MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
浅場で数釣り絶好調!お手軽&簡単!東京湾 本牧沖 イシモチ!

浅場で数釣り絶好調!お手軽&簡単!東京湾 本牧沖 イシモチ!

東京湾ではイシモチがず〜っと好調続き!釣り方も簡単だから誰でも手軽に楽しめる!!ポイントの水深は10m台〜20m台という浅場なので超釣りやすい。

今シーズンは好調続き!数釣りを楽しむならコレ! ビギナーにもオススメ!!

本牧沖でずっと釣れ続いている

今シーズンのイシモチは本牧沖で釣れ続いている

東京湾のイシモチは例年夏場はシーズンオフになり、初秋にシーズン再開となる。

今シーズンは昨年の9月頃から開幕し、今もなおシーズン中であるが、本牧沖でずっと釣れているのだ。

「今シーズンは昨年開幕した時から、ずっとこの場所(本牧沖)で釣れていますね。ほかの場所を狙ったのは、まだ数回だけです」と話すのは、今回取材した金沢八景「黒川丸」の黒川欣也船長。

本牧沖のポイントは水深10m台~20m台。厳寒期でも深場に落ちず、この浅場で釣れていたのだ。

「黒川丸」はショート船(7時45分出船、13時30分帰港)での出船が多く、釣果はコンスタントにトップ60匹以上を記録している。

いいにはトップ90匹以上や束釣りもある。

浅場で釣りやすく、数釣れているのでビギナーやファミリーにもオススメだ。

ライトタックルで狙える!

タックルはライトタックルで狙える。

使用オモリは30号なので、30号オモリに対応した7対3~6対4調子の竿がオススメ。

ライト用ロッドやゲームロッドを使う人が多い。

リールは手巻きの小型両軸、または小型電動のどちらでもOK。

前述したように、今シーズンは本牧沖の浅場で釣れ続いているので、手巻きリールでも仕掛けの上げ下げは苦にならないだろう。

道糸はPEラインの1~2号。

リールに150mも巻いてあれば十分だ。

仕掛けは胴付きの2~3本バリ

仕掛けは、胴付き仕掛けを使う。
下の写真が「黒川丸」で販売している船宿仕掛けだ。

ハリ数は2本。
ハリはネムリセイゴの12号。

幹糸は3号、枝スは2号。
上バリの枝スは20㎝、下バリの枝スは30㎝の長さになっている。

仕掛けを自作する人は、これを参考にするといいだろう。

仕掛けを自作する場合、ハリはネムリセイゴのほかに丸セイゴでもOK。

枝スを出す部分は直結にするほか、接続ビーズなどを介するパターンもある。

接続ビーズを介した方が、仕掛けにヨレがかかりにくい。

船宿仕掛けはとてもシンプルな仕様だが、チモトにビーズ類や夜光玉等を付けてもいい。

アクセサリー類はいろいろ試してみよう。

船宿仕掛けのハリ数は2本だが、3本バリでもOK。

慣れないビギナーは2本バリがオススメ。

絡むなどのトラブルが少なく快適に釣りができるだろう。

3本バリは慣れた人向き。
ハリ数が多いことで、2本バリよりもタナを幅広く探ることができるのが利点。

状況次第ではイシモチは海底から数m浮くこともあるので、そんなときは3本バリ仕掛けが有効だ。

またハリ数が多い仕掛けは、追い食いもさせやすい。

食いがたっているときは3本バリ仕掛けを使うと、2本バリよりもダブルで掛かりやすくトリプルもあるだろう。

「黒川丸」で用意してくれる付けエサはアオイソメ。

イシモチ釣りでは定番のエサだ。

付け方は下のイラストのとおり。アオイソメ1匹のチョン掛けが基本だ。

イシモチを釣り上げていくうちに、エサがカジられたり、切られたりする。

その場合は、ハリにアオイソメをもう1匹付け足してもOKだ。

ただし、何匹も付け足すなどして房掛けにすると、アタったときにハリ掛かりが悪くなるので注意しよう。

「黒川丸」の船宿仕掛け。胴付き2〜3本バリ

アオイソメは1匹のチョン掛けが基本

オモリを海底付近にキープしてアタリを待つ

基本の釣り方を示したのが上のイラスト。

釣り方はいたって簡単だ。

仕掛けを投入したら、まずはオモリを着底させる。

着底したら即座に糸フケを取り、船の揺れでオモリが海底に着くか着かないかの位置をキープしてアタリを待つ。

アタリは竿先がブルブルとはっきり揺れるのでわかるだろう。

アタったら、そのまま待っていると向こうアワセで勝手に掛かる。

頃合いをみて竿を立ててハリ掛かりを確認したら、リールを巻いてやり取りする。

アタったときに即アワセをすると、スッポ抜けやすいので注意すること。

美味しく食べるために、イシモチが釣れたら、すぐに血抜きをすること。

血抜きの方法は下のイラストのとおり。エラの付け根付近を切ってからめくって、赤い玉(おそらく心臓)の部分をハサミで切る。

そして海水を入れたバケツにしばらく入れて血を出す。

ある程度血が出たら、海水氷を入れたクーラーに入れて持ち帰る。

ビギナーにもオススメ!!東京湾 本牧沖イシモチ釣行レポート

当日は本牧沖の水深20m台を狙った

好調に数釣りが継続している東京湾のイシモチ

引きも楽しい!

30㎝を超える良型も多い

友人とダブルヒット

食いがいいときは、一荷連発もある!

嬉しい一荷!

きれいな銀色の魚体がイシモチの特徴

一荷だ!

慣れた人は一荷で食わせていった

ポイントの水深は10m台〜20m台という浅場

数釣れているのでビギナーやファミリーにもオススメだ。

良型のアナゴがまじった

美味しく食べるためには、釣れたらすぐに血抜きをしよう!わからなければ、黒川船長が血抜きの方法を教えてくれる

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「黒川丸」

東京湾ではイシモチの好調が続いている。

「今シーズンは昨年開幕した時から、ずっとこの場所(本牧沖)で釣れていますね。ほかの場所を狙ったのは、まだ数回だけです」と話すのは、今回取材した金沢八景「黒川丸」の黒川欣也船長。
 
東京湾のイシモチは例年夏場はシーズンオフで、初秋頃にシーズン再開となる。今シーズンは昨年の9月頃から開幕し、それ以来ずっと本牧沖で釣れているのだ。

しかもポイントの水深は10m台〜20m台という浅場なので釣りやすい。

「黒川丸」はショート船(7時45分出船、13時30分帰港)での出船が多く、釣果はコンスタントにトップ60匹以上を記録している。

いいにはトップ90匹以上や束釣りもある。

浅場で釣りやすく、数釣れているので、ストレス発散にはもってこいのターゲットだ!

以上の記事は「つり丸」2020年4月15日号の掲載記事です。

関連記事
南房洲崎沖は岩礁帯が多く、根魚の魚影が濃い!洲崎港「北山丸」はカサゴのサイズが魅力。25㎝は当たり前、30㎝クラスの超大型が連発!また、マハタやアカハタなど、まじりも多彩で、根魚五目が楽しめる。
ズシーンッ!と訪れる引きが魅力のスルメイカ釣り!暑くなるといよいよ本番!魅力はズラズラと連なる多点掛け!しっかりと準備をして、楽しんでいただきたい!
黒潮の使者、カツオ・キハダは6月中旬頃から相模湾に回遊!カツオは2〜3㎏級!20㎏以上のキハダも多く、生きイワシエサはヒット率が抜群!
初夏の大原沖では、イサキの数釣りとシマアジの強烈な引き&最高の食味、両方が味わえる絶品リレーがオススメ!また、大原沖の根回りは魚種が豊富!高級魚五目でクーラーを満タンに!
房総半島・洲崎沖&勝浦沖の浅場根魚!エサは違えど道具&釣り方の基本は同じ!ビッグな根魚が待ってるヨ!!浅場根周りは大型根魚パラダイスだ!
最新記事
南房洲崎沖は岩礁帯が多く、根魚の魚影が濃い!洲崎港「北山丸」はカサゴのサイズが魅力。25㎝は当たり前、30㎝クラスの超大型が連発!また、マハタやアカハタなど、まじりも多彩で、根魚五目が楽しめる。
最軽量のトランク型クーラーがさらに軽量化し使いやすくなって登場!「ライトトランクα」ZSS/SU/GU/S 3200・2400
小物釣りの代表シロギスと、そのゲストでこちらも美味なメゴチを天ぷら用にさばく方法!釣りたてホクホクのシロギス&メゴチ天を作ってみよう!
人気の中深海スロー系ジギング。焼津市アングラーズショップ「アクア」のキンメ仕立て船に同船。キンメはナンヨウキンメもまじえ,、全員がキャッチに成功!2㎏クラスも登場!大盛り上がりの釣行となった。
ズシーンッ!と訪れる引きが魅力のスルメイカ釣り!暑くなるといよいよ本番!魅力はズラズラと連なる多点掛け!しっかりと準備をして、楽しんでいただきたい!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読