MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
保存版!!釣り人のための 魚のさばき方!マダイをさばく

保存版!!釣り人のための 魚のさばき方!マダイをさばく

沖釣りの王様、マダイのさばき方はぜひ覚えておきたい。素人が慣れない包丁でやっても、比較的失敗が少なく安全な方法を紹介!安心して釣りに行けるようになったら、マダイもぜひ狙いたいね!

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

マダイをさばく!

沖釣りの王様、マダイのさばき方はぜひ覚えておきたい。

ただし、マダイはウロコもしっかりしていて骨も硬い魚。

魚屋さんや板前さんの熟練の包丁さばきには豊富な知識と経験の裏付けがあり、そう簡単にはマネできない。

ここでは、素人が慣れない包丁でやっても、比較的失敗が少なく安全な方法を紹介する。

みんなが安心して釣りに行けるようになったら、マダイもぜひ狙いたいね!

以上の記事は「つり丸」2020年6月1日号の掲載記事です。

関連記事
オニヒラアジはスズキ目アジ科ギンガメアジ属。和歌山県から九州南岸の太平洋沿岸、鹿児島県南さつま市笠沙の東シナ海、屋久島、琉球列島。台湾、西太平洋、インド洋に広く生息域をもつ。全長1m前後の大型魚だ。
シマアジはスズキ目アジ科シマアジ属。本州以南に生息。意外に沖縄県ではあまり見られない。古くは南半球のシマアジは別種とされていたが、国内のシマアジと同種であることが判明する。
オオグチイシチビキはスズキ目フエダイ科イシフエダイ属。長崎県壱岐と五島・千葉県館山以南、インド洋、太平洋の熱帯域から温帯域に生息している。相模湾、駿河湾には幼魚が多い。
ヒラソウダはスズキ目サバ科ソウダガツオ属。北海道以南。世界中の熱帯・亜熱帯・温帯域のやや岸よりも表層域に群れを作る。群れは作るがマルソウダの群れと比べると個体数が少ない。
スズキはスズキ目スズキ科スズキ属。北海道から九州、朝鮮半島南岸・西岸。内湾、汽水域、淡水域にも侵入する。
最新記事
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル