MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大ダイ連発!プレミアム乗っ込みポイント“横瀬”内房 富浦沖

大ダイ連発!プレミアム乗っ込みポイント“横瀬”内房 富浦沖

内房のマダイのメッカ、富浦沖の横瀬が乗っ込み本番!富浦港「共栄丸」ではハリス12mタナは高めで攻め、落とし込みの誘いが最大の武器!

大ダイ連発!乗っ込みスタート!指示ダナ上からの誘いがカギ

横瀬で乗っ込み中!大ダイ連日浮上

富浦沖は、館山湾と東京湾の両方の湾口部にあたり、潮通しよく古くからマダイ釣りが盛んな海域でおもなポイントは、館山湾口の横瀬と富浦沖の象背根。

だが、近年メインとなっているのは横瀬だ。

この超一級ポイントが地先でホームグラウンドにしているのが、富浦港「共栄丸」の笹子宏亘船長だ。

待ちに待ったマダイ乗っ込み開幕状況をこう話す。

「3月末にやっと始まったって感じですかね。冬の間は高水温の影響でフグやウマヅラなどのエサ取り魚たちや青物も元気な状態で1㎏前後のマダイが中心にボチボチと釣れてました。遅れて始まったヤリイカが始まると富浦沖のコマセマダイはうち1隻の独壇場でしたが、釣果をだしたら、勝山の僚船もやってきて、だいたい5、6隻でコマしこみをしながら乗っ込みマダイを狙っている状況です。桜が咲いてから日に日に大型が高確率で上がるようになってきました」とのこと。

冬の間は横瀬の深場水深80〜100mがポイントであったが、例年春の乗っ込み場所は、その場所から少し陸側へ入った水深55m〜65m。

さらに浅場の40mでもマダイが集まっている。

起伏ある根があり青物がつきやすい象背根も昔からマダイの乗っ込みポイントとして有名だが、エサ取り魚とイサキが多く、4月後半ごろから乗っ込みが本格化するとの予想だ。

ここは、協定により乗合の遊漁船は午前9時以降にしか入ることができないことになっており、例年のパターンからいえば、午前9時以降は横瀬と象背根を行き来しながらマダイを狙うこととなるだろう。

そしてなにより、富浦沖のマダイの最大の魅力はその味。

豊富なベイトを捕食しているのだろうか、すべての個体がナイスボディで食べて味がよい。

おいしいからわざわざここにマダイを釣りにくる人もいるほどだ。

竿はコマセマダイ専用 ショートロッドもオーケー

富浦沖のコマセマダイタックルは一般的なコマセマダイタックルでオーケーだ。

竿は長さ2〜2.7m。湾内なので大きなウネリはないので、2.4m前後の竿が主流となっている。

いま流行りの2m前後のショートロッドで楽しむのもおススメだ。

リールは小〜中型電動。

道糸はPE4〜5号が200mあれば十分。

ビシはプラビシもしくはステンカン。

オモリは80号を使用。

富浦沖ではオキアミコマセを使用するが、少量のコマセまきでよいので、カゴのサイズはプラカゴ、ステンカンともにFLサイズが近年の流行りだ。

テンビンを介して2㎜径長さ1mのクッションゴムを付け、その先に2段もしくはストレートのハリスを全長10〜12m接続する。

ハリはマダイバリの9〜10号でよい。

仕掛けは“重い”をメインにして “軽い”ものも用意する

春のマダイは秋や冬と異なりかなり浮くことが多い。

乗っ込みとなると、ペアリングのため、想像以上に浮くこともある。

だが、よく釣れるからといって“警戒心”が薄れるわけではない。

産卵行動を意識したマダイたちはビシの動きや音にはかなり敏感になるといわれている。

だから、ビシと付けエサとの距離は絶対必要になってくるのだ。

じゃあ、できるだけハリスを長くすればいいのではないか、と考える人もいると思うが、ここ富浦沖では、長すぎるハリスはあまりよくない。

正解を言うと、長さは10〜12mでオーケーということ。

船長は魚の動きを魚探とソナーで見ていて、ハリス長が約10mと想定して指示ダナを決めているからだ。

安パイなハリス長は12m。

まずは12mの仕掛けから始めて、活性が高くなったら10mと短くしてみるとよいだろう。

通常、朝イチなど活性が高いときは、ハリから30〜50㎝のところに3Bほどのガン玉を付けるとよい。

これを付けることで置き竿時にエサに動きを与えたり、誘い動作中に確実にエサを動かすことが可能になるからだ。

また、高活性時に有効なのがシェルビーズ。その重みとカラーアピールでマダイの食餌欲をそそる。

これらは2段テーパー仕掛けと合わせて“重い”仕掛けに分類される。

周りが釣れていたり、食いが渋くなったときは、“軽い”仕掛けを活用しよう。

シンプルなストレート仕掛けがそれだ。もちろん、ガン玉などは付けない。

乗っ込み期は魚が浮く傾向にあるので、この軽い仕掛けがよく釣れることがある。

指示ダナ下5mまでおろし、静かにコマセをまく

「共栄丸」の指示ダナは、上からで底から20m前後が多い。

エサ取り魚との兼ね合いとマダイの活性により、指示ダナは前後する。

さて、釣り方だが、マダイの好漁場として全国的に有名な新潟県上越沖の普段の釣り方とほぼ同じ。

カゴのなかにのコマセオキアミを半分ほど入れ、仕掛け投入後、船長の指示ダナより5mまでビシをおとす。

10秒前後ハリスが潮になじむのを待つ。

そのあと指示ダナまで数回に分けて軽くコマセを振り出しながらあげて、タナでアタリを待つというもの。

乗っ込み期であるいまは“静か”にこの動作を行わなければならない。

強いシャクリでコマセを振り出すと、せっかく浮いた魚が沈んだり船下から離れてしまうからだ。

「乗っ込み期の大型はとくに警戒心が強くなる」ということをよく頭に入れておこう。

そして、まくコマセが少量であるのは、同じポイントを長い時間流し釣りするので、マダイにオキアミを学習させるため。

イサキ釣りのように“コマセの煙幕と付けエサの同調”ではないのだ。

指示ダナより2〜3m上で待ち タイミングで誘いを掛ける

さて、釣果に差が出る誘い方についてだが、「共栄丸」の笹子船長は、実釣前にこのようにアナウンスしている。

「指示ダナの2〜3m上へビシをあげて、そこから指示ダナまで落とし込みの誘いをしてください」と。

今期はこの釣り方でほとんどの人マダイをあげており、とくにこの時期には有効という。

つまり、富浦沖でも“落とし込みの誘い”が最も有効な誘い法というわけだ。

ここでカギとなるのは、できるだけ、指示ダナ下にはビシを下げないということ。

・誘い動作は必ず指示ダナ上から。(=指示ダナからの起こし込みはしない)

・ビシは指示ダナ下5mより決して下げない。

この2点を徹底することが大事である。

具体的なやり方はこうだ。

指示ダナより2〜3m上にビシを上げたら、すぐに誘い動作にるのではなく、やはり10〜20秒は静止させる。ハリスの潮なじみと付けエサの静止状態を作るためだ。

そのあと50㎝刻みで止めを入れながらデッドスローで落とし込み動作を行う。

リールのドラグを緩め、スプールから道糸を引き出すのだ。

このとき、手持ち竿でも置き竿でもどちらでもよいやりやすい方法でやろう。

コツは50㎝刻みで落とし込む場合、必ず動作のあとに長めの“食わせの間”を入れること。

静止する時間は好みでよいが、とにかくこの間にアタるので竿先に意識を集中しておこう。

指示ダナまで落とし込みアタリがなければ、しばらく指示ダナでアタリを待つ。

そこで数分まってアタリがなければ、仕掛け回収して再投入。

エサ取り魚が多い状況では、落とし込みの誘いのあとは、ほとんどの場合、エサは取られているので、一連の誘い動作を終えアタリがなければ、即回収を心がけよう。

エサ取り魚は多い傾向、周りの人を見て判断も

今期の春も昨年同様、フグがいる。

その正体はトラフグやマフグ。

ハリがなくなっていたらそれだ。

これから大発生するかもしれないので頭に入れておこう。

なにせ、エサがなくては魚は釣れない。

かといって、あまりにも早い手返しで回収と再投入をしていても、大ダイが食うチャンスを逸することとなりかねない。

エサ取り魚がいるか、いないかは、常に回りの釣り人の回収後のハリを観察しよう。

エサが残っていれば、自分の仕掛けは回収せずにそのままにするという、判断でよいだろう。

エサ取り魚が多い場合は、ビーズなどのアピールアイテムは外し、ハリも銀や黒色など目立たないカラーにする。

乗っ込みポイント“横瀬”大ダイ連発!釣行レポート

いったんスイッチが入ると、船中いたるところで竿が曲がる

浅場もマダイのポイントだ

これが横瀬のマダイの反応

重量感のあるこの大ダイとのやり取りが最高に楽しい

大ダイの突進は緩めのドラグでかわそう!

”つり丸”表紙を飾ったベテランマダイ釣り師の狛江市の富永さん

中央区の松江さんは4.2㎏をキャッチ

まだ、8時前。これで7枚目ですよ!

落とし込みの誘いで4.3㎏のメスの大ダイをキャッチした 江戸川区の藤田さん

2㎏オーバーも多い

こちらもグッドサイズ

将来の若船長!宗太郎くんお見事!!

4.4kg!

3.7kg!

6.5kg!

4月3日あがった6.5㎏

ゲスト多彩でお土産も十分

3㎏のイシダイがきた

今期もトラフグが回遊中!

イサキは象背根できた

アジは常連ゲスト

1㎏前後の数釣りも楽しめる

8時前までに柏市の松本さんは胴の間で7枚。終了までに10枚キャッチした

富永さんの午後船の釣果

各自、これだけ釣れれば大満足の結果をえた

GWから利用できる船宿。宿泊できる

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・富浦港「共栄丸」

内房のマダイのメッカ、富浦沖の横瀬が乗っ込み本番を迎えている。

ほぼ周年コマセマダイを楽しめるエリアだが、乗っ込みが本格化したのは3月末。

いつ始まるのだろうか?と心待ちにしていたマダイファンにとっては朗報だ。

なんといってもここのマダイの魅力は、1㎏前後サイズでも食べておいしいこと。

そして、乗っ込み時期は記録サイズの大型が高確率で釣れること。

「うちは高ダナ指示で釣ってもらってます。とくに今期の特徴は、乗っ込み特有の長ハリスではなく短めのハリスで高ダナでヒットする傾向が高いですね。指示ダナから2〜3m上からの落とし込みの誘いをするようにアナウンスしてます」とは、コマセマダイ釣りを得意とする富浦港「共栄丸」の笹子宏宣船長。
 
高ダナ指示の船での最大の武器は、やはりここでも“落とし込みの誘い”。この時期は置き竿にしてできるだけ静かにすると大ダイがヒットしやすいともいわれるが、今期は誘い中に大ダイがヒットしている。

ぜひ、攻撃的な誘いを試してみてほしい。

このマダイの超一級ポイントを地先とする「共栄丸」では、午前と午後便で楽しめるほか、ゴールデンウイークごろから新築の船宿に宿泊も可能になる。

ぜひ、泊りがけでもじっくりと乗っ込みマダイ釣りを満喫してほしい。

以上の記事は「つり丸」2020年5月1日号の掲載記事です。

関連記事
福島県小名浜沖の乗っ込みアカムツが爆釣した。小名浜港「光勝丸」取材当日は朝いちから40㎝前後のアカムツがコンスタントにヒット!ポ イント移動後も食いは衰えず、トップ13本!すべて大型!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
相模湾のライトイナダ五目は水深も浅く、ライトタックルで狙えるので女性、ファミリーにも優しい釣り物!食わせサビキとウイリーで狙うLTイナダ五目!カンパチ、アジ、イサキもまじって楽しいよ!!
東京湾のイシモチが秋の数釣りベストシーズンに突入!手軽に釣ることができるが奥深さもある!派手なアタリと強い引き、そして秋の味覚を楽しもう。
大原沖のテンヤマダイ!この時期は水深10m台〜20m台の浅場がメイン!中小型主体だが時に大型も!アタリ多くゲストも多彩なのでビギナーにもオススメだ!
最新記事
福島県小名浜沖の乗っ込みアカムツが爆釣した。小名浜港「光勝丸」取材当日は朝いちから40㎝前後のアカムツがコンスタントにヒット!ポ イント移動後も食いは衰えず、トップ13本!すべて大型!
オフショアジギングからマグロキャスティングまでカバーするスピニングリールオクマ「アゾレス」
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
夜釣りはむろん防災にも便利なランタン「LEDスクエアーマルチランタン」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読