MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾 いよいよ開幕!夏のタチウオ!攻めの釣りで迎撃しよう!

東京湾 いよいよ開幕!夏のタチウオ!攻めの釣りで迎撃しよう!

待ちに待った東京湾の夏タチシーズンがやってくる!アタリが多く、釣りやすくなるのが夏タチの特徴!シャクリ幅と巻き上げ速度のバリエーションで攻めよう!!

※この記事は「つり丸」の過去の取材で撮影、公開した写真を使用し、記事を再編集して作成したものです。

いよいよ夏のタチウオ シーズン開幕!〝誘って、追わせて、食わす〟攻めの釣りで迎撃しよう!!

絶大なる人気の夏タチ。開幕すれば数十隻の船がポイントに集結し船団ができる

浅場でアタリ活発!入門者でも楽しめる!!

アタリが頻繁に訪れても、なかなか掛からない。

そのもどかしさが釣り人の闘志を掻き立て、あの手この手でエサを食わそうとアツくなる! 

そんなシーンが楽しめる東京湾のタチウオが、初夏から始まる数釣りシーズンを迎えようとしている。

「近年は一年中タチウオが狙えるようになりましたが、梅雨時期から開幕する夏タチは、浅場で釣れるので劇的に釣りやすくなりますよね。数も期待できますし、入門者でも楽しめますよ」とは、前号のタチウオ記事で取材した横浜新山下「渡辺釣船店」の田中茂生船長の言葉だ。

ちなみに今期の開幕も視界良好だと思うとのこと。

近年同様、厳寒期も深場へ落ち切らず、水深100m以浅に大型タチウオが居てエサを捕食。

それらと共に食欲旺盛な当歳魚たちが浅場に上がってくることや、すでにカタクチイワシなど小型のベイト(エサ)が浅場に溜まっているのが、その理由だそうだ。

夏シーズン開幕時のポイントは、千葉県側の富津沖や木更津沖、海堡周りが多く、水深は20~30mほどということが多い。

釣れるサイズは、指3本程度の小型が中心も数釣りが期待できる他、先に述べたように大型・メーターオーバーのドラゴンサイズもまじるので侮れないなど、ワクワクする要素がいっぱいなのだ。

それでは具体的な攻略法の紹介に入ろう。

出船前にビギナーへの指導を行う船宿が多いので、安心してエントリーできる

ゲームロッドと小型両軸、または電動リールの組合せ

使用するタックルは、ほとんどの人がLT系のゲームロッドと小型両軸または電動リールの組合せをチョイスしている。

ロッドは専用のものも多く、8対2から7対3調子でしっかりシャクれてアワセが効くタイプがオススメだ。

なおこの釣りは、道糸の太さでオモリの号数が決まる(次項で解説)ので、そのオモリに対応するロッドを選ぶようにしよう。

リールは水深が浅いので、小型の両軸タイプでほぼ問題ないが、手返し良く指示ダナを探りたい場合や急に深場へ移動(タチウオは神出鬼没な幽霊魚の異名を持つ)したときなどは電動も有効となる。

出掛ける前に、現在の水深や何号のオモリが必要かなどを船宿に確認。

それに合わせて準備して、万全を期そう。

操作性が良い2m前後のゲームロッドと小型両軸か電動リールの組合せが一般的だ

使用する道糸の号数でオモリが決まる

前述の通り、この釣りは使用する道糸の太さで使用オモリが決まる。

現在、標準とされている道糸はPE2~3号以下となっていて、3号の場合はオモリ60~80号。

2号は40~60号を使用する。

LTタックルの場合は、PE2号以下を使うのがセオリーとなるが、1号以下になると道糸がアクシデントで切れる高切れを起こすなど極端にライントラブルが多くなるので、1.5号までとしている船宿が多い。

仕掛けは、小型~中型片テンビンに1本バリが主流。

最近はアタリがよりダイレクトに伝わるとの理由からストレートテンビンを使用する人も多い。

仕掛けのハリスは、フロロの6号2m前後が市販品を含めてポピュラーで、ハリはタチウオバリの1/0~2/0が一般的。

最近のハリは、エサの固定がしやすいケン付きが多くなっているのが特徴だ。

ちなみに2本バリや長めのハリスは、エサの動きが悪くなりアタリが遠のくのでビギナーや入門者にはオススメしない。

オモリは道糸の号数で決まる。PE2号で40~60号。3号は60~80号が基準

重要なのはエサ付け!まっすぐ刺すこと!

夏タチだけではなく、つねに重要なのがこのエサ付け。

一年中狙えるタチウオはシーズンごとに少しずつ釣り方が異なってくるが、エサ付けだけは変わらない。ロングランで楽しむためにもここでしっかり覚えておこう。

エサは、サバエサを使用する船宿が多い。

付け方は上のイラストで紹介している縫い差しが基本で、とにかくエサのセンター部に一直線状にハリが刺さっているように付けること。

この付け方ができないと、誘いを入れたときエサがズレたり、不自然に動くなどしてアタリが遠のくので、丁寧に刺してやろう。

エサはサバのタンザクがポピュラー。一般的な付け方は、縫い刺しだ

指示ダナの範囲内を上へ上へ誘いながら探る

タチウオ釣りの醍醐味は〝いかにエサを食い込ますか?〟という駆け引きもあるが、その前に〝いかにアタリを出させるか?〟という戦略を立てて探る楽しさもある。

夏タチは、エサを求めて深場から浮上してきている魚たちを狙う。

つまり食い気がある個体が多く、そんな奴らは往々にしてリアクションバイト(反射食い)してくるので、これを念頭に釣りを展開するとヒット率が上がる。

具体的には、船長が指示するタナの範囲内で、エサをタチウオに見せてシャクリ、その動きで誘って食わす。

または追わせて、食わせるのだ。

上のイラストのように、ロッドをシャクルこととリールで道糸を巻き取ることを交互に行って、上へ上へとエサを動かそう。

ベイトとなる小魚が逃げ惑っているような演出で、リアクション、そして追わせて食わせるのだ。

覚えるシャクリは、竿先のみチョンチョンと弾く小さなシャクリと50㎝幅をベースにシャクる二つでまずはOK。

これに、リールの巻き取り量・ハンドルを1回転させたり、半回転ずつ動かす、また90度刻みで四分の一回転ずつ動かすなどのバリエーションを試し、さらにその速度をスピーディーに行ったり、スローにして、その時の食いパターンを探りながらアタリを取って行こう。

アワセのタイミングと食い渋り対策を知ろう

タナを探っている時の注意点に「指示ダナより仕掛けを落として探らない」ことがある。

通常、指示ダナは「30mより上」などと出るが、この指示ダナはタチウオの反応の上限近くに設定していることが多い。

つまり、そのタナより仕掛けを落とすと、魚をオモリで驚かせ(エサより先に落ちる)、散らしてしまうことになるので注意が必要なのだ。

続いて、アタリを出した後の〝食わせ〟について。

夏タチは活性高め(エサに夢中)な個体が多いので、そのまま誘い続けて、エサを完全に食わせてハリ掛かりさせるのが基本となる。

下手に動きを止めて待つだけにすると、返って違和感を与えることが多い。

グググッとロッドに重みが乗り、ズドンと引き込んだらしっかりロッドをあおってアワセを入れること。

なお誘い続けても食い込まない場合は上のイラストにあるように、その場でエサを揺らし続けて焦らした後、ピタッと動きを止めてリアクションで食いつかせることなど、いろいろ試してみよう。

これからスタートする夏タチはアタリも多く、この駆け引きを何度も味わえるハズ。

これまで紹介した基本の釣り方をしっかりマスター。

緊急事態宣言が解除され、自粛要請が緩和された暁には、思いっきり楽しめるように準備しておきましょう!!

もうすぐ開幕!東京湾の夏タチウオ!釣行レポート

水深が浅いのでダイレクトにタチウオの走りがロッドに伝わり、ファイトが楽しめる!

この抜き上げが決まると気分爽快。

侮どるなかれ!夏タチの開幕時はドラゴンサイズの大型タチウオが小型にまじって浅場で釣れる時期でもあるのだ

ここまで去年同様の状況で推移。今期の夏タチも開幕ラッシュで楽しめる展開になりそうだ

アタリが多く、釣りやすい!

上アゴにハリが掛かる!活性が高い証だ。

この時期はワクワクする要素がいっぱい

アグレッシブで強烈な引き味が魅力!

アベレージは指2~3本サイズが多いが、数釣りの期待がある

トルクのある引き込みでアングラーを魅了するタチウオ。誘って、追わせて、食わそう!

いかに食いダナを見つけ、さらにどう食わすかのゲーム性が魅力だ

水深が浅いのでビギナーでもアタリが分かって楽しめる!

待ちに待った東京湾の夏タチシーズンがやってくる!
 
近年は、〝東京湾のタチウオ釣りにシーズンオフはない〟というくらい年間を通して釣果があるが、やっぱり浅場で数釣り要素が強くなる梅雨以降からの夏タチは、注目せずにはいられないのだ。

「アタリが多く、釣りやすくなるのが夏タチの特徴ですよね。ここまでの状況は去年同様で、2~4月の厳しくなる時期も深場へ落ち切らずに水深100m以浅に居て、メーターオーバーのドラゴンサイズが釣れていました。つまり、タチウオはエサを求めて動いています。そんな大型も夏タチ開幕時によくヒットしてくるので侮れませんし、本当に楽しみですよね」とは前号の取材時に聞いた横浜新山下「渡辺釣船店」の田中茂生船長の言葉だ。

開幕時のポイントは、千葉県側の富津沖から海堡周りが多く、水深は20~30mとなっている。

ちなみにタックルはLT(ライトタックル)でOKだが、そこは神出鬼没のタチウオ。

それ以上の深さを攻めることもあるので、出掛ける前には船宿に確認しよう。

夏タチの釣り方は、細かいシャクリで追わせて食わすのが一般的だが、なかなか掛からなかったりするのでアツくなる。

この騒ぎが終息次第、出掛けて釣れるように備えておこう!!

以上の記事は「つり丸」2020年6月1日号の掲載記事です。

関連記事
6月1日に銚子・飯岡沖のヒラメ釣りが解禁!夏ビラメはピンポイント流しに有効なライトタックル釣法がおススメ!! 今期はライトで気軽にヒラメ釣りを満喫してはいかが。
初夏の数釣りを楽しむならコレ!東京湾のシロギス!明確なアタリと元気な引きが楽しくって夢中になってしまう!!数釣りシーズンはビギナーにもオススメ!
剣崎沖のイサキは6月から開幕!釣れるイサキは極上の美味魚で、ジャンボサイズもまじる!ウイリー仕掛けを使ってシャクって食わせよう!!
相模湾の亀城根周辺で、マルイカ&ムギイカが好調だ!当日、児島玲子さんはスッテを5本から8本に作戦変更し、マルとムギのダブルや、ムギのダブルなどを披露してくれた。
直江津沖水深23mラインでマダイが爆釣!怒涛のマダイラッシュで船中100枚超え!夜ヒラメは、同じく直江津沖水深20mラインで、超大型がキャッチされている。直江津沖は24時間乗っ込み大フィーバー中だ。
最新記事
なかなか釣りに行けない今こそ、魚のさばき方を勉強しておきましょう!! 今回は「平べったい系」の代表、ヒラメを5枚におろします!
6月1日に銚子・飯岡沖のヒラメ釣りが解禁!夏ビラメはピンポイント流しに有効なライトタックル釣法がおススメ!! 今期はライトで気軽にヒラメ釣りを満喫してはいかが。
巣ごもり企画として展開するアシストフックの作り方講座、短期連載の2回目は、ツインタイプのアシストフックの作り方を紹介しよう。
初夏の数釣りを楽しむならコレ!東京湾のシロギス!明確なアタリと元気な引きが楽しくって夢中になってしまう!!数釣りシーズンはビギナーにもオススメ!
レールシステムを搭載しよりコンパクトにより軽量になったライフジャケット!ダイワ「DF-2220(コンパクトライフジャケット)」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読