MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
みんなでワイワイ、秋の青物ゲームを楽しもう!【外房・川津沖】

みんなでワイワイ、秋の青物ゲームを楽しもう!【外房・川津沖】

9月下旬の大雨の影響で、沿岸部には濁った潮が…。「前日よりもさらに濁って、しかも水温まで下がってしまいました…」とは「不動丸」吉清船長。取材日はジギングで攻略し、この潮の中でショゴ(カンパチの若魚)やイナダが連続ヒットしたぞ。

ジギング初挑戦のアングラーが数名乗船。激渋状況ながらもワカシ・イナダやカンパチの若魚が顔を出し、船上は活気づいた

ジギング大好きサンヨーナイロンの大澤康広さんはショゴ。良型のヒラマサかワラサと思しき強烈なヒットもあったものの…。

9月下旬の大雨の影響で、沿岸部には濁った潮が…。「前日よりもさらに濁って、しかも水温まで下がってしまいました…」とは「不動丸」吉清船長。取材日はジギングで攻略し、この潮の中でショゴ(カンパチの若魚)やイナダが連続ヒットした。

少し沖には澄んだ潮が。ここではソウダガツオやシイラなど、黒潮系の回遊魚がヒットした。この沖の潮が出たり入ったりしていて、状況が安定しないのだという…。黒潮大蛇行の影響?

イナダやカンパチは群れで回遊していることが多い。周囲でバタバタとヒットしているときはチャンスだ。

サイズが大きいので引きはワラサのほうが強いが、味はイナダのほうが勝るという人も多い。

秋は対象魚が多いのも大きな魅力。ショゴやソウダガツオ、状況によってはワフー(カマスサワラ)やハガツオなどがヒットすることも。

大澤さんのジギングタックル。外房ではスピニックタックルが使いやすい。その他キャスティングタックルも持参しておきたい。

ラインはPE3号、リーダーは60Lbを使用。ジグは100〜200gと幅広く用意しよう。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・川津港「不動丸」。

外房の青物ルアーゲームというと、「本当はチャレンジしてみたいけど、ちょっと敷居が高そう…」というイメージを持つ人が多いようだ。
「釣り具店で聞いた話ですが、そのように話す人が多いそうです。その点、ウチはまだルアー船は始めたばかりですので初心者の方も大歓迎です。実際、電動リールにエサ釣り用の竿でジギングを楽しむ方も多いんですよ。まずはチャレンジしてみてください」と話すのは、川津港「不動丸」の吉清晃朗船長。
取材日は「ジギング初挑戦なんです!」というアングラーが数名乗船。激渋状況ながら、それでもワカシ・イナダやカンパチの若魚が顔を出し、船上は活気づいた。しかも、そんなサイズといえども、そこは青物。小気味よく鋭い引きでアングラーを楽しませてくれ、みな「本当に楽しかったです。チャレンジして良かったです。また必ず来ます!」と帰って行った。
外房の青物はこれからが本格シーズン。とくに秋は外房2大シーズンのひとつとされる。案ずるより産むがやすし。ルアーゲームを始めるなら、今がチャンスだ。

以上の記事は「つり丸」2017年11月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
今シーズンなかなか調子が上がらずファンをやきもきさせていたマルイカだが、4月下旬になって急上昇!マルイカ、ムギイカが半々ほどまじりの釣果。いよいよ本番か!?という雰囲気が漂い出している。
更新: 2019-05-23 12:00:00
富士川沖の早朝タチウオジギングが開幕。5月現在ポイントの水深は70〜130mだが、梅雨にかけて濁り水が入ると、タチウオたちは浅場に入って来る。そうなるとトップ50本前後という釣果になり、いよいよ本番を迎える。
更新: 2019-05-21 12:00:00
サバなんて!そんな偏見もいまは昔。手頃な乗船料金、穏やかな湾内の近場を中心に短時間出船で楽しめて、家族やカップルから熱い支持を受けている。またサバを中心としたエモノの2枚おろしサービスまで受けられる。
更新: 2019-05-20 07:00:00
東京湾のタイラバは一年中コンスタントに釣れるようになって、いまや、東京湾の定番ゲームだ。でもやっぱり、産卵を意識するマダイ多い春がトップシーズンだ!当たれば、大ダイが連発することも!
更新: 2019-05-19 12:00:00
最新記事
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読