MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
憧れのブランド! 激ウマな走水沖のビシアジ【東京湾・走水沖】

憧れのブランド! 激ウマな走水沖のビシアジ【東京湾・走水沖】

東京湾・走水沖は比較的シケに強いエリア。南西の強風が吹く日は、出船できるエリアが限られる。ブランドアジと言われるほど、走水沖で釣れるアジは美味しいことで知られている。走水沖は一年中美味しいアジが狙える。新鮮な美味しいアジが食べたくなったら、ここに釣りに行けばいい。

perm_media 《画像ギャラリー》憧れのブランド! 激ウマな走水沖のビシアジ【東京湾・走水沖】の画像をチェック! navigate_next

夏のアジ釣りは、状況が安定すれば、好釣果が続きやすいぞ

「幅が広い、美味しそうなアジです!」。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・走水「広川丸」。

「夏のアジ釣りは極端で、いいか悪いかのどちらかです。とくに天気が大きく崩れたあとは、状況が一変しやすいですね。それまでまったくダメだったのが急に釣れ出したり、その逆もあります。でも、この周辺はポイントがたくさんありますから、渋くても何とかお土産ぐらいは確保できると思います。また、夏はアジもサバもとても美味しい時期ですよ」。とは乗船した走水「広川丸」の広川忠義船長。
当日のポイントは走水沖。水深は浅い場所で20m台、深くても60mぐらいまで。いざ!

ビシアジ仕掛け&今回の釣行のキーポイント

前日まで降った大雨の影響で厳しい状況…。それでも、中小型主体だったがトップ20匹の釣果

「広川丸」では貸しビシも用意してある。仕掛けは船で購入可能。

付けエサはアカタンが配られる。各自アオイソメも用意しておくといい。

潮の速い場所では、潮の速さを考慮したコマセワークがカギ。

走水沖のアジはとても美味しいと評判。夏場も脂の乗りがよく抜群だ!

取材当日は、前日まで降った大雨の影響で厳しい状況。それでも水深20m台の浅場では反応があり、中小型主体だったが、トップ20匹の釣果。船長のコメントどおり、渋い日でも何とかなったのだった。
そして釣れたアジはどれも幅広で、ゲストのサバも丸々太ってパンパン。激ウマぶりも健在だ!
また春から夏にかけてはマダイ、夏から秋にかけてはタチウオもゲストで顔を出すからワクワク感が増す。次回は50㎝オーバーのジャンボブランドアジに出会えますように!

以上の記事は「つり丸」2012年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
外房・御宿沖の伝統釣法・カモシ釣りが好機!良型マダイがラッシュ中で、ヒラマサの回遊もあり!夢のある釣りを絶賛展開中だ!この機会にぜひ!
新潟県上越・直江津沖。夏のイチオシターゲットがオキメバルだ!活性が高いと良型ばかりズラズラズラリと多点掛けするのが特徴。夜は半夜で楽しむアカイカシーズンが開幕!
東京湾がいよいよ照りゴチシーズン突入!産卵後の荒食いが期待できる この時期は入門にもオススメ!とても美味なので食のほうでも楽しめる。
最新記事
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
東京湾のタイラバゲームは終盤戦に突入しているが、まだまだ入門者にもお手軽な時期だ!取材日もマダイ初挑戦という女性が見事にキャッチに成功!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル