MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
相模湾 ヤリ& スルメ爆乗り!直結&ブランコ仕掛け、釣り方!

相模湾 ヤリ& スルメ爆乗り!直結&ブランコ仕掛け、釣り方!

茅ヶ崎港「湘南 海成丸」ではヤリイカ&スルメイカの「パラソル級」が多点掛けでまとまって釣れている。釣り味は抜群!ビギナーはブランコ仕掛け、慣れた人は直結仕掛けを使ってデカヤリ釣りを楽しもう!

デカヤリのほかスルメも!両種を狙えるように準備をしておこう!

釣り場は広範囲 ヤリ&スルメの両狙い

茅ヶ崎港「湘南 海成丸」では、昨年の晩秋からプラヅノ仕掛けで狙うイカ釣りに出船している。

メインターゲットはヤリイカだが、潮次第でスルメイカが数乗ることもある。

どちらを狙うかは、出船してみないとわからないので、その日釣れるイカをメインに狙うスタイルだ。

そのため、仕掛けはヤリイカ用とスルメイカ用を準備しておくことが必要だ。

釣り場は広範囲。
昨年の11、12月は港から近い茅ヶ崎沖でヤリイカが好調に乗っていた。

それが一段落すると「湘南 海成丸」は相模湾東部の江の島沖〜城ケ島沖〜沖ノ瀬を狙っている。

この時期のヤリイカは「パラソル級」と呼ばれる大型主体。

このサイズが多点掛けすると重量感もあって、釣り味は抜群だ。

また状況によっては、中層に反応が出るのもこの時期だ。

オモリ150号に対応した イカ用タックルを用意!

「湘南 海成丸」で使用しているオモリは150号。

そのため、竿は150号のオモリに対応したイカ竿を使おう。

アタリがわかりやすい高感度穂先を搭載した竿を使うのがオススメだ。

リールは小型電動。
巻き上げ力が強いパワフルなモデルがオススメ。

これからの時期は大型のヤリイカが多く、スルメが数乗ることもあるからだ。

道糸はPEラインの4〜5号。

水深200m以上を狙うこともあるので、300〜400m巻いておこう。

ヤリイカ仕掛けとスルメ仕掛けを準備

前述したように「湘南 海成丸」ではヤリイカとスルメイカの両方を狙っている。

どちらか釣れるかは、出船してみないとわからないので、ヤリイカ仕掛けとスルメイカ仕掛けの準備が必要だ。

ヤリイカ仕掛けの基本は、プラヅノ11㎝で組んだブランコ式。

幹糸はフロロカーボン5号、幹間は1.2m前後。枝スはフロロ3号、5〜15㎝。ツノ数は5〜8本が標準。ビギナーは5本がオススメ。

プラヅノのカラーはケイムラ、ブルー、グリーン、クリア、ピンクなど。

また途中に、赤白のウキスッテを1本まぜるのも有効。

スッテばかりに乗ることもしばしばある。

スルメイカ狙いの仕掛けは、ビギナーはプラヅノ14㎝で組んだブランコ式がオススメ。

幹糸はフロロカーボン6〜8号、幹間は1.2m前後。枝スはフロロ5号、5〜15㎝。

ツノ数は5〜8本が標準。
ビギナーは5本がオススメ。

プラヅノのカラーはブルー、グリーン、ピンク、オレンジなど。

中上級者はヤリイカもスルメも直結仕掛けで狙うのもアリだ。

「この釣りは直結仕掛けで狙うと、さらにおもしろくなるね」と「湘南 海成丸」の鈴木敦船長も直結仕掛けにハマっている。

直結仕掛けは、プラヅノ11〜18㎝。

ヤリイカ狙いなら11〜14㎝。

スルメ狙いなら14㎝を使うといいだろう。

この時期はヤリイカも大型が多いので、14㎝でスタートするのがオススメ。

直結仕掛けの幹糸は、フロロ8〜12号。

幹間は1.5mぐらい。

ツノ数は10本ぐらい。

ビギナーがヤリイカを狙う場合は、プラヅノ11㎝で組んだブランコ式がオススメ

︎直結仕掛けはプラヅノ14cmで!ヤリ、スルメ両方に対応できる

ブランコ仕掛けの釣り方について

投入合図が出たら即投入すること。

これはブランコ仕掛けでも直結仕掛けでもだ。

一番早く落ちてきた仕掛けに乗りやすいからだ。

仕掛けが着底したら糸フケを取り、まずは竿先を見てみよう。

オモリの着底時は、とくにイカが乗りやすい。

ここで乗っていれば、竿先が小さく上下に動くのでわかるだろう。

竿を立てて乗りをさらに確認してから、電動で巻き上げる。

巻き上げ速度は中低速でおこなうこと。

着底直後に乗らなかった場合は、上のイラストのように反応の位置によって釣り方を変えていく。

ヤリイカによくある反応が底付近の場合は、底付近で仕掛けを上下させて誘う(イラストの左側)。

海底から数m上まで反応が出ているときは、竿をシャクリながら、1m刻みに誘い上げて探っていく(イラスト中央)。

船長から、とくに指示ダナや反応の位置に関するアナウンスがない場合は、この釣り方で海底から5m、または10mぐらいまで探るといいだろう。

中層で乗るときは、タナに仕掛けが入ったらゆっくり落としてイカが触るか見てみよう(イラストの右側)。

イカが触ったら、その位置で誘うか、その位置から誘い上げてみよう。

仕掛けの落下が止められることもある。

この場合はイカが乗っているので、糸フケを取り、手巻きでゆっくり数m巻き上げてみよう。

うまくすればさらに追い乗りしてくる。

数m巻き上げた後は、電動で中低速で巻き上げる。

直結仕掛けの釣り方について

直結仕掛けは、糸が弛むと乗ったイカがバレやすい。

そのため中上級者向けだ。

慣れていないビギナーはブランコ仕掛けをオススメする。

上のイラストは鈴木船長の直結仕掛けの釣り方。

オモリが着底したら糸フケを取り、竿を小刻みに2、3回シャクり上げる(これで仕掛けも海底から50㎝〜1m上がる)。

シャクリ上げたところから電動でスローで1mぐらい巻き上げる。

このスロー巻きの間にアタリが出やすいそうだ。

アタったらアワせてカンナに確実に掛けるようにする。

そして1杯乗ったらゆっくりと巻き上げていき、追い乗りを狙おう。

スルメイカの場合は、上へと巻き上げていくと、とくに追い乗りしやすい。

アタリがないときは、狙うイカや反応の位置によって釣り方を変えていく。

ヤリイカ狙いなど反応が底付近にしかない場合、最初の電動スロー巻きの後、再度仕掛けを着底させる。

そして「シャクリ上げ→電動スロー巻き→着底」の繰り返しで誘う。

スルメなど反応が上に幅広くある場合は、最初の電動スロー巻きの後、50㎝〜1m巻き上げる。

そして「シャクリ上げ→電動スロー巻き→50㎝〜1m巻き上げ」を繰り返して上へと探っていく。

それでもアタらなければ、仕掛けを20mぐらい巻き上げて落とし直すのも有効だ。

相模湾一帯ヤリ& スルメイカ釣行レポート

乗った!

投入合図が出たら、即座に投入しよう!

潮次第ではスルメがよく乗る日もある。こちらも多点掛けが醍醐味

取り込みは慌てず確実に!

ヤリイカのダブル!多点掛けすれば釣り味最高!

デカヤリゲット!これからの時期は、このサイズが多くなる

スルメイカもサイズがいい

釣れたスルメイカは船上干しがオススメ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・茅ヶ崎「湘南 海成丸」

茅ヶ崎港「湘南 海成丸」では、昨年の晩秋からヤリ、スルメイカ狙いでも出船している。

メインターゲットはヤリイカだが、潮次第でスルメイカが数乗ることもある。

どちらを狙うかは、出船してみないとわからないので、その日釣れるイカをメインに狙うスタイルだ。
 
釣り場は広範囲。
港から近い茅ヶ崎沖~江の島沖のほか、城ケ島沖や沖ノ瀬なども狙っている。
 
今の時期のヤリイカは「パラソル級」と呼ばれる大型が多い。

このサイズが多点掛けすると重量感もあって、釣り味は抜群。

状況によっては、中層に反応が出るのもこの時期だ。

さらに春先には水深100m前後の比較的浅い場所でまとまって釣れることもある。
 
出船してみないとどちらのイカが釣れるかわからないので、仕掛けはヤリイカ用とスルメイカ用を準備しておくことが必要だ。

ビギナーはブランコ仕掛け、慣れた人は直結仕掛けを使ってデカヤリ釣りを楽しもう!

以上の記事は「つり丸」2020年2月15日号の掲載記事です。

関連記事
まだまだ寒いこの時期、オニカサゴが好調。金沢八景「忠彦丸」が現在狙っているポイントは、洲崎沖と沖ノ瀬。デカオニが潜む起伏のある場所を中心に攻めている。今回はその攻略法と釣れっぷりを紹介する!
東京湾の人気ターゲット!イシモチが爆釣中!暖冬がもたらした「想定外の好釣果」だ。金沢八景「小柴丸」では連日トップ「束(100匹)」越えを記録!この爆釣フィーバーをぜひ今のうちに!
相模湾東部のヤリイカが復調。2月前半の時点ではトップ20杯~30杯台を記録。春のヤリイカは数釣り期待!マルイカも好調。同時期にトップ30杯以上を記録。これからの時期は、2種ともに楽しみなターゲットだ。
東京湾の激うまブランド〝黄金アジ〟の必釣テクを伝授だ!重要なのは、コマセと仕掛けの同調!ビギナーでも安定釣果で楽しめるLTで迎撃しよう!
冬の定番メニューとなった犬吠埼沖水深200m台で釣るアカムツ釣り。潮の流れが緩んで深場のアカムツ宝庫が本領発揮中!冬の貴重なシケの合間の凪ぎ日を利用して激うま魚ゲットしよう!
最新記事
外房の青物狙いでは、基本的には風上の舷でジギング、風下の舷でプラグキャスティングとなる。今回は、外房・青物ゲームのタックル、効果的なジグ&プラグ、釣り方など攻略法を紹介!
日立久慈沖のテンヤマダイが絶好調!「大さん弘漁丸」ではトップ10枚以上の釣果が続き、平均サイズは0.5〜0.8㎏。良型は2〜3㎏級も!この時期のマダイは脂が乗って美味。日立沖で爆釣体験を味わってみよう。
まだまだ寒いこの時期、オニカサゴが好調。金沢八景「忠彦丸」が現在狙っているポイントは、洲崎沖と沖ノ瀬。デカオニが潜む起伏のある場所を中心に攻めている。今回はその攻略法と釣れっぷりを紹介する!
東京湾の人気ターゲット!イシモチが爆釣中!暖冬がもたらした「想定外の好釣果」だ。金沢八景「小柴丸」では連日トップ「束(100匹)」越えを記録!この爆釣フィーバーをぜひ今のうちに!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読