MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ゲーム性満点で楽しい~、東京湾の餌木スミイカ【東京湾】

ゲーム性満点で楽しい~、東京湾の餌木スミイカ【東京湾】

金沢八景の老舗船宿「弁天屋」が今年開業80周年を迎えるそうだ。当時から漁の合間に客を乗せる兼業スタイルでなく、仕立てや乗合での遊漁専業だったと聞くから、関東、いや日本国内でも指折りの歴史ある船宿ではなかろうか。そんな「弁天屋」で餌木スミイカ乗合を開始したと聞き、9月25日に釣行した。

半日船ながら連日トップで7~8杯と安定釣果が続いている

東京湾のスミイカ釣りが開幕した。20mほどの浅場で釣れる今は、餌木を使ったゲーム性の高い釣りが楽しいのだ!

タナがバッチリなのか、餌木のカラーセレクトが当たったか? 考えを巡らせながら餌木イカゲームを楽しもう。

クン! とかクイクイ! と言った小さなアタリを取って聞きアワセ!「乗った」ではなく、「アタリを感じて掛ける」を楽しもう。

中オモリ10号、餌木は2.5号。餌木のカラーはピンクとオレンジがド定番だが、色々試してみよう。

当然だが…スミを吐く。なるべくスミ噴射を吐かれないように注意。吐かれたら乾く前に船を掃除しておくのがマナー。

今は、いわゆるコロッケサイズが主体。小型は身が柔らかくて旨みが強い。食べる分には小型がウレシイ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「弁天屋」。

東京湾でエギを使ったスミイカ釣りが始まった。今年80周年を迎えるという金沢八景の老舗船宿「弁天屋」でも9月15日から乗合船を開始し、半日船ながら連日トップで7~8杯と安定釣果が続いている。
「まだ始まったばかりだから何とも言えないけど、まあ涌きは悪くないんじゃないかなー」とはエギスミイカ担当の木村定義船長だ。
エギの釣りと聞くとアオリイカ釣りのように、シャクってシャクってのイメージがあるかも知れないがさにあらず。
クン! とかクイクイ! と言った小さなアタリを取って聞きアワセる、乗った! ではなく掛けていく釣りだ。また「エギの種類ばかり気にする人がいるけど、まずはきっちりとしたタナ取りですよ」と船長。基本は「ハリス分」だが、海底もわずかながら起伏があるのでまめなタナの取り直しも欠かせない。
ゲーム性に富むこの釣り、もう一つの楽しみは食味。江戸前の寿司屋さんが泣いて喜ぶ、「新仔」狙いならお早めに!

以上の記事は「つり丸」2017年11月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
主役のアカハタはもちろん、オオモンハタの大型を高確率で狙える聖地西伊豆エリア!HRFゲームのパイオニア「ふじなみ丸」が提起するアカハタ&オオモンハタの遊び方!
荒根の中で根魚を狙うHRFゲーム!伊東港「たか丸」では谷洋平船長が、ソフトルアーを使ったアカハタゲームに、ジグやタイラバも併用し伊東沖の楽しい遊び方を提供してくれる!
金澤美穂さん!千葉県大原港の「長福丸」さんで、人気急上昇中のSLJを初体験!タダ巻だけでも魚種多彩に釣れるうえ、タックルもライトなので、ビギナーにも超オススメです!
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
最新記事
オフショアジギングからマグロキャスティングまでカバーするスピニングリールオクマ「アゾレス」
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
夜釣りはむろん防災にも便利なランタン「LEDスクエアーマルチランタン」
相模湾のライトイナダ五目は水深も浅く、ライトタックルで狙えるので女性、ファミリーにも優しい釣り物!食わせサビキとウイリーで狙うLTイナダ五目!カンパチ、アジ、イサキもまじって楽しいよ!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読