MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
超絶美味しい!ブランド極上アジ爆釣!東京湾口・走水沖

超絶美味しい!ブランド極上アジ爆釣!東京湾口・走水沖

沖釣りの代表的ターゲットアジ!基本さえマスターできれば、初心者も十分に楽しめる釣りだ。ここでは、そんなビシアジの基本をバッチリ紹介!

ブランドの極上アジを釣りたいですか?釣りたいならここで紹介する 基本をしっかりと実践しよう!

良型主体で好調に釣れてます!

「ここのアジは本当に美味しいね。一度食べてしまったら、他のアジは食べられませんよ」とベテランの常連さんが話すほど、走水で釣れるアジは味がいいと評判だ。

実際、走水のアジはブランドアジとして知られ、テレビ番組などでも紹介されるほどである。

そんな走水沖のアジを周年追いかけているのが、走水港の「関義丸」だ。

「春の速い潮が落ち着いて、ようやく釣りやすくなってきました。これからの季節は陽気も一年で一番いい時期です。脂が最も乗る季節は秋だけど、今の時期ももちろん脂はしっかりあって、十分に美味しいですよ」とは、関口道義船長だ。

実際、今回の取材で釣れたアジを食べたが、脂の乗りがほどよく、脂ギトギトよりはこのぐらいの方が適度で好きという人もいるのではないかと思われる味。

またその影響か、身の甘みや旨味がしっかりと感じられるのも嬉しい。

そんなにも美味しいアジなのだから、せっかくならしっかりと釣って帰りたい。

しかも「関義丸」は午前・午後といった半日出船のスタイルだから、その短い時間の中でいかに効率よく釣るか、を考えなければならない。

とはいえ、ビシアジ釣りは決して難しい釣りではない。

基本さえしっかりとマスターできれば、初心者も十分に楽しめる釣りだ。

ここでは、そんなビシアジの基本をバッチリ紹介します!

竿は短めがオススメ!道具はバランスも考慮

「ビシアジ釣りは、竿をロッドキーパーに置いてアタリを待つことが一番ダメ。道具は必ず手に持って釣るようにしてください。食いがいいときは、30秒も待たずしてアタリが出るほどです。そうなれば、竿は置いていられないけどね」と関口船長は言う。

道具を手に持って釣るということは、ビシは基本的には130号で統一なので、竿やリールは軽いものがオススメ。

そして、竿は短いほうがテコの原理でそれ持っている釣り人はよりラクに感じられる。

したがって、竿は2m以下のものを選びたい。

また、竿の調子も選べるのであればセレクトの際の考慮のひとつの要素として入れてみてもいい。

ビシアジ釣りには7対3もしくは6対4調子の竿が主に使われるが、コマセワークや誘いをより効果的に行いたいなどテクニック重視なら7対3、バラシを軽減したい、または道具の重みを少しでも感じられないようにしたい、というようであればしなやかで竿曲がりの支点が釣り人側になる6対4といった具合に選ぶのもひとつの目安だ。

もうひとつ、竿選びの目安を挙げるとすれば、オモリ負荷がある。オモリ負荷の号数が重いほど重いオモリに対応しているということなので竿は硬めとなり、オモリ負荷が軽いほど軟らかめとなる。

ただこれは、130号のビシを使うからオモリ負荷130号や120号の竿を使いなさいということではなく、あくまでも竿の硬さの目安と考えたい。

オモリ負荷60号の竿で130号のビシを使ったとしても、最新の竿はよほど間違った使い方をしなければ問題なく使用可能。

ビシアジ釣りでは概ね80号程度が扱いやすいだろう。

リールは中・小型の電動リール。

手巻きリールでもできないことはないが、仕掛けの上げ下げが多い釣りだけに、電動リールのほうが圧倒的に快適だ。

また、リールは小さく軽いほど持っていてラクなのは言うまでもない。

道糸は、それにPE3〜4号を200m以上は巻いておこう。

仕掛けは、ハリス2号、全長2m、2〜3本バリが基本。

3本バリで追い食いを狙って効率よく数を伸ばすのも手だが、ハリ数が多いということはそれだけ仕掛けの扱いにも慣れていなければならない。

3本バリに3匹掛かったアジを外すのは、慣れなければ案外大変なものだ。

また、走水沖は東京湾口に位置するということで潮の流れが非常に速くなることもある。

乗船している釣り人の数にもよるが、そんなときはオマツリは避けて通れないと思いたい。

多いハリ数でオマツリをほどくのも案外大変であり、仕掛けを無駄にしてしまうケースも少なくない。

したがって、とくに初心者は基本は2本バリで対応したほうが無難といえる。

また、少ないハリ数で手返しよく釣ったほうがストレスが少なくて済み、案外数も伸びてしまうもの。

食いがよければ、2本バリ仕掛けでも半日頑張って釣れば食べるには十分な数となるだろう。

ビシは130号。極端に潮が速い状況では20号の増しオモリを使うことも。仕掛けは2号2m、2〜3本バリ。初心者は2本バリがオススメ。オマツリも多いので、仕掛けは多めに用意しておこう。

タナボケの原因、糸フケを極力出さない工夫を!

この釣りには、コマセ釣りの基本がすべて入っている。

タナ取り、コマセのまき方、まいたコマセと付けエサとの関係性の理解、といった具合。

とくに、ビシアジはハリスが2mと短いので、コマセと付けエサの関係を理解しやすいのだ。

コマセ釣りといえばコマセマダイやワラサが代表的だが、これらの釣りはハリスが長いので、とくに初心者はハリスがどうなって付けエサはどうなっているのかなかななイメージしづらい。

だがこの釣りなら慣れればすぐに理解できるだろうし、答えもスグに出る。

コマセの中に付けエサがちゃんと入ってさえいれば、普通に釣れている状況であればスグにアタリが出るのだ。

まずはタナ取りだ。
アジはタナが50㎝違っていると食いが落ちるといわれるほど、タナ取りが重要だ。

取材日はそこまでシビアではなかったものの、2〜3mのタナではまったくアタらないのに、4〜5mでは好調にヒット、ということがあった。

たった1mの差である。

「ビシアジ釣りはタナを探るおもしろさがあります。タナがピタリと合えば、周りではまったく釣れていないのに自分だけ入れ食いなんていうこともあります」とは常連さん。

ビシアジ釣りは、タナ取りが非常に重要なのだ。

さて前述のように、走水沖は東京湾の湾口部に位置する。

そのため、状況によってはかなり潮の流れが速くなることがある。

潮の流れが速くなれば、糸フケが出やすくなる。

糸フケが出れば、その分タナは狂いやすくなってしまう。

さらに、糸フケはオマツリも誘発する。

オマツリが多発すれば、それこそ釣りどころではなくなってしまう。

まさにこの釣りにおいて糸フケは天敵なのである。

したがって、この釣りではいかに糸フケを出さないようにするか、が釣果を大きく左右する。

そのために重要な動作が「サミング」だ。サミングとは、仕掛けを沈めている最中に、リールのスプールを親指(英語で親指はサムという)で押さえて軽くブレーキを掛けること。

リールの機構に詳しい人は、メカニカルブレーキでスプールの回転を調整してもいいだろう。

さらに、水深の半分ぐらいで一回完全に仕掛の落下を止めてやってもよい。

こうすることでより糸フケを出さないようにできる。

たったこれだけの非常にカンタンな動作であるが、これらを行えばタナが合いやすくなって釣果も伸びて、しかもオマツリが減るとなれば、これはやらない手はないだろう。

さらに万全を期すのであれば、イラストにあるようにビシが着底したらいったん数メートル巻き上げ、再びビシを着底させてからタナを取り始める。こうすると、より糸フケを減らすことができる。

タナはPEラインで見て手持ちで頑張る!

話が前後してしまったが、糸フケを極力出さないようにしてビシを着底させたら、次はいよいよビシアジ釣りで最も重要なタナ取りだ。

だが、そんなに難しいことはない。

指示ダナは基本的には海底から2〜3mとアナウンスされるので、たとえば食っているタナが2mであれば、2mマイナス1m、つまり1m巻き上げ、そこからコマセを振って50㎝巻き上げ、もう1回コマセを振って50㎝巻き上げればタナに自ずと来る。

食いダナが3mであれば最初に2m巻き上げ、50㎝刻みで2回コマセを振るだけである。

50㎝刻みでコマセを振るのは、ハリとハリの間隔がおおよそ50㎝だから。

アジはまいたコマセに寄って来る。

そのコマセの中に付けエサを入れてやるのだ。

タナに合わせたらあとは待つ。

待ち時間は30秒ほど。

前述の関口船長の言葉にもあるように、食いがよければ30秒も待たなくてもアタリが出る。

30秒待ってアタリが出なければ、再び50㎝ずつ2回コマセを振ってタナを1m上げ、30秒待つ。

これでもアタリが出なければ、いったんビシを海底まで着けて、もう一度同じ動作を繰り返す。

ここまでやってアタリがなければ、仕掛けを回収して付けエサのチェックを行い、ビシにコマセを詰めて再投入となる。

このタナ取り動作を行う際に重要なのが、タナは必ずPEラインのマークで見るということ。

電動リールのカウンターはあくまでも目安としておきたい。

タナ取りに慣れて来たら、30秒待つ間に誘いを入れてみるのも手。

誘いは目線まで竿先をゆっくりと上げ、そしてゆっくり元に戻すだけ。

こうすることで、コマセの中で付けエサが違う動きをする。

それにアジが思わず食いついてしまう、というイメージである。ルアーでいえば、リアクションバイト(反射食い)だ。

アジはルアーでも釣れるほど動くものに興味を示す魚だ。

このように、ビシアジ釣りは案外忙しい釣り。

関口船長は「置き竿はダメ」というが、むしろ置き竿にしているヒマはない!

東京湾口 走水沖 極上アジ!釣行レポート

狙うは食べて超絶美味しい!幅広ブランドアジ!

ポイントは港から出てスグ。水深60m前後を狙った

大切なアジだから、状況に応じてタモを使って取り込もう

マイタモを持参する常連さんもいる

朝イチからアタリが出て、思わず笑みが溢れる

「ほら、見るからに美味しそうでしょ!」と阪本智子さん。走水沖で釣れるアジは幅広で見るからに美味しそう!サイズも中型主体で食べ頃です!

見事としかいえないグラマーなアジ!

「ここのアジは本当に美味しいよ!」とベテランさん。

ダブル、トリプルで数を伸ばそう!

絶対美味しいに決まってる! 驚愕の超幅広メタボアジ

こんなアジがいるんだ!ビックリするほどの体高と体幅。まさにコロンコロン。

これは絶対に美味しいに決まってる!

基本をしっかりと押さえれば、初心者も女性も楽しめる釣りだ

好調に釣れてます!

このサイズでこの体高が最高に美味しい!

ゲストのサバと一荷で

マダイも常連ゲスト。狙って釣る人もいるが、これはアジの仕掛け&釣り方にヒットした

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・走水港「関義丸」

釣って楽しく、食べて美味しい、まさに沖釣りの代表的ターゲットといえるのが、このアジだ。

アジ釣りというと初心者向けの手軽な釣りと思われがちだが、実際はそんなことはない。

確かに初心者も十分に楽しめる釣りではあるものの、非常に奥が深い釣りでもある。

ビシアジ釣りはコマセ釣りの基本とされるほど釣りとして楽しい要素が満載なのだ。

だからこそ、船上にはン十年も沖釣りを楽しんできたベテランたちの姿も多い。

そして、アジは食べる楽しみもある。

ご存知の通り、最高に美味しいのだ。

しかも、ここで紹介しているのは走水沖。

ブランドアジとして知られているほどだ。

一度やったらやめられない、一度食べたらやめられない。

そんな中毒性があるのがこの釣り。

一度基本をマスターしてしまえば一生楽しめます。

覚悟のうえ、チャレンジを!(笑)

以上の記事は「つり丸」2020年5月1日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾のタチウオが好調!今シーズンも走水沖〜猿島沖で連日ドラゴン級が取り込まれている!好機継続中!タチウオとのカケヒキと強い引きを楽しもう!!
南房太海沖のFサビキによるクロムツ釣りが好調だ!ムツは40cmオーバーの大型主体に数釣りも!後半スルメはダブル・トリプルも…今後上昇に期待!!
外房 飯岡沖でマダイが確変フィーバー中!飯岡港「梅花丸」取材当日も水深27m前後の漁礁周りで大ダイ、中ダイが連発!記録更新を狙うなら今がチャンスだ!
伝統釣法!外房・川津沖のカモシ釣りは秋のヒラマサ高確率シーズン到来!10kgオーバーの大型も狙え、ワラサやマダイもまじる!
東京湾 剣崎沖でカワハギが秋最盛期目前!最強の戦略!エサをルアーのように動かす「横の釣り」をがまかつテスター・鶴岡克則さんが解説!
最新記事
東京湾のタチウオが好調!今シーズンも走水沖〜猿島沖で連日ドラゴン級が取り込まれている!好機継続中!タチウオとのカケヒキと強い引きを楽しもう!!
南房太海沖のFサビキによるクロムツ釣りが好調だ!ムツは40cmオーバーの大型主体に数釣りも!後半スルメはダブル・トリプルも…今後上昇に期待!!
外房 飯岡沖でマダイが確変フィーバー中!飯岡港「梅花丸」取材当日も水深27m前後の漁礁周りで大ダイ、中ダイが連発!記録更新を狙うなら今がチャンスだ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読