MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
剣崎沖のワラサは良型主体でアタリ活発!【三浦半島・剣崎沖】

剣崎沖のワラサは良型主体でアタリ活発!【三浦半島・剣崎沖】

今季のワラサはサイズがいい。釣れるのは3㎏以上の本物のワラサばかり。5㎏クラスのもいる。ワラサが開幕して少しすると、イナダの群れも入ってきて、ワラサ、イナダ混成で釣れることも。さらに、青物シーズンはマダイの活性も上がり、太いハリスでも食ってくることも多い。こちらも楽しみだ。

perm_media 《画像ギャラリー》剣崎沖のワラサは良型主体でアタリ活発!【三浦半島・剣崎沖】の画像をチェック! navigate_next

4㎏を超えるワラサは引きも強烈。丸々と太っていて見るからにうまそうだ

サイズは3㎏オーバーばかり、4〜5㎏級も多いぞ!

ポイントは剣崎沖の近場主体だ。

腹回りもパンパンで脂の乗りも最高だ。

気持ちいい秋空の下、青物たちが元気に暴れまくる!

濃い反応が度々映し出された。

「ワラサは青物釣りの面白さが詰まった釣りですね」とドクター近藤。

太いハリスでもマダイはまじってくる。こちらも大型に期待できる。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎松輪「一義丸」。

今シーズンの剣崎沖のワラサは9月下旬に本格スタート。その後は良型主体に好調に釣れている。
「最近はスタートが遅くなりましたね。去年は10月過ぎていましたからね。そのぶん、サイズが良くて楽しめると思います」と、剣崎松輪「一義丸」の立川弘樹船長は言う。
ここ数年は7月から、おそくとも8月には開幕してたが、ここ2年は「元の状態」に戻ったとでもいえようか。
「今年はワラサのほかにイナダ、マダイも食いが良く、アタリは活発です。誰にでも楽しめますよ」
4㎏を超えるワラサは引きも強烈。最初にある程度やり取りしないと容易にはあがってこない。そんなサイズが多いから釣り人にとってはうれしい限り。さらに、写真を見ればお分かりのように、丸々と太っていて見るからにうまそう。秋の青物釣りは剣崎沖のワラサがおすすめですよ!

ハリスは各種用意を。あらゆる状況に対応せよ

水深は30〜40mほど。潮によりタナは海面、海底から取る。

コマセ、付けエサともにオキアミ使用。

付けエサは1匹掛けが基本。

立川船長手作りの船宿仕掛けは幅広いラインナップ。

市販仕掛けもおすすめだ。

ワラサのタックルは、剣崎のコマセマダイ用がそのまま流用できる。ビシ80号が背負える2.5〜3mほどのマダイロッドだが、あまり軟らかすぎないものを選ぼう。このほかコマセの青物ロッド、遠征五目用のロッドなどでもいいだろう。釣果を見て、釣れているときほどヘビー目のタックルを選択しよう。
リールは、中小型の電動が手返し、やり取りにも便利で扱いやすい。道糸はPE4〜6号。混雑時や爆釣時などはオマツリもつきもの。道糸同士がすれて傷むことも多いので、なるべく強度のある道糸を選ぼう。また、久しぶりに使うような場合は、先端を10mカットしてから使用するといいだろう。傷の付いた道糸は意外なほどあっさりと切れてしまう。
仕掛けは片テン1本バリ仕掛けが基本。中型の片テンビンに2〜3㎜1mのクッションゴムを付けておく。このクッションゴムも劣化したものは切れる恐れがある。なるべく新しいものを使用したい。
ビシはLサイズ80号。プラビシでもステン缶でもどちらでも好きなほうを選べばいいだろう。
ハリスは5〜8号6〜8mが基本。ハリはワラサバリ11〜13号やヒラマサバリ12〜13号など。食いがいいときは軸が太いヒラマサバリなどを主体に使う。食いが渋いときなどはマダイ10〜11号なども。蛍光、夜光ビーズや各種ビーズ類も効果があるので各種用意しておきたい。ソフト系、ハード系それぞれ1種類ずつあるといいだろう。
ハリスはどんな状況にも対応できるように各種用意しておこう。
●食い渋り対策…ハリス4〜5号。アタリが少ない日中やイマイチ食いが悪い日などはこのぐらいのハリスで。マダイも視野に入れつつ狙う。ただし、ワラサが掛かったときはやり取りが必要になるので、自信がない人は避けたほうがいいだろう。
●ノーマル時…6〜8号。トップ5本前後出ているようなときはこのぐらいの号数でスタートする。朝イチはチャンスなので、連日朝から食っているようであれば、朝は8号からスタートする。
●爆釣時…8〜10号。トップ10本前後出ているようなときは、太めのハリスでスタート。長さも6mまでと短めにしておく。
●マダイ狙い…ワラサのアタリがほとんどないときはマダイ狙いに特化するのもOK。ハリス3〜4号8〜10mほど。マダイ狙いのときは2本バリも。
それぞれハリスはストレートでもいいし、2段テーパーにしてもいいだろう。ワラサが爆釣しているようなときは2段テーパーにして手繰りやすくするのもおすすめ。
「仕掛けはわからなかったら聞いてください。私の手作り仕掛けも各種用意しています」と立川船長。こちらの仕掛けはベテランたちも使用するほどだ。
コマセ、付けエサともオキアミを使用する。コマセは6〜8分目くらい入れる。コマセは爆釣時は一気に出るように、通常時はパラパラとこぼれ落ちるぐらいに。群れが入ってくるようなときは、そのときに残っているようにしよう。
付けエサは1匹掛けでいいだろう。抱き合わせやイカサンドがいいこともあるが、最近の傾向として1匹掛けのほうが実績が高いようだ。

以上の記事は「つり丸」2017年11月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
勝浦沖のヤリイカが急上昇!ようやく本格化した!ヤリイカは全てジャンボ級でパラソル級オンリー!乗り味抜群速い潮と小サバを避けて爆乗りだ!
「つり丸・4月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・飯岡沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
最新記事
今回の取材先は内房富浦の「酒井丸」。少人数での仕立て&メニュー豊富な釣り物が人気の船宿だ。当日は「エビメバルとイサキのリレー釣り」で出船!特大アマダイも飛び出した!
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル