MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
乗っ込み突入!大ダイ乱舞!超一級ポイント”御前崎沖オモリ”

乗っ込み突入!大ダイ乱舞!超一級ポイント”御前崎沖オモリ”

東海エリア超一級マダイ乗っ込みポイントが今期も開幕!大場所オモリを含めた広範囲を攻める!仕掛けは10mまたは15mを使い分けよう!

暖冬の影響でポイントは広範囲!理由を知ってハリスの長さを使い分けよう

東海エリア超一級マダイ乗っ込みポイントが今期も開幕!

御前崎沖周辺は駿河湾には珍しい遠浅の地形を有し、広大な岩礁帯が広がる、大変恵まれた海域だ。

そのため、昔からマダイの生息数も多く、現在にいたる。

そのなかでもこの乗っ込み期に最も話題にあがるのが、御前崎から南東沖約9マイルに位置するオモリだ。

なぜ、そんなに有名なのか。

ここは大型マダイの乗っ込みポイントとして知られ、シーズンになると記録的な大ダイがオキアミコマセ釣りで高確率であがっていたから。

その流れは現在もなお継続し、3月末ぐらいから乗っ込みシーズンに突入中だ。

しかし、昨年あたりからちょっと様子が異なってきた。

乗っ込らしい釣れっぷりが少なくなってきたのだ。

「厳寒期でも水温が高い影響ですかね。オモリも乗っ込みのマダイの集まりがにぶくなってきましたね。とはいうものの、条件があえば、爆発力はあるので、例年どおり4月からはここをメインに攻めていきます」とは、御前崎の遊漁船の老舗「博栄丸」の若船長、大澤洋輔さんの弁。

今冬は石花海のヤリイカが絶不調だったこともあり、秋から継続して近場のマダイを狙い続けていたそうだが、現在もなお、秋のように釣れ続いているという。

「マダイはいたるところにいますよ。コマセをまいて独自のポイントを作ってきたので、前半、オモリを攻めたら後半は近場をまわってマダイを釣っていく予定です」と船長が話すように夢の大ダイポイントも攻めるが調子のよい近場も同時に攻めていくという。

近場といえどもけして侮るべからず、4㎏オーバーの大ダイはむろん、なんと、良型のシマアジまで釣れている。

まさに、離島へ遠征したようなターゲットがこのマダイ釣りでお手軽に釣れる、高級魚五目釣りともいえよう。

シマアジのほか、カンパチ、イシダイ、クロダイ、メイチダイ、イサキ、ワラサなどがコンスタントにまじっている。

さらに、御前崎沖の魅力は、いわゆる近場ポイントのほか、ちょっと沖にあるカド根や東海根など有名根があること。

もちろん、これらの場所でもマダイは乗っ込むこととなる。

実績も十分であり、ポイントに隙がない、というのが御前崎沖の特徴でもあるのだ。

なにがヒットするか分からないほどさまざまな魚種豊富な御前崎沖

2つのパターンの 仕掛けを用意する

さて、オモリは乗っ込み大ダイ狙い。

近場は中型マダイ五目釣り、と理解しておこう。

オモリは、禁漁区に乗っ込む個体を狙いうちするため、昔からハリスは超ロングだ。

実際のところ、ハリス長は15〜20m1本バリが基本。

エサ取り魚をさけ、浮いたマダイを仕留めるという狙いだ。

一方、近場のマダイ五目は、ハリス長10mで2本バリ。

もともと、マダイはオモリほど浮かないし、浅場の底付近の魚を狙うので、仕掛けを長くしても意味がないという。

2本バリである理由は、エサ取り魚も多いのでエサ持ちのよさが一番の理由だ。

ハリスの太さは4号が基本。大ダイだけに狙いを定めたいなら5号の使用もオーケー。

2段テーパー仕掛けが多く使われるが、下ハリスの長さは4mを基本とする。

つまり、ハリスの全長は、上ハリスで調整すればよいということになる。

具体的には、ハリス15mなら下ハリス4m、ウエイトスイベルや、やや大きめのサルカンを介して上ハリス11m。

全長10mの場合、下ハリスは4m、上ハリスは6mということになる。

上ハリスは下ハリスより太いものがおススメ。

通常はフロロ6号を使うが、フロロ8号でもオーケーだ。

8号だと張りが強くなるので手前マツリも少なくなり、扱いやすいくなるからだ。

ハリはマダイバリ10〜11号がベター。近場を攻める場合は、マダイ9号もオーケー。

いずれも細軸ではなく強度があるハリを選択しよう。

ハリのチモトに付ける夜光ビーズやシェルビーズなどは、状況次第で使い分けよう。

つまり、エサ取り魚が多いか少ないかで付けるかどうかを決める。

近場の浅場狙いではとくにエサ取り魚が多いときがあるので、あきらかにそうであるときは、光物系はいっさい付けないようにするとよい。

逆に春特有の濁り潮などが入り、海のなかが暗くなったときは、夜光バリや夜光ビーズなどを付けてエサを目立たせるようにしよう。

いまのところ、水温が高めなので、素バリ仕掛けのほうに分があることが多い。

近場ではシマアジがまじるのが特徴。近年、シマアジの数も増加中だ。仕掛けはハリス全長10m2本バリを使用

オモリの水深は70m前後と深め ロングハリスを活用する

さて、オモリでは乗っ込みの個体を意図的に狙うため、ロングハリス使用が一般的だ。

誰もが気をつけなくてはいけないのが、マダイにできるだけ警戒心をあたえないこと。

つまり、ロングハリスである理由はここにもあり、釣り方もこれを考慮して行わなければならない。

その釣り方だが、一般的なコマセマダイとほぼ同じ。

コマセのドバまきは必要なく、マダイたちにオキアミの味を分からす程度、つまりパラパラまきでOK。

具体的には船長の指示ダナの7m下ほどまでビシをおろし、2〜3回ほどに分け軽くコマセをシャクリだして、指示ダナでアタリを待つというものだ。

仕掛けはとにかく長い。

コマセの振り出し中に仕掛けが道糸に絡まってしまう心配もあるだろう。

それを極力回避するには、コマセの振り出し前に、ハリスの潮なじみを期待して約15〜20秒ほど長めに待ってから、シャクリ動作を行うとよい。

投入時に手前マツリすることもある。この動作に自信がない人は、仕掛け巻きやペットボトルを活用するとよい。(使い方はイラスト参照)

オモリなどハリス長が15m以上のときは糸巻き(ペットボトルなど)を活用して仕掛けを投入する

最大に武器はやはり 落とし込みの誘い

高ダナ取りを行うマダイ釣りで最大の武器といえるのは、落とし込みの誘いだ。

指示ダナからの落とし込みはむろん指示ダナより3〜5m上からの行うことが有効。

船長からの「反応があるよ」のアナウンスや探見丸などに魚影が映ったらすかさずその動作を行おう。

いずれの動作はデッドスローで静かに行うのが基本である。

起伏があまりないポイントなので、魚を走らせてやり取り

さて、本命の大物がヒットしたときは、慌てることはない。

魚に一気に引っ張られたら、糸を出して対応する。

つまりドラグは緩めに設定しておき十分に走らせてから巻き上げに入る、というもの。

オモリの底は根とはいえ基本的になだらかだ。

根掛かりはほとんどないので魚を走らせることができるのだ。

その際、周りの人たちは協力しよう。

オマツリの可能性がある人は仕掛けを回収して待つ、などの対策をとる。

ある程度、底から浮上したらマダイは体内にエアを持つのでおとなしくなる。

ハリスをつかんでからもハリスのテンションを緩めないようにして手繰り、タモに魚を誘導しよう。

オモリ以外のポイントではハリス長10mで臨む

オモリではロングハリスが主流であるため、他のポイントでも同じ仕掛け、もしくは12mとか13mと長めのハリスが有効かと思われるが、それは違う。

全長は10m以内で十分であり、さらに短くてもよい状況なのだ。

「オモリ以外のポイントでは、タナの設定は秋と同じですからハリスを長くしても意味はあまりないですね。潮が速くなったりしたらロングハリスも有効でしょうけど。今期はエサ取り魚も多いですから、インターバルの短い付けエサチェックも大事です。エサがなくては本命は釣れませんからね」と船長が話すように、オモリからポイント移動したら、ロングハリスのことは頭を切り替えて、違う釣りをやるんだと思うとよい。

釣り方はオモリと同じ。
船長の指示ダナより7mほどおろし、コマセを軽くだしながらシャクリあげて、指示ダナで待つというもの。

船長が言うように、マメな付けエサチェックを行うようにしよう。

浅場はエサ取り魚が多い。

ウマヅラのほか、フグも出没中だ。

エサ取りが多いときはビーズなどのアピールアイテムは外すことを常に意識しよう。

シマアジがまじるポイントでは、意図的にコマセを多めに出すのも一手だ。

また、魚がヒットして回収したあとは、必ずハリスのチモトの傷をチェック。

指でなでて少しでもザラつきを感じたら、ハリは結び直そう。

オモリ以外でもどこにでも乗っ込みがらみの大ダイがヒットする可能性があるので。

例年とは異なるパターンとはいえども、ポテンシャルの高さは東海随一である御前崎沖。

今期の乗っ込みシーズンも存分に楽しもう!

近場ポイントはオモリに比べ浅いところが多い。4月以降も積極的に攻めていくという

2020乗っ込み開始!御前崎沖コマセマダイ釣行レポート

前崎港からはまだ薄暗い時間に集合。明るくなってから出船する

ウネリが落ち着いたシケ後の2日目以降がチャンス

食べごろ良型マダイが乱舞中!

つり丸の表紙を飾ったことがある彼は、良型を順調に釣り上げる

「表紙サイズじゃなくて残念」

近場でヒットした良型マダイ

近場でもマダイ釣りは十分すぎるほど楽しめている

浅場といえども、こんな良型が釣れるのが御前崎沖の魅力のひとつ

好調が連日継続中

このまま、乗っ込みまで続くとの予想だ。

本番は4月になってからと予想される。

納竿間際まであきらめない姿勢が大切。大ダイはラスト5分にヒットした

御前崎沖で4.1㎏の大ダイを仕留めたのは大田区の仁平さん

近場では贅沢な高級魚五目が味わえるぞ!

水深30m台の浅場でヒットしたシマアジ

シマアジは最高にうれしいお土産になる

このサイズが多いが大型も回遊中

おいしそうなイシダイがきた

4㎏のイシダイがハリス4号で浮上

地元ではアブラダイと呼ばれているメイチダイ。脂がのっていてうまいという

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・御前崎港「博栄丸」

関東周辺のマダイの乗っ込みは、西から始まるといわれている。

その最前線が御前崎沖だ。

恵まれた地形を有し、港の目前の近場から沖の根周りまでポ イントは無数。

なかでも御前崎から南東へ約9マ イルのオモリは大ダイ乗っ込みの超一級ポ イント。

コマセマダイ釣りのロングハリス釣法はここから広まっていったといっても過言ではない。
 
さて、今期はどうか。
暖冬の影響はこの周辺も例外ではなく、厳寒期も高めの水温だった。

その影響か、真冬でも近場の ポイントでは、秋のような釣れっぷりで好調が連日継続中。

このまま、乗っ込みまで続くとの予想だ。

オモリは3月半ばにようやくスタートし、乗っ込み本番は4月になってからと予想される。

「3月は近場のポ イントを順繰りとコマセをまきながら回ってました。どこにでも魚はいる状況なので、4月はオモリを攻めてから近場のポ イントを攻める予定でいます」とは、コマセマダイを得意とする老舗船宿、御前崎港「博栄丸」の若船長、大澤洋輔さん。

4月いっぱいは、オモリを加えた御前崎沖のマダイを狙い、5月よ り金洲のマダイ五目というのが例年「博栄丸」が行う釣行パターン。
 
近年の乗っ込みシーズンは近場もプチ遠征も関係なく大ダイが釣れている御前崎沖。

釣果情報に惑わされることなく積極的にチャレンジすることが、自己記録更新サイズを手にする近道だ。

以上の記事は「つり丸」2020年4月15日号の掲載記事です。

関連記事
黒潮の使者、カツオ・キハダは6月中旬頃から相模湾に回遊!カツオは2〜3㎏級!20㎏以上のキハダも多く、生きイワシエサはヒット率が抜群!
初夏の大原沖では、イサキの数釣りとシマアジの強烈な引き&最高の食味、両方が味わえる絶品リレーがオススメ!また、大原沖の根回りは魚種が豊富!高級魚五目でクーラーを満タンに!
房総半島・洲崎沖&勝浦沖の浅場根魚!エサは違えど道具&釣り方の基本は同じ!ビッグな根魚が待ってるヨ!!浅場根周りは大型根魚パラダイスだ!
完全に乗っ込み!コンスタントに大型が上がっている剣崎沖のマダイ。剣崎間口港の仕立船「孫武丸」では、出船の度に3~5㎏前後の大型を上げている。剣崎沖から目が離せない!
アジ釣りのメッカ走水漁港。プラチナ色に輝く、大きく肉厚で体高なアジが釣れる。食べて美味しく、釣って楽しいビシアジ。「関義丸」の半日船は、ビギナーやファミリーにもオススメだ!
最新記事
黒潮の使者、カツオ・キハダは6月中旬頃から相模湾に回遊!カツオは2〜3㎏級!20㎏以上のキハダも多く、生きイワシエサはヒット率が抜群!
暑さ吹き飛ぶ驚異の日焼け対策冷感ウエア「氷瀑ロングスリーブシャツMQ-01」「氷瀑タイツMQ-01」
初夏の大原沖では、イサキの数釣りとシマアジの強烈な引き&最高の食味、両方が味わえる絶品リレーがオススメ!また、大原沖の根回りは魚種が豊富!高級魚五目でクーラーを満タンに!
各種リールの糸回収を電動ドリルを使う便利品「ラインリムーバー電動ドリル用ビット」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読