MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大型アカムツの実績は超高いぞ!【茨城・日立沖〜高萩沖】

大型アカムツの実績は超高いぞ!【茨城・日立沖〜高萩沖】

日立久慈出船のアカムツは大型が数釣れることで、急激に人気を高めている。シーズンは9月中旬から11月ごろまで。これから後半戦に入るが、北西の強風が吹かなければまだまだチャンスがある。

全員がニッコニコで帰港したのだった

この日最大は46㎝。「初めてやりましたがアタリもわかりやすくて楽しいですね」と田中さん。

「今年は魚が多いですね」と自身もこの釣りが大好きな北本茂照さん。

「ここ最近で最高の釣りになりました!!」と高橋さん。

地元の鈴木さんは大型のメスばかり狙ったように釣った。

ラストに大型を上げたのは古内さん。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・日立久慈港「モンロー号」。

日立久慈出船のアカムツが激アツシーズンを迎えている。つまり乗っ込み真っ盛りなのである。
「水深130mのポイントに入ってきます。大型がメスで40㎝前後主体に数も出るんです」とは、この釣りに詳しいダイワ北本茂照テスター。
1匹釣れれば満足できるサイズが何匹も期待できちゃうのだから、人気があるのもうなずける。
「今年は例年のポイントと少し違う場所もやっていますが、魚はかなりいますね。この周辺はまだまだ手付かずのポイントもありますよ」とは、日立久慈港「モンロー号」の山崎弘船長。
この日は、潮の流れが速くオマツリも頻発したが、それ以上にアカムツの活性が上回った。全員がニッコニコで帰港したのだった。
「これから北西の風の日が多くなり出船日は限られるかもしれません。釣行はお早めに!」

アカムツ仕掛けはこうするが正解

船宿支給のエサはイカタン。ホタルイカは500円で購入できる。

サバの切り身なども用意しておくといいだろう。釣れたサバをエサにしてもいい。

アカタンとサバの組み合わせがよく食った。マシュマロボールも効くぞ!

竿はオモリ120号が背負える1.7〜2m、7対3調子くらいのものが誘いやすく扱いやすい。中深場用の竿やアカムツ用の竿も発売されているが、軟らかめのビシアジ竿などでも流用できる。リールは小型電動リール。PE3〜4号が300m巻いてあれば安心だ。
仕掛けは幹糸8号、ハリス6号の胴付き2〜3本バリ。ハリの間隔は1m、捨て糸も1mが基本。ハリスは70㎝で作成しておき、潮の流れによって現場で調整するのが好ましい。
「潮が速い場合はそのまま70㎝、緩い場合は50㎝ぐらいにします。捨て糸を短くするとドンコなどの底の魚のアタリが増えます」と北本さん。
水中ランプやケミホタルも好みでつけてもいいだろう。ハリはムツ17〜18号など。赤系やケイムラ系に実績がある。
チモトには「マシュマロボール」、ハリスには「ムラムラパイプ」を使用するのが定番スタイルだ。
エサは船宿支給は紅染めのイカタン。これにホタルイカを購入するのが定番だが、サバの切り身エサも用意しておきたい。
「イカタンはやはり基本エサで食います。サバの身エサがいいときも多いですからぜひ持参したいですね。釣れたサバをエサにしてもいいですよ」と北本さん。
エサは単体で使うのではなく、イカ&ホタルイカ、イカ&サバ、サバ&ホタルイカなど組み合わせて使用しよう。ホタルイカは従来はゲソと内臓のみをつけることが多かったが、最近1匹はそのままつけることが多くなった。こちらでも十分に食うようだ。

モンロー号ではアカムツはこうして釣ります

水深は120〜130mほどの砂泥地。

誘いはゆっくり。アタリを感じたら持ち上げるようにアワセ、初めは魚の大きさを判断するまで手巻きで。

フィニッシュはタモ入れを。海面でバラすと泳いで帰っちゃうよ。

水深は130m前後。船長から投入の合図があったら軽くサミングしてオモリを着底させる。海底は砂泥地でオモリがズボっとハマるような感覚だ。
秋のこの時期、沖は潮が速いことが多い。こんなときは、必ず底を切ることが重要だ。オモリをつけたままの釣りをすると、たちまちオマツリを引き起こしてしまうのだ。
「潮が速いときは指示しますので、そんなときはオモリを少し上げるようにしてください」と船長。
潮の流れによってハリスの長さを変えるのには理由がある。
「潮が速いときは仕掛けが流れに乗ります。なので長めにします。逆に緩いときは長いとダランと垂れ下がってしまうので短めにします」と北本さんは言う。
●速い潮のとき…ハリスは70㎝ほどにして、誘いはゆっくり大きくが基本。素早い上下に行うシャクリなどは効果が少ない。
●緩い潮のとき…ハリスは50㎝ほどにして、頻繁に誘い、止める。誘いプラス止める、を繰り返す。
ドンコやムシガレイが食うときは少しタナを上げるか、捨て糸の長さを長めにしてみよう。
アカムツのアタリは「クンクン」など竿先に小刻みに出る。このとき、一呼吸置いてゆっくり大きく竿を持ち上げてフッキングさせよう。自信なさげにそのまま巻いてくると途中でバレることも多くなる。アカムツが掛かると、その場所では強く断続的な引きがある。
「掛かったら最初は手巻きで巻いたほうがいいですよ。これである程度サイズが判断できます。それから電動を入れます」
アカムツは40㎝を超えると引きもかなり強くなる。巻き上げ中にずっと抵抗していることも少なくない。しかし、アカムツはある程度特徴のある引きをする。
「はじめは結構引いて途中はおとなしくなります。最後の30〜40mあたりで激しい引きがあって、ここでアカムツであることが確信できます。ここでニヤっとできます」
巻き上げ中は竿は水平ぐらいにしておき、急な引き込みがあったら竿を下げて対応しよう。アカムツは海面まで来ても元気だ。巻き上げ中にハリ穴が広がっていて外れやすくなっている。最後は仕掛けを緩めないようにしてタモ入れしよう。

以上の記事は「つり丸」2017年11月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
春の東北の人気魚、クロメバル。関東周辺では貴重な魚だが、福島県相馬沖水深30〜40mでは30㎝前後のクロメバルが数釣りができる。リレーで狙うカレイもマガレイを主体にマコガレイやナメタガレイなど釣れるぞ。
更新: 2019-03-20 07:00:00
犬吠埼沖水深200〜250mのアカムツ。今期のアカムツは1月より本格化。このままゴールデンウイークごろまでポイントが多少変わっていくものの、波崎沖カンネコ根のシーズンまで楽しめるとの予想だ。
更新: 2019-03-19 12:00:00
最新記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読