MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ゲーム性満点で楽しい~、東京湾の餌木スミイカ【東京湾】

ゲーム性満点で楽しい~、東京湾の餌木スミイカ【東京湾】

金沢八景の老舗船宿「弁天屋」が今年開業80周年を迎えるそうだ。当時から漁の合間に客を乗せる兼業スタイルでなく、仕立てや乗合での遊漁専業だったと聞くから、関東、いや日本国内でも指折りの歴史ある船宿ではなかろうか。そんな「弁天屋」で餌木スミイカ乗合を開始したと聞き、9月25日に釣行した。

半日船ながら連日トップで7~8杯と安定釣果が続いている

東京湾のスミイカ釣りが開幕した。20mほどの浅場で釣れる今は、餌木を使ったゲーム性の高い釣りが楽しいのだ!

タナがバッチリなのか、餌木のカラーセレクトが当たったか? 考えを巡らせながら餌木イカゲームを楽しもう。

クン! とかクイクイ! と言った小さなアタリを取って聞きアワセ!「乗った」ではなく、「アタリを感じて掛ける」を楽しもう。

中オモリ10号、餌木は2.5号。餌木のカラーはピンクとオレンジがド定番だが、色々試してみよう。

当然だが…スミを吐く。なるべくスミ噴射を吐かれないように注意。吐かれたら乾く前に船を掃除しておくのがマナー。

今は、いわゆるコロッケサイズが主体。小型は身が柔らかくて旨みが強い。食べる分には小型がウレシイ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「弁天屋」。

東京湾でエギを使ったスミイカ釣りが始まった。今年80周年を迎えるという金沢八景の老舗船宿「弁天屋」でも9月15日から乗合船を開始し、半日船ながら連日トップで7~8杯と安定釣果が続いている。
「まだ始まったばかりだから何とも言えないけど、まあ涌きは悪くないんじゃないかなー」とはエギスミイカ担当の木村定義船長だ。
エギの釣りと聞くとアオリイカ釣りのように、シャクってシャクってのイメージがあるかも知れないがさにあらず。
クン! とかクイクイ! と言った小さなアタリを取って聞きアワセる、乗った! ではなく掛けていく釣りだ。また「エギの種類ばかり気にする人がいるけど、まずはきっちりとしたタナ取りですよ」と船長。基本は「ハリス分」だが、海底もわずかながら起伏があるのでまめなタナの取り直しも欠かせない。
ゲーム性に富むこの釣り、もう一つの楽しみは食味。江戸前の寿司屋さんが泣いて喜ぶ、「新仔」狙いならお早めに!

以上の記事は「つり丸」2017年11月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
5月後半から絶好調!鹿島沖のマゴチ!今期はまだまだ魚影も濃く、ロングランが予想される!ジグヘッド+当たりワームでぜひトライしてほしい!
今回はカンタンに製作できるツインアシストフックを紹介。アシストラインの両端でフックを外掛けで結び、溶接リングをセットしたシンプルなパターン。
今年はすでに鹿島沖のテンヤマゴチが開幕。テンヤにワームをセットして狙うため気軽に挑戦でき、よく釣れる!大人の夏休みはコレ!!
波崎沖のオフショアルアーゲームが超激アツ!波崎港「征海丸」が狙っている大根周辺では、ジギングでヒラマサが絶好調!取材日はワラサやヒラメなども加わり、船上は確変!大フィーバー状態だった。
東京湾人気ルアーターゲットのタチウオ!4月下旬、ロケットスタートを切ったのは横浜新山下「渡辺釣船店」。良型&メーターオーバーが連日登場!浅場と深場の両タックルを準備して、挑戦しよう。
最新記事
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。
カモシ釣りの有名ポイント、外房御宿沖三本松にヒラマサ回遊中!カモシヒラマサ入門には最適期だ!他には1.5~3㎏級の乗っ込みマダイも釣れている!
川崎「つり幸」さんで、東京湾の夜カサゴ釣りに挑戦!キャストして探るとアタリが頻発!仕掛けもタックルもライトなので、今回釣れた15~20㎝の個体でも十分な引きを感じることができました。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読