MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
保存版!!釣り人のための 魚のさばき方!イカをさばく!

保存版!!釣り人のための 魚のさばき方!イカをさばく!

イカのさばき方を紹介。骨やウロコのある魚に比べれば、かなりカンタンな初級編だ。釣りたてのイカの刺身はとにかく美味しい!

イカをさばく!

ここでは、イカのさばき方を紹介。

骨やウロコのある魚に比べれば、かなりカンタンな初級編だ。

イカ類はスルメにヤリ、マルにアオリ、スミイカと種類も多く、姿形もそれぞれ違うのだが、基本的には、だいたいのところは同じようなやり方でさばけるはず。

釣りたてのイカの刺身はとにかく美味しい!

今釣りにいけないひとは、釣らなくてもスーパーなどで比較的手に入りやすいスルメイカで練習してみるのもいいだろう。

以上の記事は「つり丸」2020年6月1日号の掲載記事です。

関連記事
ワカシは、スズキ目アジ科ブリ属。本来、本州以南を回遊していたが、今や千島列島やオホーツク海にもいる。北海道オホーツク海以南、鹿児島県南岸までの日本海、東シナ海、太平洋、瀬戸内海に生息。
クロメジナ(オナガメジナ)はスズキ目メジナ科メジナ属。メジナよりも大きくなり、三重県熊野市で4.2kgという記録がある。
クサヤモロはスズキ目スズキ科ムロアジ属。外房・山口県日本海側以南、全世界の温帯域から熱帯域に広く生息している。
アブラボウズはスズキ目ギンダラ科アブラボウズ属。紀伊半島以北。オホーツク海、アリューシャン列島、アラスカ湾、カリフォルニアの太平洋の寒冷な海域に生息している。
前回、前々回と続いた集中連載の最終回。今回はサバをさばいてしめサバを作ります。
最新記事
南房太海沖のFサビキによるクロムツ釣りが好調だ!ムツは40cmオーバーの大型主体に数釣りも!後半スルメはダブル・トリプルも…今後上昇に期待!!
外房 飯岡沖でマダイが確変フィーバー中!飯岡港「梅花丸」取材当日も水深27m前後の漁礁周りで大ダイ、中ダイが連発!記録更新を狙うなら今がチャンスだ!
金澤美穂さん!千葉県大原港の「長福丸」さんで、人気急上昇中のSLJを初体験!タダ巻だけでも魚種多彩に釣れるうえ、タックルもライトなので、ビギナーにも超オススメです!
伝統釣法!外房・川津沖のカモシ釣りは秋のヒラマサ高確率シーズン到来!10kgオーバーの大型も狙え、ワラサやマダイもまじる!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読