとヤリイカにとって替わるんですが、今年はそのヤリイカがなかなか来ない。こんなことは今まで経験ないんですけどねー」と困惑気味なのは戸田港「福将丸」の眞野康臣船長。
 
ただ今季はどの海域でも水温の低下が遅れ、各魚種の釣期も後ろにずれこんでいるので、ヤリイカも2月初旬には釣れ出すものと期待したい。

それまでは代役?のマルイカに頑張ってもらいたいものである。
 
ファンにとってはこの時季に浅場でマルイカとの神経戦が楽しめるのはかえって貴重で嬉しいかも!

以上の記事は「つり丸」2020年2月15日号の掲載記事です。

関連記事
まだまだ寒いこの時期、オニカサゴが好調。金沢八景「忠彦丸」が現在狙っているポイントは、洲崎沖と沖ノ瀬。デカオニが潜む起伏のある場所を中心に攻めている。今回はその攻略法と釣れっぷりを紹介する!
東京湾の人気ターゲット!イシモチが爆釣中!暖冬がもたらした「想定外の好釣果」だ。金沢八景「小柴丸」では連日トップ「束(100匹)」越えを記録!この爆釣フィーバーをぜひ今のうちに!
相模湾東部のヤリイカが復調。2月前半の時点ではトップ20杯~30杯台を記録。春のヤリイカは数釣り期待!マルイカも好調。同時期にトップ30杯以上を記録。これからの時期は、2種ともに楽しみなターゲットだ。
東京湾の激うまブランド〝黄金アジ〟の必釣テクを伝授だ!重要なのは、コマセと仕掛けの同調!ビギナーでも安定釣果で楽しめるLTで迎撃しよう!
冬の定番メニューとなった犬吠埼沖水深200m台で釣るアカムツ釣り。潮の流れが緩んで深場のアカムツ宝庫が本領発揮中!冬の貴重なシケの合間の凪ぎ日を利用して激うま魚ゲットしよう!
最新記事
まだまだ寒いこの時期、オニカサゴが好調。金沢八景「忠彦丸」が現在狙っているポイントは、洲崎沖と沖ノ瀬。デカオニが潜む起伏のある場所を中心に攻めている。今回はその攻略法と釣れっぷりを紹介する!
東京湾の人気ターゲット!イシモチが爆釣中!暖冬がもたらした「想定外の好釣果」だ。金沢八景「小柴丸」では連日トップ「束(100匹)」越えを記録!この爆釣フィーバーをぜひ今のうちに!
相模湾東部のヤリイカが復調。2月前半の時点ではトップ20杯~30杯台を記録。春のヤリイカは数釣り期待!マルイカも好調。同時期にトップ30杯以上を記録。これからの時期は、2種ともに楽しみなターゲットだ。
東京湾の激うまブランド〝黄金アジ〟の必釣テクを伝授だ!重要なのは、コマセと仕掛けの同調!ビギナーでも安定釣果で楽しめるLTで迎撃しよう!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読