MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
春のデカマサゲーム絶好機!外房ジギング&キャスティング!

春のデカマサゲーム絶好機!外房ジギング&キャスティング!

人気の外房ヒラマサゲームは、お待ちかねの春マサシーズンに突入!ジギング&キャスティング、ともに期待十分!備えは万全にしてチャレンジしよう!

春は一年のうちでも数、型ともに期待できる絶好機!

外房のヒラマサゲームは周年楽しむことができる。

もちろん、夏場は難しいことが多いし、いつでも好不調の波はある。

それでも「春マサシーズン」と呼ばれるほど、春は一年のうちでも数、型ともに期待できる絶好機だ。

「例年、冬は深場のワラサ、サンパク狙いと浅場のヒラマサ狙いを組み合わせて展開することが多いんですが、今年は深場がいまひとつ。結構苦戦することも多かったですね」とは、大原港「松鶴丸」の中村真也船長。
 
3月下旬の取材時も、午後からの出船で時間が少なく、強風で頻繁な移動も厳しいということもあって、ヒラマサ狙いに絞った。

しかし、これが見事的中!

どこのポイントでもヒラマサが浮いており、キャスティング有利な展開が目立ったが、サワラをまじえて活況。

10㎏前後のヒラマサも3本登場!

取材日直前には僚船で30㎏オーバーが複数本キャッチされていたことも考慮すると、すでに春マサシーズン開幕!? と期待される好釣となった。
 
しかし、取材時以降はワラサ、サンパクも復調。三寒四温という言葉通り、冬と春が行きつ戻りつする状況は4月に入っても続くと予想される。

いずれの状況にも対応できるよう、タックルと心構え、双方の準備を整えておくことが大切だ。

最低でもジギング&キャスティング、2セットは欲しい!

基本と言えるのはジギングタックルをまずはおさえよう

船の四隅に釣り座を構えられれば、キャスティングだけに専念できるかも知れないが、まず押さえておきたい、基本と言えるのはジギングタックルだ。
 
ロッドは6ftクラス、150g前後のジグを快適にシャクることが出来る近海ジギング用が理想的だ。選択肢は数多いが、好みのものを選べば良いだろう。
 
リールは8000番が基準サイズ。

メインラインのPEは3号、リーダーとしてフロロカーボンの40~50 Lbを1.5~3m程度取る、というのが基本だ。
 
ジグは150g前後がメインウエイト。

潮が速いときやワラサに照準を合わせた深場狙いに活躍する200g程度のウエイトのものも用意しておくとよい。

ジャークの強弱に対し、スライド幅の調整がしやすい、セミロングタイプが使いやすい。
 
ちなみに松鶴丸で人気のジグは、セカンドステージ、メロン屋工房、ジャッカルなどからリリースされている青物用各アイテム。

ぜひ参考にしてはいかがだろうか?

まずはジギングから。ジグは150g前後がメインウエイト。潮が速いときやワラサに照準を合わせた深場狙いに活躍する200g程度のウエイトのものも用意

フッキングは完璧!

キャスティングルアーで 一番多用されるサイズは160㎜

キャスティングタックルも必須、と言えるだろう。

タックルは使用ルアーの小型化により、以前よりもワンランク、ライト化しているようだ。

「一番使われているサイズは160㎜くらいだと思います。これに合わせて自分が投げる場合は、PE4号、リーダーは70 Lbをセットすることが多いですね」とは助手の岡本明彦さん。

常連さんの間ではPE3号に40 Lb、50 Lbリーダーをセットしたライトタックルを使用するアングラーもいる、という。

確かに飛距離やルアーの操作性という観点からは有利だが、オオマサとのファイトを考慮するとむやみにライト化するのは考えものだ。

「いつでも大型がヒットする可能性はあります。とくに春は潮の流れが速いポイントで大型がヒットしてくることも多くなります。あまりライトなタックルではキャッチできない可能性が高くなってしまいます」
 
ここぞ、というタイミングでは、やはりPE5号、6号をメインラインにセットしたタックルを握るのがオススメだ。
 
以上を考慮すると、ロッドは8ft前後のヒラマサキャスティング用、リールは8000~14000番、ラインはPE4~6号、リーダーは70~90 Lb、という組み合わせが標準となろう。

ヘビー&ライトというように、出来れば2セット用意すると完璧だ。
 
ルアーは大小織り交ぜるのが理想的だが、ベーシックサイズは160㎜前後。
 
「うちではラピード(ヤマリア)、マッドキャップブロス(ジャックポッド)、ぐちぺんなどが最近の人気ルアーですね」と岡本さん。
 
参考にしてはいかがだろうか?
 
以上、ジギング、キャスティングともに基本タックルを記してみた。

外房では風に任せて船を流し、風上側ではジギング、風下側ではキャスティングを行い、これを流しかえるたびに入れ替えるというのが基本的な流し方となる。

もちろん、常時ジギング、キャスティングを行ってもよいが、四隅以外はかなりやりづらい状況になる。

できるだけジギング&キャスティング、両タックルを用意しておくと効率的に釣ることができる。
 
常連さんは、それぞれにパワーランクを変えたり、予備を用意したりと5セット前後持ち込む人も多い。

余裕ができたら、好みが定まってきたら少しずつタックルを増やしていくのも楽しみのひとつだろう。
 
今回は誌面の都合もあり、実釣面まで踏み込むことはできなかったが、ヒラマサゲームの肝心要は諦めないこと、だと思われる。

ヒットが遠い状況も珍しくはない。

常に釣り続ける人のみにヒットが訪れることをお忘れなく!

外房・春のヒラマサ釣行レポート

強風、速い潮に見舞われた。なかなかのラフコンディションだ

ネットに入るまで気が抜けない!

ライトタックルに来ちゃった、と言いながらも、昨年25kgのキャッチ経験あり、というだけに余裕のやり取り

「回収中に目の前で出ました(笑)。南風と真潮でラインが弛みがちだったので、巻きだけで動きやすいルアー(パドルベイト)を使ったのが良かったかも」と練馬区の原田さん。船上計測9kgのナイスフィッシュだ

ジギングにもサワラヒット!

日が傾いてからのヒット!緊張のランディングだ

取材日の最大魚、船上計測でジャスト10㎏をキャッチした練馬区の中村さん

サワララッシュの中、狙い澄ましたかのようにヒラマサをキャッチした習志野市の小林さん。約9kgのグッドコンディションだ

近年はリリースするアングラーも多くなっている

終始、ウミドリの気配が濃厚な1日だった

旨そうなメタボサワラ!松戸市の鈴木さん2本のキャッチに成功!

取材日、サワラ、ヒラマサともにマイワシが胃袋に満載だった

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「松鶴丸」

「例年、冬場に安定して釣れているワラサ、サンパクがいまひとつでした。ここにきて僚船でデカマサがキャッチされているので、春が早く来たのかも、という状況ですね」とは、大原港「松鶴丸」の中村真也船長。

熱いアングラーならWEBの情報を毎日のようにチェックしているだろうから、船長の言葉にも納得だろう。

不安定ながらも変化の兆しあり、という状況下、同船取材をお願いした。

取材日は強風のため午前船がお休み。

午後からの出船となった。

水深36mから次第に浅くなる。

根掛かりに要注意、というポイントから開始。トリの姿もチラホラあり。

期待十分なスタートながらもヒットはない。

サワラが顔を出すものの、ヒラマサのアタックはない。

潮の流れが速く、向きが同じ強風の影響もあって船が流れる速度も速い。

ラフコンディションの中、奮闘を繰り返しているうちに、水面を走るプラグに出た!

10㎏弱のナイスコンディションのヒラマサだ。

春の代表的ポイント、真潮根に移動してからはさらにトリの気配が濃くなりヒートアップ。

サワラのヒットが相次ぐなか、10㎏前後のヒラマサも2本登場。

大いに盛り上がる半日となった。

取材日は魚が浮いており、キャスティング優位な展開となったが、その後は深場のワラサ狙いも調子アップ。

4月中はジギング&キャスティング、ともに期待できそうな雰囲気だ。

いずれにしても様子見している時期ではない。

可能ならば乗船!

これがオイシイ思いをする秘訣だ。

以上の記事は「つり丸」2020年5月1日号の掲載記事です。

関連記事
こんなときだからこそ、アシストフックの作り方を覚えておきたい!ストックを増やしておきたい!そんな前向きなアングラーに向け、アシストフック作り方講座を開催!
外房 青物ルアーゲームがベストシーズンに突入!現在はジギングでワラサが絶好調!当日は女性陣も満喫。ひとりで何本もキャッチしていた。ヒラマサの大型も回遊!タックルを万全にして出かけよう!
東京湾に横浜新山下「アイランドクルーズFC」が展開する、クロダイ&キビレ新釣法が登場!ワームを使ってキャスティング、ボトムを攻める!ボトムチニング!!その魅力と基本釣法を紹介!
人気の高いショアからのアジングゲーム。勢いはオフショアの釣りにも波及。磯子「釣福丸」は東京湾でも数少ない、通年アジを狙い続けている船だ。連日、沸騰中のアジングナイトゲーム!ぜひ、チャレンジを!
大型ヒラマサの実績が群を抜く外房エリアが、春の最盛期に突入!ジギング&キャスティングで熱く深くターゲットに迫る!「山正丸」のヒラマサ&ワラサゲームを紹介!
最新記事
黒潮の使者、カツオ・キハダは6月中旬頃から相模湾に回遊!カツオは2〜3㎏級!20㎏以上のキハダも多く、生きイワシエサはヒット率が抜群!
暑さ吹き飛ぶ驚異の日焼け対策冷感ウエア「氷瀑ロングスリーブシャツMQ-01」「氷瀑タイツMQ-01」
初夏の大原沖では、イサキの数釣りとシマアジの強烈な引き&最高の食味、両方が味わえる絶品リレーがオススメ!また、大原沖の根回りは魚種が豊富!高級魚五目でクーラーを満タンに!
各種リールの糸回収を電動ドリルを使う便利品「ラインリムーバー電動ドリル用ビット」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読