MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
怒涛の連釣! カンネコ根のアカムツ【鹿島沖・カンネコ根】

怒涛の連釣! カンネコ根のアカムツ【鹿島沖・カンネコ根】

序盤戦は「全く持っていない」状態だったのだが…「また食ったんですか!?」20分刻みで訪れる本命のアプローチ。「さっきから独り占めじゃないですか」と言われ(心中ニンマリも)苦笑。

序盤は大苦戦を強いられたが、情報を噛み砕き、そして、試行錯誤の末辿り着いた「本命連発」

グラマラスなアカムツを5匹ゲット! カンネコ根のアカムツ釣りが熱い!

海底からハッキリアタリを伝え、海面まで引き続けるアカムツ。食味がクローズアップされるが引き味もバツグン。

このところ、アピールグッズが効果アリ。色々用意しておいてソンはない。

おいしそうな「太い」アカムツ。刺身や塩焼き、煮付けも絶品!

この日は4人が5匹釣り、船中7人で23匹のアカムツが上がった。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島新港「桜井丸」。

本格シーズンを迎えても中々釣況が上向かず、フリーク達をヤキモキさせたカンネコ根のアカムツがやっとこの時期本来の釣果をマークし始めたのは9月中旬。連日トップ二桁をマークする船も出たが、同じ船内に「本命型見ず」もアリというシビアな側面も。
例年に比べ「やや小振りが目立つ」、「大きなエサは食わない」、「ゼロテンション釣法有利で派手な誘いはNG」、「アピールグッズが重要」…等々、例年とは少々異なる「事前情報」が飛び交う中、鹿島新港「桜井丸」櫻井正雄船長操船の下、ひさびさに対峙したカンネコ根のアカムツ。
序盤は「シャットアウト」の言葉が脳裏を過る大苦戦を強いられたが、情報を噛み砕き、試行錯誤の末辿り着いた「本命連発」。筆者は実質2時間で5匹を上げるなど、4人が5匹をキャッチ!
サイズや数を超えてアカムツとの濃密な時間を余す事無く堪能した秋の一日。またひとつ「記憶に残る」釣行を書き記す事が叶った。

以上の記事は「つり丸」2017年11月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
東京湾のマゴチ釣りが開幕絶好調だ!新子安恵比須橋「だてまき丸」は3月からマゴチ乗合をスタート。60㎝オーバーの大型、トップ5本以上の日も!近年増えているヒラメのほかイカもまじる!このチャンスにぜひ!
震災から6年。福島・相馬港の「明神丸」が年明けに復活!ポイントは原町から相馬沖の岩礁帯。釣れるカレイは、マガレイ、マコガレイ、イシガレイなど。注目すべきはナメタガレイ!トップ22枚という激釣の日も!
ぽかぽか陽気に誘われて仲間と気軽に沖釣りを楽しみたい!そんな釣り人におすすめなのが前半にエビメバル、後半はイシモチを短時間で狙うお手軽メバル五目。ショート船は帰宅後の時間がゆっくり取れるのも嬉しい。
東京湾・木更津沖のシロギスが好調。老舗船宿・深川「冨士見」ではキュンキュン竿を絞る20㎝超の良型まじりで沖揚がりまで楽しめ、ここ数年では一番魚影が濃い!
上越沖のプレ乗っ込みがシーズンイン!直江津港「第二八坂丸」ではコンスタントに大ダイがあがり、2月21日には11㎏、翌日には7.7㎏がキャッチされている!
最新記事
アルファタックルのテル岡本氏・柳沢テル氏来店 玉屋つり具店「春の一大事!」4月18日、19日開催
東京湾のマゴチ釣りが開幕絶好調だ!新子安恵比須橋「だてまき丸」は3月からマゴチ乗合をスタート。60㎝オーバーの大型、トップ5本以上の日も!近年増えているヒラメのほかイカもまじる!このチャンスにぜひ!
震災から6年。福島・相馬港の「明神丸」が年明けに復活!ポイントは原町から相馬沖の岩礁帯。釣れるカレイは、マガレイ、マコガレイ、イシガレイなど。注目すべきはナメタガレイ!トップ22枚という激釣の日も!
サブクーラーとしてさまざまな用途に使えるミニクーラー「マーク無しクーラーミニ」
外房・大原沖は周年マダイが狙え、早春から好釣果が継続。日によってポイントや水深などが変わるので、どんな状況にも対応できるよう準備が大事だ。そこで、テンヤ&タイラバのタックル、釣り方を詳しく解説!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読