MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
走水沖のビシアジ、秋の好シーズン突入! 良型多く美味!!【走水沖】

走水沖のビシアジ、秋の好シーズン突入! 良型多く美味!!【走水沖】

東京湾のアジのメッカである走水沖。三浦半島と房総半島に挟まれた浦賀水道に位置する。ちょうど狭まった場所にあるために、水流も速いので「走水」という名が付く。この速い水流に鍛えられた引き締まった筋肉と東京湾の豊富なエサとの相乗効果が、「走水」の代名詞ともなった「大アジ」を育てる。

当日は30㎝を超える大アジ、体高のある幅広アジ、そして、東京湾ブランドアジの金アジまでがまじって秋アジフィーバー

幅広で肉厚なのが走水沖のアジの特徴!

取材当日の中盤以降は良型が主体に掛かった。

当日はコマセをまいて、正確にタナ取りすれば、すぐにアタった!

開始直後は中小型の入れ食い!

嬉しい良型アジ。

サイズのいいアジはタモで確実に取り込もう!

コマセはイワシミンチ。

仕掛けはハリス2号の通常のビシアジ用。

船で支給される付けエサはアカタン。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・走水「政信丸」。

暑さも落ち着き、船上での釣りが心地よい季節になって来た。秋と言えば「食欲の秋」。釣りアジ&食アジともに最高の東京湾のアジが絶好の季節を迎えた。
走水港「政信丸」の廣川政信船長に話を聞くと「最近は脂のしっかり乗った大アジがコンスタントに出るようになってきたよ。連日50ちかい数は出ているからいい時期に突入だね!」とのこと。
取材日は前情報に違わぬ好調ぶり。水深40mほどの走水沖での釣りとなったが、コマセを振って底から3mの位置にビシをセットすると、5秒と開けずにガシガシッというアジの魚信。朝の最初の一投から終日アタリが途絶えることはなかった。
当日は30㎝を超える大アジ、体高のある幅広アジ、そして東京湾ブランドアジの金アジまでがまじって秋アジフィーバー。船中全員がまんべんなく釣れていた。
クーラー満タンで帰宅後は、刺身、アジのタタキ、アジフライなど、食アジも堪能。アジは釣れ過ぎた時にも困ることはなく、干物やナメロウは定番。もちろんご近所に振る舞えば、最高に喜ばれること間違いなしだ。
今なら高確率で数釣りが期待できるので、初心者の沖釣り入門としても最適だ!

以上の記事は「つり丸」2017年11月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
東京湾 剣崎沖でカワハギが秋最盛期目前!最強の戦略!エサをルアーのように動かす「横の釣り」をがまかつテスター・鶴岡克則さんが解説!
大型まじりで釣果上向き傾向!!東京湾のアマダイが絶好釣!神奈川・久比里「山天丸釣船店」で当日最大は46㎝!50㎝超もポツポツまじっている!
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
相模湾のコマセのキハダ&カツオが本格化!カツオは怒濤の食いを見せ、キハダは20~30㎏クラスがヒットする激アツモードに突入!基本を押さえて逃さずキャッチしよう!
東京湾のタチウオが絶好釣!一級ポイント、富津沖を得意とする富津港「浜新丸」では連日ドラゴン級まじり&数釣りでタチウオフリークを熱くさせている!
最新記事
東京湾 剣崎沖でカワハギが秋最盛期目前!最強の戦略!エサをルアーのように動かす「横の釣り」をがまかつテスター・鶴岡克則さんが解説!
大型まじりで釣果上向き傾向!!東京湾のアマダイが絶好釣!神奈川・久比里「山天丸釣船店」で当日最大は46㎝!50㎝超もポツポツまじっている!
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読