MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
好釣継続!東京湾タチウオジギング!132cmドラゴンキャッチ!

好釣継続!東京湾タチウオジギング!132cmドラゴンキャッチ!

長浦港「こなや」では東京湾のタチウオが好調持続中!魚体のコンディションは上々。最大132cmのドラゴンもキャッチ!!ラストスパートに入ったタチウオジギングをぜひ楽しんでほしい!

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

終盤戦に入った東京湾のタチウオジギング。良型主体の釣りを存分に堪能していただきたい。

冬場の魅力はなんといっても型平均サイズも良型揃い

基本的なワンピッチアクションをマスターしておけば一定の釣果は期待できる

東京湾のタチウオジギングがラストスパート持続中だ。

昨年はほぼ一年間、休むことなく出船していたジギング船もある。

年々シーズンがロング化している印象だ。ロングランが可能なのも、人気があればこそ。

季節ごとに異なる釣趣がある、ということも一因だろう。
 
冬場の魅力はなんといっても型ではないだろうか? 特大がラッシュする、というわけではない。

しかし、アベレージサイズがよく、長さの割に体高があり身が厚い。

そんな釣り応えのあるタチウオが中心となるのだ。

「モノはいいですよ。身の厚みがあるのが魅力ですよね」と、長浦港「こなや」の進藤通孝船長も太鼓判。
 
数はツ抜けできればよし、という状況が多いようだが、2月初旬の取材日は乗船者全員がツ抜けを達成した。

誰でも簡単に、という状況ではなく、前半戦はかなり苦戦を強いられた。

後半になりヒット率がアップ。

ドラゴンクラスも顔を出し、結果として乗船者全員が存分に堪能できる結果となった。
 
全員のロッドが絞り込まれる、ということはまずない。

それでも数人同時にということは珍しくはない。

こうしたタイミングを逃さず、しっかり1本ずつ数を重ねることが大切な1日となった。

タチウオの群れは薄かったり、小規模だったりすることがほとんど。

移動スピードも速いことが多い。

それだけにすべての基本的動作をスムーズ、かつ素早く行うことが大切。

そして、それを休むことなく1日淡々と繰り返すことが釣果を安定させる大きな要因と思われた。
 
投入の合図が出たら、間髪を入れずにジグを落とすこと。

1本釣れたらなるべく早く再投入すること。

面倒であれば、流し替えるまで足下に転がしておいてもいいだろう。

冬場ならそれほど傷む心配もない。

こんな小さなことでも、1日を通してみればかなり差が生まれる。

手を休めることなく釣り続け、釣れているときにしっかり釣る。

まずはこれだけも釣果は大きく変わってくるはずだ。

進藤船長に聞いたタックル、実釣についてのアドバイス

ここからは進藤船長にいただいたタックル面、実釣についてのアドバイスを紹介する。

いずれも船長の目から見ていて、こうしたらもう少し釣果が伸びる、どちらかといえばこうしたほうがいい、という観点からのアドバイスだ。
 
まずはタックル面。
東京湾のタチウオジギングタックルはすでに定番化している。

ロッドは6ftクラスのライトジギング用、もしくはタチウオ用、リールは小型のベイトリール、メインラインはPE0.8~1号、リーダーはフロロカーボン製8~10号といったところだ。
 
以上の定番タックルを使用していれば大きな問題は生じない。

しかし、もう一歩踏み込んだ観点から今回はリールのハンドルについて注目してみた。

進藤船長はダブルハンドルをおすすめしている。

その理由は、手首の回転だけでハンドルを回すことができる、スムーズな巻き上げにある。

ハンドルプレートの長いことが多いシングルハンドルではどうしても、巻き上げに段差ができてしまう。

比べてみるとダブルハンドルを使用しているアングラーにヒットが偏ることがある、という。
 
メタルジグは120g、150gがメインウエイトとなるが、アタリが遠いときはタングステン製ジグをただ巻きするパターンも効果的、という。

明確な理由は分からないが、タングステンの比重の大きさが鉛とは異なった動きを生むのでは?と想定される。

シルエットを小さくできる効果もあるだろう。

数年前からひとつのヒットパターンとして定着している、というから、いくつか用意しておくといいかも知れない。

「実釣面では、巻きスピードが一番重要かな、と思います。タチウオは何をやっても釣れるんですよ。でも、ほかの人より釣ろうと思うと、いろいろ考えないとダメだと思います」と船長。
 
とくに注意したいのはアタリはあるが、ヒットまで至らないとき。

もうちょっとだ、という気持ちで同じアクションを繰り返してしまいがちだが、アクション自体を変えないとヒットまで持ち込めないときもある、という。
 
おとなしめの動きとなるただ巻きが良かったり、速めのスピードでのリアクション狙いが効果的だったり、ヒットパターンは数々ある。

だが、それが1日続くことはほとんどない。

状況によって変わるパターンにアジャストしていく心構えが必要だ。

「上げ潮と下げ潮ではまずヒットパターンが変わります」と船長。
 
ジグのタイプやカラーよりまずアクション。

ジグをあれこれ変えても時間の無駄ということも多い。

信用するジグを使い倒すほうが、釣果を伸ばすことに貢献するようだ。
 
定番タックル&アクションを押さえたうえで、あれこれと工夫を凝らす。

こんな姿勢でラストスパートに入ったタチウオジギングを楽しんでいただきたい。

絶好調!東京湾タチウオジギング!釣行レポート

タチウオジギングラスト スパート持続中!巻きスピードが一番重要!!

ジグケースを思い思いにシステム化する人も多い

ポイントは川崎沖。船団が形成されていた

合図があったら即投入を心掛ける。これだけでヒット率はかなり変わるはず

抜き上げるときは周囲の安全を確認してから素早く、コンパクトな動作で!

例年とは異なるポイントで釣れるタチウオだが、サイズよし!食べてよし!だ

これがアベレージ。ナイスフィッシュ!

取材日の最大魚は132cm!「自己記録です。軽めのショートピッチにヒットしました」とは船橋市の中島さん。

長さの割に身が厚く、体高もある。釣り応えのある1本だ

釣れ盛っているときはすぐにハリを外し、即再投入すると、ひと流しで数を伸ばせる

第一号、と思った1尾はホウボウだった

トラフグも登場!この魚は残念ながらリリースとなった

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・長浦港「こなや」

東京湾のタチウオが好調持続中だ。

「群れがあちこちに散っていて探すのが大変なときも多いですが、仲間たちと協力して頑張っています。釣れるモノはいいですよ。体高もありますが、身の幅が厚い魚が多いですね」とは、長浦港「こなや」の進藤通孝船長。
 
2月初旬の取材日も、船長の言葉通り、最初の群れを探すのに、かなりの時間を費やした。

なんとか群れを捉えてからもペースはスロー。

ポツリポツリの展開が続いた。

しかし、噂通り、魚体のコンディションはよい。

5本もあれば十分なお土産になる、と思えるほどだ。
 
後半戦、川崎沖に移動してからは次第にヒット率がアップ!

小型もまじったが、最大で132㎝というドラゴンも登場!

終わってみればトップは17本、全員が2ケタ釣果を達成という、この時期にしてはなかなかの好結果に落ち着いた。

とりわけ、コレ!というヒットパターンはなかったものの、前半戦はただ巻きに近いおとなしめのアクションが、後半は定番のワンピッチジャークを基本に、リズミカルに淡々と釣るだけで数が伸びていった印象だ。

終盤戦に突入している東京湾のタチウオだが、「こなや」では釣れる限りは狙っていく、という。

終わってしまう前にぜひお出かけあれ!

以上の記事は「つり丸」2020年3月1日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
最新記事
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル