MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣る前に、食べる前に、ブリという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、ブリという魚を知ろう!

ブリはスズキ目アジ科ブリ属。北海道オホーツク海沿岸から九州南岸までの日本列島。朝鮮半島南岸・東岸を回遊している。

ブリ(スズキ目アジ科ブリ属)の生態

最近は春になっても脂が落ちない

北海道オホーツク海沿岸から九州南岸までの日本列島。朝鮮半島南岸・東岸を回遊している。

琉球列島をのぞく日本列島と朝鮮半島の東岸・南岸にいる魚で非常に生息域が狭い。

国内にもいるカンパチやヒラマサ、ヒレナガカンパチなどが世界中広範囲を回遊しているのとは真逆である。

ある意味日本の特産魚といってもいい。
 
旧暦の正月は新暦1月25日だった。

旧暦12月1日は新暦12月26日だ。

ブリの大型は旧暦の師走からじょじょにとれはじめ、旧正月前くらいから漁が本格化する。

相模湾、熊野灘などでブリがまとまって揚がるのは新暦3月、4月だし、山陰でも同じ時期に大漁が続く。

今年の山陰ブリは新暦2月半ばに漁が本格化し、好調だそうだ。

また太平洋の熊野灘では新暦2月末に夢の25kgが揚がったとの知らせが入った。

ブリの値段は?

少し前まではブリは1月までが高く、二月の声をきくと値下がりし始め、3月になると安くなってしまっていた。

それが近年、下がらなくなってきている。

春になっても脂が落ちないからだ。

山陰の釣り人が自分で計った9kgほどのもので、1kgあたり卸値で2000円前後している。

脂ののった山陰ブリが1尾卸値18000円もする。

ブリの釣行レポート

11月末から東伊豆のイカブリが開幕。一時は船中100本以上の釣果も報告され、食いが良いときは船中数十本の釣果もあり、3〜4㎏級のワラサが多いが8㎏級のブリも期待できる。

相模湾のマダイと青物が非常に熱い!茅ケ崎港「沖右ヱ門丸」では、越冬場に落ちた大ダイと、その場所に回遊するブリ、ワラサを狙っての乗合船で好釣果が続いている。初釣りで一発大物を釣り上げよう!

ブリの寿司…うまい!細巻きではなく中巻きというところが憎い!

『市場寿司』の店内でたかさんがうたた寝していた。

車からでっかい荷物を下ろして、「起きろ」というと、

「昼寝のじゃまをするな」

「まだ二時前でしょ。暇なの?」

「バカ言ってんじゃない」
 
洗い場に器の山ができている。千客万来の後だったようだ。

「コロナの影響ないんだね」

「ないね。なぜだろう」
 
目覚めたたかさんが洗い物をするのを見ながら、箱から土産を出す。

「何もってきたの?」
 
土産にもらった桜の枝を渡すと、素直に花瓶に活けて、ノンアルコールビールと卵焼きを出してくれる。

「春だね。でもこれ桜かな?」

「ソメイヨシノじゃないね」
 
はるばる山口から来た花がかれんで美しくて、心が春爛漫になる。

「そろそろ女房が来るけど、持って帰ろうかな。ウチでも春爛漫しよ」

「先週のまだ残っているよね」

「もうないよ」
 
今回、もっと大きいのが来たことを告げると、たかさんが腕まくりをした。

最初の小ブリ一本は島根県益田市から、今回の大ブリ一本は山口県萩市からきたものだ。
 
最初の小ブリはジギングというのだろうか、ナウイ(?)若い衆がゲットしたもの。

彼はルアーのようなものでアジを釣るのをアジングという。

それじゃー、カサゴは?
 
でもひょいと沖に出て、六キロ級が釣れるなんて、すごい。
 
それを聞いていた市場の若手釣り師が、「相模湾でもアジングだし、ブリをジギングだ」といい、さっそくゴマサバとイナダを釣ってきた。

「次はワラサを釣ってこ~い」
 
毎年、山陰沖では二月から四月にかけてブリがとれる。

釣りでも定置網でもとれすぎて困るほどだ。
 
益田市からのは沖へ数十分という近場で釣れたものだし、山口県のものは見島というマグロやヒラマサ、ブリの名釣り場で釣れたものだ。
 
翌日、ここ数年でいちばん脂がのっているという、見島ブリの刺身でやる昼酒がやたらにうまし。

口の中で脂が溶けるのを吟醸酒で流す。

「今回の方が、脂があるね」

「山口県ってどのへん?」
 
東京育ちは地理に疎い。山口県は本州の西の端で、東隣に島根県があって、萩市と益田市は隣同士と説明すると、たかさんが目を回し始める。
 
さて、益田市のものは関東で言うところのワラサ、山陰のマルゴにあたる。

今回のものは九キロあるので、間違いなくブリだろう。

「小さくて悪いね」
 
知り合いの魚屋さんが言った。
この人、休みの日には必ず沖に出るという熱狂的な釣り師だ。

入る箱がなかったので、このサイズだけど、大きいのは十五キロを超えるという。
 
たかさんがつけた握りを室温で見ていると、表面がギラギラしてくる。

明らかに脂が溶けているのだ。
 
室温で溶ける脂が舌に触れると、さらさらと完全に液体化して軽い。

なおも溶けながら甘味を発散する。食感がほどよく、すし飯と馴染み、あっけなく口のなかからなくなる。

食べたのか、消えたのかわからない。
 
二日立て続けにつけてもらって食べて感動し、翌日朝、市場の釣り名人、クマゴロウの店に行くと、
「たかさんが渡してくれって」
 
帰り着いて見たら、ブリの中巻きだった。朝ご飯を食べたばかりなのに、中巻き二本が信じられないくらいにうまい。

細巻きではなく中巻きというところがやるね、憎いね。
 
ブリは握りよりも鉄火にした方がうまいのかもしれない?
 
お昼に『市場寿司』に行ったら、夫婦仲よく店の掃除をしている。

「早終わりだから朝鉄火なんだ」

「細巻きにしときゃよかったかな」
 
じろじろ腹を、見るんじゃない!

◆協力『市場寿司 たか』
八王子市北野八王子綜合卸売センター内の寿司店。

店主の渡辺隆之さんは寿司職人歴40年近いベテラン。

ネタの評価では毎日のようにぼうずコンニャクとこのようなやりとりをしている。

本文の内容はほとんど実話です。

文責/ぼうずコンニャク
魚貝研究家、そして寿司ネタ研究家。へぼ釣り師でもある。

どんな魚も寿司ネタにして食べてみて「寿司飯と合わせたときの魚の旨さ」を研究している。

目標は1000種類の寿司を食べること。

HP『ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑』も要チェック。

以上の記事は「つり丸」2020年4月1日号の掲載記事です。

関連記事
クロサバフグはフグ目フグ科サバフグ属。北海道から九州の太平洋沿岸、東シナ海、福岡県津屋崎、瀬戸内海。台湾から南シナ海に広く生息域をもつ。
イズカサゴとは、スズキ目フサカサゴ科フサカサゴ属の大型魚。相模湾では「おにかさご」、山口県では「からこ」、「おにからこ」という。
相模湾、東京湾口などでも見つかっているが、生息域は不明な点が多い。表層でも見つかっているが、漁師さんは水深700mよりも深いところに多いという。
スズキ目メバル科ホウズキ属。青森県から熊野灘の太平洋側、高知県や鹿児島県沖に生息。アコウダイそっくりでアコウダイの生息域と重なるがやや南にいる模様。
オニヒゲは、タラ目ソコダラ科トウジン属。漢字で書くと「鬼鬚」。北海道から土佐湾の太平洋沿岸、東シナ海大陸棚斜面、九州〜パラオ海嶺、台湾に生息している。
最新記事
携行に大変便利なコンパクトライト「ネック&キャップ&ヘッドライト(UVライト付き)」
東京湾ではタイラバゲームが絶好調!ずっと水深40〜50mで釣れ続けている。今後は乗っ込み大型も期待!タイラバ専門船、羽田「TAKEMARU」のタイラバゲームを紹介する。
茨城・波崎沖の「中深場五目」。この日は、メバル各種、小型メヌケやマダラなどでスタートも、中盤から急きょ食いが活発になり2㎏クラスのメヌケが連発。予想をはるかに上回る釣果となった。
春からの釣り物として定着した東京湾のマゴチ!金沢八景の「一之瀬丸」では2月中旬から乗合をスタート!トップ20本とか、最大は67㎝とか、いきなり最盛期並みの好釣果を連発している!
良型シマアジ&イサキをメインにマダイ、カンパチ、ウメイロなどの高級魚を狙っていく宇佐美南沖の遠征五目釣りが開幕!コマセ釣りで朝イチのシマアジ~イサキ場でお土産確保~高級五目~再度シマアジを狙う!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読