MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
エキサイティング! 秋ダイシーズン真っ盛り!!【南房西川名沖】

エキサイティング! 秋ダイシーズン真っ盛り!!【南房西川名沖】

7月からコマセマダイ釣りが解禁している南房・西川名沖。この釣りを得意とする西川名港「竜一丸」では、秋深まった10月半ば、小から大までマダイが好調に釣れている。

港前、水深20mから50mのポイントがここ最近絶好調だ。ほとんど一日ここ周辺を攻め続けられるほどだ

慎重なやり取りで浮上したのは、なんと8.25㎏の大ダイ。釣り上げた君津市の長澤功二さんもビックリ。

船長の合図が出たら、大ダイヒット確率アップ。誘いを入れよう。

ビシとテンビンは宿でレンタルと購入可能。

「竜一丸」の釣りを得意とするダイワ松永直己さんも見事本命マダイキャッチ。

夕マヅメのゴールデンタイムに突入中。手返しよくしながら集中しよう。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・西川名港「竜一丸」。

「うちがもっとも得意とする港前、水深20mから50mのポイントがここ最近絶好調なんです。ほとんど一日ここ周辺を攻め続けられるほど、マダイの魚影が濃いですよ。水温がまだ高いですから、たぶんこれからますます盛り上がるでしょう」とは、ショートロッドのコマセマダイ釣りを推奨している安西竜一船長。
釣り人全員で指示ダナより3m下からタナまでコマセをドバッ、ドバッ、ドバッと振り出し、作りだされたコマセの煙幕の中に突っ込んでくるヤル気あるマダイを掛ける、という攻めの釣りを展開している。
取材当日はシケ後ということもあり、食い渋りではあったが、潮変わり時になんと8.2㎏の大ダイが浮上。その後、西川名沖では潮の流れが安定し、連日絶好調釣果を記録中という。
「竜一丸」での釣りのコツは、とにかく手返しよく、コマセをまき続けること。そして、
「ハリスの傷をチェックして」とか「新しい仕掛けに替えて!」など指示ダナ以外のアナウンスが出たら、要注意。その直後に「ズンッ!」とロッドの竿先が海に突き刺さる……。こんな光景をよく目にすることができる。
この南房のエキサイティングマダイ釣りは、年末いっぱいまで楽しめる。

以上の記事は「つり丸」2013年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
茨城・波崎沖の「中深場五目」。この日は、メバル各種、小型メヌケやマダラなどでスタートも、中盤から急きょ食いが活発になり2㎏クラスのメヌケが連発。予想をはるかに上回る釣果となった。
春からの釣り物として定着した東京湾のマゴチ!金沢八景の「一之瀬丸」では2月中旬から乗合をスタート!トップ20本とか、最大は67㎝とか、いきなり最盛期並みの好釣果を連発している!
良型シマアジ&イサキをメインにマダイ、カンパチ、ウメイロなどの高級魚を狙っていく宇佐美南沖の遠征五目釣りが開幕!コマセ釣りで朝イチのシマアジ~イサキ場でお土産確保~高級五目~再度シマアジを狙う!
東京湾LTアジが絶好調だ!軽いタックル&近場のポイントで手軽に狙えるのが人気!今ならアタリが多いので、沖釣りの醍醐味を体感するには、まさに最適!さらに、アジは食べても美味しいのも魅力だ。
東京湾の湾フグの人気船宿、金沢八景「野毛屋」は高級魚トラフグ狙いの釣り人で賑わっている。そんな「野毛屋」でフグ乗合を担当し湾フグのカリスマ船長に船上のマナー“加熱式たばこ”について聞いた。
最新記事
携行に大変便利なコンパクトライト「ネック&キャップ&ヘッドライト(UVライト付き)」
東京湾ではタイラバゲームが絶好調!ずっと水深40〜50mで釣れ続けている。今後は乗っ込み大型も期待!タイラバ専門船、羽田「TAKEMARU」のタイラバゲームを紹介する。
茨城・波崎沖の「中深場五目」。この日は、メバル各種、小型メヌケやマダラなどでスタートも、中盤から急きょ食いが活発になり2㎏クラスのメヌケが連発。予想をはるかに上回る釣果となった。
春からの釣り物として定着した東京湾のマゴチ!金沢八景の「一之瀬丸」では2月中旬から乗合をスタート!トップ20本とか、最大は67㎝とか、いきなり最盛期並みの好釣果を連発している!
良型シマアジ&イサキをメインにマダイ、カンパチ、ウメイロなどの高級魚を狙っていく宇佐美南沖の遠征五目釣りが開幕!コマセ釣りで朝イチのシマアジ~イサキ場でお土産確保~高級五目~再度シマアジを狙う!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読