MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
エキサイティング! 秋ダイシーズン真っ盛り!!【南房西川名沖】

エキサイティング! 秋ダイシーズン真っ盛り!!【南房西川名沖】

7月からコマセマダイ釣りが解禁している南房・西川名沖。この釣りを得意とする西川名港「竜一丸」では、秋深まった10月半ば、小から大までマダイが好調に釣れている。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

港前、水深20mから50mのポイントがここ最近絶好調だ。ほとんど一日ここ周辺を攻め続けられるほどだ

慎重なやり取りで浮上したのは、なんと8.25㎏の大ダイ。釣り上げた君津市の長澤功二さんもビックリ。

船長の合図が出たら、大ダイヒット確率アップ。誘いを入れよう。

ビシとテンビンは宿でレンタルと購入可能。

「竜一丸」の釣りを得意とするダイワ松永直己さんも見事本命マダイキャッチ。

夕マヅメのゴールデンタイムに突入中。手返しよくしながら集中しよう。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・西川名港「竜一丸」。

「うちがもっとも得意とする港前、水深20mから50mのポイントがここ最近絶好調なんです。ほとんど一日ここ周辺を攻め続けられるほど、マダイの魚影が濃いですよ。水温がまだ高いですから、たぶんこれからますます盛り上がるでしょう」とは、ショートロッドのコマセマダイ釣りを推奨している安西竜一船長。
釣り人全員で指示ダナより3m下からタナまでコマセをドバッ、ドバッ、ドバッと振り出し、作りだされたコマセの煙幕の中に突っ込んでくるヤル気あるマダイを掛ける、という攻めの釣りを展開している。
取材当日はシケ後ということもあり、食い渋りではあったが、潮変わり時になんと8.2㎏の大ダイが浮上。その後、西川名沖では潮の流れが安定し、連日絶好調釣果を記録中という。
「竜一丸」での釣りのコツは、とにかく手返しよく、コマセをまき続けること。そして、
「ハリスの傷をチェックして」とか「新しい仕掛けに替えて!」など指示ダナ以外のアナウンスが出たら、要注意。その直後に「ズンッ!」とロッドの竿先が海に突き刺さる……。こんな光景をよく目にすることができる。
この南房のエキサイティングマダイ釣りは、年末いっぱいまで楽しめる。

以上の記事は「つり丸」2013年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
最新記事
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル