MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
スミイカの釣り方【テンヤで釣る!】(東京湾)

スミイカの釣り方【テンヤで釣る!】(東京湾)

かつては、東京湾のスミイカ釣りと言えば、シャコエサとスミイカテンヤを使ったテンヤ釣りのことだった。専用のスミイカ竿でシャクり上げたときの「ズシ!!」は格別。この釣り方しかしないというファンも多く、奥が深く釣趣バツグンの釣法だ。

テンヤを使った釣法はスミイカ釣りの元祖! 独特な「ズシッ!!」を味わうなら、このスタイルだ!

当日は第二海堡周りと大貫沖の水深10m前後を狙った! 取材後は小柴沖や中ノ瀬でも乗っている。

シーズン初期にしてはサイズのいいスミイカが上がった!

当日、スミイカはテンヤに乗ることが多かった!

永井名人はスッテでスミイカを乗せた!

モンゴウイカはスミイカよりも大きくなり、1㎏以上も珍しくない。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小柴「三喜丸」。

シャクってズシッ!! この快感を味わえる、スミイカ釣りの元祖と言えるスタイルがテンヤを使った釣法だ。
伝統的な専用のスミイカテンヤに生きたシャコを付けて狙うが、このほかにスッテ(おもに使われるのが「トトスッテ」と呼ばれるタイプ)を併用するのが主流となっている。
「『どうしてもテンヤだけで釣りたい!』というのでなければ、スッテも付けて狙ったほうがアタリが多くなります。スッテばかりに乗るというときもありますから。もちろんその逆でテンヤばかりの日もありますよ」と話すのは、今回取材をした小柴「三喜丸」の河野秀明船長。
取材は「三喜丸」がスミイカを開始した初日。釣り場は第二海堡周り〜大貫沖の水深10m前後を攻めた。最初に攻めた第二海堡周りではポツポツとスミイカがアタり、とくにテンヤに乗ることが多かった。そして大貫沖に移動してからはモンゴウイカまじりで活発に乗り、全員が型を見た。
「今日は第二海堡周りと大貫沖を狙いましたが、小柴沖や中ノ瀬もこれからおもしろいポイントです」と河野船長。
その言葉どおり、取材後は小柴沖や中ノ瀬が好調。今シーズンも良さそうな見込みだ。
さあ、「ズシッ!!」の快感を味わいに行こう!

仕掛けはテンヤだけで狙うのもいいが、スッテ併用をお勧めする

専用のテンヤに生きたシャコを付けて狙う。トトスッテを併用するのがオススメ!

竿はテンヤのスミイカ専用竿がベスト。釣り場の水深が浅いシーズン初期は、硬めのカワハギ竿でも流用できる。
リールは小型両軸か小型スピニング。釣れる水深が浅いシーズン初期は、仕掛けをキャストしたほうが広範囲を探れる。この場合は、キャストしやすいスピニングリールがオススメだ。道糸はPEラインの1〜2号(河野船長オススメは2号)を巻いておく。
仕掛けはテンヤだけで狙うのもいいが、スッテを併用するのがおすすめだ。「どうしてもという人は別ですけれど、スッテによく乗る状況もありますから、付けることをすすめます」と河野船長。
テンヤは20号。夜光、グリーン、ピンク、ホワイトなど何色か用意して、いろいろ試してみよう。スッテは「トトスッテ」と呼ばれるタイプを数色用意しよう。

大事なのが、シャクった後に着底したテンヤを次のシャクリまでに絶対動かさないこと

シャクった後にテンヤが着底したら、この構えでテンヤを動かさずに待つのが基本!

釣り方は、まず仕掛けをキャスト。慣れない人は、軽く前方に投げるか、船下狙いでもOK。ただし、釣れる水深が浅いシーズン初期は、キャストした方が広範囲を探れる。
テンヤが着底したら、テンヤを動かさずに5〜7秒待ってから、竿を起こす感じでシャクる。竿を起こした位置で1〜2秒止めてから、テンヤのハリから落ちるようにゆっくりと海底まで落とす。そして5〜7秒待ってからシャクるの繰り返しだ。
この一連の動作で大事なのが、シャクった後に着底したテンヤを次のシャクリまでに絶対動かさないこと。スミイカは着底したテンヤに乗るので、ここで動かしてしまうと驚いて乗らないのだ。
そのためシャクリとシャクリの間は、竿を45度くらいの角度に立て、糸フケを作って待つ。糸フケがあるということは、テンヤが着底して動いていないという証拠なのだ。
スミイカが乗れば、シャクったときに「ズシッ!!」とした重量感が加わるので巻き上げる。そして最初の10回ぐらいは速めにリールを巻いてガッチリとハリ掛かりさせる。

以上の記事は「つり丸」2013年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
外房・大原沖は周年マダイが狙え、早春から好釣果が継続。日によってポイントや水深などが変わるので、どんな状況にも対応できるよう準備が大事だ。そこで、テンヤ&タイラバのタックル、釣り方を詳しく解説!
旨い!何の魚かって、超が付く高級魚マハタだ!!勝浦松部港「信照丸」のマハタ五目では、この魚が一年中釣れる!エサ釣り&スロージギングもOK!高級根魚もゲストでまじる!!ぜひ、チャレンジしてみよう!!
鹿島沖のマダイが好調!1~3㎏の良型まじりで、4~5㎏の大型もアタっている。鹿島旧港「植田丸」はひとつテンヤで狙うほか、タイラバやジグで狙うのもOK。多彩なゲストがまじるのも魅力だ!
東京湾・第二海堡沖テンヤ&タイラバがバリ食い絶好調!厳冬期の今も4~5㎏オーバーといった大型が連発!お祭り状態に!大型にはタイラバ有利!水温上がればさらにスゴイことに!これが東京湾の底ヂカラだ!
日立久慈沖のテンヤマダイが絶好調!「大さん弘漁丸」ではトップ10枚以上の釣果が続き、平均サイズは0.5〜0.8㎏。良型は2〜3㎏級も!この時期のマダイは脂が乗って美味。日立沖で爆釣体験を味わってみよう。
最新記事
アルファタックルのテル岡本氏・柳沢テル氏来店 玉屋つり具店「春の一大事!」4月18日、19日開催
東京湾のマゴチ釣りが開幕絶好調だ!新子安恵比須橋「だてまき丸」は3月からマゴチ乗合をスタート。60㎝オーバーの大型、トップ5本以上の日も!近年増えているヒラメのほかイカもまじる!このチャンスにぜひ!
震災から6年。福島・相馬港の「明神丸」が年明けに復活!ポイントは原町から相馬沖の岩礁帯。釣れるカレイは、マガレイ、マコガレイ、イシガレイなど。注目すべきはナメタガレイ!トップ22枚という激釣の日も!
サブクーラーとしてさまざまな用途に使えるミニクーラー「マーク無しクーラーミニ」
外房・大原沖は周年マダイが狙え、早春から好釣果が継続。日によってポイントや水深などが変わるので、どんな状況にも対応できるよう準備が大事だ。そこで、テンヤ&タイラバのタックル、釣り方を詳しく解説!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読