MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
多点掛け!相模湾のスルメイカ!タックル、仕掛け、テクニック!

多点掛け!相模湾のスルメイカ!タックル、仕掛け、テクニック!

ズシーンッ!と訪れる引きが魅力のスルメイカ釣り!暑くなるといよいよ本番!魅力はズラズラと連なる多点掛け!しっかりと準備をして、楽しんでいただきたい!

※この記事は「つり丸」の過去の取材で撮影、公開した写真を使用し、記事を再編集して作成したものです。

これから暑くなってくると本格シーズン!多点掛けした時の引きと重量感がたまらない!

ヤリイカからバトンタッチ!暑くなるといよいよ本番のスルメイカ!

5月頃から浅場でムギイカが釣れ出し、その後は一潮ごとに、イカはぐんぐんと大きくなる。

6月を迎える頃には、ニセイカと呼ばれるサイズまでに成長。

7月以降は大型のスルメイカもまじえて活況へ。

黒潮に乗って回遊しているスルメイカは、夏に向かって盛り上がりを見せていく。
 
推進力のあるスルメイカは、グイグイと力強い引きが魅力。

活性が高くなりスイッチが入ると、ツノにガンガンとアタック。

多点掛けとなれば、この釣りならではの快感、ズッシリとした重量感たっぷりのやり取りが味わえる。

タックルと仕掛けを準備しておこう!

竿はバットにパワーのあるイカ専用竿の1.2〜2m前後。

終始手持ちでシャクること、竿先が目線から近くなってアタリが取りやすいことから、短めの竿を使う人が多い。
 
ほかビシアジ用の竿が対応できるが、最近は軟らかめのタイプが多い。

スルメイカが多点掛けとなると、重量はかなりのもの。

胴のしっかりとした竿を選ぶといい。
 
1日手持ちで誘い続ける釣りなので軽量なものがオススメ。

イカの群れの移動が速い状況だと上げ下げの回数が多くなり、多点掛けになるとリールへの負荷は相当なものになるので頑丈なリールが望ましい。
 
状況によっては、200m前後の水深まで狙うこともあるので、道糸はPE4〜5号を最低でも300mは巻いておこう。
 
これからタックルの購入を考えている方は、可能なら竿にリールをセットした状態で選んでいただきたい。

軽量なものほど良いのだが、バランスが悪いと持ち重りしてしまい扱いにくくなってしまう。

手元が重く、竿先が軽く感じるようなバランスなら、少し重くても扱いやすいはずだ。
 
プラヅノは14〜18㎝。

カラーは、ブルー、ピンク、ケイムラの3色。重ならないように配置しよう。

アクセントとして、オレンジや黄緑を1本入れておくと、状況によっては、そればかりに乗ることもある。

1本入れておくのも面白い。
 
ツノのサイズは、ニセイカ級主体ならば14㎝。

大型のスルメイカが釣れているようなら18㎝がメイン。

基本は、その時釣れているイカのサイズに合わせてやることがベスト。

ツノのサイズによって釣果に差が出ることがあるから、釣行前に船宿に確認して、しっかりと用意しよう。
 
仕掛けは、ブランコ、直結の2種類。

ブランコ仕掛けは、ツノがヒラヒラと漂うのでアピールが強い。

また糸を多少緩めてもイカがバレにくいことから、波のある日でもイカが外れるリスクが減る利点がある。

欠点はサバがいると仕掛けが落ちなくなること。
 
直結仕掛けはサバに強い。

またツノ数を増やせるのでタナを広く探れ、多点掛けを狙いやすい。

しかし、仕掛けを途中で下げてしまうとイカが外れてしまうため、扱いに注意が必要だ。
 
仕掛けによって一長一短があるので、状況に合わせて臨機応変に使い分けるのがベストだろう。

ビギナーには、バレの少ないブランコ仕掛けがオススメとなるが、サバが多いとオマツリばかりで釣りにならないことも…。

イカを釣ることが目的だから、イカのアタリがなければ面白さがわからない。

ツノ数を5本程度と少なくすれば、一直線に繋がっている直結仕掛けは、ブランコ仕掛けより扱いは楽。

難易度は高くなるが、ビギナーでも直結仕掛けに挑戦してイカの引きを楽しんでもらいたい。

ブランコ仕掛けはビギナー向け。プラヅノは14〜18cm

慣れた人は直結仕掛けで多点掛けを狙おう。サバが多いときも直結仕掛けは有効だ!

アタリを出して掛けていく!

釣り座のセットも快適に行うために大切なこと。

船首側から「竿掛け→投入器」の順に並べて、間は自分が入れるくらい開けておくと、取り込みがスムーズにできる。

投入器にプラヅノを順番に並べて入れて、オモリは転がらないよう船ベリのタナに置いておく。
 
釣り方は、船長から投入の合図があったら、前方にオモリをポーンと投げ入れる。

船長はイカの群れの前に仕掛けが落ちるように合図を出すので、号令に合わせて投入することが大切。
 
仕掛けが投入器から、すべて出たらリールのクラッチを切り、竿先を下に向けてタナまで落としていく。

船長からは「○○mから○○mの間」、「底から20m」というように指示が出る。

基本は、指示ダナの下まで仕掛けを落下させる。

そして竿先を下に向けた状態から、シュッと頭上の高さまで誘い上げてアタリを見る。

触りがなければ、竿を下げながら1〜2m巻き取り、次のシャクリへ。これを繰り返して、指示ダナの間を探ってくる。
 
アタリはクンクンと竿先がお辞儀するように訪れる。

アタったらスーッと軽く竿を立てて、電動リールのスイッチをオン。

巻き取り速度が速いとイカが身切れする可能性が高く、逆に遅すぎると船の揺れで糸が緩みバラシやすい。

中速程度のスピードで巻き上げよう。

そしてテンションを一定にして巻き上げること。

竿から伝わる重さが同じくらいになるように体を動かしてアシストするといい。
 
取り込みでは、緩めないことが大事だが、慌てないことが最も大切。

イカが見えると早く取り込みたくなってしまうが、「外れても次があるさ」くらいの気持ちで、落ち着いて仕掛けを手繰り込もう。
 
ブランコ仕掛けでは、イカの付いていないツノを投入器に仕舞いながら取り込むが、仕掛けの扱いに慣れないうちは難しい。

マットがあるなら、回収したツノは、そこに引っ掛けておき、オモリまで回収したら、投入器へ入れるようにする。

直結仕掛けの場合も同様にすればスムーズに行えるはずだ。

数を伸ばすためのテクニック!

イカは、落ちてくるものに反応がいいから、仕掛けを下ろしている時も注意。

この時にイカがアタックしてくることもある。

ベテランは、このアタリを取って数を伸ばしている。

指示ダナ付近まで落としたら、スプールに軽く指を当ててブレーキを掛けて、糸フケを少なくする。下に向けていた竿も、水平の位置くらいまで起こし、竿先の変化にも注意。

竿先がお辞儀したり、フッと竿先のテンションが抜けて真っすぐになったりした時は、イカがアタックしてきているサイン。

触りを感じたら、糸の出をストップして、アワせてみること。

グングンと引いたら、電動のスイッチを入れ、なければ再び落としていく。
 
落ちてくるものに反応するイカの習性から、巻き落としも有効な手段。

指示ダナの上までシャクリ上げてきたら、一気に20mくらい巻き上げて、仕掛けを落とし直すことで乗ってくる場合も多い。
 
たくさん釣った後は、食べる楽しみもある。ニセイカサイズは身が柔らかく、アニサキスのリスクが少ないから、刺身や沖漬けがオススメ。

大型は、沖干しにするといい。旨味がギュッと詰まってビールに合う、合う!

他にも、塩辛、唐揚げ、煮付け、沖干しを使ったかき揚げ等、食べ方は色々。

調理も簡単なことから、近所に配っても喜ばれる。

ガンガン釣ってとことん楽しもう。

多点掛けが醍醐味!相模湾のスルメイカ!!釣行レポート

スルメイカ釣りでも、ヤリイカ同様に合図とともに即投入しよう!

シャクったあとはしっかり止めてアタリを見よう

何杯いるかな?

スルメイカ釣りは多点掛けが醍醐味

スルメイカつりはTシャツが似合う

嬉しい一荷!

これはムギイカサイズ。5〜6月は、このサイズがまじる

巻き上げ時に重量感があるときは多点掛けの可能性大

ジメジメした梅雨時にはサイズもアップする!

スルメイカは、これから暑くなってくるとおもしろくなってくる

慣れた人は、移動中に船上干しを作る!

釣れたスルメイカは船上干しにする人が多い!

ズシーンッ! と訪れる引きが魅力のスルメイカ釣り。

冬から春にイカファンを魅了したヤリイカから主役の座をバトンタッチ。

黒潮に乗って夏の申し子スルメイカの季節がやってくる。
 
5月頃から釣れ出すムギイカは、ひと潮ごとにぐんぐんと成長。

6月上旬には、ニセイカサイズまで大きくなり、7月以降は大型のスルメイカ主体に楽しめるようになる。
 
6月上旬には、ニセイカサイズが釣れ始めているかと思う。

身が柔らかく食べて美味しいサイズ。刺身、煮付け、天ぷら、ゲソ揚げetc…調理法が色々とあるので、沢山釣っても困らない。

イカ船の風物詩、沖干しにすれば旨味が濃縮。噛みしめるほどに味が滲み出てくる。

塩辛はスルメイカならではの逸品。

このイカが居ないと作れないからね。
 
この釣りの魅力はズラズラと連なる多点掛け。

重量感たっぷりの手ごたえが醍醐味。

ひと昔前は、電動直結でガンガンとシャクればズンズンと乗ってきたが、今は触りを感じて掛けていく釣り方。

シュッと誘った後は、必ず止めてアタリを見ることが大事。

誘うときと、止めるときのメリハリをつけることでアタリを見つけよう。
 
クンクンと触ってきたら、すかさず掛けて電動リールON。

ズシッ、ズシッと重さがましてきたなら多点掛けの証拠。

竿はギシギシと曲がり、ハイパワーのリールでも止まりそうになるほどの重さ。

筋肉痛確定(?)しそうな重量感たっぷりの手ごたえが、支える腕にのし掛かる。
 
フィナーレの水でっぽうは、釣り人にとってシャンパンシャワーのようなもの。

ビシャビシャになるが、一汗かいた体には心地よい。

ほどよく疲れた後は、釣ったイカを肴にビールが最高。
 
まだ模様はわからないが、今年も、スルメイカは釣り人を満足させてくれるはず。

しっかりと準備をして、思いっきり楽しんでいただきたい!

以上の記事は「つり丸」2020年6月1日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾のタチウオ&アジ!釣って楽しく食べて美味しい!人気2魚種をリレーで狙わせてくれるのが鴨居大室港「福よし丸」。どちらも釣れれば満足感2倍だ!!
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。
カモシ釣りの有名ポイント、外房御宿沖三本松にヒラマサ回遊中!カモシヒラマサ入門には最適期だ!他には1.5~3㎏級の乗っ込みマダイも釣れている!
川崎「つり幸」さんで、東京湾の夜カサゴ釣りに挑戦!キャストして探るとアタリが頻発!仕掛けもタックルもライトなので、今回釣れた15~20㎝の個体でも十分な引きを感じることができました。
最新記事
東京湾のタチウオ&アジ!釣って楽しく食べて美味しい!人気2魚種をリレーで狙わせてくれるのが鴨居大室港「福よし丸」。どちらも釣れれば満足感2倍だ!!
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読