MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
この春はスルメ束釣り&パラソル級ヤリイカ両狙い!相模湾東部

この春はスルメ束釣り&パラソル級ヤリイカ両狙い!相模湾東部

この春、相模湾東部はスルメとヤリの両狙い!どちらのイカがよく乗るかは釣ってみないとわからない!スルメは束釣りを記録することも!!仕掛けはスルメイカ用とヤリイカ用の両方を持参しよう。

どちらのイカが釣れるかは行ってみないとわからない!スルメとヤリの準備が必要!

3月中旬の時点ではスルメが数乗っている

相模湾東部では、2月の後半ぐらいからスルメイカが数乗り始めている。

好調に乗ってるのは洲崎沖。

水深は150~230mぐらい。
いい日にはトップ40杯以上を記録することもあり、束釣りを記録する船もあった。

今回取材した長井漆山港「春盛丸」では、3月3日にスルメイカを4~42杯、3月10日には39~106杯を記録している。

スルメイカの好調が続いているが、ヤリイカもまじっている。

まじる割合は日によるが、多い時には3割ぐらい。

この時期のヤリイカはパラソル級の大型ばかりだ。

スルメイカメインでヤリイカがまじる状況なので、仕掛けはスルメイカ用とヤリイカ用の両方を持参しよう。

取材当日にはヤリイカがよく乗る時間帯があったので、そんな時にはヤリイカ用の仕掛けに替えるといいだろう。

タックルはイカ竿に電動リールの組み合わせ

竿はオモリ150 号に対応したイカ用。アタリがあったらアワせて掛ける釣りが主流になりつつある

この時期、「春盛丸」で使用するオモリは150号。

そのため、竿は150号のオモリに対応したイカ竿を用意しよう。

ビギナーほど高感度穂先を搭載した竿を使うのがオススメだ。

スルメイカの割合が多く、ヤリイカは大型が多いので、アタリはわかりやすいが、二枚潮のときなどはアタリがわかりづらくなるからだ。

リールは小型電動。
スルメの多点掛けに備えて巻き上げ力が強いパワフルなモデルを使おう。

道糸はPEラインの4号前後。
リールには300~400m巻いてあれば安心だ。

仕掛けはスルメ用とヤリ用を用意しよう!

前述しているように、スルメイカメインでヤリイカがまじる状況が続いている。

そのため仕掛けは、スルメイカ用とヤリイカ用の両方を持参しよう。

スルメイカ仕掛けはプラヅノ14~18㎝で組んだ直結式かブランコ式。

直結式は幹糸8~12号、幹間は1.5mぐらい。
ツノ数は10本前後。

ブランコ式は枝ス5~6号、5~15㎝。
幹糸6~8号、幹間は1.2~1.3m。ツノ数は5~8本。

慣れた人は直結式で多点掛けを狙おう。

ビギナーはブランコ式で乗せたイカを確実に取り込もう。

ただしサバが邪魔するときは、ブランコ式では釣りにならないときがあるので、直結仕掛けは必ず用意しておきたい。

ヤリイカ用はプラヅノ11~14㎝で組んだ直結式かブランコ式。

しかし、この時期乗るヤリイカは大型が多いのでプラヅノ14㎝でOK。

プラヅノ14㎝で組んだスルメイカ仕掛けをそのまま流用すればいい。

プラヅノ11㎝で組んだ仕掛けは、ヤリイカばかり乗るようなときに使うといいだろう。

上のイラストで示したのは、タックルのセッティング例。

プラヅノを投入器に入れる場合、直結仕掛けとブランコ仕掛けでは向きが変わるので注意すること。

ビギナーによくあるのが、直結仕掛けの場合にプラヅノのカンナを下にして投入器に入れてしまうこと。

これだとカンナが投入器に引っ掛かって、出にくくなってしまう。

「春盛丸」の船宿仕掛け。プラヅノ14㎝をメインに使ったブランコ式

常連さんの14㎝プラヅノで組んだ直結仕掛け

海底だけでなく 中層を狙うことも!

スルメイカは海底だけでなく、海底から浮いていることも珍しくない。

また春のヤリイカも浮くことがある。

取材当日は「春盛丸」の沼田孝章船長から「底付近を狙ってください」という指示のほかに、「160~180mぐらい」や「160m前後」というタナの指示もでた。

海底付近を狙う場合の釣り方を示したのが下のイラストだ。

仕掛けの着底直後は、イカが乗りやすいタイミング。

着底したら糸フケを取って、アタっているかを確認。アタっていればアワせて掛けよう。

着底時にアタリがなければ、オモリを少し浮かせて、竿でシャクるなどして誘う。

アタればアワせて掛けること。

2、3回誘ってアタリがなければ、50mぐらい仕掛けを巻いて再度着底させる。

この動作で、仕掛けを違う場所に落とすのだ。

「160~180mぐらい」という指示の釣り方を示したのが下のイラスト。

この釣り方は、「春盛丸」で仲乗りを務める横山智也さんに教えてもらった釣法だ。

指示ダナの上限ちかくまで仕掛けが落下したら、リールのスプールをサミングしながらゆっくり落としていく。

イカの触りがあったらアワせて掛けていく。

一番上のツノが指示ダナの下限にくるまで落としたら、今度は誘い上げて指示ダナの範囲を探っていく。

誘い上げていく間にアタったら、アワせて掛けていく。

相模湾東部 スルメ&ヤリイカ釣行レポート

スルメがよく乗っているのは洲崎沖!当日は水深150 〜230 mを狙った!

朝イチに2杯掛け

仲乗りの横山智也さんは、ちょこっと竿を出してこのとおり

ご夫婦でスルメイカをゲット

嬉しい一荷!

3月中旬の時点では、相模湾東部でスルメイカが数釣れている

取材当日はスルメの割合が多かった

釣れたスルメイカは船上干しにして持ち帰る人が多い

ヤリイカもまじっている。この時期のヤリイカは大型主体

日によってはヤリイカが多いこともある

この時期にのるヤリイカは大型ばかり

こちらも大型ヤリイカ

仕掛けはスルメ用とヤリ用を準備しておくことが必要だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・長井漆山「春盛丸」

相模湾東部の洲崎沖では3月中旬の時点でスルメイカが数釣れており、スルメイカメインにヤリイカがまじる展開が続いている。

長井漆山港「春盛丸」は、3月10日にスルメイカ39〜106杯という好釣果を記録している。

「ヤリイカは、そろそろ終盤です。これからはスルメが良くなって、近場ではムギイカが期待できる時期です」と話すのは「春盛丸」の沼田孝章船長。
 
スルメイカとヤリイカのどちらが多く釣れるかは、行ってみないとわからないので、仕掛けはスルメ用とヤリ用を準備しておくことが必要だ。

この状況で沼田船長がススメているのは、プラヅノ14㎝で組んだ仕掛け。

今の時期釣れているヤリイカは大型が多いので、これならスルメイカにもヤリイカにも対応できる。
 
この春はスルメイカの数釣りと大型ヤリイカを釣ってストレスを発散しよう!

以上の記事は「つり丸」2020年4月15日号の掲載記事です。

関連記事
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。
カモシ釣りの有名ポイント、外房御宿沖三本松にヒラマサ回遊中!カモシヒラマサ入門には最適期だ!他には1.5~3㎏級の乗っ込みマダイも釣れている!
川崎「つり幸」さんで、東京湾の夜カサゴ釣りに挑戦!キャストして探るとアタリが頻発!仕掛けもタックルもライトなので、今回釣れた15~20㎝の個体でも十分な引きを感じることができました。
東伊豆・稲取沖のアカムツは1.5㎏がアベレージ! 狙いは金看板「稲取サイズ」!アカムツ好釣の「安貞丸」で出船だ!
最新記事
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。
カモシ釣りの有名ポイント、外房御宿沖三本松にヒラマサ回遊中!カモシヒラマサ入門には最適期だ!他には1.5~3㎏級の乗っ込みマダイも釣れている!
川崎「つり幸」さんで、東京湾の夜カサゴ釣りに挑戦!キャストして探るとアタリが頻発!仕掛けもタックルもライトなので、今回釣れた15~20㎝の個体でも十分な引きを感じることができました。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読