MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
秋のハナダイ、正真正銘 〝鯛〟の数釣り! 良型主体!!【銚子沖】

秋のハナダイ、正真正銘 〝鯛〟の数釣り! 良型主体!!【銚子沖】

数釣れる「鯛」といったら、なんといってもハナダイだろう。しかも生きエビエサのハナダイ釣りなら、100枚オーバーも珍しくない。

perm_media 《画像ギャラリー》秋のハナダイ、正真正銘 〝鯛〟の数釣り! 良型主体!!【銚子沖】の画像をチェック! navigate_next

すぐに2枚、3枚と掛かって、ガンガン! ガンガン! 竿が引き込まれ、3点掛け連発もある。忙しいほどの数釣りだ!

良型主体に数釣りが続く銚子沖のエビハナダイ。トップ100枚オーバーの日も多く、正真正銘、数釣りが楽しめる秋の鯛なのだ。

三点掛け連発!!

生きエビエサは船長が網で引いてくる。そのためサルエビ、スムシそれぞれ大きいもの、小さいものまじりなので、それら全部上手く使おう。

小さいサルエビやスムシは尾羽を取って真っすぐになるようにハリを刺し、腹側にハリ先を抜く。

大きいサルエビはブツ切りにしてハリに付けよう。

食いがいいときは1匹であげずに、しばらく追い食いを待ってみよう。2点掛け、3点掛けは引き味もたのしい! ただし、食いが渋いときに待ちすぎるとバラシが多くなる。

リールは小型両軸。道糸はPE1.5~2号。

「ここは根掛かりする」などの指示がない限り、オモリを底に着けてアタリを待つ。道糸は張らず緩めず。

ガツガツっというアタリは、すでにハナダイがハリに掛かっている。もたれるような前アタリがあるので、そこでスーッと竿を立ててアワせてやるとバラシが少ない。

型は15~30㎝前後。20㎝オーバーの良型主体。

秋の鯛釣りで、忙しいほどの釣りを楽しみたいなら、生きエビエサのハナダイがおすすめだ。
銚子沖では、このところ、トップ70枚、80枚と数釣れる日が多く、100枚を超える日も少なくない。
仕掛けは胴付き3本バリでオモリは40号。エサは新鮮な生きエビだ。
オモリを着底させてアタリを待つの基本。派手なアタリの前の、もたれるような前アタリでスッと竿を立ててアワせてやるとバレない。食いがいいときは1枚掛かってもすぐ上げずに追い食いを待とう。すぐに2枚、3枚と掛かって、ガンガン! ガンガン! 竿が引き込まれ、3点掛け連発もある。忙しいほどの数釣りっていうのも楽しいですよ!

以上の記事は「つり丸」2013年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連するキーワード
関連記事
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
外房・御宿沖の伝統釣法・カモシ釣りが好機!良型マダイがラッシュ中で、ヒラマサの回遊もあり!夢のある釣りを絶賛展開中だ!この機会にぜひ!
新潟県上越・直江津沖。夏のイチオシターゲットがオキメバルだ!活性が高いと良型ばかりズラズラズラリと多点掛けするのが特徴。夜は半夜で楽しむアカイカシーズンが開幕!
東京湾がいよいよ照りゴチシーズン突入!産卵後の荒食いが期待できる この時期は入門にもオススメ!とても美味なので食のほうでも楽しめる。
最新記事
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
東京湾のタイラバゲームは終盤戦に突入しているが、まだまだ入門者にもお手軽な時期だ!取材日もマダイ初挑戦という女性が見事にキャッチに成功!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル