MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
千葉 外房SLジギング高確率!マハタメインに多種多彩!

千葉 外房SLジギング高確率!マハタメインに多種多彩!

手軽でゲーム性高く超楽しい!SLジギング「公布号」では、マダイ、ヒラメ、ヒラマサ、ワラサ、サワラ、マハタ、カサゴ、アイナメ…と、外房エリアに生息、回遊して来る代表的な魚はほとんどヒットしている。

お手軽だけど、釣れる!みんなで楽しもうスーパーライトジギング!

難しく考えずに まずはチャレンジ!

いま全国的に盛り上がりを見せるスーパーライトジギング。その人気の秘密は、北海道から沖縄まで全国どこのエリアでも楽しめ、ターゲットも多彩、タックルやジグがライトなので老若男女が手軽に楽しめるからだろう。

この釣りは“スーパーライト”というだけあって使うタックルも超がつくほどのライトなのかといえば案外そうではなく、正直なところ厳密な定義はない。

だが、あまりにかけ離れたタックルではこの釣りの面白さが半減してしまうので、それなりのセッティングにすることは大切だ。

おおよその目安としては、ジグは重くても100gまで、ラインはPE1号前後である。

「外房ではヒラマサやワラサなど青物がヒットする可能性も高く、そのような状況では1.2号がオススメです」とは、千葉・大原港「公布号」の野島幸一船長。

ロッドは、人気の高まりとともに各メーカーから専用モデルが数多く発売されているので、それを選べば間違いない。

だが、専用でなければ釣りができないかといわれれば、決してそんなことはない。

シーバスやタチウオジギングで使われるものや、タイラバ用、ティップラン用、バスロッド、エサ釣りのゲームロッドなどでも十分に楽しめる。

要は、前述した100gまでのメタルジグや1号前後のPEラインに合ったタックルであればいいのだ。

「公布号」にはレンタルタックルも用意されているので、それを利用するのもアリだ。

リールはスピニングとベイトどちらも使用可能で、PE1号前後が200m以上巻くことができるサイズであればOKだ。

スピニングとベイトの使い分けの目安は、スピニングはジグをキャストして広範囲を攻めたいときに有利。

とくに夏場など水深が浅い場所を攻略するときに活躍する。

ベイトはフォールのアタリが取りやすく、またワンアクションのクラッチ操作でラインの放出と止め(巻き上げ)ができるので、根魚狙いなどでボトム付近をネチネチと攻めたいときなどに有効。

それぞれの特徴を理解して使い分けるとよいだろう。

タックルはスピニングまたはベイト。ラインはPE0.8〜1.2号を使用する。それぞれの特徴を理解してセレクトできれば、より快適に釣りが楽しめる

ジグは60gメインに、風が強いときは80gを使用。こんな小型のジグが多くの魚を魅了する。これがスーパーライトジギングの面白さだ。カラーはそんなに気にする必要はないが、ゴールド系とグロー(夜光)は必須!

オススメメソッドはただ巻き!

ジグについては、「通常は60gで大丈夫です。

ただ、風が強いときなど船がよく流れる場合は80gを使います」と野島船長。

ジグカラーは、「ゴールド系とグロー(夜光)は必携です」とのことだ。

重要なのはフックセッティングで、「フォールのアタリが多いので、必ずジグのテイル(お尻)にフックを付けてください。頭とお尻のどちらか一方となれば、お尻です」

ただ、テイルにフックを付けると根掛かりのリスクは高まるが、フェザリングやサミングでラインの放出にブレーキを掛けて糸フケを極力少なくしてやれば、そのリスクは減らすことができる。

最後はテクニックだ。

「オススメはただ巻きです。とくにマダイ狙いではロッドで大きなアクションを加えるとあまりよくないようです。しかも、これで十分にいろんな魚がヒットしますよ」と野島船長。

2月上旬現在、「公布号」ではマダイが好調にヒットしている模様。

ぜひお試しを!

千葉・外房〝おいしい〟魚がいろいろ釣れる!SLジギング釣行レポート

「公布号」では、スーパーライトジギングのときは片舷のみに釣り人を乗せる。それゆえ、最大で11人しか乗船できない。ギュウギュウになることはないので釣り人側からすればとても嬉しい配慮だ。週末など混雑が予想されるときは予約は早めにするのが得策!

昨年からマハタが好調に釣れている。こんなサイズが一人複数釣れるときもあるという

マハタなど根魚を狙う際は、根掛かりには要注意だがボトム中心に!

潮や風の状況を見て必ずラインが払い出すようにしてくれるので、とても釣りやすい

フォールでのアタリが7割を占めるので、フックは必ずテイル側に付けるようにしよう

タイラバも楽しめる。この日はマハタ2匹キャッチしていた

「公布号」野島幸一船長の息子さん(小学5年生)は華麗なテクニックを披露し、激渋のなかメバルをキャッチ。将来はパパのような船長になるのが夢だという。楽しみだね!

子供も女性もお年寄りも、みんなで楽しめるSLJ。友達を誘って釣りに行くにも最適な釣り物だ

船長もびっくりの良型アイナメ。スーパーライトは本当にいろんな魚を引き出す力を秘めている

カサゴは根魚系の定番ターゲットだ

From 船長's CAMERA

マダイやサワラも!SLJはターゲット多彩!

取材あるあるで1月下旬の取材日は激渋だったが、取材前後にはマダイやサワラ、ヒラメ、ヒラマサ、ワラサなどもキャッチされている。通年通して楽しめるので、ぜひチャレンジを!

清潔なキャビン内には無料のカップラーメンや温かい缶コーヒー(ポタージュもあり)などのサービスも。ホント至れり尽くせりの船宿で、気持ちよく釣りが楽しめる

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「広布号」

「この釣りで釣れない魚はないと思っています。タックルやジグがライトで手軽でありながら、いろんな魚が釣れます。季節に応じて、その時々に釣れる“おいしい”魚を狙っていきますよ!」とは、スーパーライトジギングで乗合船を出す千葉・大原港「公布号」の野島幸一船長だ。

実際「公布号」では、マダイ、ヒラメ、ヒラマサ、ワラサ、サワラ、マハタ、カサゴ、アイナメ…と、外房エリアに生息するまたは回遊して来る代表的な魚はほとんどヒットしている。

今の季節にメインとなるターゲットは、マハタ。

超がつくほどの高級魚であり、あまり狙って釣るような魚ではない。

ヒラメ狙いやタイラバなどのゲスト的なイメージだ。

それが「公布号」のスーパーライトジギングなら、かなりの確率で狙って釣れている。

「マハタは昨年あたりからかなり増えている印象です。状況がよければ一人で複数釣って帰る方もいますよ!」

スーパーライトジギングの魅力は、タックルやジグが軽く、全国どこでも老若男女が手軽に楽しめること。

それでいて様々な魚が釣れ、特定の魚を狙って釣ろうと思えばテクニカルで奥深く面白い。

ぜひこの機会にチャレンジを!

以上の記事は「つり丸」2020年3月1日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾ではタイラバゲームが絶好調!ずっと水深40〜50mで釣れ続けている。今後は乗っ込み大型も期待!タイラバ専門船、羽田「TAKEMARU」のタイラバゲームを紹介する。
春の定番釣り物として定着したホウボウのジギングゲーム。テクニカルで超おもしろい!誘い方やジグによって、大きく釣果に差が出てしまうからだ。ただシャクるだけではダメ!ベイトや活性に合わせて攻略しよう!
関東が誇る人気ヒラマサフィールドの外房沖。ヒラマサに照準を絞り、こだわりを持って通い続けるアングラーも多いが、冬から春先のワラサメインの時期も魅力。今回はワラサにスポットを当て外房沖の攻略法を紹介!
房屈指の大ダイ場・勝浦沖で「専門店」の看板を掲げるのが、川津「とみ丸」。「専用タックル+探検丸CV&タイラバも無料レンタルで完全サポート!ぜひ当地のタイラバに挑戦してみよう。
オフショアルアーゲームのなかで、最もライトな釣りに入るメバル・カサゴゲーム。水温上昇に転じれば、バチ抜けも活発になり、メバルの活性も一気に上向く。ここでは「アイランドクルーズFC」の釣りを紹介する。
最新記事
携行に大変便利なコンパクトライト「ネック&キャップ&ヘッドライト(UVライト付き)」
東京湾ではタイラバゲームが絶好調!ずっと水深40〜50mで釣れ続けている。今後は乗っ込み大型も期待!タイラバ専門船、羽田「TAKEMARU」のタイラバゲームを紹介する。
茨城・波崎沖の「中深場五目」。この日は、メバル各種、小型メヌケやマダラなどでスタートも、中盤から急きょ食いが活発になり2㎏クラスのメヌケが連発。予想をはるかに上回る釣果となった。
春からの釣り物として定着した東京湾のマゴチ!金沢八景の「一之瀬丸」では2月中旬から乗合をスタート!トップ20本とか、最大は67㎝とか、いきなり最盛期並みの好釣果を連発している!
良型シマアジ&イサキをメインにマダイ、カンパチ、ウメイロなどの高級魚を狙っていく宇佐美南沖の遠征五目釣りが開幕!コマセ釣りで朝イチのシマアジ~イサキ場でお土産確保~高級五目~再度シマアジを狙う!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読