MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
連発!ボ ートで楽しむメバル&カサゴゲーム!東京湾 横浜沖

連発!ボ ートで楽しむメバル&カサゴゲーム!東京湾 横浜沖

横浜新山下「アイランドクルーズFC」では、「メバカサ乗合&仕立」が盛況!メバル狙いの基本ルアーはジグヘッド&ソフトルアー!同船主催「デカメバルトーナメント」覇者、椎野さんオススメタックルも紹介!

東京湾を舞台にしたメバル&カサゴゲーム。春のライトゲームを満喫しよう!

「メバカサ」はあくまでもメバルが主役

どのくらい沈めるか?これだけでヒット率は大きく変わる

今年も横浜新山下「アイランドクルーズFC」では、「メバカサ乗合&仕立」が盛況。

これからも5月前半くらいまでを目安に、メバル&カサゴを楽しませてくれる。

「メバカサ」と名付けてはいるが、あくまでもメバルが主役、とは遠藤正明キャプテン。

状況次第で主役の座をカサゴに奪われることもある、というくらいの割合だ。

タックルセレクトや釣り方を考えるときのベースとして理解しておくとよいだろう。
 
同船では横浜港を中心にメバカサゲームを展開する。

鶴見や根岸湾、川崎も得意エリアに入る。

出港から帰港までは4時間が基本なので、釣りをする時間を確保するためにも、可能な限り近場で釣るのが特徴だ。
 
同船が得意とするエリア内のポイントは、シャローエリアが少なく、岸際からドンと落ち込む岸壁や沖に点在するストラクチャー周りなどを攻めることが多い。

ポイントの特徴もあるのか、ビッグサイズのメバルのヒット率が高いのも魅力のひとつだ。
 
3月ともなればバチ抜けも盛んになり、表層狙いで楽しめることが多くなる。

数が楽しめる時期だ。

4月に入るとビッグサイズの割合がグッとアップする。

シーズンはまだまだこれから、ということだ。

同船で主催する「デカメバルトーナメント」では、シーズンを通して3匹の全長の合計で競いあう。

例年、優勝者は90㎝を超える、というからデカメバル率の高さがうなづけよう。
 
メバル狙いの基本ルアーはジグヘッド&ソフトルアー。

これを岸壁や独立したストラクチャーに向けてキャスト、リトリーブしてくるという攻略が基本だ。

活性が低い状況では、目標物の近くにキャストできるかが釣果の分れ目になることもあるが、活性が高い場合は広範囲でのヒットが望める。
 
重要になるのは、ヒットレンジの把握とリトリーブスピード。

ポイントの水深が20m前後、ということも多い横浜港エリアでは、海底までルアーを沈めることは少ない。

それでも10m程度までは探るべきレンジとなる。
 
着水直後にリーリングを始めるのか?5m沈めてから巻いてくるのか?両者の差は大きい。

カウントダウンテクニックをフルに活用し、探るイメージで攻めていく。

フォール中のヒットを狙うというのも常套手段だ。
 
任意のレンジまで沈めたら、リトリーブスピードを変化させながらヒットパターンを探っていく。

同船者と情報交換したり、船長にアドバイスを求めたりして、全員で釣果をあげていく意識を持つと、結果、自分の釣果もアップしていくはずだ。

ベテラン椎野さんがオススメするタックルとは?

メバル用にはスピニングタックル一択。カサゴを楽しむ場合はベイトタックルも使いやすい

ロッドはやり込むほどに好みなどが出てくるが、基本的には一般的なメバル用、アジング用のもので十分に楽しめる。
 
また、リールも廉価なものを除けば、小型スピニングリールで存分に楽しめる。
 
反面、使用ラインやルアーなどのセレクトは、使いやすさや釣果を大きく分けることも多い。

ここからは、「デカメバルトーナメント」の昨年の覇者であり、シーズン中は毎週のように同船に通う横浜市の椎野さんの使用ライン、ルアーを教えていただいた。

ぜひ参考にしていただきたい。
 
椎野さんはシーズンを大きく前半戦と後半戦に分けて考えている。

3月いっぱいが前半戦、以降が後半戦という区切りだ。
 
前半戦の3月いっぱいまではメインラインにフロロカーボンラインの0.6号、リーダーには同じくフロロカーボンラインの1.2~1.5号をセットしている。
 
4月以降、活性が大きくアップ、またはデカメバルの割合が高くなってくると、ワンランク太く、またプラグの使用率が高いときなどはPEラインをメインラインに使用する。
 
メインとなるのはソフトルアー。

サイズは2インチ前後が基本。

スローダイバー(シマノ)、ベイティ(インクスレーベル)などを好んで使っているが、今年は定番のベビーサーディン、サンドワーム(ガルプ)などを積極的に使用、得意ルアーの幅を広げる努力をしている、という。
 
前半戦は匂いつきのワームがおすすめ。

アワセが遅くなっても掛かってくれるから、というのが理由だ。
 
カラーは自分が見やすい色を基準に選んでいる。

使い分けは透明感がある色とない色の2パターンで大きく分けるくらい。

それほどこだわってはいない、という。
 
ジグヘッドは2gを中心に、1.5~3gを用意しておけば事足りる、とのこと。

3~4種類を使い分けるが、メインにはサブマリンヘッド(マリア)を使用。最初からバーブレス仕様というのが一番の理由だ。
 
以上、椎野さんの使用タックル、その一部を紹介した。

実績に裏付けられたモノばかり。ぜひ参考にして楽しんでいただきたい。

ICFC主催、昨年のデカメバルトーナメント覇者である椎野さんのボックス。もちろん、予備は別にたっぷりあり

東京湾 早春のオススメ夜遊び!メバル&カサゴゲーム釣行レポート

出船前に準備は万全にしておきたい

ストラクチャー付近はみなポイント。明暗の境などを意識して攻める

ベイエリアの夜景を楽しみながらショートタイムで遊べる。カップルアングラーにもおすすめだ

仲良くツーショット。デートフィッシングにもぴったりだ

これくらいならよく引いて楽しませてくれる

グッドサイズのメバルを仕留めた紅一点。なかなかの手練れだ

慣れた手つきでキャッチ、そしてポーズ。やり込んでいる女性アングラーだ

岸壁などに向かってキャスト。レンジを探りながら釣っていくのが基本だ

もっと大きいので撮ってもらいたかったです、と昨年のデカメバルトーナメント覇者の椎野さん

シャローエリアに入るとすかさずカサゴ狙いにチェンジ。見事キャッチ!

これくらいなら満足!?

反応がいいポイントではヒットが連発した!

流行中のグラスロッドを使ってカサゴを楽しんでいたアングラー

サイズはこのくらいが取材日の最大。時期を追うごとにデカメバルの確率アップ!?

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・横浜新山下「アイランドクルーズFC」

初春の夜遊びとしてオススメが、東京湾のメバル&カサゴゲームだ。

「オカッパリで楽しむ人が多い釣りですが、小さいのばかり、という声も聞きます。ボートからなら、平均してオカッパリよりもいいサイズを、しかも数釣りを含めて手軽に楽しんでもらえると思いますよ」とは横浜新山下「アイランドクルーズFC」の遠藤正明キャプテン。

遠藤キャプテンの言葉通り、東京湾のボートからのメバル&カサゴゲームは手軽さ、身軽さが魅力。

防寒対策さえしっかりしておけば、短時間でも十分に楽しめるオフショアルアーフィッシングだ。

取材日は乗合船に便乗させていただいた。

残念ながらこの日は「メバルは凪ぎを釣れ!」の教訓に背く、強風下での釣りとなった。

釣りができるポイントが制限され、しかも魚の活性もいまひとつ。

そんな悪条件だったが、それでも、それなりに楽しめてしまうのがこの釣りのいいところ。

女性を含めた5人のアングラーは、「アタリが少ない」とボヤきつつも、コンスタントにロッドを曲げて楽しんでいた。

今後、水温が上昇に転じれば一気にメバルたちは活気づく。

バチ抜けが始まればお祭りもスタート。

表層付近でのヒットが増え、プラグを使った釣りも盛り上がる。

ぜひとものお出かけをおすすめします!

以上の記事は「つり丸」2020年3月15日号の掲載記事です。

関連記事
5月後半から絶好調!鹿島沖のマゴチ!今期はまだまだ魚影も濃く、ロングランが予想される!ジグヘッド+当たりワームでぜひトライしてほしい!
今回はカンタンに製作できるツインアシストフックを紹介。アシストラインの両端でフックを外掛けで結び、溶接リングをセットしたシンプルなパターン。
今年はすでに鹿島沖のテンヤマゴチが開幕。テンヤにワームをセットして狙うため気軽に挑戦でき、よく釣れる!大人の夏休みはコレ!!
波崎沖のオフショアルアーゲームが超激アツ!波崎港「征海丸」が狙っている大根周辺では、ジギングでヒラマサが絶好調!取材日はワラサやヒラメなども加わり、船上は確変!大フィーバー状態だった。
東京湾人気ルアーターゲットのタチウオ!4月下旬、ロケットスタートを切ったのは横浜新山下「渡辺釣船店」。良型&メーターオーバーが連日登場!浅場と深場の両タックルを準備して、挑戦しよう。
最新記事
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。
カモシ釣りの有名ポイント、外房御宿沖三本松にヒラマサ回遊中!カモシヒラマサ入門には最適期だ!他には1.5~3㎏級の乗っ込みマダイも釣れている!
川崎「つり幸」さんで、東京湾の夜カサゴ釣りに挑戦!キャストして探るとアタリが頻発!仕掛けもタックルもライトなので、今回釣れた15~20㎝の個体でも十分な引きを感じることができました。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読