MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
特大アカムツ超ラッシュ!深場の宝庫が本領発揮!犬吠埼沖

特大アカムツ超ラッシュ!深場の宝庫が本領発揮!犬吠埼沖

冬の定番メニューとなった犬吠埼沖水深200m台で釣るアカムツ釣り。潮の流れが緩んで深場のアカムツ宝庫が本領発揮中!冬の貴重なシケの合間の凪ぎ日を利用して激うま魚ゲットしよう!

大人気の水深200mオーバー!深場の激うまアカムツを確実に釣るには、トラブル回避とその準備がカギを握る!

水深200mオーバー深場のアカムツシーズン開幕中!

アカムツは通常、水深200〜300mの泥地に生息していると考えられている。

産卵期は夏〜秋。ちょうど冬〜春は通常の深場に生息している。

3年前から盛り上がっている犬吠埼沖は、その通常の深場にあたり、エサ場にはアカムツは大挙して群れている。

しかも、1月以降のアカムツのボディは産卵行動後からしっかりと体力を回復し、たっぷりの脂を身にたくわえ、最高のボディ。食べては激うまだ。

そんな魚がかなり簡単に釣れてしまうのだから、人気が出るのは必然だった。

現状としては、人気のため満員御礼状態で出船する船宿も多く、その状況は避けられない日もある。

そんななかではさまざまなトラブルもおこる。

魚がヒットしても回収途中でオマツリしてバラシ。

仕掛けのフォール中にサバにつかまり、オマツリだらけ。歯が鋭い魚が道糸に触り、高切れ。オマツリ中に道糸をプロペラに巻かれて、高切れ、などなど。

これらのことは、慣れている人は必ず思いあたるハズだ。

これらのトラブルは、大事な時合を逃すこととなり、釣果を減らす最大の原因となっている。

ようするに、これらのことを事前に回避、もしくは軽減できれば、好漁場では確実に釣果を伸ばすことができるということ。

今回は深場ならではのトラブル回避をメインにしながら、釣り方を説明していきたい。

混雑する船上でもトラブルをいち早く解消できれば時合は逃さなくて済む

道糸はPE4号 400mが基本

タックルは、オモリ200号を背負える7対3調子の竿と道糸PE4号を400m以上巻ける中型電動リールの組み合わせだ。

竿は操作性のよい長さ2m前後のものが定番だが、竿の調子は先調子ではなく7対3調子の先が軟らかめのものがベスト。

アカムツ専用竿ならなおさらよいが、あまりこだわらなくてもよい。

さまざまな竿が流用可能だ。

リールはPE4号が400m以上収納できる電動リール。

シマノ社製なら3000番、ダイワ社製なら500番がそれにあたる。

これより小さいリールはどうしてもラインキャパシティーが少ないため、いざというときに役にたたないこともなりうるので注意したい。

なぜ、PE4号400mなのか。

まず、PE4号である理由は、クロムツやサメなどによる高切れが多いためそれを防ぐため。

ではもっと太くすればと考える人もいると思うが、潮の抵抗を増やすばかりか、トラブルの最大の原因となるオマツリも頻発させることとなってしまう。

また、PE3号ではどうしても高切れ率が高くなってしまうからだ。

深場では細いラインほど抵抗が少ないため優れているのは明白だが、混雑した乗合船では不向きということ。空いているときはPE3号も使える。

道糸が400m以上必要な理由は、まず、速潮時を想定して。

犬吠埼沖は黒潮に近いこともあり、いつ潮の流れが速くなるかわからない。

速く流れる場合は、少なくとも水深の1.5倍近くは道糸がリールから引き出されることとなるからだ。

水深200mならば300m引き出されて、オモリが着底することも珍しくない。

サメやクロムツ、オマツリなどによる道糸の高切れは、実釣行動をしばらくの間停止してしまう。

予備がなければ、その日の釣りは不可能になってしまう。

そのために、ここ犬吠埼沖ではかならず予備の電動リールを最低でも1台持っていかなくてはいけない。

2台あればなおよい。 

道糸の高切れだけでなく、高負荷によるリールのオーバーヒートなどもある。それだけ、深場の釣りはリールに負担をかけるのだ。

予備のリールは、必ず乗船前に電源が入るかどうか、動作チェックをしておこう。

高性能ハイパワーリール使用はリチウムバッテリーで

近年主流のハイパワータイプの電動リールを使用する場合は、船の電源をとるのではなく、リチウムイオンバッテリーを持参することをすすめる。

船の電源はどうしても、同時使用者がいると電圧が不安定になることが多く、ハイパワータイプのリールは巻き上げ途中に電圧不足で一時停止することがある。

リールのパワーを最大限に活用したいならなおさらバッテリーは必要だ。

仕掛けは2本バリまで。ハリは太軸のものがおススメ

仕掛けは2本バリまで。
以前は3本バリも使用されいたが、現在は2本バリまでとされている。

ハリスは6〜8号50㎝前後。ツノザメやクロムツが多くまじる場合、ハリスは太目の8号を使いたい。

アカムツの食いにはハリスの太さは影響せず、6号も8号も変わらないからだ。

ハリの選択は意外と大事だ。

水深200m以上の深さから魚を引きあげてくるということは、長時間ハリが魚に力をかけ続けている。

そうなれば、当然、身も裂けることとなりバラシの原因となる。

それを軽減するのが、太軸のハリだ。

細軸のものはハリ掛かりはよいが身を裂きやすい。

太軸はいったん刺さると身を裂きにくい。

つまりしっかりとホールドしてくれてバレにくい。

軸が太いと刺さりにくいと思われるがカワハギのように積極的に掛けていく釣りではないので太軸バリでも大丈夫。

大きさはムツまたはホタの17号〜18号と大き目がおススメ。

エサはサバの切り身とホタルイカの抱き合わせが基本

エサはサバの切り身と船宿で配られるホタルイカの抱き合わせが基本系だ。

あくまで基本であってサバの切り身だけでもい犬吠埼沖のアカムツは十分に食う。

サバの切り身の代用としては、サケ皮、イカタン、イカタンタイプのワームなどが有効。

これは好みでよくさまざまなものが使える。

最近はルアー的要素を加える人もいてさまざまなものが試されている。

ワームタイプでは、オレンジ、グリーン、ピンクなど。それぞれ実績があり、なにがよいかは定かではない。

抱き合わせるホタルイカは、目の目の間にハリを刺し抜こう。

これでかなりの確率で外れにくくなるからだ。

ツボ抜きはしてもしなくてもよい。

大型のみを釣りたいなら、サメヒットの確率も上がるが、とにかく大きな切り身エサを付けると40㎝オーバーが掛かる確率があがる傾向もあることも覚えておこう。

エサはホタルイカゲソとサバの切り身の組み合わせでオーケー

捨て糸は1.2〜1.5mからスタート

さて、釣り方だが必ず手持ち竿で、オモリを底に付けた状態でアタリをまち、なければゆっくりと竿を竿の長さ分聞きあげ、ゆっくりと竿を下げ、再びオモリが底に着いた状態でアタリを待つというものを繰り返しだ。

たいていの場合、オモリが着底と同時にアタリが出るので、アタリが出たら一呼吸おいてから竿を聞きあげて電動スイッチオン。と、釣り方は単純で簡単だ。

このとき大事なことはタナ。

タナといってもアカムツ釣りでのタナは捨て糸の長さで決まる。

スタート時は最低でも1.2m、1.5mが基準だ。

さあ、しばらく釣りをしていて、ツノザメやユメカサゴが多くかかるときは、さらに捨て糸を長くするとよい。2mぐらいまでは長すぎることはない。

逆にサメもカサゴもかからず、周りの人も下バリばかりにアカムツがヒットしているときは、アカムツはあまり浮かない、と判断。

捨て糸は1mまで短くしてよい。これ以上短くすることはあまり意味がないので覚えておこう。

中層、もしくは底付近でサバばかり釣れてしまうときは、思い切って1本バリにする。

ハリスを取り除くのは上バリのほう。下バリのみで勝負しよう。

オマツリ時の仕掛けのほぐし方

船上では混雑時、そうでなくても、この釣りではオマツリはつきものだ。

お互い様なので、讓りあいながら、オマツリをほどくようにする。

オマツリをほどくなら、仕掛けは親子サルカンに接続するハリスからカットしよう。

それでもほどけないときは、サルカン部をすべてカットする。

バラバラにしたパーツは、「漁師結び」などを使うと簡単に再生できる。

余り糸を出すこともないのでこの結び方を覚えておくとよいだろう。

道糸が高切れした場合の道糸同士の連結法

道糸が途中で切れた!だけど、切れた端は残っているということもよくある。

結びなおせばよいのだが、強度の低下を考えると躊躇する人も多い。

しかし、ここは船上。
そんなことは言ってられない。

応急処置が可能なら、その時だけでもできるだけ道糸はむだにはしたくない。

さまざまな結びがあるが、安心なのは、ビミニツイストを切れた端の道糸両方に施し、それを電車結びで接続するというもの。

こうすることで、結びこぶは多少大きくなるが、接続部の強度は十分に保たれる。

気になる人は下船後、新しい道糸に巻きなおせばよい。

犬吠埼沖 深場のアカムツ釣行レポート

潮の流れが緩んで深場のアカムツ宝庫が本領発揮中!

夜明けとともにスタートフィッシングだ

朝陽を浴びてルビー色に輝く 大型アカムツ!

この日は朝いちに大型ラッシュ!40cmオーバーが次々に取り込まれた

うねりを利用した置き竿釣法で釣果を伸ばす持田さん

朝いちにヒットした良型

ハリの掛かりどころを確認してから抜き上げよう(取り込みに自信がない人はタモですくう)

これが犬吠埼沖のアベレージだ!!

PE4号400mで対応する

深場釣りを得意とする女性アングラー、千葉市の谷さんも本命ゲット

ナイスボディ!激うま確定!!

船橋市の安達さんは大型オンリー

大網白里市の石田さんは8匹ゲット

石田さんの良型

シマアジ用の竿で釣りましたよ

さいたま市の持田さんは大型を狙い撃ちし、この釣果

この日の最大は45cm1.4㎏だった

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡「清勝丸」

すっかり冬の定番メニューとなった犬吠埼沖水深200m台で釣るアカムツ釣り。

飯岡や外川、波崎の船宿が積極的に出船中だ。
 
今回乗船したのは、飯岡港「清勝丸」。

この犬吠埼沖のアカムツが話題になった当初からこの魚をメインの看板にあげるほど力を入れている船宿だ。

「年始から開幕した犬吠埼沖のアカムツですが、1月末まで潮の流れが速くて釣りにくかったのですが、毎年、2月になると不思議と潮の流れが緩むんですよ。その通り今期も潮が緩み釣りやすくなりました。それからは順調に釣れてます」とは、今期から大船長からアカムツ担当を引継いだ若船長の熱田純一船長。
 
当地では、2本バリ仕掛けでオモリは200号を使用。

リールに収納する道糸はPE4号400m以上が必要。

アカムツは最大10匹までキープがルール。
 
産卵から回復した魚の状態はすこぶるよく、身はほどよくしまり脂の乗りは抜群。

1匹釣れば御の字の個体ばかり。

40㎝オーバーの特大サイズも珍しくなく、規定数に達する釣り人が連日続出中だ。
 
人気のターゲットゆえ、平日でも船上はどの船も混雑必至なのが現状。釣り方は簡単だが、いかにトラブルレスで半日釣りができるかどうかで釣果が左右されることも多い。

だから、万全の準備を整えていけば、かなりストレスレスで釣りを楽しむことができる。

さあ、冬の貴重なシケの合間の凪ぎ日を利用して激うま魚ゲットしよう!

以上の記事は「つり丸」2020年3月1日号の掲載記事です。

関連記事
茨城・波崎沖の「中深場五目」。この日は、メバル各種、小型メヌケやマダラなどでスタートも、中盤から急きょ食いが活発になり2㎏クラスのメヌケが連発。予想をはるかに上回る釣果となった。
春からの釣り物として定着した東京湾のマゴチ!金沢八景の「一之瀬丸」では2月中旬から乗合をスタート!トップ20本とか、最大は67㎝とか、いきなり最盛期並みの好釣果を連発している!
良型シマアジ&イサキをメインにマダイ、カンパチ、ウメイロなどの高級魚を狙っていく宇佐美南沖の遠征五目釣りが開幕!コマセ釣りで朝イチのシマアジ~イサキ場でお土産確保~高級五目~再度シマアジを狙う!
東京湾LTアジが絶好調だ!軽いタックル&近場のポイントで手軽に狙えるのが人気!今ならアタリが多いので、沖釣りの醍醐味を体感するには、まさに最適!さらに、アジは食べても美味しいのも魅力だ。
東京湾の湾フグの人気船宿、金沢八景「野毛屋」は高級魚トラフグ狙いの釣り人で賑わっている。そんな「野毛屋」でフグ乗合を担当し湾フグのカリスマ船長に船上のマナー“加熱式たばこ”について聞いた。
最新記事
携行に大変便利なコンパクトライト「ネック&キャップ&ヘッドライト(UVライト付き)」
東京湾ではタイラバゲームが絶好調!ずっと水深40〜50mで釣れ続けている。今後は乗っ込み大型も期待!タイラバ専門船、羽田「TAKEMARU」のタイラバゲームを紹介する。
茨城・波崎沖の「中深場五目」。この日は、メバル各種、小型メヌケやマダラなどでスタートも、中盤から急きょ食いが活発になり2㎏クラスのメヌケが連発。予想をはるかに上回る釣果となった。
春からの釣り物として定着した東京湾のマゴチ!金沢八景の「一之瀬丸」では2月中旬から乗合をスタート!トップ20本とか、最大は67㎝とか、いきなり最盛期並みの好釣果を連発している!
良型シマアジ&イサキをメインにマダイ、カンパチ、ウメイロなどの高級魚を狙っていく宇佐美南沖の遠征五目釣りが開幕!コマセ釣りで朝イチのシマアジ~イサキ場でお土産確保~高級五目~再度シマアジを狙う!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読