MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
 トップ9匹! 南房のオニカサゴは大型まじりで数釣り可能【南房】

トップ9匹! 南房のオニカサゴは大型まじりで数釣り可能【南房】

美味魚ぞろいの根魚の中でも、とびきり上等な味覚のオニカサゴ。しかしながら、大鬼と呼ばれる大型は近年では希少な魚になりつつある。ゴンゴンと激しい引きを見せつつ、海面にオレンジの影が浮かんできたときの喜びは格別。そんな大型のオニカサゴにこだわって狙う船が乙浜港にあった。

市場には出回らない、釣り人だけが食べられる高級魚オニカサゴ、 キロオーバーが1匹釣れれば満足の釣りだ

迫力のあるキロオーバーのオニカサゴ。南房では2㎏超も決して珍しくはないぞ。

魚屋さんではめったに買えない魚。これからの時期は鍋ネタに最高!

大オニを想定してクーラーは大き目を。フラッシャーサビキで大サバや大アジ、オアカムロなども釣れるからね。

根周りではオキメバルも釣れてお土産に。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・乙浜港「尭丸」。

南房沖はオニカサゴの好釣り場。千倉沖から布良沖まで広く続く起伏の激しい海底はオニカサゴの生息に適した場所が多い。乙浜港の「尭丸」は大型のオニカサゴ釣りにこだわって出船している。
小型が釣れるとポイントをすぐに見切って移動、新田義宏船長はフットワーク軽く根から根を攻めていく。
オニカサゴの水深は120m前後が中心、底スレスレにオモリをキープするよう、こまめなタナ取りをすることがアタリにつながる。
この日は北東強風のうえ、潮と風が逆になっている悪条件ながら、トップは9匹のオニカサゴ(うちキロオーバーは4匹)を釣り上げた。
市場には出回らない、釣り人だけが食べられる高級魚だけに、キロオーバーが1匹釣れれば満足の釣りだ。外道にはオキメバル、ユメカサゴ、トゴットメバルなどがまじる。
10月から始まった「尭丸」のオニカサゴはこれからが本番。夏の速潮も水温の低下とともに落ち着いてくるので、好条件の日が増えるだろう。大鬼ハンターにはぜひアタックして欲しいポイントだ。
冬場はオニカサゴの他、ヤリイカの出船も始まる。釣りものは最初に予約した人の希望で決まるので、週末は早めの予約をお勧めしたい。

以上の記事は「つり丸」2017年11月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
食わせフグに出船しているのは富津港の「浜新丸」。ターゲットはショウサイフグ、アカメフグ、コモンフグ!季節鍋ネタに最高!美味しいフグを釣りに行こう!
東京湾奥の人気ターゲット!脂の乗った金色に輝くアジが絶好釣!トップが束(100匹)超えの日もある!羽田「かめだや」では取材日に40.5cmが浮上!ベストシーズンの到来だ!
大型が高確率!テンヤタチウオが大ブレイク中だ!金沢八景「一之瀬丸」では140cm超えの神龍(シェンロン)が続々ヒット中!脂の乗り最高!塩焼きは超絶美味だゾ!!
11月1日、鹿島沖で待望の生きイワシエサのヒラメ釣りが解禁!今年もまずまずの群れの濃さ!横流し釣りを覚えて大ビラメを狙おう!!
10月に解禁した神津島の北東部に位置するサクネのシマアジ!シマアジの魚影の濃さは伊豆諸島随一!脂ノリノリ激うまシマアジをお手軽に釣ろう!!リレーの泳がせカンパチも好調だ!
最新記事
食わせフグに出船しているのは富津港の「浜新丸」。ターゲットはショウサイフグ、アカメフグ、コモンフグ!季節鍋ネタに最高!美味しいフグを釣りに行こう!
東京湾奥の人気ターゲット!脂の乗った金色に輝くアジが絶好釣!トップが束(100匹)超えの日もある!羽田「かめだや」では取材日に40.5cmが浮上!ベストシーズンの到来だ!
茨城エリアのテンヤマダイがベストシーズン!アタリ多く数釣りが楽しめ、良型&大型もヒット!青物や根魚などゲストも豊富!タックルやラインシステムは万全の態勢で!
相模湾の新スタンダード?!サビキ、テンビン何でもアリ!イナダ・ワラサ・アジ五目!その時の状況に合わせてチェンジ!興奮必至で楽しさ無限大!ルアー釣りもOKだ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル