MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
鹿島北沖タチウオジギング!水深20m台に大挙出没!大爆釣!

鹿島北沖タチウオジギング!水深20m台に大挙出没!大爆釣!

ターゲット不足に悩まされていた常磐・鹿島沖のルアー船。鹿島「幸栄丸」では大洗沖の水深20〜30mのタチウオに照準を合わせると、なんとタチウオが大爆釣。前例のないフィーバーに今後も期待だ!

鹿島北沖 フィーバー!タチウオジギング釣行レポート

タチウオはエサでも狙っている。東京湾と同じ釣り方でオーケーだ

水深が浅いのでメインのジグは80g。刻々とタチウオの群れは移動しポイントを変える。少し深いポイントを攻めることもありえるので少し重めの150gまで各種用意しよう

タチウオの鋭い歯には死んでいても要注意/フロントとリヤにフックを付けるのが定番だが、高活性のときはリヤフックのみでオーケーだ

紫のジグに好反応を示した

船長オススメのリーダーはコレ。ワイヤーリーダーだ

こんな反応が出たらバッチリ!釣れる!

ファイトは青物並み。パワーのあるタックルを用意しよう。ベイトタックルが扱いやすい

ポイントの水深は浅い。手返しよく釣れば数が伸びる

フォールでバイトしたタチウオ

群れに当たり食いがたつと良型が頻繁にヒットする

125cmのタチウオが来た!

このサイズでも脂の乗りはバッチリだ

ボトムから中層まで湾ピッチジャークで誘う

スレ知らずのタチウオの釣果はコレだ!(船宿HPより)

(船宿HPより)

(船宿HPより)

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島「幸栄丸」

ターゲット不足に悩まされていた常磐・鹿島沖のルアー船。

この季節のジギングのメインは青物。

だが、群れで回遊、移動が速いはため、その群れをとらえれば、ワラサ・ブリ、ヒラマサが爆釣! そうでないときは…という博打的要素が強い釣りものである。

この事態に明るい光をともしたのが、鹿島「幸栄丸」の荒原康弘船長だ。

彼はルアー船のエース船長として名をはせるが、年明け早々、大洗沖の水深20〜30mのタチウオに照準を合わせると、なんとタチウオが大爆釣。

束超えするアングラーが多数という状況に。

多くの船長、釣り人たちが、「タチウオは長くは釣れ続かない」と思うなか、群れが巻き網船に巻かれながらも、遊漁船での釣果は約1ヵ月継続している。

今期は北茨城や小名浜沖でも良型のタチウオがロングランで釣れ続いているのでここ大洗沖でも2月以降タチウオの群れが居座ることを願いたい。

浅場がポイントの場合、メインのメタルジグは80〜100g。

魚の活性が高いときは、リヤフックのみで十分でしかも手返しよく釣ることが可能で数を伸ばせるという。

気になるお味はというと、脂ノリノリだ。

今後、タチウオジギングがこの季節の定番メニューになるかもしれない。

以上の記事は「つり丸」2020年2月15日号の掲載記事です。

関連記事
外房の青物狙いでは、基本的には風上の舷でジギング、風下の舷でプラグキャスティングとなる。今回は、外房・青物ゲームのタックル、効果的なジグ&プラグ、釣り方など攻略法を紹介!
手軽でゲーム性高く超楽しい!SLジギング「公布号」では、マダイ、ヒラメ、ヒラマサ、ワラサ、サワラ、マハタ、カサゴ、アイナメ…と、外房エリアに生息、回遊して来る代表的な魚はほとんどヒットしている。
千葉県長浦港「こなや」では、この時期シーバスジギングが活況。水温が上がり始めればグッと釣果も上向くのが例年のパターン。ここでは、基本的なタックルセレクトとベーシック釣法&釣行レポートを紹介する。
相模湾のサワラのルアーゲームは、イワシを追って跳ねればキャスティング、それ以外はジギング。タックルは2種類が必要となる。今回はタックルと釣り方の概要を紹介!極上サワラをぜひキャッチしていただきたい。
東京湾の冬の名物ジギングシーバスがシーズン佳境を迎える。川崎「つり幸」は古くからシーバス乗合を続けている船のひとつだ。タックル、釣り方の基本を押さえておこう!
最新記事
東京湾・第二海堡沖テンヤ&タイラバがバリ食い絶好調!厳冬期の今も4~5㎏オーバーといった大型が連発!お祭り状態に!大型にはタイラバ有利!水温上がればさらにスゴイことに!これが東京湾の底ヂカラだ!
外房の青物狙いでは、基本的には風上の舷でジギング、風下の舷でプラグキャスティングとなる。今回は、外房・青物ゲームのタックル、効果的なジグ&プラグ、釣り方など攻略法を紹介!
日立久慈沖のテンヤマダイが絶好調!「大さん弘漁丸」ではトップ10枚以上の釣果が続き、平均サイズは0.5〜0.8㎏。良型は2〜3㎏級も!この時期のマダイは脂が乗って美味。日立沖で爆釣体験を味わってみよう。
まだまだ寒いこの時期、オニカサゴが好調。金沢八景「忠彦丸」が現在狙っているポイントは、洲崎沖と沖ノ瀬。デカオニが潜む起伏のある場所を中心に攻めている。今回はその攻略法と釣れっぷりを紹介する!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読