MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
 トップ9匹! 南房のオニカサゴは大型まじりで数釣り可能【南房】

トップ9匹! 南房のオニカサゴは大型まじりで数釣り可能【南房】

美味魚ぞろいの根魚の中でも、とびきり上等な味覚のオニカサゴ。しかしながら、大鬼と呼ばれる大型は近年では希少な魚になりつつある。ゴンゴンと激しい引きを見せつつ、海面にオレンジの影が浮かんできたときの喜びは格別。そんな大型のオニカサゴにこだわって狙う船が乙浜港にあった。

市場には出回らない、釣り人だけが食べられる高級魚オニカサゴ、 キロオーバーが1匹釣れれば満足の釣りだ

迫力のあるキロオーバーのオニカサゴ。南房では2㎏超も決して珍しくはないぞ。

魚屋さんではめったに買えない魚。これからの時期は鍋ネタに最高!

大オニを想定してクーラーは大き目を。フラッシャーサビキで大サバや大アジ、オアカムロなども釣れるからね。

根周りではオキメバルも釣れてお土産に。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・乙浜港「尭丸」。

南房沖はオニカサゴの好釣り場。千倉沖から布良沖まで広く続く起伏の激しい海底はオニカサゴの生息に適した場所が多い。乙浜港の「尭丸」は大型のオニカサゴ釣りにこだわって出船している。
小型が釣れるとポイントをすぐに見切って移動、新田義宏船長はフットワーク軽く根から根を攻めていく。
オニカサゴの水深は120m前後が中心、底スレスレにオモリをキープするよう、こまめなタナ取りをすることがアタリにつながる。
この日は北東強風のうえ、潮と風が逆になっている悪条件ながら、トップは9匹のオニカサゴ(うちキロオーバーは4匹)を釣り上げた。
市場には出回らない、釣り人だけが食べられる高級魚だけに、キロオーバーが1匹釣れれば満足の釣りだ。外道にはオキメバル、ユメカサゴ、トゴットメバルなどがまじる。
10月から始まった「尭丸」のオニカサゴはこれからが本番。夏の速潮も水温の低下とともに落ち着いてくるので、好条件の日が増えるだろう。大鬼ハンターにはぜひアタックして欲しいポイントだ。
冬場はオニカサゴの他、ヤリイカの出船も始まる。釣りものは最初に予約した人の希望で決まるので、週末は早めの予約をお勧めしたい。

以上の記事は「つり丸」2017年11月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
茨城・波崎沖の「中深場五目」。この日は、メバル各種、小型メヌケやマダラなどでスタートも、中盤から急きょ食いが活発になり2㎏クラスのメヌケが連発。予想をはるかに上回る釣果となった。
春からの釣り物として定着した東京湾のマゴチ!金沢八景の「一之瀬丸」では2月中旬から乗合をスタート!トップ20本とか、最大は67㎝とか、いきなり最盛期並みの好釣果を連発している!
良型シマアジ&イサキをメインにマダイ、カンパチ、ウメイロなどの高級魚を狙っていく宇佐美南沖の遠征五目釣りが開幕!コマセ釣りで朝イチのシマアジ~イサキ場でお土産確保~高級五目~再度シマアジを狙う!
東京湾LTアジが絶好調だ!軽いタックル&近場のポイントで手軽に狙えるのが人気!今ならアタリが多いので、沖釣りの醍醐味を体感するには、まさに最適!さらに、アジは食べても美味しいのも魅力だ。
東京湾の湾フグの人気船宿、金沢八景「野毛屋」は高級魚トラフグ狙いの釣り人で賑わっている。そんな「野毛屋」でフグ乗合を担当し湾フグのカリスマ船長に船上のマナー“加熱式たばこ”について聞いた。
最新記事
携行に大変便利なコンパクトライト「ネック&キャップ&ヘッドライト(UVライト付き)」
東京湾ではタイラバゲームが絶好調!ずっと水深40〜50mで釣れ続けている。今後は乗っ込み大型も期待!タイラバ専門船、羽田「TAKEMARU」のタイラバゲームを紹介する。
茨城・波崎沖の「中深場五目」。この日は、メバル各種、小型メヌケやマダラなどでスタートも、中盤から急きょ食いが活発になり2㎏クラスのメヌケが連発。予想をはるかに上回る釣果となった。
春からの釣り物として定着した東京湾のマゴチ!金沢八景の「一之瀬丸」では2月中旬から乗合をスタート!トップ20本とか、最大は67㎝とか、いきなり最盛期並みの好釣果を連発している!
良型シマアジ&イサキをメインにマダイ、カンパチ、ウメイロなどの高級魚を狙っていく宇佐美南沖の遠征五目釣りが開幕!コマセ釣りで朝イチのシマアジ~イサキ場でお土産確保~高級五目~再度シマアジを狙う!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読