MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
秋のハナダイ、正真正銘 〝鯛〟の数釣り! 良型主体!!【銚子沖】

秋のハナダイ、正真正銘 〝鯛〟の数釣り! 良型主体!!【銚子沖】

数釣れる「鯛」といったら、なんといってもハナダイだろう。しかも生きエビエサのハナダイ釣りなら、100枚オーバーも珍しくない。

perm_media 《画像ギャラリー》秋のハナダイ、正真正銘 〝鯛〟の数釣り! 良型主体!!【銚子沖】の画像をチェック! navigate_next

すぐに2枚、3枚と掛かって、ガンガン! ガンガン! 竿が引き込まれ、3点掛け連発もある。忙しいほどの数釣りだ!

良型主体に数釣りが続く銚子沖のエビハナダイ。トップ100枚オーバーの日も多く、正真正銘、数釣りが楽しめる秋の鯛なのだ。

三点掛け連発!!

生きエビエサは船長が網で引いてくる。そのためサルエビ、スムシそれぞれ大きいもの、小さいものまじりなので、それら全部上手く使おう。

小さいサルエビやスムシは尾羽を取って真っすぐになるようにハリを刺し、腹側にハリ先を抜く。

大きいサルエビはブツ切りにしてハリに付けよう。

食いがいいときは1匹であげずに、しばらく追い食いを待ってみよう。2点掛け、3点掛けは引き味もたのしい! ただし、食いが渋いときに待ちすぎるとバラシが多くなる。

リールは小型両軸。道糸はPE1.5~2号。

「ここは根掛かりする」などの指示がない限り、オモリを底に着けてアタリを待つ。道糸は張らず緩めず。

ガツガツっというアタリは、すでにハナダイがハリに掛かっている。もたれるような前アタリがあるので、そこでスーッと竿を立ててアワせてやるとバラシが少ない。

型は15~30㎝前後。20㎝オーバーの良型主体。

秋の鯛釣りで、忙しいほどの釣りを楽しみたいなら、生きエビエサのハナダイがおすすめだ。
銚子沖では、このところ、トップ70枚、80枚と数釣れる日が多く、100枚を超える日も少なくない。
仕掛けは胴付き3本バリでオモリは40号。エサは新鮮な生きエビだ。
オモリを着底させてアタリを待つの基本。派手なアタリの前の、もたれるような前アタリでスッと竿を立ててアワせてやるとバレない。食いがいいときは1枚掛かってもすぐ上げずに追い食いを待とう。すぐに2枚、3枚と掛かって、ガンガン! ガンガン! 竿が引き込まれ、3点掛け連発もある。忙しいほどの数釣りっていうのも楽しいですよ!

以上の記事は「つり丸」2013年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連するキーワード
関連記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
太東沖のイサキは、大型の比率が高い!LTタックルの感度と操作性で釣れるパターンを探り出し「北限の大型」を獲る!リレー釣り片貝沖のハナダイも復活!
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
最新記事
幸昌丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
ヒシダイ(スズキ目ヒシダイ科ヒシダイ属)国内では福島県でも見つかっているが、千葉県外房以南、富山湾以南に生息。
マルイカやイワシ類に付いた野性的なマダイを狙うのが「たいぞう丸」の「タイラバ五目」。広大なポイントを片舷限定のドテラ流しで攻められるメリットを生かして、年々新たなポイントが開拓されている。
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル