MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大型シーズン突入! 狙いは大ダイ! 鹿島沖のテンヤゲーム【鹿島沖】

大型シーズン突入! 狙いは大ダイ! 鹿島沖のテンヤゲーム【鹿島沖】

鹿島沖のテンヤゲームは秋の好シーズンに入っている。例年、中小型の数釣りを楽しみながら、時折デカイのがドカーンとくるのがこのシーズンの特徴だ。

水色、潮の流れ共よく開始からキロ前後のマダイが取り込まれた。最大は船長が釣った2.7㎏、少しずつ上向いている感触だ

この日、最大は久保聡志船長があげた2.7kg。「今年の状況はなかなか読みづらいけど、良型も出てきましたよ」。

ヒラメのアタリも活発で大型も出た。

巻き上げ中にはカンパチも。

カサゴ、アイナメなども。

エサは頭が取れにくいしかっかりしたものを用意してくれる。

通常は1匹掛け。

小型エビは親孫にそれぞれ1匹付けてもいい

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島新港「第五悌栄丸」。

「今年は、突然スイッチが入って大型ばかり釣れたりしますが、いつ釣れるのかが読みづらいですね。例年、大ダイが出る時期ですが、全体的に遅れ気味です」とは鹿島新港「第五悌栄丸」の若船長、久保聡志さんだ。
この日は、水色、潮の流れともよく開始からキロ前後のマダイが取り込まれた。最大は船長が釣った2.7㎏だったが、少しずつ上向いている感触だ。
「去年の今頃は5㎏級がバンバン出ていました。今年もそんな大ダイラッシュが期待できると思います」
「第五悌栄丸」はテンヤマダイに並々ならぬ情熱を傾ける船宿である。秋シーズンだけでなく、周りがヒラメを始める冬シーズンも出船するという。テンヤファンは今後の動向に要注目だ。

以上の記事は「つり丸」2017年11月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
相模湾のコマセのキハダ&カツオが本格化!カツオは怒濤の食いを見せ、キハダは20~30㎏クラスがヒットする激アツモードに突入!基本を押さえて逃さずキャッチしよう!
東京湾のタチウオが絶好釣!一級ポイント、富津沖を得意とする富津港「浜新丸」では連日ドラゴン級まじり&数釣りでタチウオフリークを熱くさせている!
飯岡沖ではまるでハイシーズンのような大型ラッシュが続いている!飯岡港「幸丸」では4㎏、5㎏の大ダイは当たり前。なんと7㎏!のモンスターサイズも飛び出した!
外房 片貝沖は例年より一ヵ月早い解禁!片貝旧港の「勇幸丸」では7月8月と安定釣果を継続しており、連日大型まじりの数釣りを楽しむ多くのヒラメファンで賑わっている!
最新記事
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
最新のリアルオキアミ大型バケを採用したキハダ仕掛け「最強キハダRО仕掛GK1」
相模湾のコマセのキハダ&カツオが本格化!カツオは怒濤の食いを見せ、キハダは20~30㎏クラスがヒットする激アツモードに突入!基本を押さえて逃さずキャッチしよう!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読