MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ひとつテンヤで食べごろマダイがひっきりなしの激釣【常磐会瀬沖】

ひとつテンヤで食べごろマダイがひっきりなしの激釣【常磐会瀬沖】

北茨城・会瀬沖のマダイも秋の爆釣シーズンまっただ中だ。数年前までは、この時期に大ダイが炸裂していたが、昨年あたりからは、誰もが気軽に楽しめる小から中サイズのマダイの数釣りが会瀬沖水深30m前後で主流になっている。

マダイの数釣りは秋の定番になりつつある。ゲストも多いぞ

底から1〜2m以内をマメに探る地元の名人は良型を確実にヒットさせていた。

平日でも人気の「ことぶき丸」。会瀬港までのアクセスはかなりいい。

激うまマダイをゲット! タナはボトムでOK。

ポイントは会瀬港真沖。マダイが生息する環境が整っているまだまだ未開のエリアだ。

このサイズが一番たべごろだろう。

小ダイは一気に抜き上げよう! 手返し重視!!

マダイは高活性! 小ダイの早アワセは禁物!!

ポイントの水深は30m前後。

船で配られるエサはコレ。

「いとしのハギー」テンヤマダイセッティングでヒットしたマダイ。

数吉漁具「いとしのハギー」はタイラバにも変身する。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・会瀬港「ことぶき丸」。

「マダイの数釣りは秋の定番になりつつあります。春は乗っ込み大ダイ一発狙いというギャンブル的要素が強い釣りですが、秋は底付近を狙って、マダイの数釣りを楽しんでもらってます。ゲストも多いですからね。お土産は十分です」とは、会瀬港「ことぶき丸」の斎藤研一船長。ほぼ周年テンヤマダイ専門船として出船中だ。
「今期はヒラマサが多いですね。ドラグ調整とラインの傷チェックはしっかりとしてくださいよ」と斎藤船長。
シーズンはまだ始まったばかり。年末まで熱い会瀬沖で小気味いいファイトを堪能しよう。

以上の記事は「つり丸」2013年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
南房太海沖のFサビキによるクロムツ釣りが好調だ!ムツは40cmオーバーの大型主体に数釣りも!後半スルメはダブル・トリプルも…今後上昇に期待!!
外房 飯岡沖でマダイが確変フィーバー中!飯岡港「梅花丸」取材当日も水深27m前後の漁礁周りで大ダイ、中ダイが連発!記録更新を狙うなら今がチャンスだ!
伝統釣法!外房・川津沖のカモシ釣りは秋のヒラマサ高確率シーズン到来!10kgオーバーの大型も狙え、ワラサやマダイもまじる!
東京湾 剣崎沖でカワハギが秋最盛期目前!最強の戦略!エサをルアーのように動かす「横の釣り」をがまかつテスター・鶴岡克則さんが解説!
大型まじりで釣果上向き傾向!!東京湾のアマダイが絶好釣!神奈川・久比里「山天丸釣船店」で当日最大は46㎝!50㎝超もポツポツまじっている!
最新記事
南房太海沖のFサビキによるクロムツ釣りが好調だ!ムツは40cmオーバーの大型主体に数釣りも!後半スルメはダブル・トリプルも…今後上昇に期待!!
外房 飯岡沖でマダイが確変フィーバー中!飯岡港「梅花丸」取材当日も水深27m前後の漁礁周りで大ダイ、中ダイが連発!記録更新を狙うなら今がチャンスだ!
金澤美穂さん!千葉県大原港の「長福丸」さんで、人気急上昇中のSLJを初体験!タダ巻だけでも魚種多彩に釣れるうえ、タックルもライトなので、ビギナーにも超オススメです!
伝統釣法!外房・川津沖のカモシ釣りは秋のヒラマサ高確率シーズン到来!10kgオーバーの大型も狙え、ワラサやマダイもまじる!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読