MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
入れ食い高確率!ウイリーシャクリ ハナダイ大漁!外房 飯岡沖

入れ食い高確率!ウイリーシャクリ ハナダイ大漁!外房 飯岡沖

飯岡沖では春の使者ハナダイが釣れ盛っている!釣り方はコマセを使ったウイリーシャクリ釣り。飯岡港「太幸丸」では定数の50枚を達成する日が続いている!

トップ50枚の入れ食いも高確率!良型主体に今後も楽しめそう!

沖ではまだ防寒着が手放せない中、飯岡沖ではハナダイが春本番を思わせる釣れっぷりを見せている。

連日トップ30~40枚で、定数の50枚を達成する日も結構な確率だ。

ハナダイは家庭で料理するにもサイズが手ごろで、尾頭付きの塩焼きや酒蒸し、酢締めや昆布締めの刺身の他、鯛飯や中華風の餡かけなど様々なレシピで楽しめるから大漁しても安心。

姿も良いからお裾分けしても喜ばれるしね、と取らぬ狸大全開で情報の発信元飯岡港の「太幸丸」へと向かった。

タナは30~40m シャクって止めてゴン!

ヤリイカ狙いの7号船を見送ってから、13人を乗せた1号船も出船となる。

ウトウトすること1時間ほど「はいポイントに着きましたから準備してください」でキャビンから這い出る。

沈船周りのポイントとのことで「昨日は2隻で出て違う場所やったんだけど、こっちの方が食いが良かったから」の選択だ。

「40mから30mの間を誘って下さい」で釣りを開始するも、一流し二流しと空振り。

潮が速いようですぐにポイントを外れてしまうようだ。

「この場所は潮が流れない方がいいんだけどねー」と船長も渋い顔だ。

それでも次の流しではハナダイが口を使ってくれた。

釣れるのは27、8cmの良型中心。

家庭用のグリルに収まる尾頭付きジャストサイズといったところ。
 
当初は潮下にあたる右舷側にアタリが集中したが、しばらくすると左舷側でも釣れ出す。

私も撮影で船内を一周した後、左舷胴の間で竿を出した。

タナは30~40m前後中心。誘いをかけながら大型ハナダイのアタリダナを探していこう

食いが渋いようだが それもまた楽しい

ビシはFL60号、アミコマセを使用する

個人的にコマセシャクリ釣りの基準にしている80㎝シャクリの1秒ポーズでやや早めに誘い上げて行くと、37mあたりでシャクリ上げる竿がゴン!と止められた。

キュンキュンキュン!と「らしい引き」で上がって来たのは良型のハナダイ。

まずは幸先の良い1枚だ。

型が良いのが救いと水を向けると「今日は小さい方だよ」と船長。
 
活性が低いのか早めの誘いには反応が鈍いようなので、竿先をフワフワさせながら少しずつ巻く誘いに変更。

プラビシの調整も上穴1/2開から1/4開(下窓は全閉)へと絞り気味にした。

タナをじっくり長い時間かけて誘い上げて行くイメージだ。

これが功を奏したのか何枚か連釣し、してやったりだったのだがこれも長くは続かず、またもポツリポツリの展開となる。
 
潮が止まるのを待っていた船長も業を煮やし、9時半頃ナダ寄りポイントへと移動する。先ほどよりもやや浅いようで、指示は「30m~20mの間」。
 
ここでは再開後すぐにバタバタとアタる。なかにはトリプルヒットを披露する方もいて、なかなかの好食い模様。

しかもこちらの方が型が良く、30㎝オーバーが連発する。

しかし食いが良かったのは初めだけ、けして釣れないわけではないのだが、50枚を釣るようなペースにはならない。
 
船長からは「ちょっと水温が低いからゆっくり誘うようにしてみて」とアドバイスがあったように、この日はハナダイの活性が低く感じた。そのせいで食いが浅いのか、巻き上げ途中のバラシも結構ある。
 
また誘っている最中にククッ!とアタリ、そのままアタリ続けるのになかなかハリ掛かりしないことも多い。

まるでタイラバでスカートだけをカジカジされているような感覚だ。
 
以前他港の船長にそんな時には巻きアワセ、と聞いたことを思い出す。

食い込まないアタリにはアワセずにそのままゆっくりリールを巻き続け、キューン!と竿を引き込まれるのを待つというもの。

これでパーフェクトとはいかなかったが、かなりハリ掛かり率はアップした。

仕掛けはウイリー3本プラス空バリ1本

空バリにオキアミを付けて狙う

冬から好調続きも 本番はこれから!

結局この日は終日こんな感じの食い。

「今日はダメだったねー」と船長だが、それは前日までと比較しての話。

トップは30枚を釣っているし型が良いからクーラーはズッシリだ。

また釣りとしても入れ食いは入れ食いで楽しいが、誘いやシャクリなど釣り方を工夫してなんとか食わせる釣りもかなり楽しい。
 
飯岡沖のハナダイ、今年は冬の間から絶好調だが本来は春到来からが本番の釣り。

これからトップシーズンを迎える釣りで、今後がますます楽しみだ。

絶好調!飯岡沖 ウイリーシャクリのハナダイ釣行レポート

大型デコダイ連発!!

ウイリーシャクリで誘って食わす楽しさが魅力。大型が多いのもこの釣りの特徴だ

良型主体の多点掛けが楽しめる飯岡沖のウイリーシャクリのハナダイ釣り。桜色の魚体が舞う船上でお花見を楽しんでみては!

飯岡沖のコマセのハナダイ釣りが冬の間から絶好調。トップ定数の50枚もざらだ

型がいいので引き味もいい!

マダイ同様、小気味いい三段引きを楽しませてくれる

型は23~40㎝前後主体。オデコが張り出した大型のデコダイも多い。マダイに比べやや水っぽいという人もいるが、釣りたては刺身も美味しい!

この日はカンパチがまじった。ほかメバルやイサキ、マダイ、イナダなどゲストも多彩

トップ定数の50枚も珍しくない。大型クーラーも満タンになる釣果が連日続いている。普通に釣っていれば、お土産は十分

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡港「太幸丸」

史上最速とも言われる今年の桜の開花予想に合わせるかのように飯岡沖では春の使者ハナダイが釣れ盛っている。

「今年はいいですよぉ~!いつもの年なら今時季は水温が下がって食い渋るんだけど、今年はいつもより2度近く高い14度以上あるからね。それで食っているのかなー。とにかく連日いい釣りしてますよ」とは飯岡港「太幸丸」の実川四郎大船長。
 
ハナダイ釣り大好きと公言し、ほぼ周年ハナダイ船の舵を握っているだけあって、ポイント選定は確かで常連さんからの信頼も厚い。
 
飯岡のコマセ釣りで釣れるハナダイは型が良いのが特徴で、手のひら級はほぼ皆無。

25~30㎝級をレギュラーに40㎝近いデコダイをまじえて、目下は定数の50枚を達成する日が続いている。
 
釣り方はコマセを使ったウイリーシャクリ釣り。

今ならタナさえ間違わなければビギナーでも簡単に釣れるが、「シャクリによって釣果に差が付く」ベテランにとっては腕の見せどころもある釣りだ。

「本来は3月から4月くらいが一番釣れる」という飯岡沖のハナダイは、これからがベストシーズン。陸の花見もいいけど、飯岡沖でのハナ見も絶好ですよ!!

以上の記事は「つり丸」2020年4月1日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾LTアジが絶好調だ!軽いタックル&近場のポイントで手軽に狙えるのが人気!今ならアタリが多いので、沖釣りの醍醐味を体感するには、まさに最適!さらに、アジは食べても美味しいのも魅力だ。
東京湾の湾フグの人気船宿、金沢八景「野毛屋」は高級魚トラフグ狙いの釣り人で賑わっている。そんな「野毛屋」でフグ乗合を担当し湾フグのカリスマ船長に船上のマナー“加熱式たばこ”について聞いた。
東京湾ではイシモチがず〜っと好調続き!釣り方も簡単だから誰でも手軽に楽しめる!!ポイントの水深は10m台〜20m台という浅場なので超釣りやすい。
この春、相模湾東部はスルメとヤリの両狙い!どちらのイカがよく乗るかは釣ってみないとわからない!スルメは束釣りを記録することも!!仕掛けはスルメイカ用とヤリイカ用の両方を持参しよう。
南房のジャンボイサキが解禁から沸騰中!西川名港から出船「竜一丸」では半日で規定の50匹に達することも!ビギナーや希望者には、出船前に船長自ら釣り方をレクチャー!ベテランも満足のこの釣りをぜひ!
最新記事
人気の餌木タコ専用ワイドベイトキャスティングリール「エランワイド パワー オクトパス P-LIMITED」
東京湾LTアジが絶好調だ!軽いタックル&近場のポイントで手軽に狙えるのが人気!今ならアタリが多いので、沖釣りの醍醐味を体感するには、まさに最適!さらに、アジは食べても美味しいのも魅力だ。
東京湾の湾フグの人気船宿、金沢八景「野毛屋」は高級魚トラフグ狙いの釣り人で賑わっている。そんな「野毛屋」でフグ乗合を担当し湾フグのカリスマ船長に船上のマナー“加熱式たばこ”について聞いた。
釣りを楽しみたい女性をサポートする「つりジェンヌ」では季節ごとのイベントの参加者を募集している。
東京湾ではイシモチがず〜っと好調続き!釣り方も簡単だから誰でも手軽に楽しめる!!ポイントの水深は10m台〜20m台という浅場なので超釣りやすい。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読