MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
相模湾のアマダイ、今シーズンも好スタートだ【相模湾・江の島沖】

相模湾のアマダイ、今シーズンも好スタートだ【相模湾・江の島沖】

秋はいろいろな魚種が釣れ盛る時期。なかでも「タイ」と名の付く赤い魚、マダイ、アマダイ、ハナダイがおもしろい。いずれの魚種も数釣れているので、アタリが多く、ビギナーの人が挑戦するにはオススメだ。相模湾のアマダイも、もちろん釣れてます!

perm_media 《画像ギャラリー》相模湾のアマダイ、今シーズンも好スタートだ【相模湾・江の島沖】の画像をチェック! navigate_next

アタリを出すために、誘い上げて食わせるのがコツ!!

船中最初のアマダイは永井名人が釣り上げた! 「船長がすすめるように、誘い上げてアタりました!」と永井名人。

オモリが着底したら、竿を海面に向けた状態で仕掛けの半分ぐらい上げてください。そこで誘い上げて食わせれば、アタリがはっきりと出ます」と言う岩本船長。それを永井名人は実行した!

ポイントは江の島沖一帯。当日は水深85m前後をおもに狙った。

取材当日は食い渋り。アマダイの顔を見ることができたのは、終始手持ちで誘っていた人だけだった!

取材は台風26号通過後。底荒れが影響し、食い渋ったが35㎝オーバーを連発させる釣り人もいた!

付けエサはオキアミ。1匹付けにする!

「島きち丸」の仕掛けは、ハリス3号、全長2.2m。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・片瀬「島きち丸」。

ここ2〜3年、「当たり年」と言える好シーズンが続いている相模湾のアマダイ。今年も相模湾の広範囲で好釣果が記録されており、おもしろくなってきている。
「今のところ(10月中旬)、江の島沖水深85m前後をおもに狙っていますが、30〜40㎝のサイズが目立っています。今後、水温が下がれば、小型もまじってきますが数釣れるようになります」とは片瀬「島きち丸」の岩本隆弘船長。
岩本船長がすすめる釣り方は、誘い上げて食わせること。仕掛けを投入してオモリが海底に着いたら、竿先を海面に向けて糸フケを取り、その状態から仕掛けの長さの半分ぐらい巻き上げる。そして、その位置から誘い上げて食わせるのだ。
「底付近の下バリを、誘い上げて浮かせて食わせます。そうすることでアタリも明確に出ます」と岩本船長。
ぜひ岩本船長の釣り方を実行して、高級魚アマダイをゲットしよう!!

以上の記事は「つり丸」2013年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
外房・御宿沖の伝統釣法・カモシ釣りが好機!良型マダイがラッシュ中で、ヒラマサの回遊もあり!夢のある釣りを絶賛展開中だ!この機会にぜひ!
新潟県上越・直江津沖。夏のイチオシターゲットがオキメバルだ!活性が高いと良型ばかりズラズラズラリと多点掛けするのが特徴。夜は半夜で楽しむアカイカシーズンが開幕!
東京湾がいよいよ照りゴチシーズン突入!産卵後の荒食いが期待できる この時期は入門にもオススメ!とても美味なので食のほうでも楽しめる。
最新記事
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
東京湾のタイラバゲームは終盤戦に突入しているが、まだまだ入門者にもお手軽な時期だ!取材日もマダイ初挑戦という女性が見事にキャッチに成功!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル