MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大型シーズン突入! 狙いは大ダイ! 鹿島沖のテンヤゲーム【鹿島沖】

大型シーズン突入! 狙いは大ダイ! 鹿島沖のテンヤゲーム【鹿島沖】

鹿島沖のテンヤゲームは秋の好シーズンに入っている。例年、中小型の数釣りを楽しみながら、時折デカイのがドカーンとくるのがこのシーズンの特徴だ。

水色、潮の流れ共よく開始からキロ前後のマダイが取り込まれた。最大は船長が釣った2.7㎏、少しずつ上向いている感触だ

この日、最大は久保聡志船長があげた2.7kg。「今年の状況はなかなか読みづらいけど、良型も出てきましたよ」。

ヒラメのアタリも活発で大型も出た。

巻き上げ中にはカンパチも。

カサゴ、アイナメなども。

エサは頭が取れにくいしかっかりしたものを用意してくれる。

通常は1匹掛け。

小型エビは親孫にそれぞれ1匹付けてもいい

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島新港「第五悌栄丸」。

「今年は、突然スイッチが入って大型ばかり釣れたりしますが、いつ釣れるのかが読みづらいですね。例年、大ダイが出る時期ですが、全体的に遅れ気味です」とは鹿島新港「第五悌栄丸」の若船長、久保聡志さんだ。
この日は、水色、潮の流れともよく開始からキロ前後のマダイが取り込まれた。最大は船長が釣った2.7㎏だったが、少しずつ上向いている感触だ。
「去年の今頃は5㎏級がバンバン出ていました。今年もそんな大ダイラッシュが期待できると思います」
「第五悌栄丸」はテンヤマダイに並々ならぬ情熱を傾ける船宿である。秋シーズンだけでなく、周りがヒラメを始める冬シーズンも出船するという。テンヤファンは今後の動向に要注目だ。

以上の記事は「つり丸」2017年11月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。
カモシ釣りの有名ポイント、外房御宿沖三本松にヒラマサ回遊中!カモシヒラマサ入門には最適期だ!他には1.5~3㎏級の乗っ込みマダイも釣れている!
川崎「つり幸」さんで、東京湾の夜カサゴ釣りに挑戦!キャストして探るとアタリが頻発!仕掛けもタックルもライトなので、今回釣れた15~20㎝の個体でも十分な引きを感じることができました。
東伊豆・稲取沖のアカムツは1.5㎏がアベレージ! 狙いは金看板「稲取サイズ」!アカムツ好釣の「安貞丸」で出船だ!
最新記事
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。
カモシ釣りの有名ポイント、外房御宿沖三本松にヒラマサ回遊中!カモシヒラマサ入門には最適期だ!他には1.5~3㎏級の乗っ込みマダイも釣れている!
川崎「つり幸」さんで、東京湾の夜カサゴ釣りに挑戦!キャストして探るとアタリが頻発!仕掛けもタックルもライトなので、今回釣れた15~20㎝の個体でも十分な引きを感じることができました。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読