MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
スキッディングで日本海を攻める!【新潟中越・柏崎沖】

スキッディングで日本海を攻める!【新潟中越・柏崎沖】

「今日は青物メインのポイントと、メダイ、メバルなどをメインターゲットにした120mラインでの釣りをやってみましょうか」。言葉の主は新潟県、柏崎港を拠点とする「アシストクラブ 金進丸」。秋山進一船長自らが考案した「スキッディング」をメインパターンに多彩なゲームを楽しませてくれるのが特徴の船だ。

メダイ、オキメバルに加え、アラ、カレイなどが狙えるぞ

うまくスポットに入れば、底物の連続ヒットも堪能できる。

中深海のメインターゲットのひとつ、オキメバル。

青物のなかでは最も遭遇確率大、のワラサ。

ポロッと出たタチウオ。秋はコイツもあり、だ。

良型のキジハタ登場!

イシナギの幼魚がヒット。

この日は凪ぎに恵まれた。しかし、これからは少しずつ荒れる日も増えてくる。

水面に気配があればすかさずキャスト! おそらくシイラの群れと思われたがヒットなし。

独自釣法、スキッディングをマスターしているアングラーも多い。基本はフォールで食わせるテクニックだ。

相手はワラサかヒラマサか? カンパチの可能性もあり。

リアにフックをパラレルに2本。これがスキッディングでの基本セッティング。

スキッディングでは専用ジグ、スイッチバック、スキッドジグを使用する。

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・柏崎港「アシストクラブ 金進丸」。

取材日は120mラインからスタート。メダイ、オキメバルに加え、アラ、カレイなどが狙える、という。前週にキャッチされたアラは日本記録申請中とのことだったので、期待に胸が膨らんだ。しかし、ここでは潮が流れず。残念ながらオキメバル数匹のみで、ほぼ不発!
気を取り直しで青物&底物を中心としたポイントへと移動。ここでも期待したほどのヒットは得られなかったが、そこは柏崎沖。ワラサはもちろん、イシナギ、ウッカリカサゴ、キジハタなど、さまざまな魚たちが登場。スキッディングの威力を十分に確認できた。
「秋の柏崎沖では多彩なターゲットを楽しめるのが魅力です。好き嫌いはあるかも知れませんが、先入観なく楽しんでもらえたら、と思います」と秋山船長。
少々タックルが増えるかも知れないが、ぜひとも! の挑戦をおすすめしたい。

以上の記事は「つり丸」2017年11月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
春の定番釣り物として定着したホウボウのジギングゲーム。テクニカルで超おもしろい!誘い方やジグによって、大きく釣果に差が出てしまうからだ。ただシャクるだけではダメ!ベイトや活性に合わせて攻略しよう!
関東が誇る人気ヒラマサフィールドの外房沖。ヒラマサに照準を絞り、こだわりを持って通い続けるアングラーも多いが、冬から春先のワラサメインの時期も魅力。今回はワラサにスポットを当て外房沖の攻略法を紹介!
房屈指の大ダイ場・勝浦沖で「専門店」の看板を掲げるのが、川津「とみ丸」。「専用タックル+探検丸CV&タイラバも無料レンタルで完全サポート!ぜひ当地のタイラバに挑戦してみよう。
オフショアルアーゲームのなかで、最もライトな釣りに入るメバル・カサゴゲーム。水温上昇に転じれば、バチ抜けも活発になり、メバルの活性も一気に上向く。ここでは「アイランドクルーズFC」の釣りを紹介する。
多彩なルアーゲームを展開する船橋港の「フレンドシップ」はタイラバゲームを得意とする船のひとつ。魅了されるアングラーも数多いタイラバゲームを紹介する。
最新記事
人気の餌木タコ専用ワイドベイトキャスティングリール「エランワイド パワー オクトパス P-LIMITED」
東京湾LTアジが絶好調だ!軽いタックル&近場のポイントで手軽に狙えるのが人気!今ならアタリが多いので、沖釣りの醍醐味を体感するには、まさに最適!さらに、アジは食べても美味しいのも魅力だ。
東京湾の湾フグの人気船宿、金沢八景「野毛屋」は高級魚トラフグ狙いの釣り人で賑わっている。そんな「野毛屋」でフグ乗合を担当し湾フグのカリスマ船長に船上のマナー“加熱式たばこ”について聞いた。
釣りを楽しみたい女性をサポートする「つりジェンヌ」では季節ごとのイベントの参加者を募集している。
東京湾ではイシモチがず〜っと好調続き!釣り方も簡単だから誰でも手軽に楽しめる!!ポイントの水深は10m台〜20m台という浅場なので超釣りやすい。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読