MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾 本牧沖 激うま〝黄金アジ〟LT必釣テクを伝授!

東京湾 本牧沖 激うま〝黄金アジ〟LT必釣テクを伝授!

東京湾の激うまブランド〝黄金アジ〟の必釣テクを伝授だ!重要なのは、コマセと仕掛けの同調!ビギナーでも安定釣果で楽しめるLTで迎撃しよう!

ポイントは20m前後の浅場で釣りやすい!!

ターゲットは東京湾の激うまブランド・黄金アジ

小気味良いシャープな引き味はもちろん、食べれば超絶品!

良質な脂がボディ表面にまで染み出て黄金色に輝く東京湾のブランド魚〝黄金アジ〟が、LT(ライトタックル)釣法で連日好釣果を記録している!!

ってなワケで、ここでは、その釣りの基本&さらなる楽しみ方を金沢漁港「忠彦丸」の生駒剛船長に聞いてきたので、彼の言葉を借りながら紹介して行こう。

「この冬は例年とは違ってアジが水深20m前後の浅場に居るんで、本当に釣りやすいんだよね。この時期特有の微細なアタリも、糸フケがそれほど出ないので、ビギナーはもちろん、子供でも分かるからさ。数も伸びるし、入門するにも持ってこいだと思うよ」と船長が、現状の釣りやすさを強調してくれた。

ポイントは、行程20分程度の本牧エリアや横浜のベイブリッジ周り。

さらに川崎沖で、その日の潮を見て場所を決めている。

「最近は本牧沖が多いかな。ここは水深だけでなく、潮も比較的、緩いんで、より釣りやすい(底ダチ取りも楽だし、タナも合わせやすい)からね。

それに、意外と大型が潜んでいて、エキサイティングな釣りが楽しめるからさ」とその理由を教えてくれた。

釣れるサイズは、20~25㎝がアベレージ。

35㎝オーバーの大型まで顔を出す。

それでは、そんな大型までバッチリ釣れるタックルを紹介して行こう。

コマセを振り出しやすいライトタックルを使おう

LTアジと呼ばれる釣りだけに、道具も当然ライト(軽量、細身)タイプを使用することになる。

ちなみにLTの意味をよく知らない人もいると思うので、軽く説明しておこう。

LTの概念は、通常より細い道糸を使って釣ることが大前提になっていて、この細糸を用いることで、結果的に(道糸が受ける潮の抵抗が弱くなるので)軽いオモリでもポイントを直撃でき、さらにそのオモリに対応する軽い道具で釣りができるってことになっている。

道具の軽さは、感度に直結するし、操作性もアップする。

つまり、釣りやすい道具ってことになるのだ。

最近では各メーカーがこぞってこの「LT用」とか「ライトゲーム用」のロッドを発売しているので、その中から40号ビシが背負えるものを選ぼう。

「LTアジもビシアジ同様、コマセをまいて釣るので、コマセを振り出しやすい7対3調子をオススメするよ。長さも扱いやすい2m未満が良いよね」と船長がアドバイスをくれた。

リールは、アジのシャープな走りをいなしてくれるドラグ性能の良い小型両軸かベイトタイプを。

道糸はPE1~2号が基準。

LTだけに、0.8号などの細糸を用いる人もいるが、オマツリなどで糸同士が擦れた場合、切れるので、「忠彦丸」では、細くても1号までと伝えている。

仕掛けはフロロの2号通し。2m3本バリが船宿のオリジナルも、同様の市販品でもOK。ビシは40号で統一だ

ビシはレンタルを推奨 クッションはTPOで

タックル周りの小物の注意点も教えておこう。

まずはビシだが、アンドンビシの40号なら何でも良いってワケではないのだ。

「たまに、同じ40号でもカゴが大きいタイプのビシを持参する方がいてね。せっかく潮の抵抗を受けにくい細糸(LT)を使っているのに、カゴがデカくちゃ本末転倒だからさ。ちょっと潮が速くなれば、ビシがフケて隣とオマツリしちゃうしね。持ってない方は、無理に買わず、ウチで無料レンタルしているビシを使って下さい。これならみんな統一でトラブルにならないからね」と説明してくれた。

クッションゴムは、現状のように中~良型のアジが頻繁に顔を出す展開なら、1~1.5㎜×20~30㎝を使用しても良いが、絶対に必要なワケではないと言う。

「小型が多い時や食い渋り時は、微細なアタリしか出なくて、付けていると分からないからね。そんな時は外した方が良いし」と船長。

こちらはTPOで使い分けよう。

エサはアオイソメ 基本タラシなしで刺す

エサ付けの説明の前に、レンタルについての話が出たので、もう少し紹介しておこう。

「忠彦丸」は、お客さんの利便性を常に考え、いろいろなサービスを提供している。

そのなかでも好評を博しているのが、オールレンタル無料システムだ。

「道具の貸し出しを無料で行っている船宿はあるけど、ウエア一式まではあまりないでしょ。これを始めて、“もっと気軽に、そして大勢の人に船釣りを楽しんでもらいたい”と言うウチのスタイルが、かなり知れ渡ったし、道具もウエアも持っていない入門者やビギナーを広く迎え入れることになったんだ」と船長が話してくれた。

話を戻しエサは、匂いや海中でボディが艶めかしく光ると言われるアピール力満点のアオイソメを使用。

これを通常は、7~8㎜に切って、ハリに沿うように刺す。

なお食いが悪い時などは、ハリからのタラシが1㎝くらい出るように切って使うのがセオリーとのことだ。

エサはアオイソメを切って刺す

コマセを細かく振り出し 仕掛けと同調させよう!

さぁ、ここからは具体的な釣り方に入ろう。

まず最初にLTアジは、ビシアジ同様のイワシミンチのコマセを使ったコマセ釣法であると認識しよう。

コマセ釣りのシステムを簡単に述べると、振り出したコマセで魚を寄せると同時に、付けエサまで食わしちゃおうと言うもので、コマセと仕掛けの同調が最重要課題となる。

「問題は、どう同調させるかなるんだけど、僕の船では、底からコマセをチョコチョコ撒き出して、タナ(通常3m)まで断続的に振り出すスタイルを取っているよ。だいたい30~50㎝刻みでコマセを出す感じでね」と船長が言う。

具体的なやり方は、上記イラストの通りで、このまき方だと、コマセの煙幕が底から広くできるので、必然的に仕掛けとコマセが同調すると言うのだ。

「本来なら、タナ止めした時のハリが落ち着く位置に、コマセがきちんとまかれていて帯ができているのが理想だけど、それをビギナーにやれと言っても無理だし、慣れてる人でもなかなか実行できないからね。でも、もこの方法だと、小刻みにビシをシャクってタナまで上げてくるので、コマセが出ないことがないからさ」。

実際、取材時にビギナーがこの釣り方でコンスタントにアジをゲット。

間違いない釣り方と言えるのだ。

釣れない理由のひとつに、ビシの目詰まりで、コマセが出てないことがある。コマセの詰め替え時に注意して、落とそう

2度目のタナ取りでアタルことが多い

ビシをタナにセットして30秒を待って食ってこなかったら、再度仕掛けを落し直すことをオススメする。

「アジの活性が高い時は、多少タナがズレていても食ってくるけど、シビアな時は食ってこないからね。2度目のタナ取りは、最初のタナ取りよりも正確にタナを取ることができるんで期待できるし、これを行うことで、その日の状況も分かるからさ」と船長は目を輝かせる。

ちなみに、2度目が期待できる理由はこうだ。

「最初のタナ取りは、底ダチを取りを行っているとは言え、仕掛けが潮の流れで斜めに入っていることが多く、その状態でコマセをまいてタナを取るので、タナが合ってないことが多いんだよね。その証拠に、少し時間が経つと振り子が戻るように道糸が立って行き、結果、タナが低くなっていることに気付くからさ。その点、2回目は、すでに道糸が立っているので正確にタナに入るってワケ」。

なお、2回目でもアタリがなかったら、もうコマセが無いはず(LT用のビシは容積が少ない)なので回収してやり直そう。

追い食いと手返しで数を伸ばして行こう

アジ釣りの醍醐味は、ダブル、トリプルと、追い食いさせて行く楽しみもある!と船長が、そのコツを教えてくれたので、最後に紹介しておこう。

「イラストで紹介している1匹掛けたら〝そのままステイする方法〟と〝スローの巻き上げからの止め〟が基本で、アジ以外でも使える技なんで覚えておいて損はないと思うよ。ちなみに、多点掛けの取り込みに失敗している人を良く見るので、そのコツ・エダスの結び目を掴んでイッキに抜くことも紹介してあるので、良くチェックしてマスターしておいてね」と船長。

追い食いはいずれも、追い食いを待ちすぎると、最初に掛けた魚のハリ穴が広がり、バレることがあるので、そのタイミングを見極めて行おう。

数を伸ばすには、手返し良く釣ることも大事で、〝仕掛けを絡ませずに投入する方法〟や〝底ダチ取りをしっかり行う〟こともそれに繋がるので、しっかり覚えて釣りに挑もう。

「今後も、このままの釣りやすい水深で爆釣街道を突っ走れそうなんで、ぜひ、激うまのアジを釣りに船宿まで足を運んで下さい」と船長が締めくくってくれた。

東京湾・本牧沖〝黄金アジ〟釣行レポート

25㎝くらいまでの中型サイズは、抜き上げて、手返し良く釣って数を伸ばそう

濃い群れに当たれば一荷で食ってくる

「30㎝オーバーの大型も顔を出すし、数もある程度まとまる。これが行程20分足らずの近場で釣れるんだから通っちゃうんだよね」と会社仲間のお二人さん

これぞ「忠彦丸」の真骨頂で醍醐味だ。良~大型が釣れるポイントへ船長が潮を読み、積極的に案内してくれるので、気を引き締めて釣ろう!

「つり丸」お馴染みの〝なおちん〟こと井上直美さんも乗船。良型アジの走りを堪能した

LTだと侮らないこと。「忠彦丸」では、この30㎝クラスの良型を視野に入れて出船している

LTと侮るなかれ!良型多し!!

「LTタックルと浅い水深の相乗効果で、アジの走りがメチャメチャ楽しかったです」

浅場で釣りやすい!!

友達に誘われて初挑戦したビギナーもご覧の大物をゲット。「完全にハマりました」とのこと

この日は、前半に良型が多くアタリ、後半はアベレージの20㎝前後が良く釣れた

イシモチは定番ゲスト

午前船でこれだけ釣れれば、文句なし。この日の竿頭は46匹で納得の表情を見せた

手返しが早くなるハリ外しも必需品だ

〝なおちん〟も追い食い成功!50㎝巻き上げて待って食わせたそうです

シートの縁にハンドウォーマーを設置している「忠彦丸」。この時期助かります

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢漁港「忠彦丸」

道糸を細くすれば、オモリはもちろん、道具まで軽くすることができる!

そんな発想から生まれたLT(ライトタックル)フィッシング。
 
ビギナーはもちろん、非力な女性やチビッ子でも扱えると現在も入門者を増やしているが、実はこの釣りを真にブレイクさせたのは、そのポテンシャルにアツくなった太公望たちだった。
 
アタリが明確に出て、魚が簡単に釣れるこの釣りのターゲットはさまざまいるが、その代名詞である東京湾のLTアジの釣果が、グングン上昇。ビギナーでも安定した釣果を得ているので要チェックだ。

「これも感度が良いLTだからかな。この冬は例年と違いアジが浅場にいてね。この時期特有の微細なアタリをビギナーでも取ることができるからさ」と語ってくれたのは、年間を通してLTアジ船を出している金沢漁港「忠彦丸」の生駒 剛船長だ。

ポイントは本牧沖の水深20m前後。潮が緩い場所なのも好調の要因と言う。

「底ダチ取りも楽だし、タナも合わせやすいからさ。ちなみに狙うアジは、皆さんご存知の東京湾のブランド・黄金アジで、激うまだからね。エサとコマセが同調するように、うまくコマセをまいて釣ってね」とのこと。
 
攻略法を学んで、迎撃開始!!

以上の記事は「つり丸」2020年3月1日号の掲載記事です。

関連記事
茨城・波崎沖の「中深場五目」。この日は、メバル各種、小型メヌケやマダラなどでスタートも、中盤から急きょ食いが活発になり2㎏クラスのメヌケが連発。予想をはるかに上回る釣果となった。
春からの釣り物として定着した東京湾のマゴチ!金沢八景の「一之瀬丸」では2月中旬から乗合をスタート!トップ20本とか、最大は67㎝とか、いきなり最盛期並みの好釣果を連発している!
良型シマアジ&イサキをメインにマダイ、カンパチ、ウメイロなどの高級魚を狙っていく宇佐美南沖の遠征五目釣りが開幕!コマセ釣りで朝イチのシマアジ~イサキ場でお土産確保~高級五目~再度シマアジを狙う!
東京湾LTアジが絶好調だ!軽いタックル&近場のポイントで手軽に狙えるのが人気!今ならアタリが多いので、沖釣りの醍醐味を体感するには、まさに最適!さらに、アジは食べても美味しいのも魅力だ。
東京湾の湾フグの人気船宿、金沢八景「野毛屋」は高級魚トラフグ狙いの釣り人で賑わっている。そんな「野毛屋」でフグ乗合を担当し湾フグのカリスマ船長に船上のマナー“加熱式たばこ”について聞いた。
最新記事
携行に大変便利なコンパクトライト「ネック&キャップ&ヘッドライト(UVライト付き)」
東京湾ではタイラバゲームが絶好調!ずっと水深40〜50mで釣れ続けている。今後は乗っ込み大型も期待!タイラバ専門船、羽田「TAKEMARU」のタイラバゲームを紹介する。
茨城・波崎沖の「中深場五目」。この日は、メバル各種、小型メヌケやマダラなどでスタートも、中盤から急きょ食いが活発になり2㎏クラスのメヌケが連発。予想をはるかに上回る釣果となった。
春からの釣り物として定着した東京湾のマゴチ!金沢八景の「一之瀬丸」では2月中旬から乗合をスタート!トップ20本とか、最大は67㎝とか、いきなり最盛期並みの好釣果を連発している!
良型シマアジ&イサキをメインにマダイ、カンパチ、ウメイロなどの高級魚を狙っていく宇佐美南沖の遠征五目釣りが開幕!コマセ釣りで朝イチのシマアジ~イサキ場でお土産確保~高級五目~再度シマアジを狙う!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読