MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ひとつテンヤで食べごろマダイがひっきりなしの激釣【常磐会瀬沖】

ひとつテンヤで食べごろマダイがひっきりなしの激釣【常磐会瀬沖】

北茨城・会瀬沖のマダイも秋の爆釣シーズンまっただ中だ。数年前までは、この時期に大ダイが炸裂していたが、昨年あたりからは、誰もが気軽に楽しめる小から中サイズのマダイの数釣りが会瀬沖水深30m前後で主流になっている。

perm_media 《画像ギャラリー》ひとつテンヤで食べごろマダイがひっきりなしの激釣【常磐会瀬沖】の画像をチェック! navigate_next

マダイの数釣りは秋の定番になりつつある。ゲストも多いぞ

底から1〜2m以内をマメに探る地元の名人は良型を確実にヒットさせていた。

平日でも人気の「ことぶき丸」。会瀬港までのアクセスはかなりいい。

激うまマダイをゲット! タナはボトムでOK。

ポイントは会瀬港真沖。マダイが生息する環境が整っているまだまだ未開のエリアだ。

このサイズが一番たべごろだろう。

小ダイは一気に抜き上げよう! 手返し重視!!

マダイは高活性! 小ダイの早アワセは禁物!!

ポイントの水深は30m前後。

船で配られるエサはコレ。

「いとしのハギー」テンヤマダイセッティングでヒットしたマダイ。

数吉漁具「いとしのハギー」はタイラバにも変身する。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・会瀬港「ことぶき丸」。

「マダイの数釣りは秋の定番になりつつあります。春は乗っ込み大ダイ一発狙いというギャンブル的要素が強い釣りですが、秋は底付近を狙って、マダイの数釣りを楽しんでもらってます。ゲストも多いですからね。お土産は十分です」とは、会瀬港「ことぶき丸」の斎藤研一船長。ほぼ周年テンヤマダイ専門船として出船中だ。
「今期はヒラマサが多いですね。ドラグ調整とラインの傷チェックはしっかりとしてくださいよ」と斎藤船長。
シーズンはまだ始まったばかり。年末まで熱い会瀬沖で小気味いいファイトを堪能しよう。

以上の記事は「つり丸」2013年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
太東沖のイサキは、大型の比率が高い!LTタックルの感度と操作性で釣れるパターンを探り出し「北限の大型」を獲る!リレー釣り片貝沖のハナダイも復活!
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
最新記事
幸昌丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
ヒシダイ(スズキ目ヒシダイ科ヒシダイ属)国内では福島県でも見つかっているが、千葉県外房以南、富山湾以南に生息。
マルイカやイワシ類に付いた野性的なマダイを狙うのが「たいぞう丸」の「タイラバ五目」。広大なポイントを片舷限定のドテラ流しで攻められるメリットを生かして、年々新たなポイントが開拓されている。
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル