MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
スミイカの釣り方【エギ(餌木)で釣る!】(東京湾)

スミイカの釣り方【エギ(餌木)で釣る!】(東京湾)

ここ数年、餌木を使ったスミイカ釣りで出船する船が増えている。その魅力は、アオリ釣りにも通じるゲーム性の高さ。空アワセではなく、アタリを取って掛けるのがおもしろい!!

餌木スミイカが人気なのにはワケがある。アタリを取って掛けるから超おもしろい! しかも、案外手軽に楽しめるんです!

たのしさが伝わってきますよね!

手軽に楽しめるとあって、女性の姿も多い。

初期は小型主体だが、時折こんな良型も。サイズはこれからどんどん大きくなる!

場所によってはモンゴウ(カミナリイカ)が多くまじることも。サイズがいいからかなりの重量感だ。

強風のなかトップはモンゴウまじりで9杯! 好調でした!

船はこんなにピカピカですが「どんどん汚してかまいませんよ!」とのこと。初心者のみなさん、安心して楽しみましょう!

東京湾スミイカ3釣法のなかで、おそらく最も手軽に楽しめるのがこの餌木だろう。というのも、餌木スミイカ船を出す船宿は多く、道具はマルイカ用やカワハギ用、シロギス用など、案外手元にある物が使えてしまうのだ。
そんな餌木スミイカのおもしろさは、竿先に出る微かなアタリを見極めて、「アタリだ!」と確信を持ってアワせること。「掛かった」ではなく「掛けた」。だからおもしろい!

竿は竿先が軟らかく繊細で感度がよいものがおすすめ

今回は「エギ王Qライブ」(ヤマリア」が大活躍!

餌木は2.5号と3号がメイン。ピンクとオレンジは必携だ。

ハリスは2.5〜3号を使用。

餌木スミイカは、竿先に出る小さなアタリを見極めて、積極的にアワせていく釣り。したがって竿は、竿先が軟らかく繊細で感度がよいものがおすすめだ。胴からバットにかけては、イカをしっかりとカンナに掛けるために、硬めで張りがある物がいい。
たとえば、湾フグ竿や、マルイカ竿、シロギス竿、カワハギ竿、カレイ竿、そして先調子のルアーロッドなど。このような竿は、案外持っている人も多いのではないだろうか。最初は難しく考えずに、まずはチャレンジすることが大切だ。
リールは小型両軸で、スピニングでもOK。道糸は0.8~1号である。
餌木は2.5~3号を基準に、12月以降は深場を狙うこともあり、かつイカのサイズもよくなってくるので3.5号も持参しておくと安心。カラーは背中の色がピンクとオレンジは必携で、その他ブルーやシルバーなどナチュラル系も用意しておこう。ベース色は金、銀、マーブルがおすすめだ。
中オモリは10号。12月頃になると30m台を狙う可能性もあるので、15号も用意しておきたい。
ハリスは2.5~3号を1.6m。1.6mとちょっと中途半端なのは、両端に結びシロを5㎝ずつ取ればちょうど1.5mになるという計算から。また、この長さは取り込みを快適に行える長さでもある。中オモリまで巻き上げて竿を立てると、ちょうど餌木が掴みやすい位置に来るのだ。初心者はこの長さから始めよう。
ここでひとつ、ハリスに関して重要な注意点を。ハリスは、長さにこだわるよりはむしろ、ヨレやクセを気にするようにしたい。ヨレやクセがついていると、イカの乗りが悪くなるのだ。ハリスは必ずピンと張ったものを常に使うようにしよう。

「ズシン!」という重量感。これがもう、かなりの快感だ! 必ずクセになります!!

餌木スミイカは竿先に出る微かなアタリを見極めてアワせる。だからおもしろい!

釣り方の一連の動作や取り込み方法は上のイラストを参照していただくとして、この釣りで一番おもしろいのは、「ツン」「フワ」「モゾ」「フワ~」など、竿先に出る小さなアタリを見極め、アワせて乗せるところにある。
竿先を注視し、動きが「ん? 何か変だな…」と思ったら、すかさずアワせるようにしよう。「あ、アタリ!」と確信を持ってアワセを入れたときに手元に来る、あの「ズシン!」という重量感。これがもう、かなりの快感! 必ずクセになります!!

以上の記事は「つり丸」2013年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
今シーズンなかなか調子が上がらずファンをやきもきさせていたマルイカだが、4月下旬になって急上昇!マルイカ、ムギイカが半々ほどまじりの釣果。いよいよ本番か!?という雰囲気が漂い出している。
更新: 2019-05-23 12:00:00
富士川沖の早朝タチウオジギングが開幕。5月現在ポイントの水深は70〜130mだが、梅雨にかけて濁り水が入ると、タチウオたちは浅場に入って来る。そうなるとトップ50本前後という釣果になり、いよいよ本番を迎える。
更新: 2019-05-21 12:00:00
サバなんて!そんな偏見もいまは昔。手頃な乗船料金、穏やかな湾内の近場を中心に短時間出船で楽しめて、家族やカップルから熱い支持を受けている。またサバを中心としたエモノの2枚おろしサービスまで受けられる。
更新: 2019-05-20 07:00:00
東京湾のタイラバは一年中コンスタントに釣れるようになって、いまや、東京湾の定番ゲームだ。でもやっぱり、産卵を意識するマダイ多い春がトップシーズンだ!当たれば、大ダイが連発することも!
更新: 2019-05-19 12:00:00
最新記事
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読