MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ゲーム性満点で楽しい~、東京湾の餌木スミイカ【東京湾】

ゲーム性満点で楽しい~、東京湾の餌木スミイカ【東京湾】

金沢八景の老舗船宿「弁天屋」が今年開業80周年を迎えるそうだ。当時から漁の合間に客を乗せる兼業スタイルでなく、仕立てや乗合での遊漁専業だったと聞くから、関東、いや日本国内でも指折りの歴史ある船宿ではなかろうか。そんな「弁天屋」で餌木スミイカ乗合を開始したと聞き、9月25日に釣行した。

perm_media 《画像ギャラリー》ゲーム性満点で楽しい~、東京湾の餌木スミイカ【東京湾】の画像をチェック! navigate_next

半日船ながら連日トップで7~8杯と安定釣果が続いている

東京湾のスミイカ釣りが開幕した。20mほどの浅場で釣れる今は、餌木を使ったゲーム性の高い釣りが楽しいのだ!

タナがバッチリなのか、餌木のカラーセレクトが当たったか? 考えを巡らせながら餌木イカゲームを楽しもう。

クン! とかクイクイ! と言った小さなアタリを取って聞きアワセ!「乗った」ではなく、「アタリを感じて掛ける」を楽しもう。

中オモリ10号、餌木は2.5号。餌木のカラーはピンクとオレンジがド定番だが、色々試してみよう。

当然だが…スミを吐く。なるべくスミ噴射を吐かれないように注意。吐かれたら乾く前に船を掃除しておくのがマナー。

今は、いわゆるコロッケサイズが主体。小型は身が柔らかくて旨みが強い。食べる分には小型がウレシイ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「弁天屋」。

東京湾でエギを使ったスミイカ釣りが始まった。今年80周年を迎えるという金沢八景の老舗船宿「弁天屋」でも9月15日から乗合船を開始し、半日船ながら連日トップで7~8杯と安定釣果が続いている。
「まだ始まったばかりだから何とも言えないけど、まあ涌きは悪くないんじゃないかなー」とはエギスミイカ担当の木村定義船長だ。
エギの釣りと聞くとアオリイカ釣りのように、シャクってシャクってのイメージがあるかも知れないがさにあらず。
クン! とかクイクイ! と言った小さなアタリを取って聞きアワセる、乗った! ではなく掛けていく釣りだ。また「エギの種類ばかり気にする人がいるけど、まずはきっちりとしたタナ取りですよ」と船長。基本は「ハリス分」だが、海底もわずかながら起伏があるのでまめなタナの取り直しも欠かせない。
ゲーム性に富むこの釣り、もう一つの楽しみは食味。江戸前の寿司屋さんが泣いて喜ぶ、「新仔」狙いならお早めに!

以上の記事は「つり丸」2017年11月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
東京湾のタイラバゲームは終盤戦に突入しているが、まだまだ入門者にもお手軽な時期だ!取材日もマダイ初挑戦という女性が見事にキャッチに成功!
黒潮洗う絶海の孤島、イナンバでジギング&キャスティング!大型[キハダ・カツオ・ヒラマサ・カンパチ]を狙う!モンスターフィッシュとの出会いがあるのがイナンバの魅力!
黒潮の申し子シイラがやってきた!相模湾のシイラが好調だ。60㎝から90㎝クラスを主体にメーターオーバーがまじる!早めの挑戦で短いシーズンを堪能しよう!
最新記事
集魚効果抜群!餌木史上初のレンズ&透明布採用餌木登場「LQ(レンズエギ透明布巻)3.5号」
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル