MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
憧れのブランド! 激ウマな走水沖のビシアジ【東京湾・走水沖】

憧れのブランド! 激ウマな走水沖のビシアジ【東京湾・走水沖】

東京湾・走水沖は比較的シケに強いエリア。南西の強風が吹く日は、出船できるエリアが限られる。ブランドアジと言われるほど、走水沖で釣れるアジは美味しいことで知られている。走水沖は一年中美味しいアジが狙える。新鮮な美味しいアジが食べたくなったら、ここに釣りに行けばいい。

夏のアジ釣りは、状況が安定すれば、好釣果が続きやすいぞ

「幅が広い、美味しそうなアジです!」。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・走水「広川丸」。

「夏のアジ釣りは極端で、いいか悪いかのどちらかです。とくに天気が大きく崩れたあとは、状況が一変しやすいですね。それまでまったくダメだったのが急に釣れ出したり、その逆もあります。でも、この周辺はポイントがたくさんありますから、渋くても何とかお土産ぐらいは確保できると思います。また、夏はアジもサバもとても美味しい時期ですよ」。とは乗船した走水「広川丸」の広川忠義船長。
当日のポイントは走水沖。水深は浅い場所で20m台、深くても60mぐらいまで。いざ!

ビシアジ仕掛け&今回の釣行のキーポイント

前日まで降った大雨の影響で厳しい状況…。それでも、中小型主体だったがトップ20匹の釣果

「広川丸」では貸しビシも用意してある。仕掛けは船で購入可能。

付けエサはアカタンが配られる。各自アオイソメも用意しておくといい。

潮の速い場所では、潮の速さを考慮したコマセワークがカギ。

走水沖のアジはとても美味しいと評判。夏場も脂の乗りがよく抜群だ!

取材当日は、前日まで降った大雨の影響で厳しい状況。それでも水深20m台の浅場では反応があり、中小型主体だったが、トップ20匹の釣果。船長のコメントどおり、渋い日でも何とかなったのだった。
そして釣れたアジはどれも幅広で、ゲストのサバも丸々太ってパンパン。激ウマぶりも健在だ!
また春から夏にかけてはマダイ、夏から秋にかけてはタチウオもゲストで顔を出すからワクワク感が増す。次回は50㎝オーバーのジャンボブランドアジに出会えますように!

以上の記事は「つり丸」2012年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。
テクニカル系沖釣りの代表格「カワハギ」。冬場は海水温が低下し、カワハギたちはより快適な深場に集まってくる。誘わないも誘いのひとつ!?別名“エサ取り名人は”魚の活性に合わせた誘いを心がけよう!
南房エリアでコマセ五目釣り一筋の江見港「新栄丸」。周年狙えるイサキに、マダイ、ハナダイ、秋にはイナダやカンパチの青物、この時季だとアマダイ、ホウボウ等々がメインターゲット!七目も八目も期待できる。
飯岡沖のテンヤマダイが、まずまずの好調を継続。今回の取材は飯岡港「梅花丸」で12月に敢行。釣り方が合った釣り人は連発もあり、トップはキロ弱までのサイズを8枚釣り上げた。
富岡沖のカレイ釣りは、根周りカレイ釣り。つまり、カレイ五目釣りだ。富岡沖周辺は、1月2月はナメタガレイが本命。ポイントは近年手付かずのところばかり。思わぬゲスト、大釣り、大ナメタも期待!
最新記事
違和感なくエサを食わせるしなやかさと操作性と軽さを両立したアカムツ専用ロッド「アナリスター アカムツ S-230」
外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。
テクニカル系沖釣りの代表格「カワハギ」。冬場は海水温が低下し、カワハギたちはより快適な深場に集まってくる。誘わないも誘いのひとつ!?別名“エサ取り名人は”魚の活性に合わせた誘いを心がけよう!
南房エリアでコマセ五目釣り一筋の江見港「新栄丸」。周年狙えるイサキに、マダイ、ハナダイ、秋にはイナダやカンパチの青物、この時季だとアマダイ、ホウボウ等々がメインターゲット!七目も八目も期待できる。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読