MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
みんなでワイワイ、秋の青物ゲームを楽しもう!【外房・川津沖】

みんなでワイワイ、秋の青物ゲームを楽しもう!【外房・川津沖】

9月下旬の大雨の影響で、沿岸部には濁った潮が…。「前日よりもさらに濁って、しかも水温まで下がってしまいました…」とは「不動丸」吉清船長。取材日はジギングで攻略し、この潮の中でショゴ(カンパチの若魚)やイナダが連続ヒットしたぞ。

ジギング初挑戦のアングラーが数名乗船。激渋状況ながらもワカシ・イナダやカンパチの若魚が顔を出し、船上は活気づいた

ジギング大好きサンヨーナイロンの大澤康広さんはショゴ。良型のヒラマサかワラサと思しき強烈なヒットもあったものの…。

9月下旬の大雨の影響で、沿岸部には濁った潮が…。「前日よりもさらに濁って、しかも水温まで下がってしまいました…」とは「不動丸」吉清船長。取材日はジギングで攻略し、この潮の中でショゴ(カンパチの若魚)やイナダが連続ヒットした。

少し沖には澄んだ潮が。ここではソウダガツオやシイラなど、黒潮系の回遊魚がヒットした。この沖の潮が出たり入ったりしていて、状況が安定しないのだという…。黒潮大蛇行の影響?

イナダやカンパチは群れで回遊していることが多い。周囲でバタバタとヒットしているときはチャンスだ。

サイズが大きいので引きはワラサのほうが強いが、味はイナダのほうが勝るという人も多い。

秋は対象魚が多いのも大きな魅力。ショゴやソウダガツオ、状況によってはワフー(カマスサワラ)やハガツオなどがヒットすることも。

大澤さんのジギングタックル。外房ではスピニックタックルが使いやすい。その他キャスティングタックルも持参しておきたい。

ラインはPE3号、リーダーは60Lbを使用。ジグは100〜200gと幅広く用意しよう。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・川津港「不動丸」。

外房の青物ルアーゲームというと、「本当はチャレンジしてみたいけど、ちょっと敷居が高そう…」というイメージを持つ人が多いようだ。
「釣り具店で聞いた話ですが、そのように話す人が多いそうです。その点、ウチはまだルアー船は始めたばかりですので初心者の方も大歓迎です。実際、電動リールにエサ釣り用の竿でジギングを楽しむ方も多いんですよ。まずはチャレンジしてみてください」と話すのは、川津港「不動丸」の吉清晃朗船長。
取材日は「ジギング初挑戦なんです!」というアングラーが数名乗船。激渋状況ながら、それでもワカシ・イナダやカンパチの若魚が顔を出し、船上は活気づいた。しかも、そんなサイズといえども、そこは青物。小気味よく鋭い引きでアングラーを楽しませてくれ、みな「本当に楽しかったです。チャレンジして良かったです。また必ず来ます!」と帰って行った。
外房の青物はこれからが本格シーズン。とくに秋は外房2大シーズンのひとつとされる。案ずるより産むがやすし。ルアーゲームを始めるなら、今がチャンスだ。

以上の記事は「つり丸」2017年11月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームが絶好期! 爆釣とまではいかないが安定感があるので、楽しめる!
更新: 2019-03-17 12:00:00
東京湾・海ほたる、風の塔周辺はジビングの定番ポイント。この周辺で数も出て、型もまじって好調な釣果とのこと。4月いっぱいまで楽しめるシーバス!ナイトシーバスもあり、昼夜問わずに楽しんでいただきたい。
更新: 2019-03-09 07:00:00
東京湾のライトな好敵手がメバル&カサゴ。横浜新山下を拠点にルアーゲームを提案してくれるのが「アイランドクルーズFC」。ここではチャーターはもちろん、メバカサ乗合と称して、気軽に利用できる体制でも出撃。
更新: 2019-03-06 12:00:00
最新記事
数釣りが楽しいターゲットといえば、イサキはハズせない。南房エリアのイサキの型は22~35㎝前後。25~30㎝級中心に、いわゆる「南房サイズ」の35㎝オーバーの大型もまじって釣れている。多点掛け連発を楽しもう!
更新: 2019-03-24 12:00:00
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読