MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
絶品シマアジ釣り、絶賛解禁中!!【伊豆諸島・神津島】

絶品シマアジ釣り、絶賛解禁中!!【伊豆諸島・神津島】

10月1日、伊豆七島神津島周りのシマアジ釣りが解禁した。とはいうものの、ご存じのとおり、毎週のように襲来する台風の影響で、10月中、出船できたのはほんの数日。その貴重な日に秋の味覚、シマアジを釣りに神津島「寿美礼丸」に乗船した。

シマアジ、イサキ、カンパチ、ヒメダイ、イシダイ…おいしい魚がよりどりみどり。五目で満喫、秋の神津島

ポイントは神津島の北東部に位置するサクネ周辺だ。

ベタ底釣りに徹した八王子市の小島弘義さん。良型シマアジを一人で連発中。これで3枚目。

中央の島はタダナエ島だ。磯釣りのメッカである。

体高のあるおいしそうなブランドシマアジがターゲット。1枚で十分すぎるほど価値がある。

この日は、ウイリーではなくオキアミエサにヒットが集中。状況によって仕掛けは使い分けよう。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・下田港「寿美礼丸」。

メインポイントは、島の北東部に位置するサクネ周辺。タカベ漁が終わると、シマアジが集結する実績ポイント。
釣り方は独特でボトム付近で静かに仕掛けを定位させて、シマアジのアタリを待つというもの。
仕掛けはウイリー2〜3本バリ。長さ2m前後。食いが渋いときはウイリーではなく空バリ仕掛けにして、オキアミエサを付けて釣るといいという。
なぜ、ベタ底釣りなのか。潮が流れているときは、いたるところで湧き潮が発生し、潮で上に吹かれた仕掛けにシマアジやイサキが食っているという。
もちろん、底にたまったエサをついばむシマアジを想定したベタ底タナという考えもある。
いずれにしても、最近の傾向は、静かにアタリを待つ釣りが効果的なようで、ぜひ参考にしてほしい。
「寿美礼丸」では、前半サクネ周辺でシマアジを狙ったあと、釣れたムロアジをエサにして、カンパチを狙ったり、中深場のヒメダイを釣らせてくれる。秋の神津島は、おいしい魚がよりどりみどり。オススメだ。

以上の記事は「つり丸」2013年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
食わせフグに出船しているのは富津港の「浜新丸」。ターゲットはショウサイフグ、アカメフグ、コモンフグ!季節鍋ネタに最高!美味しいフグを釣りに行こう!
東京湾奥の人気ターゲット!脂の乗った金色に輝くアジが絶好釣!トップが束(100匹)超えの日もある!羽田「かめだや」では取材日に40.5cmが浮上!ベストシーズンの到来だ!
大型が高確率!テンヤタチウオが大ブレイク中だ!金沢八景「一之瀬丸」では140cm超えの神龍(シェンロン)が続々ヒット中!脂の乗り最高!塩焼きは超絶美味だゾ!!
11月1日、鹿島沖で待望の生きイワシエサのヒラメ釣りが解禁!今年もまずまずの群れの濃さ!横流し釣りを覚えて大ビラメを狙おう!!
10月に解禁した神津島の北東部に位置するサクネのシマアジ!シマアジの魚影の濃さは伊豆諸島随一!脂ノリノリ激うまシマアジをお手軽に釣ろう!!リレーの泳がせカンパチも好調だ!
最新記事
食わせフグに出船しているのは富津港の「浜新丸」。ターゲットはショウサイフグ、アカメフグ、コモンフグ!季節鍋ネタに最高!美味しいフグを釣りに行こう!
東京湾奥の人気ターゲット!脂の乗った金色に輝くアジが絶好釣!トップが束(100匹)超えの日もある!羽田「かめだや」では取材日に40.5cmが浮上!ベストシーズンの到来だ!
茨城エリアのテンヤマダイがベストシーズン!アタリ多く数釣りが楽しめ、良型&大型もヒット!青物や根魚などゲストも豊富!タックルやラインシステムは万全の態勢で!
相模湾の新スタンダード?!サビキ、テンビン何でもアリ!イナダ・ワラサ・アジ五目!その時の状況に合わせてチェンジ!興奮必至で楽しさ無限大!ルアー釣りもOKだ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル