スミイカ釣法② スッテで釣る!【東京湾】

スミイカ釣法② スッテで釣る!【東京湾】

かつては、テンヤ釣りの仕掛けの上に付けて、「保険」的な使われ方をしていたスッテだが、このスッテオンリーでスミイカを狙う船もある。ライトなタックルを使用し、釣り方も比較的簡単、ビギナーでも数釣りが楽しめるのが特徴だ。スミイカ入門にオススメ。


今は開幕から続く数釣りシーズン。トップ20~30杯前後、ときには40杯近い日もある

ライトに気軽に楽しめるスッテのスミイカ。日増しにサイズアップし「ズシッ!!」が楽しい。

今のところ20m前後のポイントが中心。寒くなってくると深場に移り50m以深も狙うようになるが、それでもオモリは30号でOK。

500~600g級も少なくない。秋の深まりとともにこれからさらにサイズアップしてゆく。

ビギナーや女性にもオススメの釣りだ。

胴付き仕掛けのスッテのみでスミイカを狙い出船。シンプルな仕掛けで、釣り方も難しくないので、初心者にもおすすめの釣り方だ。
タックルはカワハギ竿やLTロッドに小型両軸リール、オモリ30号とライトなもの。オモリを底に着けたまま竿をシェイクしてスッテを躍らせ誘いをかけ、頃合をみて大きく空アワセを入れる、というのが基本の釣り方。スミイカが誘いに乗ってスッテに抱きついていれば、ここで「ズシッ!!」とハリ掛かりする。
今は開幕から続く数釣りシーズン。トップ20~30杯前後、ときには40杯近い日もある。これから日増しに大きく成長していくので、これからは数、型ともに期待できる。
厳冬期の深場でもできるが、浅場で数釣れている今、気軽にスミイカ釣りを楽しんでみては。

スッテのスミイカ釣りは、ライトタックルで釣り方も比較的簡単、ビギナーでも気軽に楽しめるのが魅力

今回の釣り方は、スッテとオモリのみのシンプルな胴付き仕掛けで狙うスッテ釣りだ。誘って空アワセが基本、比較的簡単にスミイカ釣りが楽しめる。

竿はLTロッド、ゲームロッド、カワハギ竿などを流用。浅場のうちはシロギス竿でもOK。

スッテのカラーは上の写真のオレンジが断トツの人気ナンバー1。しかし、他の色がいい日もあるので各種取りそろえておこう。

オモリは30号を使用。夜光塗装などアピール系のものも有効。

スミイカ釣りといえば、かつてはシャコエサのテンヤ釣りしかなかったが、近年は餌木シャクリで出船する船も多くなり、それが主流になりつつある。そんななか、今回は胴付き仕掛けのスッテ釣りという独特のスタイルでスミイカを狙ってみた。
スッテのスミイカ釣りは、ライトなタックルで比較的釣り方も簡単、ビギナーでも気軽に楽しめるのが魅力だ。
浅場を狙うシーズン初期はシロギス竿でもできる。軽い道具で、オモリを底に着けて釣るから、初めてのひとでも十分に楽しめる釣りだ。
竿は1.8m前後のカワハギ竿を流用するひとが多いが、現在攻めているポイントは水深20m前後中心で、シロギス竿でもオーケー。先調子の硬めの竿は誘いとアワセが効きやすいが、身切れのバラシの心配がある。軟らかめの竿はバラシは少ないが、誘いがかけにくい。カワハギ竿、シロギス竿、LTロッド、ゲームロッドなどから、適当なものを探して使ってみよう。リールは小型両軸、道糸はPE1.5〜2号。
仕掛けはハリス40㎝、捨て糸30㎝の胴付きスタイルで、これにスッテを1本装着する。
シャコエサのテンヤ釣りでは、「保険」的に仕掛けの上に付けているあのスッテが主力兵器となる。
スッテの色はオレンジ、ピンクがいい。潮色によっては地味な色が乗りがいいときもあるが、オールラウンドに乗るのがオレンジとピンク。とくにオレンジはハズレがない。船宿で販売しているイチ押しのスッテは「ヨーヅリ ウルトラスッテ布巻Mサイズ」の夜光タイプのオレンジ。常連さんたちの間でも、このスッテが人気ナンバー1だ。
もちろん、ルアー的な要素のある釣りなので、さまざまなスッテを持参してカラーローテーションしてみて、その日の当りカラーを探ってみるのもおもしろい。オレンジはマストアイテムだが、その他いろいろ試してみよう。

オモリを底に着けたまま竿をシェイクしてスッテを躍らせ、頃合を見て空アワセを入れる、というのが基本

誘いはオモリを底に着けた状態で竿をシェイクし、スッテを躍らせる。

10~15回誘いをかけた後、大きく竿をあおって空アワセ。ここでイカが乗っていれば「ズシッ!!」っとくるわけ。

釣り方は、オモリを底に着けたまま竿をシェイクしてスッテを躍らせ、頃合を見て空アワセを入れる、というのが基本だ。
誘いをかけたときにオモリがドンドン底を叩くとスミイカが警戒して寄ってこなくなるので、必ずオモリは底に着けたままにする。船の揺れを竿の上下で吸収しながら、竿をシェイクしてスッテを躍らせる。
このとき、カワハギ竿など硬めの竿はオモリで底を叩きやすいので注意しよう。
オモリを底に着けたままなので、道糸を張って緩めるという動きだけで誘いをかけるわけだが、ハリスの長さも40㎝あるのでスッテはそれほど大きな動きはしていない。せいぜい、ピク、ピクッと小さく動く程度だろう。イメージとしては、その「ピク、ピクッ」で弱った小魚やエビを演出してやる感じ。
10〜15回ほどシェイクして誘いをかけたら大きく竿をあおって空アワセする。ここでイカがスッテを抱いていたら「ズシ!」と乗るわけだ。
ここで乗らなければゆっくり竿を下げて静かにオモリを着底させ、再び誘いをかける。空アワセにはポイント移動の役目もある。常に船は流れているが、誘いをかけている最中はオモリを引きずって動かないように注意し、空アワセのときにポイントが移動するようにすることが大切だ。
なかなか乗りがこないときは、前述した通りスッテのカラーチェンジをしてみてもいい。取材当日はオレンジもよかったが、ブルーやグリーン、レッドヘッドなどで乗せている人もいた。潮色によってはブルーで連発することも多い、と関口船長。いろいろ試してみると同時に、まわりを観察して何色が釣れているかも参考にしよう。
潮が効かず船がなかなか動かないときは、軽くキャストして広範囲を探ってみるのもいい。キャストしやすいスピニングタックルを使うのもいいだろう。
このところトップ30杯以上の日も多く、乗りは好調。手軽なスッテスミイカで「ズシ!」を楽しもう。

以上の記事は「つり丸」2013年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連するキーワード


スミイカ スッテ 東京湾

関連する投稿


初夏の名物ジャンボカサゴが釣れる! 東京湾カサゴ釣り(新健丸)

初夏の名物ジャンボカサゴが釣れる! 東京湾カサゴ釣り(新健丸)

今シーズンも東京湾のカサゴは、連日好調が続いている。今回、取材した金沢八景「新健丸」は、夏場はカサゴにターゲットを絞ったこだわりの船宿だ。


トップは50匹オーバー! 東京湾LTアジの仕掛け(つり幸)

トップは50匹オーバー! 東京湾LTアジの仕掛け(つり幸)

脂が乗っていて美味しいと話題の横浜沖周辺のアジ! 平日なのに10隻以上のアジ船が集まっている人気ポイント。その美味しいアジを狙って、4月23日に川崎「つり幸」さんの午前LTアジに乗ってきた。


仲間と楽しもう! 夏の仕立てにオススメ! 東京湾のLTアジ(健一丸)

仲間と楽しもう! 夏の仕立てにオススメ! 東京湾のLTアジ(健一丸)

夏が旬のアジ。これからの時期は身に脂が乗り、最も美味しくなる季節。手軽に狙えるので、とても人気があるターゲットだが、LTで狙えば道具も軽く気軽に楽しめる。


初夏のグルメ派釣行にオススメ! 旬のアジ釣り(猿島沖・義和丸)

初夏のグルメ派釣行にオススメ! 旬のアジ釣り(猿島沖・義和丸)

昨年来ずぅーっと好調続きだった東京湾猿島沖のアジだが、3月に入ってペースダウン。ほぼ周年猿島沖を狙う新安浦港の「義和丸」でも、他エリアでの釣りを余儀なくされていた。ようやく4月中旬になって復活の兆しが出始め、猿島沖の30m前後の浅場で食い出したと聞き釣行した。


夏の東京湾のお手軽ターゲット! 良型カサゴゲットだぜ!(五朗丸)

夏の東京湾のお手軽ターゲット! 良型カサゴゲットだぜ!(五朗丸)

東京湾のカサゴが好調に釣れている。鴨居大室港の「五郎丸」が狙うのは鴨居沖が中心。根を知り尽くしたベテラン、福本清行船長が案内してくれるポイントは、港のすぐ前から行程15分ほどと近い。午後から出船の半日釣りでもトップで20~30匹と十分な釣果が続いている。


最新の投稿


ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

駿河湾の中央部に位置する石花海。ひょうたん型をした瀬だが、すぐ近くの世界でも稀少な海溝、駿河トラフの影響を色濃く受ける。そして、いまは黒潮や湾内に流入する大型河川も海の環境に大きくかかわっている。そんな特殊といっても過言ではない石花海では、釣れる魚も特別おいしい。ここのイサキも産卵期を迎え、群れ固まっている。


外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房のカモシ釣りが大きな盛り上がりを見せている。「カモシ釣り」とは、外房御宿から勝浦エリア独特の釣りで、コマセにサンマのミンチを用いた、ヒラマサや大型マダイを狙うのに適した釣法だ。海水でドロドロにしたコマセを海中でまいて煙幕を作り、警戒心の強い大型魚を誘惑する釣りである。


アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

久里浜沖のカサゴが開幕した。久里浜沖のカサゴと言えば数多く釣れるので非常に人気が高い。シーズン最盛期の梅雨から夏にかけては、釣れる水深も10m前後と激浅。当然手返しも大幅に向上し、コンスタントに数上がり、カサゴの引きに癒されるアングラーも少なくないだろう。


パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

昨年の夏場に大ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年は昨年よりも、約1ヶ月早い5月のゴールデンウイークすぎから開幕した。ゴールデンウイークが終わった直後、試し釣りに出た船宿が何軒かあり、トップ9匹という好釣果を記録する船もあった。5月中旬すぎから次第にマゴチをスタートする船が増えた。


「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

都内の電車に乗ると袴姿の若い女性が目立ち車内に花が咲いたようだった。卒業シーズンなんだ、と思っていたら、あっと言う間に入学シーズンが間近に迫る。春野菜がうまいし、浅場の魚もうまくなる。が、忘れてはいけないのがキンメダイやアコウダイの深場の魚も最盛期を迎えること。今宵はフウセンキンメのあら煮でいっぱい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読