MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
絶品シマアジ釣り、絶賛解禁中!!【伊豆諸島・神津島】

絶品シマアジ釣り、絶賛解禁中!!【伊豆諸島・神津島】

10月1日、伊豆七島神津島周りのシマアジ釣りが解禁した。とはいうものの、ご存じのとおり、毎週のように襲来する台風の影響で、10月中、出船できたのはほんの数日。その貴重な日に秋の味覚、シマアジを釣りに神津島「寿美礼丸」に乗船した。

シマアジ、イサキ、カンパチ、ヒメダイ、イシダイ…おいしい魚がよりどりみどり。五目で満喫、秋の神津島

ポイントは神津島の北東部に位置するサクネ周辺だ。

ベタ底釣りに徹した八王子市の小島弘義さん。良型シマアジを一人で連発中。これで3枚目。

中央の島はタダナエ島だ。磯釣りのメッカである。

体高のあるおいしそうなブランドシマアジがターゲット。1枚で十分すぎるほど価値がある。

この日は、ウイリーではなくオキアミエサにヒットが集中。状況によって仕掛けは使い分けよう。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・下田港「寿美礼丸」。

メインポイントは、島の北東部に位置するサクネ周辺。タカベ漁が終わると、シマアジが集結する実績ポイント。
釣り方は独特でボトム付近で静かに仕掛けを定位させて、シマアジのアタリを待つというもの。
仕掛けはウイリー2〜3本バリ。長さ2m前後。食いが渋いときはウイリーではなく空バリ仕掛けにして、オキアミエサを付けて釣るといいという。
なぜ、ベタ底釣りなのか。潮が流れているときは、いたるところで湧き潮が発生し、潮で上に吹かれた仕掛けにシマアジやイサキが食っているという。
もちろん、底にたまったエサをついばむシマアジを想定したベタ底タナという考えもある。
いずれにしても、最近の傾向は、静かにアタリを待つ釣りが効果的なようで、ぜひ参考にしてほしい。
「寿美礼丸」では、前半サクネ周辺でシマアジを狙ったあと、釣れたムロアジをエサにして、カンパチを狙ったり、中深場のヒメダイを釣らせてくれる。秋の神津島は、おいしい魚がよりどりみどり。オススメだ。

以上の記事は「つり丸」2013年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
茨城・波崎沖の「中深場五目」。この日は、メバル各種、小型メヌケやマダラなどでスタートも、中盤から急きょ食いが活発になり2㎏クラスのメヌケが連発。予想をはるかに上回る釣果となった。
春からの釣り物として定着した東京湾のマゴチ!金沢八景の「一之瀬丸」では2月中旬から乗合をスタート!トップ20本とか、最大は67㎝とか、いきなり最盛期並みの好釣果を連発している!
良型シマアジ&イサキをメインにマダイ、カンパチ、ウメイロなどの高級魚を狙っていく宇佐美南沖の遠征五目釣りが開幕!コマセ釣りで朝イチのシマアジ~イサキ場でお土産確保~高級五目~再度シマアジを狙う!
東京湾LTアジが絶好調だ!軽いタックル&近場のポイントで手軽に狙えるのが人気!今ならアタリが多いので、沖釣りの醍醐味を体感するには、まさに最適!さらに、アジは食べても美味しいのも魅力だ。
東京湾の湾フグの人気船宿、金沢八景「野毛屋」は高級魚トラフグ狙いの釣り人で賑わっている。そんな「野毛屋」でフグ乗合を担当し湾フグのカリスマ船長に船上のマナー“加熱式たばこ”について聞いた。
最新記事
携行に大変便利なコンパクトライト「ネック&キャップ&ヘッドライト(UVライト付き)」
東京湾ではタイラバゲームが絶好調!ずっと水深40〜50mで釣れ続けている。今後は乗っ込み大型も期待!タイラバ専門船、羽田「TAKEMARU」のタイラバゲームを紹介する。
茨城・波崎沖の「中深場五目」。この日は、メバル各種、小型メヌケやマダラなどでスタートも、中盤から急きょ食いが活発になり2㎏クラスのメヌケが連発。予想をはるかに上回る釣果となった。
春からの釣り物として定着した東京湾のマゴチ!金沢八景の「一之瀬丸」では2月中旬から乗合をスタート!トップ20本とか、最大は67㎝とか、いきなり最盛期並みの好釣果を連発している!
良型シマアジ&イサキをメインにマダイ、カンパチ、ウメイロなどの高級魚を狙っていく宇佐美南沖の遠征五目釣りが開幕!コマセ釣りで朝イチのシマアジ~イサキ場でお土産確保~高級五目~再度シマアジを狙う!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読