MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
夏ビラメ全快! 外房・飯岡沖がスゴいことに!!【外房・飯岡沖 】

夏ビラメ全快! 外房・飯岡沖がスゴいことに!!【外房・飯岡沖 】

外房・飯岡沖のヒラメは6月から開幕している。夏場は好シーズンでもあり、ヒラメの活性が高く、数釣れることもしばしば。今シーズンも7月に入り絶好調が続いている。

今年の飯岡沖のヒラメ釣りは、異常と言っていい程の好釣果! 加えてカンパチ、ヒラマサなど青物がアタることもある

このサイズが釣れれば満足だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡「三次郎丸」。

6月から開幕した飯岡地区のヒラメ釣り。「今年は異常とも言えるくらいのいい釣果が出ています。これだけ釣れる年も珍しいですね」と今期の状況を話してくれたのは飯岡港「三次郎丸」の滝沢健司船長。
開幕当初は、潮が赤茶っぽく濁り、条件としては良くない状況が続いていた。そんな状況でもトップ5〜6枚というまずまずの釣果が続いていた。そして、ここへきて潮が澄んでからは一気に爆釣モードへ突入。トップは10枚前後、船中40〜50枚が当たり前のように続いている。釣り場も広範囲にわたって釣れているようで、魚影も濃い模様だ。
釣れているサイズは、夏場らしく1㎏級がレギュラー。しかし、2㎏、3㎏、時には5㎏オーバーの良型も期待できる。さらに、これからの時期はカンパチ、ヒラマサ、ワラサ等、パワフルな青物がアタることもある。これらの大型魚はいつアタるかわらない。不意の大物に備えてドラグ調整はしっかりとしておこう。

当日のヒラメ仕掛けは以下の通りであります

エサのマイワシは写真のように付ける。

絶好調の夏ビラメを体感! 開始早々からあちこちでヒット! 竿頭は9枚ゲット!

当日は頻繁にアタリがあり、こんな光景があちこちで見られた。

肉厚の良型が取り込まれた!

飯岡沖の広範囲をポイントに釣行した。結果、この日はオデコなし。全員がヒラメを釣り上げた! キロ前後がアベレージサイズだが、2〜3㎏サイズもまじる。3人が9枚で竿頭になって終了となった。全体の釣果は0.5〜3.7㎏を1〜9枚、船中57枚だった。
今後の展望を健司船長に聞いてみた。「今年は広範囲で釣れているので、魚影は濃いようですね。これからも期待できそうな感じです。夏場のヒラメはアタリも多く、釣りやすいので覚えるには最適な時期です。初心者の方にもチャレンジしてもらいたいですね」と答えてくれた。

以上の記事は「つり丸」2012年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
この夏も好調が続いている東京湾のタチウオ。7月後半の時点では観音崎沖~走水沖と第二海堡沖がメインポイントとなっている。観音崎沖のタチウオは大型がまじるのが魅力!アワセまでのカケヒキと強い引き味を楽しもう!!
更新: 2019-08-24 07:00:00
本牧港「長崎屋」では、連日シロギスの好釣果を記録している。取材当日は開始から慣れた常連さんが怒涛の勢いで数を伸ばし、トップは2本竿の274匹。12人が竿を出し、7人が束釣り達成。富津沖は水深4~5mと浅場で釣りやすいのが魅力。
更新: 2019-08-22 07:00:00
いよいよ夏本番。走水沖ではブランドの夏アジが絶好調!連日30cm前後のジャンボサイズ主体に、束釣り(100匹)を達成して早揚がりもある。別格な美味!走水沖のビシアジは初心者や夏休みのファミリーフィッシングにもオススメだ。
更新: 2019-08-17 07:00:00
新子安恵比須橋の「だてまき丸」マゴチが宿の看板。一年の多くの期間をマゴチ乗合で出船しており、今シーズンも好釣果を出し続けている。これからの照りゴチシーズン!パワフルな夏マゴチの引きが堪能できるぞ‼
更新: 2019-08-15 12:00:00
平潟沖のアカムツ五目は、比較的浅場をライトなタックルで狙う波崎沖寒猫根と同様の、かなりお手軽カンタンなスタンスのアカムツ釣りだ。マゾイやアラなどプラスアルファも魅力!この夏はお好みのターゲットにチャレンジ!
更新: 2019-08-15 07:00:00
最新記事
小型の魚掴みに最適なフィッシュキャッチャー ブロックス「フィッシュキャッチャーRレギュラー」
更新: 2019-08-24 12:00:00
この夏も好調が続いている東京湾のタチウオ。7月後半の時点では観音崎沖~走水沖と第二海堡沖がメインポイントとなっている。観音崎沖のタチウオは大型がまじるのが魅力!アワセまでのカケヒキと強い引き味を楽しもう!!
更新: 2019-08-24 07:00:00
極上美味ターゲットアラの釣り場は全国各地に点在するが、5㎏以上の「大」サイズは簡単には姿を見せず、「幻」と称されている。近年そんな大アラをエサ釣り、ジギング双方で高確率に「現実」に変えたのが、新潟間瀬港「光海丸」の小林聡船長。
更新: 2019-08-23 07:00:00
本牧港「長崎屋」では、連日シロギスの好釣果を記録している。取材当日は開始から慣れた常連さんが怒涛の勢いで数を伸ばし、トップは2本竿の274匹。12人が竿を出し、7人が束釣り達成。富津沖は水深4~5mと浅場で釣りやすいのが魅力。
更新: 2019-08-22 07:00:00
相模湾のコマセカツオ&キハダが8月1日に開幕。今シーズンはかなり良さそうだ! 開幕当初こそコマセにつかなかったが、「思った以上に湾内に魚が入っています。今年は期待できますよ」と小坪港「洋征丸」の高木洋征船長。
更新: 2019-08-21 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読