MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
スミイカの釣り方【テンヤで釣る!】(東京湾)

スミイカの釣り方【テンヤで釣る!】(東京湾)

かつては、東京湾のスミイカ釣りと言えば、シャコエサとスミイカテンヤを使ったテンヤ釣りのことだった。専用のスミイカ竿でシャクり上げたときの「ズシ!!」は格別。この釣り方しかしないというファンも多く、奥が深く釣趣バツグンの釣法だ。

テンヤを使った釣法はスミイカ釣りの元祖! 独特な「ズシッ!!」を味わうなら、このスタイルだ!

当日は第二海堡周りと大貫沖の水深10m前後を狙った! 取材後は小柴沖や中ノ瀬でも乗っている。

シーズン初期にしてはサイズのいいスミイカが上がった!

当日、スミイカはテンヤに乗ることが多かった!

永井名人はスッテでスミイカを乗せた!

モンゴウイカはスミイカよりも大きくなり、1㎏以上も珍しくない。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小柴「三喜丸」。

シャクってズシッ!! この快感を味わえる、スミイカ釣りの元祖と言えるスタイルがテンヤを使った釣法だ。
伝統的な専用のスミイカテンヤに生きたシャコを付けて狙うが、このほかにスッテ(おもに使われるのが「トトスッテ」と呼ばれるタイプ)を併用するのが主流となっている。
「『どうしてもテンヤだけで釣りたい!』というのでなければ、スッテも付けて狙ったほうがアタリが多くなります。スッテばかりに乗るというときもありますから。もちろんその逆でテンヤばかりの日もありますよ」と話すのは、今回取材をした小柴「三喜丸」の河野秀明船長。
取材は「三喜丸」がスミイカを開始した初日。釣り場は第二海堡周り〜大貫沖の水深10m前後を攻めた。最初に攻めた第二海堡周りではポツポツとスミイカがアタり、とくにテンヤに乗ることが多かった。そして大貫沖に移動してからはモンゴウイカまじりで活発に乗り、全員が型を見た。
「今日は第二海堡周りと大貫沖を狙いましたが、小柴沖や中ノ瀬もこれからおもしろいポイントです」と河野船長。
その言葉どおり、取材後は小柴沖や中ノ瀬が好調。今シーズンも良さそうな見込みだ。
さあ、「ズシッ!!」の快感を味わいに行こう!

仕掛けはテンヤだけで狙うのもいいが、スッテ併用をお勧めする

専用のテンヤに生きたシャコを付けて狙う。トトスッテを併用するのがオススメ!

竿はテンヤのスミイカ専用竿がベスト。釣り場の水深が浅いシーズン初期は、硬めのカワハギ竿でも流用できる。
リールは小型両軸か小型スピニング。釣れる水深が浅いシーズン初期は、仕掛けをキャストしたほうが広範囲を探れる。この場合は、キャストしやすいスピニングリールがオススメだ。道糸はPEラインの1〜2号(河野船長オススメは2号)を巻いておく。
仕掛けはテンヤだけで狙うのもいいが、スッテを併用するのがおすすめだ。「どうしてもという人は別ですけれど、スッテによく乗る状況もありますから、付けることをすすめます」と河野船長。
テンヤは20号。夜光、グリーン、ピンク、ホワイトなど何色か用意して、いろいろ試してみよう。スッテは「トトスッテ」と呼ばれるタイプを数色用意しよう。

大事なのが、シャクった後に着底したテンヤを次のシャクリまでに絶対動かさないこと

シャクった後にテンヤが着底したら、この構えでテンヤを動かさずに待つのが基本!

釣り方は、まず仕掛けをキャスト。慣れない人は、軽く前方に投げるか、船下狙いでもOK。ただし、釣れる水深が浅いシーズン初期は、キャストした方が広範囲を探れる。
テンヤが着底したら、テンヤを動かさずに5〜7秒待ってから、竿を起こす感じでシャクる。竿を起こした位置で1〜2秒止めてから、テンヤのハリから落ちるようにゆっくりと海底まで落とす。そして5〜7秒待ってからシャクるの繰り返しだ。
この一連の動作で大事なのが、シャクった後に着底したテンヤを次のシャクリまでに絶対動かさないこと。スミイカは着底したテンヤに乗るので、ここで動かしてしまうと驚いて乗らないのだ。
そのためシャクリとシャクリの間は、竿を45度くらいの角度に立て、糸フケを作って待つ。糸フケがあるということは、テンヤが着底して動いていないという証拠なのだ。
スミイカが乗れば、シャクったときに「ズシッ!!」とした重量感が加わるので巻き上げる。そして最初の10回ぐらいは速めにリールを巻いてガッチリとハリ掛かりさせる。

以上の記事は「つり丸」2013年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
駿河湾焼津沖のタチウオが終盤戦。サイズも数もとにかく絶好調! 指3〜3.5本あるので刺し身や炙りで食べるにはちょうどいいサイズ。大型となると1㎏を超えで日に何本かまじっていて、数についてはトップ80本を超えるような日もあるんだとか。
更新: 2019-03-15 07:00:00
駿河湾の最奥部、沼津沖千本浜前でタチウオが絶好調に釣れている。釣り方は、エサ釣りはテンビン使用の1本バリ仕掛け、またはテンヤ釣り。ルアーはジギングが主流。つまり、どんな釣り方でもOKなのだ。
更新: 2019-03-07 12:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
相模湾・平塚沖〜大磯沖で楽しむ、高級魚ホウボウ釣り!テクニカルで面白さも想像以上で、しかも美味しいときたら、ハマる人も多い。ジグは主に30〜40gを使用。フックはアシストのみで楽しめる。
更新: 2019-02-06 07:00:00
暖冬で年が明けても暖かい日が続いているが海の中も暖冬のようで、例年であればすでにベストシーズンを迎えて極寒の中、夜な夜な熱いバトルが繰り広げられる「夜タチウオ」が昨年末に来てようやく調子を上げてきた。
更新: 2019-01-24 07:00:00
最新記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読