MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
テンヤマダイ快調!タイラバ&ジグも絶好調!茨城 鹿島沖

テンヤマダイ快調!タイラバ&ジグも絶好調!茨城 鹿島沖

鹿島沖のマダイが好調!1~3㎏の良型まじりで、4~5㎏の大型もアタっている。鹿島旧港「植田丸」はひとつテンヤで狙うほか、タイラバやジグで狙うのもOK。多彩なゲストがまじるのも魅力だ!

高めのタナ攻略がカギ!ひとつテンヤだけでなく タイラバやジグも有効!!

良型まじりでゲストも豊富

鹿島沖のテンヤマダイは、良型まじりで楽しめている。

暖冬だったせいか、1〜2月は1〜3kg級がコンスタントに取り込まれ、ときには4kg台や5kg台の大型も取り込まれた。

取材は2月後半に鹿島旧港「植田丸」で敢行。

前日には2kg台の良型が3枚取り込まれたが、当日最大は1kg級で食い渋った。

潮具合に左右されやすいのがこの釣りの特徴で、取材翌日はアタリの多さが復活した。

本命マダイのほかに、多彩なゲストがまじるのも魅力。

取材時にはハナダイとホウボウが多数アタった。

ひとつテンヤマダイのタックルを準備しよう

標準的なひとつテンヤ用のタックルを用意しよう。

このタックルがあればジグやタライバにも流用できる。

竿は10〜12号ぐらいのテンヤに対応したひとつテンヤ専用ロッド。

長さは2.1〜2.7mぐらい。

リールは小型のスピニングリール。

とにかくドラグ性能がいいものを使うこと。

細いラインで5kgを超える大型マダイとやり取りする際は、ドラグを駆使するからだ。

道糸はPEラインの0.6〜1号。
リールには150m以上巻いてあればOKだ。

リーダー、テンヤ、エサ付けについて

道糸の先にリーダーとしてフロロカーボンラインを直結にする。

結び方はFGノットやPRノットなど。

フロロカーボンラインの号数は2〜3号。

道糸がPE0.8号の場合、リーダーはフロロ2号がベストバランス。

この組み合わせだと、根掛かりしたときにリーダーが切れやすくなる。

道糸とリーダーの結び目からは切れにくいので、リーダーを結び直す手間が省ける。

テンヤは軽めの2号から、重めの12号前後までを用意しておこう。

この号数を用意しておけば、どんな状況にも対応しやすい。

取材時は水深20m台〜30m台のポイントを狙ったが、4〜6号のテンヤを使う人が多かった。

テンヤは重さだけでなく、カラーや形状についてもバリエーション豊富に用意しておけば万全だ。

カラーや形状によってもアタリの数が変わってくることもあるからだ。

一人で連発している人がいれば、その人のテンヤのカラーや形状を真似するのもアリだ。

エサはエビを使う。この時期、「植田丸」が使用するのは冷凍エビだ。

エサ付けは、上のイラストのとおり。基本は1匹付け。

頭部と尾部を孫バリで固定するように刺すのがポイント。

こうすることでエビの頭を取れにくくするのだ。

エビが小さい時は、2匹付けにするのもアリだ。

親バリと孫バリに1匹ずつ付ける。

遊動テンヤの場合は、小型のエビをセレクトして、2匹付けにするといいだろう。

「植田丸」で使用しているエビエサ

基本は1匹付けだが、エビが小さい時は2匹付けもアリだ

海底付近だけでなく 高めのタナも探ろう

取材当日、植田竜也船長から出た指示は、「底付近ばかりを狙わずに、4〜5m上のほうも探ってください。けっこう反応が浮いていますからね」というもの。

ここのところ浮いた反応が多く、フォールや高めのタナでアタりやすいという。

基本の釣り方は上のイラストのとおり。

テンヤを軽く前方に投げ入れ、テンヤを落下させていく。

テンヤの落下中にアタることもあるので、糸の変化に注意すること。

海中に入っていく糸が止まりフケたときや、糸が急に走ったときはアタっている可能性大。

すぐにアワせよう。テンヤの落下中は糸フケを出しすぎると、これらのアタリがわからなくなるので、極力糸フケを出さないようにしよう。

テンヤが着底したら糸フケを取り、50㎝〜1m巻き上げてアタリを待つ。

アタリを待つ間、竿をシャクリ上げて戻すなどして、テンヤを動かしてもOK。これを行うことでアタることもある。

アタらなければ、再度50㎝〜1m巻き上げてアタリを待つ。

これを繰り返して、海底から5mぐらい上まで探っていく。

「探見丸」を見て、海底から5mよりも高い位置に反応がある場合は、さらに上のタナも探ってみよう。

潮が速いときは、そのままタナでアタリを待っていると、テンヤが速い潮流を受けて浮き上がってしまう。

潮が速い時は、それを利用してタナを探ろう。

テンヤが着底したら糸フケを取り、そのまま待とう。

テンヤは速い潮流を受け、浮き上がっていく。ある程度まで浮き上がったところで、ラインを出して再度テンヤを着底させる。

着底したら糸フケを取り、そのまま待つ。

これを繰り返して探っていくのだ。

潮が速いときは、必ずしもこの釣り方をしないといけないわけではない。

テンヤを重くすることで、テンヤの着底がわかり、浮き上がりも抑えられるようなら、それに越したことはない。

テンヤを重くすることで解決できる場合、ビギナーはその方が釣りやすいだろう。

ジグにも注目!

2月からマダイのヒットが集中しているのがジグだ!

取材当日は船中3枚のマダイのうち、2枚がジグのヒット。

取材前日は釣果の9割がジグで、2kgオーバーの良型もジグによるものだった。
 
ジグはマダイ用に作られたものがオススメ。重さは40g前後。

グリーン、ゴールドなどがヒットカラーのようだ。
 
タックルは専用のものを用意しなくても大丈夫。

ひとつテンヤ用がそのまま流用できる。

テンヤの代わりにジグを結べばOKなので、タックルボックスのなかに2、3個しのばせておきたい。

︎取材前日にジグでヒットした2kgオーバーのマダイ(画像は船宿HPから)

鹿島沖 良型まじり!マダイ釣行レポート

ゲストも多く楽しめる!テンヤだけでなく ジグやタイラバも!

取材当日は水深20m台〜30m台を狙った

ノリーズの吉田裕樹さんの「ハイブリッドテンヤ真鯛」が曲がった!何が掛かったかな?

ノリーズの榎戸富さんは快調に抜きあげた

榎戸さんはテンヤでマダイをゲット!

榎戸さんと吉田さんの大型ハナダイダブルヒット

取材前日は2㎏オーバーが3枚取り込まれた!ジグにヒットが集中している(画像は船宿HPから)

こちらのマダイもジグにヒット

終了間際にジグにヒットしたキロ級のマダイ!

この時期は良型のホウボウが多数まじる

当日はハナダイがよくアタった

マハタが掛かった

イナダもヒット

こちらはカサゴ

大型カワハギのヒットにはビック

ソイもまじる

ヒラメもまじった

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「植田丸」

鹿島沖のマダイがまずまずの好調ぶり。

1~3㎏の良型まじりで、時おり4~5㎏の大型もアタっている。

状況がいい日にはゲストも含めてアタリが多く、トップが5枚以上を記録する日もある。
 
ゲストは美味な高級魚が多く、ここにきてホウボウがよくまじっている。

ホウボウは大型が多く、いいお土産になっている。

このほかハナダイ、ショウサイフグ、各種根魚が代表的なゲストだ。
 
今回取材した鹿島旧港「植田丸」はひとつテンヤで狙うほか、タイラバやジグで狙うのもOK。

とくに2月からヒットが集中しているのがジグ。釣果の9割がジグという日もあった。
 
また、ここ最近は浮いた反応が多いという。

海底付近だけでなく、底から5mぐらい上を探るのがコツ。

根気よくタナを探って、本命のマダイを食わせよう!

以上の記事は「つり丸」2020年4月1日号の掲載記事です。

関連記事
外房・大原沖は周年マダイが狙え、早春から好釣果が継続。日によってポイントや水深などが変わるので、どんな状況にも対応できるよう準備が大事だ。そこで、テンヤ&タイラバのタックル、釣り方を詳しく解説!
旨い!何の魚かって、超が付く高級魚マハタだ!!勝浦松部港「信照丸」のマハタ五目では、この魚が一年中釣れる!エサ釣り&スロージギングもOK!高級根魚もゲストでまじる!!ぜひ、チャレンジしてみよう!!
東京湾・第二海堡沖テンヤ&タイラバがバリ食い絶好調!厳冬期の今も4~5㎏オーバーといった大型が連発!お祭り状態に!大型にはタイラバ有利!水温上がればさらにスゴイことに!これが東京湾の底ヂカラだ!
日立久慈沖のテンヤマダイが絶好調!「大さん弘漁丸」ではトップ10枚以上の釣果が続き、平均サイズは0.5〜0.8㎏。良型は2〜3㎏級も!この時期のマダイは脂が乗って美味。日立沖で爆釣体験を味わってみよう。
アブラボウズ。めったにお目にかかれない巨大魚だ。大きいと優に重量は100㎏を超える。この時期は、石廊崎周辺水深600mの根周りに産卵のためにアブラボウズが集結。深海モンスターゲットのチャンスだ!
最新記事
人気の餌木タコ専用ワイドベイトキャスティングリール「エランワイド パワー オクトパス P-LIMITED」
東京湾LTアジが絶好調だ!軽いタックル&近場のポイントで手軽に狙えるのが人気!今ならアタリが多いので、沖釣りの醍醐味を体感するには、まさに最適!さらに、アジは食べても美味しいのも魅力だ。
東京湾の湾フグの人気船宿、金沢八景「野毛屋」は高級魚トラフグ狙いの釣り人で賑わっている。そんな「野毛屋」でフグ乗合を担当し湾フグのカリスマ船長に船上のマナー“加熱式たばこ”について聞いた。
釣りを楽しみたい女性をサポートする「つりジェンヌ」では季節ごとのイベントの参加者を募集している。
東京湾ではイシモチがず〜っと好調続き!釣り方も簡単だから誰でも手軽に楽しめる!!ポイントの水深は10m台〜20m台という浅場なので超釣りやすい。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読