MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
相模湾のアマダイ、今シーズンも好スタートだ【相模湾・江の島沖】

相模湾のアマダイ、今シーズンも好スタートだ【相模湾・江の島沖】

秋はいろいろな魚種が釣れ盛る時期。なかでも「タイ」と名の付く赤い魚、マダイ、アマダイ、ハナダイがおもしろい。いずれの魚種も数釣れているので、アタリが多く、ビギナーの人が挑戦するにはオススメだ。相模湾のアマダイも、もちろん釣れてます!

perm_media 《画像ギャラリー》相模湾のアマダイ、今シーズンも好スタートだ【相模湾・江の島沖】の画像をチェック! navigate_next

アタリを出すために、誘い上げて食わせるのがコツ!!

船中最初のアマダイは永井名人が釣り上げた! 「船長がすすめるように、誘い上げてアタりました!」と永井名人。

オモリが着底したら、竿を海面に向けた状態で仕掛けの半分ぐらい上げてください。そこで誘い上げて食わせれば、アタリがはっきりと出ます」と言う岩本船長。それを永井名人は実行した!

ポイントは江の島沖一帯。当日は水深85m前後をおもに狙った。

取材当日は食い渋り。アマダイの顔を見ることができたのは、終始手持ちで誘っていた人だけだった!

取材は台風26号通過後。底荒れが影響し、食い渋ったが35㎝オーバーを連発させる釣り人もいた!

付けエサはオキアミ。1匹付けにする!

「島きち丸」の仕掛けは、ハリス3号、全長2.2m。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・片瀬「島きち丸」。

ここ2〜3年、「当たり年」と言える好シーズンが続いている相模湾のアマダイ。今年も相模湾の広範囲で好釣果が記録されており、おもしろくなってきている。
「今のところ(10月中旬)、江の島沖水深85m前後をおもに狙っていますが、30〜40㎝のサイズが目立っています。今後、水温が下がれば、小型もまじってきますが数釣れるようになります」とは片瀬「島きち丸」の岩本隆弘船長。
岩本船長がすすめる釣り方は、誘い上げて食わせること。仕掛けを投入してオモリが海底に着いたら、竿先を海面に向けて糸フケを取り、その状態から仕掛けの長さの半分ぐらい巻き上げる。そして、その位置から誘い上げて食わせるのだ。
「底付近の下バリを、誘い上げて浮かせて食わせます。そうすることでアタリも明確に出ます」と岩本船長。
ぜひ岩本船長の釣り方を実行して、高級魚アマダイをゲットしよう!!

以上の記事は「つり丸」2013年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
2020年12月後半、タチウオが爆釣しているという噂を聞き付けて調査に行ってきました!お世話になったのは、金沢八景「弁天屋」さんです。
今年も1月に深場のアカムツフィールドが解禁!ポ イントは犬吠埼沖約19マ イル。一荷ヒットはザラ!ナイスボディの良型乱舞中だ!
開幕から好調が続く東京湾のカワハギ!厳寒期の数釣りパターンに突入!キモでパンパン!食べる楽しみも魅力的なカワハギの攻略法を紹介!
外房・大原沖のヒラメがいよいよ本格シーズン!イワシが回遊すれば数、型が期待できる!大ビラメ祭りもあるぞ!!
手軽に高級魚を多点掛け可能!深場入門にぴったりだけど本格釣果!クーラー一つでの挑戦もOK!小坪港「太郎丸」のキンメ五目が沸騰中だ!
最新記事
2020年12月後半、タチウオが爆釣しているという噂を聞き付けて調査に行ってきました!お世話になったのは、金沢八景「弁天屋」さんです。
今年も1月に深場のアカムツフィールドが解禁!ポ イントは犬吠埼沖約19マ イル。一荷ヒットはザラ!ナイスボディの良型乱舞中だ!
春が旬のサワラ攻略のためのベストアシストフック登場「アシストフック サワラスナイパー」
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
開幕から好調が続く東京湾のカワハギ!厳寒期の数釣りパターンに突入!キモでパンパン!食べる楽しみも魅力的なカワハギの攻略法を紹介!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル