MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
秋のハナダイ、正真正銘 〝鯛〟の数釣り! 良型主体!!【銚子沖】

秋のハナダイ、正真正銘 〝鯛〟の数釣り! 良型主体!!【銚子沖】

数釣れる「鯛」といったら、なんといってもハナダイだろう。しかも生きエビエサのハナダイ釣りなら、100枚オーバーも珍しくない。

すぐに2枚、3枚と掛かって、ガンガン! ガンガン! 竿が引き込まれ、3点掛け連発もある。忙しいほどの数釣りだ!

良型主体に数釣りが続く銚子沖のエビハナダイ。トップ100枚オーバーの日も多く、正真正銘、数釣りが楽しめる秋の鯛なのだ。

三点掛け連発!!

生きエビエサは船長が網で引いてくる。そのためサルエビ、スムシそれぞれ大きいもの、小さいものまじりなので、それら全部上手く使おう。

小さいサルエビやスムシは尾羽を取って真っすぐになるようにハリを刺し、腹側にハリ先を抜く。

大きいサルエビはブツ切りにしてハリに付けよう。

食いがいいときは1匹であげずに、しばらく追い食いを待ってみよう。2点掛け、3点掛けは引き味もたのしい! ただし、食いが渋いときに待ちすぎるとバラシが多くなる。

リールは小型両軸。道糸はPE1.5~2号。

「ここは根掛かりする」などの指示がない限り、オモリを底に着けてアタリを待つ。道糸は張らず緩めず。

ガツガツっというアタリは、すでにハナダイがハリに掛かっている。もたれるような前アタリがあるので、そこでスーッと竿を立ててアワせてやるとバラシが少ない。

型は15~30㎝前後。20㎝オーバーの良型主体。

秋の鯛釣りで、忙しいほどの釣りを楽しみたいなら、生きエビエサのハナダイがおすすめだ。
銚子沖では、このところ、トップ70枚、80枚と数釣れる日が多く、100枚を超える日も少なくない。
仕掛けは胴付き3本バリでオモリは40号。エサは新鮮な生きエビだ。
オモリを着底させてアタリを待つの基本。派手なアタリの前の、もたれるような前アタリでスッと竿を立ててアワせてやるとバレない。食いがいいときは1枚掛かってもすぐ上げずに追い食いを待とう。すぐに2枚、3枚と掛かって、ガンガン! ガンガン! 竿が引き込まれ、3点掛け連発もある。忙しいほどの数釣りっていうのも楽しいですよ!

以上の記事は「つり丸」2013年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連するキーワード
関連記事
東京湾のタチウオ&アジ!釣って楽しく食べて美味しい!人気2魚種をリレーで狙わせてくれるのが鴨居大室港「福よし丸」。どちらも釣れれば満足感2倍だ!!
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。
カモシ釣りの有名ポイント、外房御宿沖三本松にヒラマサ回遊中!カモシヒラマサ入門には最適期だ!他には1.5~3㎏級の乗っ込みマダイも釣れている!
川崎「つり幸」さんで、東京湾の夜カサゴ釣りに挑戦!キャストして探るとアタリが頻発!仕掛けもタックルもライトなので、今回釣れた15~20㎝の個体でも十分な引きを感じることができました。
最新記事
東京湾のタチウオ&アジ!釣って楽しく食べて美味しい!人気2魚種をリレーで狙わせてくれるのが鴨居大室港「福よし丸」。どちらも釣れれば満足感2倍だ!!
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読