MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
秋のハナダイ、正真正銘 〝鯛〟の数釣り! 良型主体!!【銚子沖】

秋のハナダイ、正真正銘 〝鯛〟の数釣り! 良型主体!!【銚子沖】

数釣れる「鯛」といったら、なんといってもハナダイだろう。しかも生きエビエサのハナダイ釣りなら、100枚オーバーも珍しくない。

すぐに2枚、3枚と掛かって、ガンガン! ガンガン! 竿が引き込まれ、3点掛け連発もある。忙しいほどの数釣りだ!

良型主体に数釣りが続く銚子沖のエビハナダイ。トップ100枚オーバーの日も多く、正真正銘、数釣りが楽しめる秋の鯛なのだ。

三点掛け連発!!

生きエビエサは船長が網で引いてくる。そのためサルエビ、スムシそれぞれ大きいもの、小さいものまじりなので、それら全部上手く使おう。

小さいサルエビやスムシは尾羽を取って真っすぐになるようにハリを刺し、腹側にハリ先を抜く。

大きいサルエビはブツ切りにしてハリに付けよう。

食いがいいときは1匹であげずに、しばらく追い食いを待ってみよう。2点掛け、3点掛けは引き味もたのしい! ただし、食いが渋いときに待ちすぎるとバラシが多くなる。

リールは小型両軸。道糸はPE1.5~2号。

「ここは根掛かりする」などの指示がない限り、オモリを底に着けてアタリを待つ。道糸は張らず緩めず。

ガツガツっというアタリは、すでにハナダイがハリに掛かっている。もたれるような前アタリがあるので、そこでスーッと竿を立ててアワせてやるとバラシが少ない。

型は15~30㎝前後。20㎝オーバーの良型主体。

秋の鯛釣りで、忙しいほどの釣りを楽しみたいなら、生きエビエサのハナダイがおすすめだ。
銚子沖では、このところ、トップ70枚、80枚と数釣れる日が多く、100枚を超える日も少なくない。
仕掛けは胴付き3本バリでオモリは40号。エサは新鮮な生きエビだ。
オモリを着底させてアタリを待つの基本。派手なアタリの前の、もたれるような前アタリでスッと竿を立ててアワせてやるとバレない。食いがいいときは1枚掛かってもすぐ上げずに追い食いを待とう。すぐに2枚、3枚と掛かって、ガンガン! ガンガン! 竿が引き込まれ、3点掛け連発もある。忙しいほどの数釣りっていうのも楽しいですよ!

以上の記事は「つり丸」2013年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連するキーワード
関連記事
東京湾LTアジが絶好調だ!軽いタックル&近場のポイントで手軽に狙えるのが人気!今ならアタリが多いので、沖釣りの醍醐味を体感するには、まさに最適!さらに、アジは食べても美味しいのも魅力だ。
東京湾の湾フグの人気船宿、金沢八景「野毛屋」は高級魚トラフグ狙いの釣り人で賑わっている。そんな「野毛屋」でフグ乗合を担当し湾フグのカリスマ船長に船上のマナー“加熱式たばこ”について聞いた。
東京湾ではイシモチがず〜っと好調続き!釣り方も簡単だから誰でも手軽に楽しめる!!ポイントの水深は10m台〜20m台という浅場なので超釣りやすい。
この春、相模湾東部はスルメとヤリの両狙い!どちらのイカがよく乗るかは釣ってみないとわからない!スルメは束釣りを記録することも!!仕掛けはスルメイカ用とヤリイカ用の両方を持参しよう。
南房のジャンボイサキが解禁から沸騰中!西川名港から出船「竜一丸」では半日で規定の50匹に達することも!ビギナーや希望者には、出船前に船長自ら釣り方をレクチャー!ベテランも満足のこの釣りをぜひ!
最新記事
人気の餌木タコ専用ワイドベイトキャスティングリール「エランワイド パワー オクトパス P-LIMITED」
東京湾LTアジが絶好調だ!軽いタックル&近場のポイントで手軽に狙えるのが人気!今ならアタリが多いので、沖釣りの醍醐味を体感するには、まさに最適!さらに、アジは食べても美味しいのも魅力だ。
東京湾の湾フグの人気船宿、金沢八景「野毛屋」は高級魚トラフグ狙いの釣り人で賑わっている。そんな「野毛屋」でフグ乗合を担当し湾フグのカリスマ船長に船上のマナー“加熱式たばこ”について聞いた。
釣りを楽しみたい女性をサポートする「つりジェンヌ」では季節ごとのイベントの参加者を募集している。
東京湾ではイシモチがず〜っと好調続き!釣り方も簡単だから誰でも手軽に楽しめる!!ポイントの水深は10m台〜20m台という浅場なので超釣りやすい。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読