スミイカ釣法② スッテで釣る!【東京湾】

スミイカ釣法② スッテで釣る!【東京湾】

かつては、テンヤ釣りの仕掛けの上に付けて、「保険」的な使われ方をしていたスッテだが、このスッテオンリーでスミイカを狙う船もある。ライトなタックルを使用し、釣り方も比較的簡単、ビギナーでも数釣りが楽しめるのが特徴だ。スミイカ入門にオススメ。


今は開幕から続く数釣りシーズン。トップ20~30杯前後、ときには40杯近い日もある

ライトに気軽に楽しめるスッテのスミイカ。日増しにサイズアップし「ズシッ!!」が楽しい。

今のところ20m前後のポイントが中心。寒くなってくると深場に移り50m以深も狙うようになるが、それでもオモリは30号でOK。

500~600g級も少なくない。秋の深まりとともにこれからさらにサイズアップしてゆく。

ビギナーや女性にもオススメの釣りだ。

胴付き仕掛けのスッテのみでスミイカを狙い出船。シンプルな仕掛けで、釣り方も難しくないので、初心者にもおすすめの釣り方だ。
タックルはカワハギ竿やLTロッドに小型両軸リール、オモリ30号とライトなもの。オモリを底に着けたまま竿をシェイクしてスッテを躍らせ誘いをかけ、頃合をみて大きく空アワセを入れる、というのが基本の釣り方。スミイカが誘いに乗ってスッテに抱きついていれば、ここで「ズシッ!!」とハリ掛かりする。
今は開幕から続く数釣りシーズン。トップ20~30杯前後、ときには40杯近い日もある。これから日増しに大きく成長していくので、これからは数、型ともに期待できる。
厳冬期の深場でもできるが、浅場で数釣れている今、気軽にスミイカ釣りを楽しんでみては。

関連するキーワード


スミイカ スッテ 東京湾

関連する投稿


手軽に気軽に半日船でアジはいかが!?【東京湾・走水沖】

手軽に気軽に半日船でアジはいかが!?【東京湾・走水沖】

早春とはいうものの名ばかりの寒さが続く。エルニーニョだかなんだか知らないけれど、こうも寒いと釣りに行くのもついついおっくうに。さりとて家にいてもすることはなし…なんてのは私だけ? こんな時には東京湾の半日船がおすすめだ。


東京湾猿島沖のサビキメバル開幕好調だっ!【東京湾・猿島沖】

東京湾猿島沖のサビキメバル開幕好調だっ!【東京湾・猿島沖】

3月1日に開幕した猿島沖のメバルが抜群の魚影の濃さをみせている。新安浦港の「義和丸」では、初日にトップ62匹、定休日を挟んで3日めはトップ66匹と、半日釣りでこの数はまさに絶好調の釣れっぷりだ。


トップ 100本以上も! 絶好調! 東京湾のシーバスジギング【東京湾】

トップ 100本以上も! 絶好調! 東京湾のシーバスジギング【東京湾】

「今の時期はフッコサイズが数多く釣れていますので、初心者や女性、そして子供さんも釣りやすい状況です。このサイズでしたら抜き上げも行いやすいので、ぜひチャレンジしていただきたいと思います!」とは、「長崎屋」ルアー船担当の長崎功船長。


大型の確率アップ! 小柴沖のマコガレイ【東京湾・小柴沖】

大型の確率アップ! 小柴沖のマコガレイ【東京湾・小柴沖】

江戸前の釣りといえば、ハゼにシロギス、スミイカなどが思いつく。だが、忘れてならないのがマコガレイ。冬に産卵のために東京湾奥に乗っ込んだマコガレイは、産卵後に浅場で盛んにエサを食べて体力を回復させる。春になると「花見ガレイ」と呼ばれる身の厚い見事な魚体にに育つ。そのマコガレイを釣ろうと金沢八景の「荒川屋」にお邪魔した。


東京湾のシロギス、冬は良型多く引き味抜群!【東京湾】

東京湾のシロギス、冬は良型多く引き味抜群!【東京湾】

夏が旬というイメージが強い「シロギス」。確かに夏のシロギスはビギナーでも数釣ることが容易で楽しめるのは確か。しかし一方で、冬のシロギス釣りには違った楽しみが存在する。


最新の投稿


ささめ針より新発売「激釣アジビシ2本フロロ(金フッ素)」

ささめ針より新発売「激釣アジビシ2本フロロ(金フッ素)」

ビシアジ仕掛けのベーシックバージョン。貫通力があるフッ素コートハリ使用


ヤリイカとスルメイカ、春の相模湾はおもしろい!【相模湾】

ヤリイカとスルメイカ、春の相模湾はおもしろい!【相模湾】

茨城〜房総エリアではヤリイカが数釣れ始めた。一方、相模湾ではヤリイカとスルメイカが釣れているが、状況によって釣れるイカの割合が大きく変わっている。どちらのイカが多く釣れるにせよ、模様が良くなってきている。そこでヤリイカ&スルメイカを狙って釣行してきた。


スミス「サイドスラスター」PL01、GH01、GS01/ニューカラーが登場

スミス「サイドスラスター」PL01、GH01、GS01/ニューカラーが登場

ヒラマサに効く横方向のカーブスライドを誰にでも演出可能なメタルジグにニューカラー


良型がそろうぞ! 城ヶ島沖のオニカサゴ【相模湾・城ヶ島沖】

良型がそろうぞ! 城ヶ島沖のオニカサゴ【相模湾・城ヶ島沖】

オニカサゴは周年狙えるターゲットだが、春も充分な釣果が期待できる時期だ。じっくりと型物を狙おう!


「ダイワ レオブリッツS500J」中深場から大型青物までこれ1台でカバー

「ダイワ レオブリッツS500J」中深場から大型青物までこれ1台でカバー

ダイワからレオブリッツS500Jが登場。最上位機種であるシーボーグシリーズに 引け劣ることない機能とパワーを備えた注目の電動リール。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読